稀に更新?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:サリオス



日曜日のG1レースはマイルチャンピオンシップ
通常の京都→阪神開催にて


今週は全頭血統考察の記事を更新済
☟の予想に書いてない馬の見解に関しては
こちらの方を見て下さい


サクッと予想>>重賞予想
現状明らかにこんな予想の好調度合い
っていうか今年はずっとこんな感じですね
色々課題が見えてきてるので
重賞に関してはG1であっても
よっぽどではない限り当面控え目に
そんな買い方を模索していきます



阪神11Rマイルチャンピオンシップ
◎サリオス
○ヴァンドギャルド
▲スカーレットカラー
△グランアレグリア


そこまで速くはないものの
現状ある程度時計の出る馬場というのを感じる
そんな今阪神開催でここまで行われた重賞が3つ
サラキア
スーパーホープ
オパールムーン
この3頭が
4角5番手以降から人気以上に走って馬券に
いずれもに共通するのが
母方が欧州色が強かったということ
速い馬場であっても
差してくるには欧州の重厚さが必要!?
そう思わせるような結果が続いている
差せない馬場状態ではないですしね


母方が欧州色が強い配合であるレシステンシア
これが引っ張る流れを想定
存在自体不気味ではあるが
ならば余計に差してくるなら欧州の血
そっちのほうに張ってみたい


オパールムーンの外一気
スーパーホープの内の人気2頭を飲むかの勢い
サラキアの凄い伸び
これらのイメージと
人気馬が前をしっかり潰すなら
漁夫の利を得やすいという意味でも
差せる欧州色が強い馬を狙いたいなと



サリオスはハーツクライの短縮戦
とにかくハーツは外人替わりでよく走る特徴が
つまり闘争心付加でかなり期待できる種牡馬
今回デムーロ云々はもちろんあるものの
先週エリ女で悔しい思いをした後で
自身のリズムも上げつつ
(ルメールに対しての?)闘争心も高められる場面
人馬共に非常にいい挑みではないかと
Lomitas×Tiger Hillの母方はがっつりな欧州配合
母父が内包してるSurumuからのSuncourt
これが効いてるのであろうスピード対応も可
速さを求められる場面でも結果を出してきた
血統的には頭(1着)の期待を抱かせる
先週エリ女で2着したサラキアの半弟なら尚更

ヴァンドギャルドの母父Motivator
これはサドラーズウェルズ系
その奥もくるめると母方は欧州色が強い
ディープに母父Special内包
Gone WestにBlushing GroomにNijinsky
血統全体で持ってる血としては
マルターズディオサを彷彿とせせる
そう!レシステンシアと同じレース
阪神マイルでG12着しチューリップでは負かした
ディープ×母父欧州ノーザンダンサー系
この配合は主要4競馬場の重賞だと
阪神が最も複勝率が高く外回りはよく勝ち切る
中でも母父サドラーとの相性は○である
格下げで重めの馬場だった前走快勝
ここが合ってた可能性は否定出来ないが
4歳の社台ディープで
格上げ対応可であるサドラー持ち
前に居る実績馬に比べると力が足りるかも
まだ奥がありそうだけに
速い馬場ではあるが
”差し”の欧州色が強い馬としては非常に面白そう

スカーレットカラーの父はヴィクトワールピサ
G1でのヴィクトワールピサは
前走で頑張りすぎないのがベスト
その前走は全く歯が立たずも上がりは4位
力は多少なり示したとも言えるし
頑張りすぎなかったのは引き続きここでは好感
さらにVピサは重賞では外寄りの枠を好むので
母方は米国×欧州のバランス型
母父米国の分だけ3番手評価も
それでも最後の脚は覚醒感はあるので
秋天で◎打ちましたし差せる馬場なら

グランアレグリアは
狙いたい馬がこの馬より上に3頭居たので4番手
母方はNijinskyのインブリードがあって
米国と欧州のバランス型
ディープ×母父エーピーインディ系は
アルアインと同配合
グランアレグリア.アルアイン共に阪神G1勝ち
そう!母父エーピーインディ系は
坂コース特注の中でも阪神は特に◎
前走は流れと外伸び馬場で通った場所
向いたにせよ普通に強かった
差して速い上がりを使えるようになった
阪神Cから馬が1段変わった印象
それは馬体増とも比例してるのかもしれない

◎○▲の単.◎○▲ワイドBOX
(△ー○▲ワイド)



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;







続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週はG1マイルチャンピオンシップ
考察を更新出来る時間が少し取れたので
軽めに全頭やっちゃいまーす



エリ女5人気2着サラキア
サラキア
デ杯2歳S4人気3着スーパーホープ
スーパーホープ
ファンタジーS7人気2着オパールムーン
オパールムーン


阪神開催が開幕して2週終了
時計の出る馬場というのを感じさせられる中
ここまで行われた重賞が3つ
そこで走った↑の3頭は
4角5番手以降から人気以上に走って馬券に
いずれもに共通するのが
母方が欧州色が強いということ


速い馬場であっても
差してくるには欧州の重厚さが必要!?
そう思わせるような結果が続いている
しかも金曜日が雨予報になっており
これが継続する可能性も十分考えられるかと



それではこの考えを基に個別に見ていきます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;







続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



ここのところもう一つの
週末重賞血統評価ベスト3
シンプルに挑めそうな開催替わりの開幕週
果たして好結果を出せるかなあ??


ここでは目に見えるレース血統傾向
というよりは…
やや目に見えにくいインブリード
この傾向を重視しながらピックアップ


週末台風接近で天気が怪しそうも
ひとまずそこは考慮せずということでm(__)m


尚、この順位がそのまま予想の印に反映
それはどうなるか分かりませんので



毎日王冠


ノーザンインブリード馬が優秀な傾向
中でも5×4ベース=9.38%のインブリード馬◎
と、これは過去なんで
若い馬が今後走るには9.38%より薄め
血統表が代を経るので
それ位の薄さも重要になるか?



1位 サンレイポケット
サンレイポケット
ノーザンダンサー9.38%インブリード
ニアークティック6.25%インブリード
このインブリードは
2年連続連対アエロリットと共通
格上げで期待出来る父ジャングルポケット
近親にはこのレース3着アドマイヤフジ
Sunny Valley~Sunlandという牝系ラインは
バレークイーン牝系と共通
これは09年勝ち馬カンパニー
その父ミラクルアドマイヤのラインと同じ



2位 サトノインプレッサ
サトノインプレッサ
ノーザンダンサー5×5=6.25%インブリード持ち
3歳馬だけにこの薄さがマッチするか?
母父Sahmはサドラーズウェルズ内包
直ミスプロも米欧的
今年ディープ×米国(ミスプロ)は
重賞で勝ち切ってる配合
母サプレザから能力そのまま受け継いでるなら
ちょっと重めの馬場がよりベストか
高速馬場だったNHKマイルCが
短縮&外枠で間に合わず凡走
ここも短縮で速い馬場ならどうかなあと



3位 コントラチェック
コントラチェック
ノーザンダンサー5×4インブリード
このレースでは相性◎のインブリード
母方は欧州色が非常に強く
ディープ×欧州型配合は
今年重賞でさほど勝ってない
自身もそうだがこの牝系は急坂>>平坦傾向
インブリードが良くても
目を瞑れないものがいくつかあるので3位に



(おまけ)
4位 サリオス
サリオス
ノーザンダンサー5×5インブリード
6.25%インブリード持ち3歳馬だけに
この薄さがマッチするか?
ハーツの格下げ&短縮&休み明け
半姉サラキアからすれば格下げ戦は絶好かも
母方はがっつりな欧州配合
ドイツの血が強調された母方
母父が内包してるSurumuからのSuncourt
これが効いてるのか?スピード対応も可
激アツのハーツ×外人替わり
外人の中でもルメールは優しいほうなので
闘争心をどこまで付加出来るか…
ただそこまで考えなければ
好タイミングであることには変わりない



京都大賞典


ノーザンダンサーインブリード
当レースはそこまでこの王道インブリード
これはさほど求められない傾向
ここではHail to Reasonインブリードに注目

あと例年この開催の京都重賞
特に開幕からの京都大賞典~秋華賞では
欧州血統が活躍しがち
エアレーションの影響もあるんでしょうが
今年は1開催のみでこれもどうなるか?



1位 ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
Hail to Reason4×5インブリード持ち
まずこれがいいですねぇ
母方もキンカメ×Silver Hawkなら欧州配合
非ノーザンファームのステゴなら
間隔詰まるのに悪いイメージはなし
まして19年以降非ノーザンステゴの京都重賞
これが【0.4.3.5】と勝てないまでも好調
しかもこの着外5頭中3頭は間隔10週以上
この際臨戦の中身は横に置いといて…



2位 キングオブコージ
キングオブコージ
ミスプロ.ストームバード.ノーザンダンサー
このインブリードが主軸で
Hail to Reasonインブリードは持ってない!
ただそれを補うのが欧州で固められた母方
そして格上げ苦手のロードカナロアも
前走で格上げこなし異質な香りを持ち同格戦
そんなロードカナロアは開幕週(替わり)が特注
今年の重賞開幕週限定なら【4.2.1.8】
ここまで全10勝中4勝なら偏ってるかと
しかもロードカナロア×Specialというのは
中距離以上におけるカナロアニックスでもあり



3位 ミスマンマミーア
ミスマンマミーア
Hail to Reason4×4インブリード持ち
タニノギムレットというのは
同馬もそうだが京都2200.2400は得意ゾーン
そんなタニノギムレットが内包してる
クリスタルパレス~Sea-Bird
母方のWoodman~Bellypha~Djakao
欧州血統の下支えは感じられる



サウジアラビアRC


ここもシンプルにノーザンインブリード持ちを
そのノーザンダンサーの1代手前のノーザン系
そのインブリードを持つ馬も注意



1位 スペシャルトーク
スペシャルトーク
ノーザンダンサーの7.81%インブリード
母方にLyphardインブリードと
ニジンスキーの5×5インブリード
リーチザクラウンはキョウヘイ.サヤカチャン
早い時期のマイル重賞ならというイメージ
間隔詰まってるのも好感
そんなリーチザクラウンの今2歳世代は好調
社台に移ってからの初年度世代
というのも好調の要因なのかも?
(Twitterのフォロワーさんに教えてもらいました)
レッツキッスの牝系なら
祖母キッスパシオンにキスミーテンダー
アドマイヤキッスにパッションダンス
マイルの格上げ戦なら走ってきそうな予感あり



2位 ピンクカメハメハ
ピンクカメハメハ
ノーザンダンサー5×4インブリード持ち
前走逃げの競馬だったとはいえ
ここまで外目の枠で好結果が出ている
リオンディーズ的には外枠→内枠というのも
しんどかったかもしれない
牝系は全く違うが
ダンシングブレーヴ×テスコボーイなら
東京得意のエリモピクシー一族を彷彿と



3位 ヴァーチャリティ
ヴァーチャリティ
ノーザンダンサー5×5インブリード
母父タキオンにショウナンタレントなら
坂向きかなあというぱっと見のイメージも
そのショウナンタレントの弟には
ショウナンアルバ.ショウナンパルフェ
基本早咲き傾向のある牝系で東京も悪くない
父マクフィはDubawiという格上げ○の血をひき
実際ルーチェドーロが新馬1着→函館2歳S2着



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;








このエントリーをはてなブックマークに追加



今週日曜日は東京優駿(日本ダービー)


ダービーを含んだ4-6月東京開催重賞
近年非常に苦手意識があったので
何か大きな軸を作って予想したい!
そう考えて挑むことに決めました
それは◎馬は母父米国血統から選ぶって!


東京重賞があるたびに
同じことばかり書いてるので
ブログを毎回見てる方にとっては
「もうええわ」って突っ込まれそうですが
気にせずにしつこくいきまっせ~


ダービーももちろんその考えは変わらない
ただ◎はそうであっても
他の印は母父米国血統で固めないつもりです
ある程度レンジを広めに設定し
各馬の血統をしっかり見ていきたいなと


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ