本日は伝統の毎日王冠&京都大賞典
と言いたいところも…
昨日はやっぱり先週が出来過ぎで通常運転
◎は全て粉砕されました💦



東京11R毎日王冠
◎サンレイポケット
○サリオス
▲サトノインプレッサ
△コントラチェック


土曜の不良馬場からどこまで回復していくか
それでも重さは残るであるはずで…

ひとまずノーザンインブリード馬が優秀な傾向
これを重視しつつ欧州さも加える感覚で
ノーザンインブリードでも
5×4ベース=9.38%のインブリード馬◎
と、これは過去なんで
若い馬が今後走るには9.38%より薄め
血統表が代を経るので
それ位の薄さも重要になるか?


サンレイポケットは20倍は欲しいが…
ノーザンダンサー9.38%インブリード
ニアークティック6.25%インブリード
このインブリードは
2年連続連対アエロリットと共通
格上げで期待出来る父ジャングルポケット
これが欧州さを与えてくれている
近親にはこのレース3着アドマイヤフジ
Sunny Valley~Sunlandという牝系ラインは
バレークイーン牝系と共通
これは09年勝ち馬カンパニー
その父ミラクルアドマイヤのラインと同じ
圧倒的1番人気を打ち破るのはトニービン
そうであって欲しいなあと

サリオスはノーザンダンサー5×5インブリード
6.25%インブリード持ち3歳馬だけに
この薄さがマッチするか?
ハーツの格下げ&短縮&休み明け
半姉サラキアからすれば格下げ戦は絶好かも
母方はがっつりな欧州配合
ドイツの血が強調された母方
母父が内包してるSurumuからのSuncourt
これが効いてるのか?スピード対応も可で
乾いていく馬場というのはプラス
激アツのハーツ×外人替わり
外人の中でもルメールは優しいほうなので
闘争心をどこまで付加出来るか…
ただそこまで考えなければ
好タイミングであることには変わりない

サトノインプレッサも
ノーザンダンサー5×5=6.25%インブリード持ち
3歳馬だけにこの薄さがマッチするか?
母父Sahmはサドラーズウェルズ内包
直ミスプロも米欧的
今年ディープ×米国(ミスプロ)は
重賞で勝ち切ってる配合
母サプレザから能力そのまま受け継いでるなら
ちょっと重めの馬場がよりベストか
高速馬場だったNHKマイルCが
短縮&外枠で間に合わず凡走
ここも短縮で速い馬場ならどうか?と思ったが
馬場的にそこまで速くならないなら

コントラチェックは
ノーザンダンサー5×4インブリード
このレースでは相性◎のインブリード持ち
母方は欧州色が非常に強く
ディープ×欧州型配合は
今年重賞でさほど勝ってない
自身もそうだがこの牝系は急坂>>平坦傾向
インブリードが良くても
目を瞑れないものがいくつかあるのは確か
ただ内乾きとイン有利で逃げなら一考していい

◎の単.◎○のワイド
○▲→◎の馬単.◎△のワイド



京都11R京都大賞典
◎タイセイトレイル
○カセドラルベル
△キングオブコージ
△ステイフーリッシュ
×グローリーヴェイズ
×パフォーマプロミス
注ノーブルマーズ
注ミスマンマミーア


京都も土曜の道悪からどこまで回復していくか
例年この週から2~3週の重賞は欧州血統
エアレーションの影響から
これが重要になりつつあるが
今年は1開催のみでこれもどうなるか?
それでも重さは残るであるはずで…

正直どれもパンチに欠けるので
ここは一周回ってこねくり回すことに
それでもベースとしては
Hail to Reasonインブリードに注目
ノーザンダンサーインブリード
当レースはそこまでこの王道インブリード
これはさほど求められない傾向だけに


タイセイトレイルは今年重賞大不振のハーツ
これはコロナ禍で激アツのハーツ×外人替わり
これが使えないというのが大きそう
従って前走からいかに刺激を与えられるか?
その前走2600mの丹頂Sで外マクリの競馬
そこから短縮というのは刺激的に悪くないか
丹頂Sは近年その後の重賞で活躍馬
これを出すようになりつつある重要なレース
まして馬場的にもハーツにとっては向くはず
Happy Trails牝系なんで東京2500mベスト説も
この牝系に一発屋は少ないし
それにハーツならまだまだ見限りたくない
同舞台であった日経新春杯では
米国さを持つ馬が上位に
そこで間に合わずに僅差の4着
これはむしろ欧州色が強い同馬にとっては好内容
ここはそこよりメンバー強化されてるものの
一発あってもいいかなあということで期待
Hail to Reason4×5のインブリード持ちでもあり

カセドラルベルは◎と全く同配合
母母父がチーフズクラウンならダンチヒ系
ハーツに母方ダンチヒというのは
近年ハーツ重賞におけるニックスと言ってよく
ましてチーフズクラウン=チーフベアハートなら
京都外回りでは要注意な血統構成
もちろんHail to Reason4×5のインブリード持ち
牝系からはダンツシアトル.全兄にベルラップ
やっぱり京都でこそなのか
格上げ延長のハーツは最早昔の感はあるが…

キングオブコージはロードカナロア産駒
格上げ苦手のロードカナロアも
前走で格上げこなし異質な香りを持ち同格戦
そんなロードカナロアは開幕週(替わり)が特注
今年の重賞開幕週限定なら【4.2.1.8】
ここまで全10勝中4勝なら偏ってるかと
しかもロードカナロア×Specialというのは
中距離以上におけるカナロアニックスでもあり
昨日は軒並み苦戦したカナロアだけに
馬場回復は血統バランス的にプラスか
ミスプロ.ストームバード.ノーザンダンサー
このインブリードが主軸で
Hail to Reasonインブリードは持ってないが
それを補うのが欧州で固められた母方であるので

ステイフーリッシュは
Hail to Reason4×5インブリード持ち
まずこれがいいですね
母方もキンカメ×Silver Hawkなら欧州配合
非ノーザンファームのステゴなら
間隔詰まるのに悪いイメージはなし
まして19年以降非ノーザンステゴの京都重賞
これが【0.4.3.5】と勝てないまでも好調
しかもこの着外5頭中3頭は間隔10週以上
レース質が楽だったオールカマーからの臨戦
この中身が気になった分ここまでの評価

グローリーヴェイズは前走タフすぎたか?
それでも母方は体力があるので
現状の馬場も悪くないだろうが…
今年重賞勝ち切る配合のディープ×米国型
それでも昨年も負けてるしあまり強気には…

パフォーマプロミスは
前走タフ馬場だった鳴尾記念で復活V
ここも欧州さが求められる馬場で
ステゴ×ギムレット×ノーザンダンサー
この配合は悪くないが
前走と比べると単10倍弱では妙味が…

ノーブルマーズは父が欧州のジャンポケ
基本格上げで走る馬もワンパンチ足らない
七夕賞でキツイ競馬からの小倉記念
これが目一杯だったのかもしれないが
前の馬には厳しい中内容は濃かった
前走で吐き出しとしての格上げ戦
まあ端っこぐらいでね

ミスマンマミーアは
Hail to Reason4×4インブリード持ち
タニノギムレットというのは
同馬もそうだが京都2200.2400は得意ゾーン
そんなタニノギムレットが内包してる
クリスタルパレス~Sea-Bird
母方のWoodman~Bellypha~Djakao
欧州血統の下支えは感じられるので

キセキは前走宝塚記念で▲評価
コントロール厳しくなった馬を名手が
短縮と道悪で後ろからナイスコントロール
春天で1コーナーまで我慢させてたのも
確実にここへと繋がった感じ
牝系的にも今は短縮がベストと思われる中
ここは休み明けの距離延長で1番人気
まあ非常に買い難い局面でありますが

◎の単.◎ー○△△××注注のワイド
○ー△△注注のワイド



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;









《本日のサクッと予想》


京都6R
◎トウケイミラ

トウケイヘイローにバクシンオー×タイキシャトル
回復していく馬場に父×母方の血
これは構成的に合いそうだなと
2走前は内前有利な馬場で
上位勢では最も外目を通り4着
前走は延長でVライン
短縮で遅刻の懸念は大いにあるが
外が差せる馬場になれば勝負度合いを上げたいし
2走前は内容的に担保出来るもの
◎単複.(あとは思案中)


東京12R
◎ソスピタ

本来野芝中山は走るスクリーンヒーロー
それが前開催の中山は不振
要因としては野芝でも重すぎた
これが馬場として合わなかったのか?
スクリーンヒーローって重い馬場強いのに
ここはシンプルにそこからの出し入れ
その前走が延長ペースUP番手変わらず
という厳しい競馬だったので
回復途上の馬場と短縮が噛み合えば
東京1400スクリーンヒーローは良いですし
◎単複.(あとは思案中)


【サクッと予想には入れないが気になった馬】

新潟2 サトノアポロン
→同馬以外勝ち上がり率100%のInto Mischief

新潟5 スマートリン
→近親にダート活躍馬×クリエイター2

新潟6 テセウス
→芝向きのダノンレジェンドの可能性.臨戦○

東京2 ビギニングドリーム
→ダート替わりで期待出来る血統構成馬

東京5 スニップ
→エピファ×ロブロイはニックス可能性大

東京7 エンジェルサークル
→格下げカナロア

京都4 オプティミスモ
→リーチ×ダンスはキョウヘイ配合で重め馬場で