稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:ローズS



3日間開催色々目一杯やりました
結果は1日プラス2日マイナスでしたが…
その開催を軽く振り返っておこうかと
 



↑先週更新した記事になります



セントライト記念


【短評】
前半かなり緩かったもののラスト上がりも掛かる
現状野芝でも中山は重いと言わざるを得ずか
その中でも差せなかった後ろの馬はなあ…


【血統評価】
1位 ガロアクリーク
2位 ヴァルコス
3位 リスペクト


✔母父タイキシャトルのバビット
そんなタイキシャトルの父Devil's Bag
その全弟にはSaint Ballado
それを母母父に持ってたのがモズベッロ
この馬は父ディープブリランテなんで
バビットの父ナカヤマフェスタとは違うも
サンデーの型として近いものも感じる
そのモズベッロを春天で高評価し宝塚で低評価
重い日経新春杯と日経賞で好走
やっぱりイメージ的には
ナカヤマフェスタでもあるし
どうしてもモズベッロを重ねてしまう分だけ
ここや湿った馬場だった前走のほうが
次の菊花賞よりはとも思える
ストレイトガール.レーヌミノル
ワンアンドオンリー
G1を勝ってきたこれら母父タイキシャトルは
父がストレートに出て走った印象もあるし
ただ昨年のように重い菊になれば…

サトノフラッグは母方の血込みでパワー優勢
速さで負けたかなと思えた春の2冠
皐月賞は重い馬場でも速さが問われた感もあり
ここは馬場も向いたのもあっての好走と捉える

ガロアクリークで先行競馬
前半得意とする脚が溜まる流れになるも弾けず
キンシャサに直キングマンボなら
やはりスピードに長けた印象で
菊は厳しいと言わざるを得ないも
速い馬場で緩緩ペースからの瞬発力が問われれば

ラインハイトはハーツ×母方欧州血統
重い馬場は向いた中で4着は精一杯か

✔ラスト差を詰めてきたヴァルコス
ただこの馬にとっては馬場が重すぎたか?
いくら中山野芝特注ノヴェリストでも
血統字面よりも重すぎる馬場はもう一つだけに
しかしそのノヴェリストの奥にあるSuncourtの血
これはスピード馬場に合う側面もあるので
菊がそんな馬場になれば
母父ダンスでウインドインハーヘア牝系
ディープの母であるウインドインハーヘア
そしてキタサンブラックなんかは
父方ウインドインハーヘア×母方Suncourt

ココロノトウダイは血統ピッタリでこれ
ならば懸念した通り強くない

フィリオアレグロも強いなら
共同通信杯.青葉賞3着続きなんてことはないし
結局現状ではサトノクラウンの下でもこんなもん

リスペクトは短縮を差し→先行競馬
タフな馬場でしたがこえが単純にきつかったか
エピファネイア産駒自体
スタミナ型という兆候が見られる中
重賞となると母方にもう少しスピード能力
好走するにはこれが必要なのかもしれない



ローズステークス


【短評】
絶好の馬場でリアアメリアが快勝!
これは素直に参りました
キズナたちに溺れすぎて反省だわこれ


【血統評価】
1位 アブレイズ
2位 アカイイト
3位 ソフトフルート


リアアメリアはディープに母方米国志向強し
ディープ2020
今年のディープの重賞勝ち馬を見ても
母父ミスプロ系を中心に米国型がほとんど
全体的に今年は通年タフな馬場で推移してる中
ディープに関してはまず米国のパワーというのが
例年より効き目をもたらしやすそうではあり
リアアメリアの母父Rockport Harbor
これはUnbridled's Song~Fappianoなんで
まさに早期完成とスピードとパワー
秋華賞は例年欧州の血が効く側面もあるが??

ムジカはエピファネイア産駒
秋山さんが非常にうまく乗ったなあと
スタート後直ぐ内の馬群に入って
最後も外に出そうとせず慌てず騒がず
そんな所で前が開いて一気に突き抜けた
シーズンズギフトのNZTしかり
エピファネイアで上で人気以上に頑張れる馬は
外枠そして母方にスピード能力が重要か
でもこの馬は外枠でも枠なりの競馬ではなく
結構今後面白い馬になっていくかも
っていうか
Halo~Hail to Reasonにノーザンダンサー
このインブリードを重視しながら
全部持ってるこの馬を何故評価してないオレは😅

オーマイダーリンも内からうまかった印象
秋華賞は例年欧州の血が効く側面もある中
同馬の母方は完全なる欧州血統
頭はまだしも2.3着にまた突っ込むイメージ
これは今のところ持ってはおきたい

デゼルは外から届かず
この馬もディープ×母方欧州血統
そんな母方は欧州でもスピード色が強いか
まだ見限れないが…

クラヴァシュドールはハーツクライ
ハーツは今年重賞未勝利で同馬も1勝馬
コロナの影響で闘争心付加が期待出来る
ハーツ◎の外国人替わりが使えない
そうしてるうちに
母母父Thunder Gulchでもあるなら
ハーツでもこのまま伸びしろなく終わってしまう
ハーツの京都2000mはベストの舞台であるが…

リリーピュアハートは脚遅いディープ
母方がコテコテの欧州配合でもあり
自分の中では道悪忘れな草賞で勝てなかった
これがどうしても残像にあって
そもそもの能力を疑問視してる派
秋華賞は賞金的に厳しそうも
例年欧州の血が効く側面はあるので
超厳しい流れで皆が2冠馬を意識し
レースがぐちゃぐちゃになれば
クロックワークする可能性は残してはおく

アカイイトは道中最後方
直線パッと前が開かない中でも
そこそこ詰めてはきてたが…
走れてそうだったからこそ勿体なかった感

アブレイズはリアアメリアと同じ所に居て
この差だから素直に力不足
キズナはディープであっても
ディープが走る重賞ではセットでは走れなそう
ルーラーシップ.エピファネイア
これらとセットで走ってるとこからもねえ

フアナはルーラーシップ
キズナと共に重賞では走りやすい
キズナを高評価したなら必然的に印は打つし
同じバレークイーン牝系である
フランツ.アリストテレスがレース前までに好走
向いてたと思うところでの惨敗
母父ディープであっても
トニービンインブリードやルーラーシップ
小回り的要素や挑戦者的立場
そういう場面でという馬かもしれない



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



3日間開催の初日土曜日はプラス収支
デカいのは取れてないものの
これまでより1レースの目標回収を下げて
逆に的中率を上げるということを意識
そんなに資金もない中で
私的にトータルで長く楽しむで考えれば
これが現状のベストと思ってやってます



中京11Rローズステークス
◎アブレイズ
○アカイイト
△フアナ
△デゼル
×クラヴァシュドール
×セウラサーリ
注シャムロックヒル


土曜日はレコードが出たり先週よりは速い馬場
ローズSと同じ2000mだったケフェウスS
途中岩田&ポポカテペトルが上がっていき
中盤厳しくなって外からの差しが決まるも
結果的には血統的に先週の中京2000mを踏襲
そんな面もあったので
ここもそれを基にシンプルに攻めてみようかと



アブレイズはキズナ産駒
Haloの4×5.ノーザンダンサーの5×5
両方持ってるというのはまさにピッタリな感
2.3歳馬は配合上
HaloからのHail to Reasonインブリード
これを持つ馬が今後かなり増えてくるはず
というか…もうかなり増えているのもあり
今回は3歳限定戦なんでまず白羽の矢
さらに同馬は母父が急坂重賞◎のジャンポケ
母母父タイキシャトルがニジンスキー内包
クリスタルブラック.ディープボンド
マルターズディオサ
キズナ×母方ニジンスキー内包は中距離重賞◎
このオッズからしてフラワーCで買った人
これが大正解だと思うし
そもそもオークスでのやられ方からして
大したことない可能性もある
なのにどうして??ではあるものの
そこは複勝が案外付くので
単複メインに2頭との2着付け馬単だけで様子見

アカイイトもキズナ産駒
Hail to Reasonの5×5持ち
母母父Mud Routeがニジンスキー系
これもキズナ×ニジンスキー内包
母方にSunny's Haloの文字が見えこの父がHalo
アブレイズ.クリスタルブラック.ディープボンド
ニジンスキー内包のキズナ中距離重賞好走馬は
Haloの血も一緒に母方に抱えている
つまりステゴにマックイーン内包みたいなもんで
キズナが中距離で通用する上で
相性の良い血=ニックスであると考えている
3→2走前はペースの指標的に厳しくなった流れを
後ろ→先行への位置取りで勝ち
その後の前走どうかなあ?と注目してたが
4角後一瞬勿体ないところもあって伸び切れず
これが3→2走前を思えば逆に出し切れなかった分
ここではプラスに働いても良さそう
充実感は感じられるので
勝つまではないだろうけど
同じキズナの◎アブレイズ心中は不安なので
この馬からはワイドで手広くという考え

フアナはルーラーシップ産駒
キズナを高く評価したのなら
ルーラーを低く評価するわけにはいかない
というのも…下級条件では全くも
キズナが中距離重賞を勝つ時は
悉くキンカメ×ダイナカールがセットで付いてくる
スカイグルーヴ
レッドルレーヴ
マンオブスピリット
パラスアテナ
キズナの中距離重賞勝ち馬はニジンスキー内包
つまり
キズナ×ニジンスキー≒キンカメ×ダイナカール
こういう血統的親和性が考えられる
上のクラスでの持続的流れや底力勝負
これに向いてて一緒に走りやすいのかも?
そんなルーラーがキンカメ×ダイナカール
バレークイーン牝系は昨日フランツが2着
フランツよりインブリード的には
あまり向いてないとは思いつつも

デゼルはディープ×欧州血統
オークスで対抗評価も追い込みきれず
それでも1秒負けなかったし
1着は別にして2.3着馬がイン前でのもの
今春東京はディープやハーツに厳しめで
割と立ち回り(血統的にも)が問われた中で
この内容は悲観すべきものではないし
そう考えるとその前のスイートピーS
これがやっぱり強い内容
母父Le Havreは日本では父として
プールヴィル.シャドウノエルを輩出
2頭共に欧州血統のわりに短距離型
これはLe Havreが内包してるGlorious Song
Le Havreの牝系にはPolar Falcon
その産駒にはPivotalと欧州でも日本に適した
そして欧州でもスピード色が強い血
短くなるのと馬場からしても
この馬にとってはいい部類じゃないかと

クラヴァシュドールはハーツクライ産駒
ハーツは今年重賞未勝利で同馬も1勝馬
闘争心付加が欲しいところで
ミルコ&短縮は良さそうではあるが
逆に休み明け&ダウンが邪魔になる??

急坂オルフェ○のセウラサーリ
NTとノーザンダンサーインブリード
これはいい方の部類であるし
サダムパテック&ジュールポレールの下
そう考えれば中京と格上げで可能性も

最後にシャムロックヒルもキズナ産駒
実はこれも母方にニジンスキー内包
急坂重賞注意である母父エーピーインディ系
速い馬場に対応しやすいFappianoも内包
半姉がセラピア.サラス
共に父がオルフェーヴルとは言えど
割と”気”で走る部分も大きそうな姉たち
なるほど!この馬の前走も
間隔詰めてアップ戦を逃げて着差を伸ばした
微妙に間隔開いたものの
ひょっとしたら前行くキズナで残るのは
アブレイズじゃなくこっちやったんかーい
終わってから悔いを残したくないので
この人気なら単複だけちょろっと


◎単複.△△→◎馬単
○ー◎△△××のワイド
注単複



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



新企画として始めた週末重賞血統評価ベスト3
2週目となる先週はどうだったか?
セントウルSは1位馬が1着
京成杯AHは全滅
紫苑Sは2位馬が1着
こんな結果に

2週終えての結果はこちら
血統評価
1位馬はピンか?パーか?
2位馬は馬券内軸として
3位馬は来ないので消し
たった2週ですが面白い傾向になりつつあり
もうこれは予想の際こねくり回さずに
1位か2位を買い続けたほうがいいかもなあ…


ここでは目に見えるレース血統傾向
というよりは…
やや目に見えにくいインブリード
この傾向を重視しながらピックアップ


尚、この順位がそのまま予想の印に反映
それはどうなるか分かりませんので



ローズステークス


先週行われた中京2000mの傾向とコース傾向
そして距離は違えど同じ重賞であるセントウルS
この結果も少し意識して順位付け



1位 アブレイズ
アブレイズ
Haloの4×5.ノーザンダンサーの5×5
両方持ってるというのはまさにピッタリ
2.3歳馬は配合上
HaloからのHail to Reasonインブリード
これを持つ馬が今後かなり増えてくるはず
というか…もうかなり増えている
今回は3歳限定戦なんでまず狙ってみたい
さらに同馬は母父が急坂重賞○のジャンポケ
母母父タイキシャトルがニジンスキー内包
クリスタルブラック.ディープボンド
マルターズディオサ
キズナ×母方ニジンスキー内包は中距離重賞◎



2位 アカイイト
アカイイト
Hail to Reasonの5×5持ち
母母父Mud Routeがニジンスキー系
これもキズナ×ニジンスキー内包
母方にSunny's Haloの文字が見えこの父がHalo
アブレイズ.クリスタルブラック.ディープボンド
ニジンスキー内包のキズナ中距離重賞好走馬は
Haloの血も一緒に母方に抱えている
つまりステゴにマックイーン内包みたいなもんで
キズナが中距離で通用する上で
相性の良い血=ニックスであると考えたい



3位 ソフトフルート
ソフトフルート
母方がミスプロの15.63%インブリード
つまりRaise a Native7.81%インブリード
コース傾向からRaise a Nativeの相性の良さ
そしてセントウルS勝ち馬ダノンスマッシュが
ミスプロ~Raise a Nativeインブリード持ち
Fleet Victress牝系には
サンライズペガサス.アイスストーム
ミッドサマーフェア
いずれもが2000m重賞実績馬
ディープ初トライの重賞が2000mで面白いか



セントライト記念


レース傾向的には王道のノーザンインブリード
先週から開幕した中山
湿った馬場の影響もあってか
例年ほど高速野芝という感じでもない
従って先週の2重賞も見てみたが…
結局ノーザンインブリード馬だらけ
ならば素直に重視しつつ
あとは多重インブリードも好傾向なので
そこも注意しつつ

※正直順位付けとピックアップに困るほど
いい馬が案外見つからなかった中でのもの



1位 ガロアクリーク
ガロアクリーク
Lyphard4×4からのノーザンインブリード持ち
さらにGoofed5×5で5代内に3本
先週ルフトシュトロームがぶっ飛ぶも
キンシャサノキセキ×キングマンボ系
シュウジも含めた3頭の配合馬の共通点は
急坂重賞実績があるのと
母母母父までもリファール系であること
リファールインブリードで
小回りの持続質に強い血統構成に出た可能性
ただこれは血統ではないものの
走りは脚が溜まる流れか否かが重要
そこでアンマッチしてる分だけ
キンシャサの枠を超えてるのかもしれない



2位 ヴァルコス
ヴァルコス
ノーザンインブリードにNijinsky5×4
さらに父方Literatインブリードで5代内3本
ノヴェリストは中山野芝特注も先週は4.12着
字面よりも重すぎる馬場はもう一つ
今年の春東京でも走りまくったのと中山野芝
そして父方の奥にあるSuncourtの血
ここからスピード馬場が合うという側面も
今週どこまで馬場が回復するか?
あとノヴェリストは格上げ戦のほうがいい?
そしてウインドインハーヘア牝系だけに東京?
インブリードで上位評価も
結構ネガティヴな印象もあったり



3位 リスペクト
リスペクト
マルゼンスキー5×4からの
薄いノーザンインブリード持ち
5代内に5本の多重インブリード馬
母の全兄がナカヤマナイト
道悪に強くこのコースの重賞勝ち馬
そしてエピファネイアは
2200mを超えてくると成績が一気に上昇
プラスαで湿った馬場であれば直良し
良よりは重めの馬場でこそか



(おまけ)
4位 フィリオアレグロ
5位 ココロノトウダイ



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;








このエントリーをはてなブックマークに追加



さらっと重賞回顧です


いよいよ当ブログ初となるオフ会
「稀に的中メンクオフ会in9.22阪神」
これが来週へと迫ってまいりました
 



春に企画してまあこれに懸けてきて
自分なりの準備も精一杯してきた


それなのに…
週末にひょっとしたら熱帯低気圧の接近が!!


お天道様!!
何とか中止だけは勘弁して~~


今週はTARGETを見るより
天気を見る方が圧倒的に多くなりそうです(笑)


それではいってみましょう~


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ