稀に更新?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:クロノジェネシス



本日は有馬記念
このレースを中心に予想


さていよいよ
「稀に的中?3代血統で重賞予想」
このブログ名でUPする予想も最後になります
HP→ブログと丸18年とちょっと
今月から19年目に突入したところですが
ここで一旦毎週のアウトプットに関しては
終止符を打ちたいと思います
ほぼ毎週休みなくやってこれて
自分が一番驚いてるのと同時に
自分で自分を褒めてやりたい!!
土曜日は2着続きに泣きましたが
得意の有馬記念で有終の美となるよう
最も自分に期待をし
己の血統予想の信念を最後まで貫いてみます
改めて年末に最後の挨拶記事をUPしますが
まずここでお礼を!
本当に今までありがとうございました!!


20年オーラスの有馬記念
簡単ではありますが全馬血統コメントを明記
ラストということで
(もうどないでもええやろw)
普段より毒多めでいってみましょう



では本日はサクッと予想から先に



《本日のサクッと予想》


中山8RグッドラックH
◎ペレ

中山は明らかにタフ馬場の中
ヴァイスリージェントやダマスカスといった
米国の中でも重さのあるパワーの血
これが有効であるように結果からは感じた
内なんか明らかに荒れており
相当力が要りそうでもあるので
繋がっていくのかもしれない
同馬は母母母父Private Accountがダマスカス
ハーツクライ産駒は
ぐるぐるコーナーを何回も回るコース
そこへの初チャレンジの期待値は高め

◎単.(あとは思案中)


阪神10RフォーチュンC
◎ダンツキャッスル

昨日の土曜日そして中距離ではトニービン
この持続的な要素が効いてる?
そんな感じのダートで狙うは
トニービン内包のルーラーシップ産駒
前走は大外で前寄りの位置が取れず
間隔開けてリフレッシュ
内から位置さえ取れれば
持続的な脚を活かせる可能性も
まして人気落ちであるし

◎単複.(あとは思案中)

阪神1 ヴェールアップ
阪神3 ガラティーン
阪神8 ラヴィンフォール
これらのルーラーシップ産駒も面白そう


阪神12R2020ファイナルS
◎メイショウチタン

使い込んだ馬場で最終週のカナロア
一見厳しそうな血統字面に見えるが
土曜日2000mでカナロア×母父ミスプロ系
これが前で粘り込んでおり
脚質的に前目勝負で同配合の同馬にとって
これは追い風にはなりそう
近親には阪神1400m実績馬もおり
ダート活躍馬も輩出してるところから
この阪神1400mはベストのはず
特筆すべきが3走前
4走前から格上げをペースUP
それが当日圧倒的に差し追い込み有利な馬場
相当厳しい局面で0.5差は好内容
2走前も道悪差し有利な馬場に泣き
前走も差し馬にやられた
力的に現級でやれるのは
既にこれまでに十分示されており
少し人気落ちや楽に先行なら
いつでも勝ち負けのタイミングか

◎単.(あとは思案中)



以下、有馬記念の予想印
そして全馬血統コメントへと続きます


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週はG1天皇賞秋
当初血統評価ベスト3ぐらいに止めようと…
それは今年の天皇賞秋は12頭と頭数揃わずで…
じゃあどうしようか??
まあ12頭ならえーい全頭やってまえ!
ということで2週続けて全頭考察をやります!
(馬番順)


全頭考察やる中で
これまで通り評価としてベスト3まで挙げてます
順位は各馬のところに明記
尚、この順位がそのまま予想の印に反映
それはどうなるか分かりませんので


ここでは目に見えるレース血統傾向
というよりは…
やや目に見えにくいインブリード
この傾向を重視しながら色々とピックアップ



天皇賞秋


”濃い目の”ターントゥインブリード

ダノンプレミアム
サングレーザー
モーリス
ステファノス

ターントゥの血を血統表に持つ馬は多し
その中でも近年天皇賞秋を好走した↑の4頭
父がターントゥで5代内母方にターントゥ持ち
これで共通している
父がターントゥというのは=父サンデー系
特に父サンデー系ならこのインブリードか!?
速さを強調させるという意味でも
ここにマッチしてくるのかもしれない


あとは馬場
今週からA→Bコース替わり
週末になると雨が降っての繰り返しでしたが
今週はようやく天気も安定
例年より傷みもありそうですが
Bコース替わりと良馬場なら
それなりの時計に収まってくるか


ならばポイントに挙げたいのは母父ミスプロ系
これは非キングマンボであり非欧州ミスプロ
つまりミスプロでも米国型
母父からのスピードと馬力≠立ち回りの供給
先週良馬場まで回復した富士S
2着 ラウダシオン(Songandaprayer)
3着 ケイアイノーテック(Smarty Jones)
2.3着馬が母父米国ミスプロでした


辿ってみたら春の東京でも
コントレイル
ウインマリリン
サウンドキアラ
ラウダシオン
母父米国ミスプロ系がG1で頑張りを見せていた
現状の東京重賞では注意すべき母父であろうかと
(※今回該当馬が少ないのもあってより熱視線)



考え方の導入部としてはこんな感じで
あとは個別に見ていきましょう



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;







続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週日曜日は宝塚記念


立ち位置的に宝塚記念は
特殊なところにあるG1ですかね
天候的にも梅雨時期であるので馬場も読み辛い


そんな中でもポイントはいくつかあるので
それを基にしながら個別に見ていこうかと


上半期ラストのG1レース
昔は得意だったんですが近年は全くダメ
なんとか今年の折り返しとして
有終の美になればいいなあと


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週日曜日は大阪杯


水曜日にそこそこの雨が降りましたが
それ以降当日まで予報では雨は降らなさそう
今週からA→Bコース替わりの阪神
基本的には内前有利になるでしょうか!?


そんな阪神2000mですが
AコースとBコースで明確に違うものが…


大阪杯2020参照
これは2015年以降3勝クラスより上の条件
阪神2000mでの上がり3F順位別成績
(上段Aコース、下段Bコース)


大阪杯2020参照2
これは2015年以降3勝クラスより上の条件
阪神2000mでの脚質別成績
(上段Aコース、下段Bコース)


上がり1位馬の成績差が歴然とし
Bコースになると上がり3.4位馬の成績がUP

逃げ・先行の好走率がBコースになるとUP


つまりBコースになると
瞬発力は効き難くなり
持続力やパワーの要求が高くなる傾向にあり
あくまで数字ですが
そんな要素も備えるのが阪神2000mBコース



持続力やパワー…
まさにこれにビンゴなのが現状の阪神重賞
大阪杯2020参照3
母父を見るとそれが浮き彫りになっていて
米国志向の強い母父馬が圧倒的に馬券に


阪神2000mBコースで求められそうなものと
現状の上のクラスでの結果
これが=イコールっぽく思えるならば
それを重視してみる感じで



このあたりを気にしながら
ここからは出走馬の血統を見ていこうかと


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ