稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:キズナ産駒



今週は土曜がサクッと予想が1つ的中し
日曜日は秋華賞までが全く当たらず
何とかその秋華賞で○→▲の馬単的中で
日曜のボウズは免れたものの
土日トータルではマイナスでありました
(タラレバ言いたいが我慢我慢)


それでも実は秋のG1これで連続的中だったり
◎エイティーンガール
◎ミスニューヨーク
これでも何とかプラスに持っていけてるので
気分的には悪かろうはずもなく…



↑先週更新した記事になります



秋華賞


【短評】
デアリングタクト無敗で牝馬3冠達成!
馬場的には先週のVTRを見てるかのよう
土曜の道悪から日曜は稍重へ
回復途上で先週よりは内も悪くなかったが
結局今週も先週同様に
レースを使うたびに外が有利になった印象
3着争いした2頭がデアリングタクトより外
2着馬はデアリングタクトより内
上位4頭共インは通ってませんでした


【血統評価】
1位 クラヴェル(除外)
2位 レイパパレ(除外)
3位 デアリングタクト(1着)



✔普通に強かったデアリングタクト
エピファネイア産駒で
産駒自体延長臨戦や2200m以上
この成績が現状良いので
表現は難しいが【ゆったり】感を感じさせていた
そういった面でこの京都2000内回り秋華賞
舞台設定的には正直微妙かなあと思いつつでした
が!全くもって杞憂に終わりました
母と母父からの欧州の血の支え
祖母がサンデー×デアリングダンジグ
Pulpit×デアリングダンジグがピットファイター
ここからすれば
この牝系はストレートに父を出しやすいか?
血統構成的には向いた感もするので
あとは高速馬場でどこまでやれるかが見てみたい
でもデアリングハートと思えば
東京の高速馬場は良さげにも思えたり

✔最後デアリングタクトの内に入れて
一瞬「おっ!」と思わせたマジックキャッスル
4角から外に持ち出すのは
馬も来てたので無理でしたし
4角でバラけてデアリングの内
これが開いたのも良かったが鞍上の好判断
ディープ×クリスエスで
クリスエスからパワーと体力
2週前と似たような馬場ならイメージ的に
ディープ×スウェプトオーヴァーボード
京都大賞典勝ち馬と近しい配合と感じ評価
母方も欧州色が強いので
そういう場面となると今後限定されるかも
※あとディープ×パワーと体力なら
それっぽい馬が来週菊に居るような居ないような

ソフトフルートは評価出来ず…
母父キングマンボから欧州
母方はFappiano込みのミスプロインブリード
後から思えば何とやらも
その時点で評価出来なかった自分の甘さ
牝系にアイスストーム.ミッドサマーフェア
ややもすれば底力がなあという判断でしたが
そこはディープインパクトですかねえ

✔めちゃくちゃ惜しかったパラスアテナ
マジックキャッスルとのワイド持ってたので
もうテレビの前でガックリでありました
非ノーザンのルーラーシップ産駒は
キセキをはじめとして
ノーザンF馬よりさらに体力ある馬が多い印象
この馬も馬場に恵まれた感もあるので
マジックキャッスル同様
活躍の場は限定されるかもしれないが
東京の軽い条件で勝ってるのがあるので
割と奥深さがあり広いレンジで見るのも必要か
それと母からして早咲きの可能性もある

ミスニューヨークは上位4頭に比べると
3角~4角で外からばっと来られた分
出すとこがなくなり後ろになってしまい
伸びて来るもさすがに届かなかった
ちょっと勿体なかったなあと
血統的にはキングズベスト×マンカフェなら
重めの所で且つ人気薄で再度狙いたい

結局上位5頭の内4頭が父か母父キングマンボ系
2週前と似たような馬場推移で
その2週前の京都大賞典が
2.3着馬が外から来たキングマンボ系
そして2着マジックキャッスルが
京都大賞典1着馬と同じディープ×パワー体力系
来週菊花賞の馬場はどうなるか分かりませんが
エアレーション後の施された馬場で
ここまで重い馬場で2週続けて使われてしまうと
もう高速馬場というのは望めないかもしれない
ならばここで来た血統というのは
ヒントとして十分使えるかも??
そして欧州血統というのも肝になるか

オーマイダーリン勝ちに行った!?
デアリングタクトの後ろからねえ…
もう少しジッとしてたらと
買ってた人からしたら
「勝ちに行ってんじゃねえよ!」って感じか
これはディープでも母方がコテコテの欧州配合
そのバックボーンも効いた印象で

マルターズディオサは逃げの競馬
それでも上位勢が軒並み外からの中
2着馬から1秒負けなかったのは好内容
キズナ×ニジンスキー内包馬でDoff the Derby
坂コースの1800m以上ならまたすぐに出番ありか
当然その時にはルーラーを添えて
逆にディープは軽視方向で

ムジカも上位勢よりは1列後ろで
エンジンは掛かるも届かなかった
サドラーのインブリードもあって
牝系にはショウナンマイティ
この馬もタフ寄りなところで出番があるか

ウインマイティーは逆にインが活きる馬場
そうであったなら位置取り的にチャンスあったか
オークスの3着がそうであったように
ゴールドシップで内を活かすタイプとメモ

ミヤマザクラ.リアアメリアの2頭は
イン前の競馬と母方の米国色の強さ
共に全く逆ベクトルのレースになった感

ウインマリリン
過去2戦東京でインから連続好走から
今回は外伸びで過去2戦とは逆ベクトルに

✔オルフェで大敗後の巻き返し
いわゆるリズムを一度崩すと難しいのかも
ホウオウピースフルは紫苑Sでいいとこなく
凡走からここもがっつり負け
取り敢えず休ませるしかないかと



府中牝馬ステークス


【短評】
雨降りのズブズブ重馬場
上がりベスト3の馬がそのまま1-3着独占
道悪適性がものをいった感もあるが
じゃあフェアリーポルカのケツはなあも…
予想は◎○▲△印打った馬が5-8着下位独占
◎○がブービーとケツ
箸にも棒にも掛からぬとはこの事



サラキアはディープ×欧州配合
サリオスの半姉でも最早軽さは感じられず
近年よく見られる
ディープ晩年のパワー体力型が良かったか
しかし愛知杯もがっつり負け
今年のエプソムCもイン前有利の中
馬場的にはややしんどい所を通ってはいたが…
こういう晩年ディープやディープ×サドラー
ズブズブの重馬場では要注意でメモ
これを頭で買って当たった方は素晴らしい!

ハーツ×欧州配合のシャドウディーヴァ
この馬もサラキア同様に
イン前有利のエプソムCで外を通って惨敗
そこからクイーンCで4着
跳ね返り的にこれが精一杯かなと思い評価せず
まだ伸びしろは残してそうで
母母父Indian Ridgeを鑑みれば短縮
そしてコロナ明けでハーツ外人替わり
闘争心を注入出来そうな条件なら&特殊馬場で

サムシングジャストは読めなかった
ヴィクトワールピサの特に牝馬に関しては
上級馬であるほど決め手を活かす馬が多く
つまり道悪歓迎とまではいかないジャッジ
母父タイキシャトルも
上級馬であるほど父をストレートに出す印象
そう感じたのもあったので
道悪適性で走れたのもあるだろうが
広いコース替わりがそれを上回るほどに向いたか
自分の中では今後厄介な存在になりそう

トロワゼトワルは重い1800mでもそれなり
母父ハーツが内包してるトニービン
これが効いてるのか?
11秒台が続くスピード持続力勝負でこそか

タフ馬場だった鳴尾記念
そこで2着にまとめてたラヴズオンリーユー
しかしこの血統構成でこの馬場はさすがに重すぎ
ただこれは直感からですが
何となくこのまま萎んでいきそうな気も

シゲルピンクダイヤはまずゲート練習!

フェアリーポルカは道悪悪くないはずが…
単純にフェアリードール牝系と母父タキオンで
中山(小回り)ベストなんだろうかねえ



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



3日間開催の初日土曜日はプラス収支
デカいのは取れてないものの
これまでより1レースの目標回収を下げて
逆に的中率を上げるということを意識
そんなに資金もない中で
私的にトータルで長く楽しむで考えれば
これが現状のベストと思ってやってます



中京11Rローズステークス
◎アブレイズ
○アカイイト
△フアナ
△デゼル
×クラヴァシュドール
×セウラサーリ
注シャムロックヒル


土曜日はレコードが出たり先週よりは速い馬場
ローズSと同じ2000mだったケフェウスS
途中岩田&ポポカテペトルが上がっていき
中盤厳しくなって外からの差しが決まるも
結果的には血統的に先週の中京2000mを踏襲
そんな面もあったので
ここもそれを基にシンプルに攻めてみようかと



アブレイズはキズナ産駒
Haloの4×5.ノーザンダンサーの5×5
両方持ってるというのはまさにピッタリな感
2.3歳馬は配合上
HaloからのHail to Reasonインブリード
これを持つ馬が今後かなり増えてくるはず
というか…もうかなり増えているのもあり
今回は3歳限定戦なんでまず白羽の矢
さらに同馬は母父が急坂重賞◎のジャンポケ
母母父タイキシャトルがニジンスキー内包
クリスタルブラック.ディープボンド
マルターズディオサ
キズナ×母方ニジンスキー内包は中距離重賞◎
このオッズからしてフラワーCで買った人
これが大正解だと思うし
そもそもオークスでのやられ方からして
大したことない可能性もある
なのにどうして??ではあるものの
そこは複勝が案外付くので
単複メインに2頭との2着付け馬単だけで様子見

アカイイトもキズナ産駒
Hail to Reasonの5×5持ち
母母父Mud Routeがニジンスキー系
これもキズナ×ニジンスキー内包
母方にSunny's Haloの文字が見えこの父がHalo
アブレイズ.クリスタルブラック.ディープボンド
ニジンスキー内包のキズナ中距離重賞好走馬は
Haloの血も一緒に母方に抱えている
つまりステゴにマックイーン内包みたいなもんで
キズナが中距離で通用する上で
相性の良い血=ニックスであると考えている
3→2走前はペースの指標的に厳しくなった流れを
後ろ→先行への位置取りで勝ち
その後の前走どうかなあ?と注目してたが
4角後一瞬勿体ないところもあって伸び切れず
これが3→2走前を思えば逆に出し切れなかった分
ここではプラスに働いても良さそう
充実感は感じられるので
勝つまではないだろうけど
同じキズナの◎アブレイズ心中は不安なので
この馬からはワイドで手広くという考え

フアナはルーラーシップ産駒
キズナを高く評価したのなら
ルーラーを低く評価するわけにはいかない
というのも…下級条件では全くも
キズナが中距離重賞を勝つ時は
悉くキンカメ×ダイナカールがセットで付いてくる
スカイグルーヴ
レッドルレーヴ
マンオブスピリット
パラスアテナ
キズナの中距離重賞勝ち馬はニジンスキー内包
つまり
キズナ×ニジンスキー≒キンカメ×ダイナカール
こういう血統的親和性が考えられる
上のクラスでの持続的流れや底力勝負
これに向いてて一緒に走りやすいのかも?
そんなルーラーがキンカメ×ダイナカール
バレークイーン牝系は昨日フランツが2着
フランツよりインブリード的には
あまり向いてないとは思いつつも

デゼルはディープ×欧州血統
オークスで対抗評価も追い込みきれず
それでも1秒負けなかったし
1着は別にして2.3着馬がイン前でのもの
今春東京はディープやハーツに厳しめで
割と立ち回り(血統的にも)が問われた中で
この内容は悲観すべきものではないし
そう考えるとその前のスイートピーS
これがやっぱり強い内容
母父Le Havreは日本では父として
プールヴィル.シャドウノエルを輩出
2頭共に欧州血統のわりに短距離型
これはLe Havreが内包してるGlorious Song
Le Havreの牝系にはPolar Falcon
その産駒にはPivotalと欧州でも日本に適した
そして欧州でもスピード色が強い血
短くなるのと馬場からしても
この馬にとってはいい部類じゃないかと

クラヴァシュドールはハーツクライ産駒
ハーツは今年重賞未勝利で同馬も1勝馬
闘争心付加が欲しいところで
ミルコ&短縮は良さそうではあるが
逆に休み明け&ダウンが邪魔になる??

急坂オルフェ○のセウラサーリ
NTとノーザンダンサーインブリード
これはいい方の部類であるし
サダムパテック&ジュールポレールの下
そう考えれば中京と格上げで可能性も

最後にシャムロックヒルもキズナ産駒
実はこれも母方にニジンスキー内包
急坂重賞注意である母父エーピーインディ系
速い馬場に対応しやすいFappianoも内包
半姉がセラピア.サラス
共に父がオルフェーヴルとは言えど
割と”気”で走る部分も大きそうな姉たち
なるほど!この馬の前走も
間隔詰めてアップ戦を逃げて着差を伸ばした
微妙に間隔開いたものの
ひょっとしたら前行くキズナで残るのは
アブレイズじゃなくこっちやったんかーい
終わってから悔いを残したくないので
この人気なら単複だけちょろっと


◎単複.△△→◎馬単
○ー◎△△××のワイド
注単複



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



新企画として始めた週末重賞血統評価ベスト3
2週目となる先週はどうだったか?
セントウルSは1位馬が1着
京成杯AHは全滅
紫苑Sは2位馬が1着
こんな結果に

2週終えての結果はこちら
血統評価
1位馬はピンか?パーか?
2位馬は馬券内軸として
3位馬は来ないので消し
たった2週ですが面白い傾向になりつつあり
もうこれは予想の際こねくり回さずに
1位か2位を買い続けたほうがいいかもなあ…


ここでは目に見えるレース血統傾向
というよりは…
やや目に見えにくいインブリード
この傾向を重視しながらピックアップ


尚、この順位がそのまま予想の印に反映
それはどうなるか分かりませんので



ローズステークス


先週行われた中京2000mの傾向とコース傾向
そして距離は違えど同じ重賞であるセントウルS
この結果も少し意識して順位付け



1位 アブレイズ
アブレイズ
Haloの4×5.ノーザンダンサーの5×5
両方持ってるというのはまさにピッタリ
2.3歳馬は配合上
HaloからのHail to Reasonインブリード
これを持つ馬が今後かなり増えてくるはず
というか…もうかなり増えている
今回は3歳限定戦なんでまず狙ってみたい
さらに同馬は母父が急坂重賞○のジャンポケ
母母父タイキシャトルがニジンスキー内包
クリスタルブラック.ディープボンド
マルターズディオサ
キズナ×母方ニジンスキー内包は中距離重賞◎



2位 アカイイト
アカイイト
Hail to Reasonの5×5持ち
母母父Mud Routeがニジンスキー系
これもキズナ×ニジンスキー内包
母方にSunny's Haloの文字が見えこの父がHalo
アブレイズ.クリスタルブラック.ディープボンド
ニジンスキー内包のキズナ中距離重賞好走馬は
Haloの血も一緒に母方に抱えている
つまりステゴにマックイーン内包みたいなもんで
キズナが中距離で通用する上で
相性の良い血=ニックスであると考えたい



3位 ソフトフルート
ソフトフルート
母方がミスプロの15.63%インブリード
つまりRaise a Native7.81%インブリード
コース傾向からRaise a Nativeの相性の良さ
そしてセントウルS勝ち馬ダノンスマッシュが
ミスプロ~Raise a Nativeインブリード持ち
Fleet Victress牝系には
サンライズペガサス.アイスストーム
ミッドサマーフェア
いずれもが2000m重賞実績馬
ディープ初トライの重賞が2000mで面白いか



セントライト記念


レース傾向的には王道のノーザンインブリード
先週から開幕した中山
湿った馬場の影響もあってか
例年ほど高速野芝という感じでもない
従って先週の2重賞も見てみたが…
結局ノーザンインブリード馬だらけ
ならば素直に重視しつつ
あとは多重インブリードも好傾向なので
そこも注意しつつ

※正直順位付けとピックアップに困るほど
いい馬が案外見つからなかった中でのもの



1位 ガロアクリーク
ガロアクリーク
Lyphard4×4からのノーザンインブリード持ち
さらにGoofed5×5で5代内に3本
先週ルフトシュトロームがぶっ飛ぶも
キンシャサノキセキ×キングマンボ系
シュウジも含めた3頭の配合馬の共通点は
急坂重賞実績があるのと
母母母父までもリファール系であること
リファールインブリードで
小回りの持続質に強い血統構成に出た可能性
ただこれは血統ではないものの
走りは脚が溜まる流れか否かが重要
そこでアンマッチしてる分だけ
キンシャサの枠を超えてるのかもしれない



2位 ヴァルコス
ヴァルコス
ノーザンインブリードにNijinsky5×4
さらに父方Literatインブリードで5代内3本
ノヴェリストは中山野芝特注も先週は4.12着
字面よりも重すぎる馬場はもう一つ
今年の春東京でも走りまくったのと中山野芝
そして父方の奥にあるSuncourtの血
ここからスピード馬場が合うという側面も
今週どこまで馬場が回復するか?
あとノヴェリストは格上げ戦のほうがいい?
そしてウインドインハーヘア牝系だけに東京?
インブリードで上位評価も
結構ネガティヴな印象もあったり



3位 リスペクト
リスペクト
マルゼンスキー5×4からの
薄いノーザンインブリード持ち
5代内に5本の多重インブリード馬
母の全兄がナカヤマナイト
道悪に強くこのコースの重賞勝ち馬
そしてエピファネイアは
2200mを超えてくると成績が一気に上昇
プラスαで湿った馬場であれば直良し
良よりは重めの馬場でこそか



(おまけ)
4位 フィリオアレグロ
5位 ココロノトウダイ



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;








このエントリーをはてなブックマークに追加



先週はサクッと予想が当たって重賞が当たらず
まさに”稀に的中”を地でいってるものの
さすがにもうボチボチ重賞当てたい気持ち
ただ今日の中山は雨予報でややトーンダウン



中山11R紫苑ステークス
◎マルターズディオサ
○ホウオウピースフル
△チェーンオブラブ
△スマートリアン
×コトブキテティス
注ウインマイティー
注レッドルレーヴ
注クロスセル
注パラスアテナ


しっかり雨が降るという予報ならその想定
レース傾向のインブリードとは
かけ離れた馬場になりそうで
それならそこは軽視しつつ


マルターズディオサは血統的には完璧!?
4代母方にGenerousの文字が見え
これがニジンスキー系
アブレイズ.クリスタルブラック.ディープボンド
1800m以上のキズナは×母方ニジンスキー内包
これが中距離重賞では嵌りそう
そのGenerousの母Doff the Derby
このDoff the Derby一族は急坂コース得意
半兄アルタイルと母からパワーも受け継ぎ
母母父スピニングワールドは道悪特注
文句のつけようがない血統構成に映る
個人的にこの紫苑S出走を条件的に待ってたし
プラスαで道悪が加わるならもうこれしか
桜花賞で厳しい馬場で前行って直線見せ場
その後のオークスは正直もっとやられるか?
そう思ったが意外と踏ん張ってたし
休み明けでリフレッシュなら力は上位のはず

オルフェでブラストワンピースの下
そんなホウオウピースフルは父と兄から
重めの馬場&小回り&ダウン短縮で評価
血統的に小回りの立ち回り力
これが重要だったと思われる春の東京重賞2着
そこから小回り替わりは歓迎か

チェーンオブラブは良なら評価したい馬
ミスプロインブリード
ノーザンダンサー5×5に母母父ボールドルーラー
これは傾向的にいいと感じるインブリード
加えてダウン.休み明け.短縮
今ハーツが走りやすい3つを兼ね備えてる

スマートリアンはマルターズディオサ同様
キズナ×母方ニジンスキー内包
パワー有る母父に欧州の下支え
馬場悪化のほうがという気も

コトブキテティスはハービンジャー×キンカメ
ブラストワンピースにモズカッチャン配合
内枠アップに道悪なら配合的に手を出したく

ウインマイティーは道悪なら評価上げ
良のままなら評価下げ

レッドルレーヴは母方ガーサント持ち
プラス父キンカメなら道悪で評価上げたい

クロスセル
パラスアテナ
ルーラー2頭は良ならクロスセル
道悪ならパラスアテナという感じ

エピファネイアは湿った馬場は上手い馬多し
ただそれを根幹の2000mでというのは
個人的にややイメージと異なる部分もあり…
(もう少し距離が長めの方が)
シーズンズギフトはZieten入ってるのと
レースぶりからスピード寄りかなあ?
スカイグルーヴはダイナカール牝系で
母方ガーサント持ち
道悪でバラければという気がするも
そこまで精神的に強い馬という感じもせずで


◎の単複.◎○のワイド
あとは馬場見ながら検討



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ