稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:予想



先週日曜日は全くいいとこなし
3日間開催のんびりと



《本日のサクッと予想》


中京1R
◎インフィオラータ

ハーツの半兄.ダイワメジャーの半兄
共にダート替わりで連対
母方が米国配合で父オルフェーヴル
先行意識があってからのダ替わり短縮
前走オルフェ得意の道悪で全くいいとこなし
この反応のなさから力不足からもしれぬも
逆にダートでという期待も抱かせる
それが人気もないのであれば!
オルフェスイッチが入ってもいい場面
◎単複


中京4R
◎タガノタイリン
△4.5

人気3頭で何も起きないかもしれぬも
その内のタイセイアゲイン
これがパーソナルレジェンド一族で
この一族は圧倒的に平坦>急坂志向
ならば1頭食い込んでもということで◎指名
コーナー4回&外枠のアイルハヴアナザー
これは◎条件でありタガノビューティーの下
一族も早くから走るのでこれは面白そう
◎単複
△△→◎馬単


中京11RケフェウスS
◎ワイプティアーズ
○ヒンドゥタイムズ
▲サトノクロニクル
△トリコロールブルー

Halo.Hail to Reason.ノーザンダンサー
この3つのインブリード持ちは
先週中京2000m傾向からすればピタッと合う
それが◎ワイプティアーズ
逆瀬川と垂水でダイワメジャーっぽくない?
そう感じつつFusaichi Pegasusとの配合で
延長を前に行って好走したり
湿った馬場で差し→先行で勝ったスピカS
馬力がある面も見せたりしてる
ここどういう競馬になるか?
前走は直線追い出し遅れてたりするも
それ込みで近2走は外からそれなりの競馬
前でも差しでもある程度の充実感が窺え
血統が悪くなさそうならここ狙ってみたい

ヒンドゥタイムズはハービンジャーダウン戦
(なんかこの響き久々)
前走七夕賞組は新潟記念でワンツーしたり
その後の好走が目立ってる
これは道悪&厳しい流れが経験値として大きそう

本来ダウン戦での反応が抜群なサトノクロニクル
ならば3走前メトロポリタンが気に喰わぬも
当時の東京はハーツに不向きな感もあった
そこから1秒以内に踏ん張ってからのダウン戦
Hail to Reason.ノーザンダンサー
先週の傾向から合いそうなインブリードもある

新馬で勝ってるのもあるが
ステゴ×ペンカナプリンセス×Pivotalなら
トリコロールブルーは
この中京2000mはベストかもしれない
2走前タフだった鳴尾記念で休み明け先行
そこからダウンの前走は短縮でペースUPを先行
過去ダウンには反応してきた馬で
その前走も3着にまとめてるが
過程としてはきつい所からさらにきつい所
そういう見方も出来てそこで頑張り過ぎず
そこからの同格戦で久々に勝てそうな気も?

◎単複
○▲△→◎馬単


中山11RレインボーS
◎コスモカレンドゥラ

父ノヴェリストは中山野芝特注
先週も狙いましたが4.12着
先週より馬場が回復し軽くなってればなあと
2走前福島の日1800&2000は差し決着が多し
その中で早目先行から3着は好内容
前走は道悪で全くいいとこなし
これが休み明け馬体減後でリセットされてれば
ここで何とかノヴェリストで当てたい
◎単複.(あとは思案中も7は相手最有力)


中山12R
◎タマモキャペリン

1.3→0.5→0.4と徐々に着差を詰めてきた
ダンカーク的にこれは狙い撃ちしたくなる臨戦
前走は中山1200mでもかなりタイトなペース
経験としてはいいだろうし
ちょっとでも前走よりペースが緩めば連闘でも
◎単複



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;








このエントリーをはてなブックマークに追加



昨日は紫苑Sで◎マルターズディオサ1着
ブログ復帰後3週目でようやく重賞◎が馬券にw
しかしサクッと予想が低調で…噛み合わず
中山10RセプテンバーS◎シセイヒテン
これは勝負してただけに
届かず4着で力がガクッと抜けるというね
本日こそ噛み合いたいなあ



中京11Rセントウルステークス
◎タイセイアベニール
○ビアンフェ
▲セイウンコウセイ
△ダノンスマッシュ
△シヴァージ
×ラヴィングアンサー

土曜から開幕したオール野芝中京開催
稍重→良推移でエアレーション後
今後良馬場で踏み固められていくと
高速馬場になる予感はあるものの
現状ではそこまで高速馬場ではない感じ
その土曜1Rでは勝ち馬は外差しでしたが
12Rでは内を通った馬で上位決着
踏み固められると内有利かなあと思いつつ
そのあたりとインブリードをどう加味するか?
色々考えましたが…
そこは少し横に置いておき
血統と臨戦的に魅力ある馬を◎に
(雨はあまり想定せずで)


タイセイアベニールはベーカバド産駒
このベーカバドは野芝開催での成績が良い
(いわゆる秋の中山&阪神)
そこでまず適性が十分期待出来る
今年の重賞での
前走OP(リステッド含む)1着馬の古馬成績
これが【0.2.1.21】
現状古馬が前走OPを勝ち切る事は
重賞に挑むにおいてプラスになりにくく
むしろ疲れを残すだけなのかもしれない
そんな3走前→2走前のCBC賞
この日の阪神は稍重でしたが前が非常に強い馬場
そこで差しの位置取りからラスト外に出す?
そのタイミングで一瞬前が邪魔になったか
そこから内に進路を切り替え4着
これが結構強い内容=出し切った感があり
そして前走北九州記念は
外を回すも道中かなり手応えが悪く
じりじりとしか伸びず9着と惨敗
これはかなりしんどい状態での競馬と思われ
今回間隔詰まってるのでリフレッシュされてる?
それは微妙ですが…ダンチヒ系で人気急落!
これは飛び付きたくなる要素
母方のBT×ダンスは重めではありますが
現状の馬場からはマイナスになりそうでもなく
スカーレット牝系で一族は急坂得意な傾向
急坂替わりと父から野芝替わりで人気落ち
問題はどの位置から差してくるか?
それでもこの人気ならね!!

ビアンフェはキズナ産駒
土曜日マルターズディオサが重賞勝ちしたように
野芝もかなり得意なほうかなと
母方はSuncourt内包の母父バクシンオーに
母母父はUnbridledなら速い馬場でという血筋
京王杯→朝日杯の内容が濃いだけに
前行けるスピードがあって今の馬場なら

セイウンコウセイは
野芝実績十分の父アドマイヤムーン
そして母方のPatently Clear牝系は速い馬場得意
前走マイルG1を無視すれば近走崩れなく
特に前が厳しく重い馬場だった
シルクロードSが好内容
久々に馬場が血統とフィットしそうな予感
ミスプロの4×4からのRaise a Native5×5
このインブリードも好感

ダノンスマッシュはダウン戦のカナロア
ミスプロの4×4からのRaise a Native5×5
さらにノーザンダンサーの5×4
ピッタリだとは思うものの
2走前ダウンで緩緩流れの京王杯SC
ここで勝って楽を知り過ぎた可能性!?
それが引っ掛かって400m短縮のスピード勝負
これが今となってはどうなんだろう?

シヴァージはこの騎手で
外ぶん回しで届くような気がしない笑
そもそもこの馬場で人気では…
ということで事前より評価を落とします
ミスプロの5×4持ちは好感で
First Samurai産駒はまだまだ少ないし
同馬の成績も相まって
速い時計への適応力は未知数も
Glorious Song.Fappianoという
速い血を2つ内包してるのもあるので
いつ爆発してもおかしくないとは思いつつ

ラヴィングアンサー
これは母父Rock of Gibraltarを最大評価
この血は急坂でこその面がある
父に持ってたプレイ.エイシンオスマン
この2頭も共に中山重賞実績馬
ラピスラズリ→シルクロードS
楽なとこから厳しいとこでも踏ん張った
この内容はかなり評価に値する
ダウン戦反応後の京王杯もあわやだったし
前走で吐き出した後の平坦→急坂替わり
この馬もどこから差して来るかやけど…

ミスターメロディは父Scat Daddy
自身もそうやけど産駒は間隔開けるといまいち
ダウンという質もあまり歓迎ではないクチか

クリノガウディーはリズム崩したなあ
スクリーンヒーローは野芝上手い傾向も
短期間で立て直しが効くだろうか

◎単複.◎×ワイド
○▲△△→◎馬単



中山11R京成杯AH
◎ストーミーシー
○アンドラステ
▲シゲルピンクダイヤ
△ミッキーブリランテ
△ルフトシュトローム
×ボンセルヴィーソ

こちらも土曜から開幕したオール野芝中山開催
良→稍重へと推移した土曜は例年とはちと違う
高速馬場ではなくダートや欧州要素=タフ
パワーやスタミナが問われやすそうに思えた
本日は良馬場発表で
こちらも踏み固められての変化は?

レース傾向的には王道のノーザンインブリード
そのノーザンダンサーが欧州であって
欧州色が濃い構成の馬がいい
これは野芝で超高速馬場の中で
ハイラップを刻む中スピードを支える意味で
欧州のスタミナ=体力が活きやすいという説
そう考えてましたが
超高速馬場ではないもののある程度タフならば
欧州の血は活きてくると判断


ストーミーシーはノーザンインブリード持ち
コース相性的にもいいニジンスキー9.38%
このインブリードも持ち合わせる
母方はノーザン×ノーザン×ノーザン
欧州色が濃い目の構成
アドマイヤムーンはレオアクティブが
当レースでレコード勝ち
セントウルS.スプリンターズSでも複数好走
野芝は合いそうな種牡馬でもある
昨年.一昨年とこのレース凡走してるものの
同馬にとっては馬場が速すぎた感もあるので
今年そこまで速くないならフィットするかなと
ましてその時とは馬が変化してきてる
東風Sでビックリして返す刀でダービー卿CTも
そこまで頑張れるかとビックリした
さらに中京記念当日の阪神は差し追い込み馬場
そこで先行して0.5差の踏ん張り
これは相当に評価出来るし
実際何度も書いてますが
この日の阪神で先行した馬の
次走以降巻き返しが顕著
その前走ダウンで2着と頑張ったのが微妙にイヤも
充実してる匂いはするし勝たなかったのもいい
まして全く人気もないならここから入る

アンドラステはオルフェーヴル
直線長いところでワンパンチ足らないなら
オルフェが得意とする小回り替わりで
その2走前エプソムCはイン前有利な馬場
そこを外から差してきて4着は強く
この内容は担保すべき内容
母父Dynaformerはロベルト系でパワー型
その奥にあるBig Shuffle
これはロサギガンティア.スターオブペルシャ
兄弟の母父でありこの2頭は急坂重賞実績有

シゲルピンクダイヤは父ダイワメジャー
15.63%の濃い目のノーザンインブリード持ち
母父High Chaparralはサドラーズウェルズ系
母方が濃いめの欧州配合
前走は超高速馬場で米国さが活きた東京マイル
そこで復活気配を感じたし
血統的には明らかに今回のほうがいいか

ミッキーブリランテはリファールの5×5
小回り替わりでと思ってた馬で
母方は欧州色が非常に強く
母父Dansiliはハービンジャーの父でもあり
小回りのほうがという気もしないでもない
この馬も当日阪神が差し追い込み馬場だった
中京記念が好内容で一つ挟んだのがどうかも
充実さとまだ舐められてるダンチヒなんで

ルフトシュトロームはこの枠が…
キンシャサノキセキ×キングマンボ系
ガロアクリーク.シュウジ
この3頭の配合馬の共通点は
母母母父までもリファール系であること
同馬はウインドインハーヘア牝系で東京!?
そんなイメージがあるものの
リファールのインブリードが発生するので
小回りの持続質に強い血統構成に出た可能性
前走NHKマイルCはさあ!これから!
という所でかなりの時間ブレーキを掛けるはめに
最後内寄りに進路を見付けて追い込むも届かず
内容的には悪くなかったし
今後広いレンジで活躍出来そうも
まずはシンプルにこの舞台であるなら押さえに

ボンセルヴィーソは母方欧州配合
前走は2走前よりペースが厳しくなり凡走
リセット後でアップ戦実績もあるので

スマイルカナは乾きかけのディープ
ならば押さえる手も十分
中山マイル実績あるとはいえ
ディープ×フォーティナイナー系
この配合の活躍馬と言えば
グローリーヴェイズ.トーセンスターダム
この配合は父もあってか
ゆったりとした大箱でこそなのかもしれない
近親にエイシンヒカリ.エイシンティンクル
長い直線○のイメージはここからもあるし

トロワゼトワルは昨年の馬場と逆ベクトル
ならば中京記念先行というのが担保されてても
それは前走で果たされておりここは静観

◎単複.◎×ワイド
○▲△△→◎馬単



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



先週はサクッと予想が当たって重賞が当たらず
まさに”稀に的中”を地でいってるものの
さすがにもうボチボチ重賞当てたい気持ち
ただ今日の中山は雨予報でややトーンダウン



中山11R紫苑ステークス
◎マルターズディオサ
○ホウオウピースフル
△チェーンオブラブ
△スマートリアン
×コトブキテティス
注ウインマイティー
注レッドルレーヴ
注クロスセル
注パラスアテナ


しっかり雨が降るという予報ならその想定
レース傾向のインブリードとは
かけ離れた馬場になりそうで
それならそこは軽視しつつ


マルターズディオサは血統的には完璧!?
4代母方にGenerousの文字が見え
これがニジンスキー系
アブレイズ.クリスタルブラック.ディープボンド
1800m以上のキズナは×母方ニジンスキー内包
これが中距離重賞では嵌りそう
そのGenerousの母Doff the Derby
このDoff the Derby一族は急坂コース得意
半兄アルタイルと母からパワーも受け継ぎ
母母父スピニングワールドは道悪特注
文句のつけようがない血統構成に映る
個人的にこの紫苑S出走を条件的に待ってたし
プラスαで道悪が加わるならもうこれしか
桜花賞で厳しい馬場で前行って直線見せ場
その後のオークスは正直もっとやられるか?
そう思ったが意外と踏ん張ってたし
休み明けでリフレッシュなら力は上位のはず

オルフェでブラストワンピースの下
そんなホウオウピースフルは父と兄から
重めの馬場&小回り&ダウン短縮で評価
血統的に小回りの立ち回り力
これが重要だったと思われる春の東京重賞2着
そこから小回り替わりは歓迎か

チェーンオブラブは良なら評価したい馬
ミスプロインブリード
ノーザンダンサー5×5に母母父ボールドルーラー
これは傾向的にいいと感じるインブリード
加えてダウン.休み明け.短縮
今ハーツが走りやすい3つを兼ね備えてる

スマートリアンはマルターズディオサ同様
キズナ×母方ニジンスキー内包
パワー有る母父に欧州の下支え
馬場悪化のほうがという気も

コトブキテティスはハービンジャー×キンカメ
ブラストワンピースにモズカッチャン配合
内枠アップに道悪なら配合的に手を出したく

ウインマイティーは道悪なら評価上げ
良のままなら評価下げ

レッドルレーヴは母方ガーサント持ち
プラス父キンカメなら道悪で評価上げたい

クロスセル
パラスアテナ
ルーラー2頭は良ならクロスセル
道悪ならパラスアテナという感じ

エピファネイアは湿った馬場は上手い馬多し
ただそれを根幹の2000mでというのは
個人的にややイメージと異なる部分もあり…
(もう少し距離が長めの方が)
シーズンズギフトはZieten入ってるのと
レースぶりからスピード寄りかなあ?
スカイグルーヴはダイナカール牝系で
母方ガーサント持ち
道悪でバラければという気がするも
そこまで精神的に強い馬という感じもせずで


◎の単複.◎○のワイド
あとは馬場見ながら検討



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



昨日は新潟メイン◎クリアザトラック3着
この一本のみでマイナス収支
これは血統よりもトラックバイアス重視でした
今日もそのあたりは意識しつつ…



新潟11R新潟記念
◎ワーケア
○アイスストーム
▲サトノダムゼル
△ピースワンパラディ

通年よりタフに感じる新潟
それは土曜の結果を見ても変わらずで
近年の傾向をそのままスライドするよりは
ちょっと横に置いておくべきかなと


1番人気のハーツクライ
◎はややもすれば怖いけども
これを上回る魅力ある馬もなく
馬連.ワイドベースなら
ブラヴァスのほうが売れており
最終的に2番人気なら尚良いなあ
ということで…3歳馬ワーケア本命に
母父ダンチヒ系で欧州色強めの母方
サトノアーサー
ショックアクション
ブルーシンフォニー
ここまで今夏新潟重賞で好走した馬たちと
相通じるものがあり
ましてハーツクライは先週ワンツーしたり
朱鷺Sでカテドラルが勝利
昨日もメインでワンダープチュックが勝利
(ワンダーはこれは後から思えばで…
買ってた人は素晴らしいなあと素直に思う)
ややタフ目の馬場がハーツにフィットしてきた感
加えてダウン.休み明け.短縮
今ハーツが走りやすい3つを兼ね備えてる
正直そこまで強くはないと思うが
ここの相手もさほど強くなく
それなら初短縮でもあるしこれでいい
(やっぱり怖いけどね.笑)

アイスストームは多重インブリード馬
血統的にはそこまでかなとは思うも
それを押し上げるのが前走エプソムCのバイアス
明らかに相当内の馬場が悪かったのに
そこを通り前行った馬が有利で1-3着独占
その3頭より外を回した
サトノアーサー.サラキアが次走勝利
さらに外を通った
アンドラステ.サトノガーネットが次走重賞で馬券
シャドウディーヴァもクイーンS際どかった
アイスストームは外を通って何も出来ず
しかも2走前がOPで内突いて1着
相当上手く乗っての後だっただけに出涸らし
とすれば重賞実績もあるし差せる馬場なら
ただこの鞍上が差して持ってくるイメージゼロ

サトノダムゼルはリファール4×4を評価して
広いゆったりコースより小回り
そんなインブリードではあるものの
サトノアーサー.フラーズダルムが
ディープ&リファールインブリード持ち
これらが新潟重賞で好走なら
現状血統的小回り持続力が求められているのかも

新潟はゆったりコースなんで
血統表的にガチャガチャしてない
=アウトブリード馬が走りやすい側面も
ピースワンパラディは5代内完全アウトブリード
母父ダンチヒ内包に父トニービン
ワーケア評価するならこれも上位に

1.7.13.16あたりに手を広げたいものの
そもそも◎○なのに上2頭をそこまで評価してない
ならば敢えて印を絞ってみる

◎単複.◎○ワイド
◎⇔○▲△馬単.▲△→○馬単



小倉11R小倉2歳ステークス
◎フリード
○フォドラ
▲メイケイエール
×5.6.7.9

馬場状態がこのままなのか?悪くなるのか?
一応両面待ちスタイルで組み立て
時計的な出方は17年に近いか?
そんな状態なんで17年のレース結果を重視

その17年は非サンデー系種牡馬1-3着独占
1着馬4本.2着馬8本
5代血統内多重インブリード馬がワンツー
血統的にガチャガチャしてる馬
一本調子な距離&レースだけに
そんな馬が合いそうではあり


フリードの父はNo Nay Never
ユニコーンライアンが産駒に居てますが
同馬は間隔詰めたアップで2度好走
No Nay Neverの父であるScat Daddyにも
そんな特徴が見られる(主な馬ミスターメロディ)
特に間隔詰めた臨戦は◎
この父のラインは湿ってもやれるだろうし
インブリードも3本持ってる
詰めた臨戦であるならここから入ってみる

フォドラはロードカナロアの同格戦
カナロアは1200mならアップの重賞もこなすも
基本的にはダウン戦や同格でこそ
前走はアップの中で新馬より一気にペースUP逃げ
単純に厳しくなるもよく4着で踏ん張ってのここ
頭数減って同格戦ならきっと楽しかない
インブリードは1本のみも
牝系には産駒が道悪で走ってるラブリーデイ
ガーサント持ちで湿っても十分やれそう

メイケイエールはミッキーアイル産駒
同馬は(5代内)6本インブリード持ち
ミッキーアイルはここまでノーザンファーム馬
この組み合わせがかなり走ってるのもいい
牝系はパワー型のダート牝系でしたが
近年少しずつ芝もこなすようになってきた
昨日勝ったソダシもこの牝系

×勢は押さえ(3複)で買うかどうか

その中のセレッソフレイムなんか3着っぽい
17年の3着馬がパイロ(バーニングぺスカ)
当時九州産馬の星?と言われた
ユメノセテコウユーも居る牝系

◎単複.◎○ワイド
○▲→◎の馬単



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ