稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:モーリス産駒



モーリスで試行錯誤してみよう!
ということで
私的に重賞挑戦の際に注目なのが
短縮臨戦のモーリス
ここまで重賞3勝中2勝がこの臨戦なのだ



まずはシゲルピンクルビー
これは1600m→1400mだったフィリーズR
202106291
202106292
202106293
スタート後楽にインの好ポジション確保
最後の直線も内からうまく外へと導き
ゴール前差し切っての勝利
短縮&前半3F33.7の流れでも
問題なく好位付け出来てた印象



そしてルークズネスト
これも1600m→1400mだったファルコンS
202106294
202106295
202106296
スタート直後のダッシュはさほどでもなく
しかしそこから200mまでにハナ行く速さ
直線速さ自慢のG1馬グレナディアガーズ
これより前で押し切って勝利
(馬場差あれど)
シンザン記念前半3F34.7を10-9-7の差しから
ここを前半33.7で逃げ切り
ちなみに5着に負けたものの
同じ父モーリスであるインフィナイトも
短縮で前目から4角外への手応えは良かった



2頭共に短縮でも難なくスピードに乗れていた
これが言いたいのであります



他にも

ディープ産駒上位独占の中4着に負けたが
毎日杯のルペルカーリアは
重2000m→1800mで前付けの競馬


1600m→1400mで差し競馬だったが
京王杯2歳Sのレガトゥスは
当日インが伸び難い馬場をイン突き
そこで0.8差7着は着差以上に高評価の内容


同距離臨戦ではあるが
ピクシーナイト(NHKマイルC)
ストゥーティ(桜花賞)
2頭共に負けはしたものの
前走より厳しくなったラップをG1逃げの競馬



先程挙げたインフィナイトの葵S
シゲルピンクルビーの函館SS他
短縮でも全て内容が濃かった訳ではないし
これが中距離以上にも当てはまるのか?
まだまだ見ていく必要があるものの
モーリスの重賞に関しては
わりとスピードが出やすい側面がある
少し頭の隅にでも置いておいてもなと



そして今週のラジオNIKKEI賞とCBC賞
共に短縮のモーリス産駒がスタンバイしてる!
また個別に見ていきたいです



改めて先日更新したこの記事を見ると

ロードカナロア産駒は客観的
そして当記事であるモーリス産駒は主観的
そういう感じになるのかもしれませんね
最近はまず主観ありきで
そこから客観的な流れ(数字.データ)を調べる
こんなのが多いかなと自己分析




以上であります!






本日は阪神ジュベナイルフィリーズとカペラS
このレースを中心に予想
さらに香港国際競争も予想しました



中山11Rカペラステークス
◎ジャスティン
○テーオージーニアス
▲ダンシングプリンス
△4.6.10.15


これは想いを貫くということだけで…
【オルフェはカペラSで好走馬を出す!】
確か!?どこかで言ったことを覚えてるので
短距離ダートでスイッチが入る馬が多々
ジャスティンもまさにそうである
オルフェだけに1度凡走=ぷっつんのきっかけ
これはありますが
母父Gone Westは人気で当てにならない
逆に人気落ちで反応を見せる血
ならば前走よりここでしょうし
これまでダート変更後
2度続けて凡走したことはないので
そっちに賭けてみたい


末堅実でダンシングプリンスのペース
これに嵌りそうなテーオージーニアス


ダンシングプリンスは祖母サワヤカプリンセス
ならデュランダルと近親
底知れなさはここから来てるのか
パドトロワですし芝でも面白そうですがね


前走めっちゃ強かったサブノジュニア
サウスヴィグラスですしここでも
そう思いつつ59㎏が気になったので押さえまで


末が使えるデュープロセス
ダイワメジャーならブルドッグボスが居るし
母方は欧州配合で厳しい流れでズドン
これがあってもいいかなと


ダートでもカナロアの格上げ戦は様子見
そうしたいなと考えてる中
ジョーカナチャンはダート替わりでも同格戦
母父ネオユニで自身も近親も
ダート替わりやダート短距離の反応がいい


シュウジは休み前ずっとこの条件で堅実


◎単.◎ー○▲馬連
◎ー○△△△△ワイド



ここからは香港国際競争の予想を追記


海外競馬はシンプルに
過去の傾向に寄せるといいことが多々!?
そんなところもあるので忠実に
勝負は香港スプリントで👍


【香港スプリント】
◎コンピューターパッチ
○ホットキングプローン
▲クラシックレジェンド

スプリントはとにかく”ダンチヒ”
あとはリピート率が高し
ぱっと見日本馬怪しくないか!?

コンピューターパッチ
父イクシードアンドエクセルがダンチヒ系
連覇したミスタースタニングと同じ父
オール1番人気の近5走連続着をまとめながら
ここ人気急落なら舐められたダンチヒ発動
有力馬の中では3走前に1000mを使われており
スピード活性がなされてるのも好感

ホットキングプローンは昨年当レース2着
母母父ヘロド系の相性もいい

クラシックレジェンド
父ノットアシングルダウトがダンチヒ系
昨年3着馬エセロの半兄でここに適性あるか


【香港マイル】
◎ゴールデンシックスティ
○アドマイヤマーズ

マイルもノーザンノーザンというより
日本の高速決着で走る血
Encosta de Lago.Miswaki.Machiavellian
そしてスピード持続力のナスルーラ
そんな血を持つ馬が活躍傾向

なんですが…これは見るレースか!?

ゴールデンシックスティって
そこまで日本の高速決着で走る血
これを持ってるわけではなく
ナスルーラの血が濃いわけでもない
むしろダマスカスとフォーティナイナー
この血が強調されていて
パッと見パワー体力に感じる血統
なのに速い時計でガンガン走れる馬
よっぽどシャティンが合ってると思われ
ここはその強さを見物したい

アドマイヤマーズ
昨年◎にしていい思いをしました(^^)
母父Mediceanこの父がMachiavellian
そして母母父がシングスピールで
これまた高速決着に強いGlorious Song内包
MachiavellianにGlorious Songなんで
一昨年初マイルG1で2着に対応したヴィブロス
これと母方は似てる血統構成
14年勝ち馬エイブルフレンド
同馬も父がMachiavellianとGlorious Song持ち
前走見るとまだまだ強いですし
ムーアに乗り替わって
一騎打ちへの楽しみはある


【香港カップ】
◎マジカル
○ウインブライト
▲ノームコア

ノーザンノーザンが主流の中
カップに関してはターントゥやキングマンボ
いわゆる日本的な血の活躍が目立ってます

マジカルはノーザン配合で父ガリレオも
ミスワキ.ピヴォタル.コジーン.Indian Ridge
日本で速さに対応してる血が
血統表の中にふんだんに入ってる
今年日本馬がやや心許ないのもあるし
普通にこの馬強いと思うので

ウインブライトはひょっとして下降線?
でも同じようにこう決め付けた
先週のゴールドドリームが走ったし
こんな素人の決め付けほど当てにならんw
適性はメンバー1は間違いないので

ノームコアは短縮ハービンジャーは好感
これまでの日本馬の好走馬と比べると
ややノーザンクロスが薄いかとみるが
ここは買っておきたい



《本日のサクッと予想》


阪神1R
◎ゴッドオブロンドン

芝→ダート替わり
現状短縮得意なオールフォーロンドン一族
それにオルフェならここはスイッチON
それがあっていい場面
全兄もダ替わり圧勝実績あるし
母もダート実績あり
前走マイルでそれなりの位置
そして内容だったのもいいかと

◎単.(あとは思案中)


阪神3R
◎トーカイキング

近2走の内容をかなり評価
2走前は菊花賞の日
4角手応え抜群で外に持ち出そうとするも
壁になり持ち出せず
結局進路を内に切り替えるも
さらにもう1回一瞬追えないところあって
当時伸びない内を通るという勿体ない競馬
前走はそこから前傾ラップにペースUP
位置も上げておりかなりきつかった局面と想像
そこで内からしぶとく食い下がっていた
頑張った後で反動は気になりますが
Vピサ×母ポポチャンなら
阪神1400mと外よりは中~内枠がベストと思え
前走に引き続いて諦めず狙ってみたい

◎単複.(あとは思案中)


中山4R
◎マイネルキュリアス

前2走の逃げを見る限り
促して出していくと押さえが効かない系
グラスワンダー×ネオユニなら
東京より中山のほうが合うんじゃないかと
そんな2走前はやや厳しめの逃げ
当時の東京は内馬場が相当悪そうで
ラスト思い切りそこを通ってましたが
1800mまでなら際どく1着だった内容
中山替わりでうまく逃げられれば

◎単複


中京11R飛騨S
◎アプルーヴァル

この条件=中京芝1400m
これが自身もそうだが恐ろしいほど合う
それがオルフェーヴル産駒
しっかりクラス慣れもしてきてからの
得意条件替わり
バレークイーン牝系は
先週のこうやまき賞コウソクカレン
この馬も最低人気で際どく4着だったように
9月にもアリストテレス.フランツ
現状とにかく中京で走ってるのが特徴

◎単.(あとは思案中)



以下、阪神JFの予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む



今週は珍しくプラス~
今年はほんまにサクッと予想に助けられてますね
忙しい日々が続くので
次週も土曜予想の更新と週中の記事は更新難
代わりにTwitterの呟きを載せておきましょう


エリザベス女王杯は箸にも棒にも掛からぬ…
これだけ全て裏目に出ればもう仕方ない
大完敗でございました



↑今週更新した記事になります



エリザベス女王杯


【短評】
高速馬場とはいえ前半59.3の◎ノームコアの逃げ
流石になあ…
後ろは縦長緩めになって1-3着馬と5着馬
この人気4頭が33秒台の上がりを使えたか
エリ女は国内NO.1のリピーターレースですが
阪神替わりでも昨年の1.3着がスライド
さあボヤキのはじまりはじまり~



ラッキーライラックは中団に控え
4角進出した時には凄い手応えで勝ち確信
同舞台であった宝塚も
前々で馬場の割には頑張ってましたし
結局実力がここでは抜けていたということか
オルフェ産駒的にどうしてもこれが気になって…
ただ天狗になって散漫になってたのは
何を隠そうこのオレでした💦
3着内4回中3度がこの馬であったので
範疇を超えたオルフェ
他のオルフェに関してはやはり注意はしたい事象

サラキアは凄い伸び
小倉日経OPを境にここまで馬が変わるものかと
しかもディープで!!
実はハーツクライでサリオスちゃうの?
そんな冗談を考えるぐらいにねw
ビフォーアフターが物凄い印象でした
母父Lomitasがニジンスキー系
フィエールマン.ダノンシャーク
ディープ×ニジンスキーは
5歳以降でもG1でワンチャン作れる説
”一粒で三度美味しい”と覚えておきましょうか
成長力としぶとさを備えるということで
あとはこれらに続く馬が出て来るのか?

ラヴズオンリーユーはうまくまとめて3着
母方がストームキャット×ミスプロ
米国配合ではありますが
曾祖母が欧州名マイラーMiesque
前走は道悪に2走前はタフな馬場
近走のリズムは良くなかったが
速さが問われた馬場で血統的に巻き返せた印象
今後ある程度出し入れ出来るのでは

✔内がある程度有利で伸びる馬場
フローラS.オークスを見てもウインマリリン
それが現状ベストではないかと
内前が全くダメだった秋華賞で凡走
そしてここはインを突いて頑張れた
それでも東京マイルとかのイメージはないし
ちょっと今後お付き合いが難しそう
母方のアメリカ色の強さと
母母父ボールドルーラー
これがスピード持続力として今は出てる感

✔ちょっと後ろすぎたかセンテリュオ
この馬もサラキア同様に
大阪城Sあたりから馬が変わってきた感
年齢を重ねてこそのクラフティワイフ一族
今ならちょっとタフなところで
日経新春杯やAJCCなんか良さそう
でも人気落ちないなこれ

ソフトフルートは案外強いのかも?
Fleet Victress牝系には
サンライズペガサス.アイスストーム
ミッドサマーフェア
近親いずれもが2000m重賞実績馬
そして自身秋華賞3着
タフなところの2000mでどうか?

リアアメリアは弾き切れず
前走秋華賞はキングマンボに有利な馬場
イン前の競馬と母方の米国色の強さ
全てにおいて全く逆ベクトルのレースになった
そこからだっただけにもう一つ跳ね返り
これが欲しかったような気がする
結局のところ格下げホースなのか
母父がUnbridled's Song~Fappianoだけに
今後時間もないだろうし次格下げでになりそう

✔内田!直線何回もなあ…
シャドウディーヴァはVライン
だいぶ走る気が戻ってる最中だけに
ここはハーツ必殺の外人替わりが次欲しいが…
母母父Indian Ridge自身が短距離馬で
サウンドワールドという1200m実績馬も産駒に
何より近親成績が明らかに短い所に寄ってるので
1800m以下に絞るべきかもしれない

ウインマイティーここ2走を振りとして使える
そういうチャンスと思いきや案外
ゴールドシップの3歳世代は
全体的にこの秋奮わない
成長力に?なのか主要4競馬場での厳しさ?なのか
ちょっと今後自身への課題として見ていきたい

✔思わぬ?逃げの形だっとはいえ
全くいいところがなかったノームコア
この秋G1の中ではかなりスッキリと◎を進呈
それだけに残念ではあったなと
富士.札幌と格下げで勝ってるので
まず次は格下げでになりそう



福島記念


【短評】
堅かったなあ…
割と厳しめの流れでも差し込めないレース質に
ヴァンケドミンゴの充実ぶりが印象的
結局人気決着も予想で触れたように
トーラスジェミニがハナ切ると
馬券になる種牡馬はかなり偏りがある
トニービン内包や欧州色の強さ
サンデーでもスタミナ寄りのステゴ
それだけ分かりやすい流れを演出してくれる
加えてSpecialの血の依存度も高い傾向
1着がステゴのオルフェ
2着がルーラーでトニービン内包
3着が父サドラー系でSpecial内包
次、トーラスジェミニが出るレース
絶対に仕留めてやるねん!!
っていうかトーラスジェミニは一度マイル使って



バイオスパークはオルフェ産駒
体力あるナナヨー牝系でも
同馬あまり体力がないのか?
馬自身延長がもう1つでもある中で
短縮への挑みはまず好走の要因か
しかも前走インが伸びない京都でインを走った
それをフリにも出来ての快勝
個人的にはダートでもやれる血統構成
そう感じてるがまあそれを使うことはなさそう
オルフェ的にも次注目です



デイリー杯2歳ステークス


【短評】
またディープ×Unbridled's Songで出て来たなと
外から差せなかったがスーパーホープ
プールヴィルの下で今後注目



武蔵野ステークス


【短評】
予想的には非常に悔しい結果
◎にしたソリストサンダーは
1700mにチェンジした檜山特別以降の内容
これが気に入ったのと(檜山特別は○騎乗.笑)
トビーズコーナーが短縮◎な傾向があったので
今回全てひっくるめて面白く思えました
あとトビーズコーナーは道悪ダートも要注意で
馬券はエアスピネルが抜け~
しかもソリストサンダーを信じ切れずで
馬連も買わず複勝のみでございました



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む



ここまでの新種牡馬の特徴を簡潔まとめ
色々書きたいけれど…まずは要点のみで
これ以降どういう変化を見せるのかも楽しみ



ドゥラメンテ
✔小回り向き
✔使い込まれた馬場より開幕したての綺麗な馬場
✔重めの母方が走ってる(Sharpen Up持ち注目)



モーリス
✔好走傾向(特に1着)は中~外枠に寄り気味
✔新馬後の未勝利で巻き返す馬少ない
✔ノーザンファーム馬の好走率高し
✔母父サンデー系(スタミナ型)との噛み合わせ○



ラブリーデイ
✔短距離での好走目立つ
✔道悪注目(ガーサントの影響?)



リオンディーズ
✔1着は全て5枠より外枠
✔穴血統として期待
(同じ母シーザリオのエピファの昨年初めと酷似)
✔ゆったりコースより断然小回り



ダノンレジェンド
✔人気より着順が上の馬がほとんど
→今後穴血統としての楽しみはあり
✔少頭数ばかりで馬券に
ダノンレジェンド



アジアエクスプレス
✔短距離.道悪.ダ替わり.短縮



マクフィ
✔3着が非常に多い
✔間隔詰めての臨戦で好走目立つ



ミッキーアイル
✔曾祖母Stella Madridからかダート適性ありそう
✔走ってるのはノーザンファーム馬ばかり



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;








↑このページのトップヘ