稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:エイティーンガール



本日は秋G1一発目のスプリンターズステークス
いいスタートを!と願うも
土曜日がブログで2/2的中し実馬券も2/3的中
”稀に的中”ならそんな続くことはない
そう思いつつも当てる気はいつも満々www


あと本日は夜に凱旋門賞もあり
その予想も結構煮詰まっては来てるので
競馬終了後にでもUP予定です
と思ってたら…朝に4頭取り消しという情報が!
◎サーペンタイン
○モーグル
この取り消しの中に◎○が居たというね…
ラブもファンシーブルーも居なくなり
極めつけがこれか…
完全に意気消沈してるので予想UPは白紙で💦



中山11Rスプリンターズステークス
◎エイティーンガール
○アウィルアウェイ
▲グランアレグリア
△ミスターメロディ
×ライトオンキュー
×モズスーパーフレア


土曜の中山は明らかに内前不利の外有利馬場
ただ時計はだいぶ出るようになってきた感
日曜の天気は心配なく
さらに芝が踏み固められていき
時計のタフさという意味では薄まりそうも
そのまま外有利継続なのか?
一日経ってイン前有利に変貌するのか?
これは当日にならんと分かりませんが…
ひとまずここでは
血統的に可能性ある馬を追求してみたいなと

時計の出方は先週までとは変わりつつあるので
まずはストレートに
7秒台決着だった19.17.16年直近3年を重視する手
✔ミスプロ~レイズアネイティヴ
✔ノーザンダンサー
この2つのインブリード持ち
そんな馬ばかり馬券になってるので

これをベースに外の有利さ
加えてレースのカギを握る馬
この馬が逃げるレースで親和性が非常に高い
モズスーパーフレア≠ストームバード
さらにプラスαで血統的可能性を追求



エイティーンガールはヨハネスブルグ産駒
この馬自身重いところで結果を出してるものの
函館SSみたく内前有利の速い馬場にならず
外差しが効くのであれば
ヨハネスブルグ的には対応可能とみる
まるで速いのがダメという血でもないですし…
ましてこれがストームバード
そのヨハネスブルグはOgygian内包
15年馬場新装後一発目だったスプリンターズS
そこで3着に差してきたのがウキヨノカゼ
エイティーンガールと同じ
初G1挑戦でキーンランドC勝ちからの臨戦
そのウキヨノカゼが母母父Ogygian
古くはエイシンワシントン.タイキダイヤ
Ogygianと中山1200mとの相性も悪くない
イメージ的にはウキヨノカゼ!!
さらに母父タキオンは
洋芝.急坂.ダートが得意な特徴でパワーがある
これも後押しになるし
ノーザンダンサー5×5インブリードに
ミスプロの4×5インブリード持ちでもあり
格上げで跳ねてる馬でもあるし
前走恵まれた可能性はもちろん否定できないが
ここで好走する可能性もあると賭けてみたい

アウィルアウェイはジャスタウェイ
リズム重視な面があり挑み方的に悪くない
同馬のトキオリアリティー牝系は
極端な馬場で走るという印象
つまり速いか?遅い(道悪)か?
この馬はここまで遅いところ向きも
血統的には速いところでも走れても不思議なし
これも内前有利の速い馬場でなく
差せる馬場ならチャンスも出て来そう
薄めの5.08%ノーザンダンサーインブリード
レイズアネイティヴ6.25%インブリード持ち

グランアレグリアは高松宮記念が優秀
中京1200m重賞というのは
重くなると内有利という傾向が見られる
その中で上位で唯一外から差してきた馬
阪神Cから馬がもう1段変わった印象で
差して速い上がりを使えるようになってるのは
今の馬場的にも悪くない
ディープ×母父米国型(タピット)は
今年重賞を勝ち切る配合
母父タピット=エーピーインディは坂コース特注
ノーザンダンサー7.42%インブリード
ミスプロ6.25%インブリード
薄めではあるものの形としては悪くない

ミスターメロディはScat Daddy産駒
前走休み明けでマイナス10㎏
休み明け走らない分だけある程度仕上げた?
素人なりにそう勘繰りたくはなるが…
そこは所詮素人の域は出ないので
単純に間隔詰めてこそのScat Daddyだけに
臨戦は評価したいし
ノーザンダンサー5×4インブリード
父方がミスプロインブリード
馬的には外に回すよりは
外に馬を置いて内を回ってこそのタイプか
ならばこの枠は悪かろうはずはないような

ライトオンキューは差し馬場は悪くないが
先週より時計一つ速くなったのはマイナスか
父Shamardalはタフな馬場に強く
この馬も成績的にはそれを地でいってる
父的にやや急坂<平坦傾向もあるだけに
薄めながらノーザンダンサー5×6インブリード
そこにミスプロ4×5インブリード

モズスーパーフレアは
ノーザンダンサー5×4インブリード
レイズアネイティヴ4×5インブリード
セクレタリアト.ボールドルーラー
ナスルーラインブリードもふんだんにあって
母方にはスピード◎のIn Realityの血
直近の3レースがいずれも重い馬場や湿った馬場
しかしそこでの内容がどれも評価出来るもの
それでも血統的には速い馬場が良さそうで
近走の内容=充実と取るならば
外差し馬場でも速い馬場は悪くないので
当日イン前有利になれば…

◎の単複.○の単
(あとは思案してゆっくり考えます)



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む



週末重賞血統評価ベスト3
今週はG1スプリンターズステークス
これ一本勝負で


ここでは目に見えるレース血統傾向
というよりは…
やや目に見えにくいインブリード
この傾向を重視しながらピックアップ


尚、この順位がそのまま予想の印に反映
それはどうなるか分かりませんので



スプリンターズステークス


◆野芝でも例年より確実に重い中山野芝4重賞
◆道悪で時計が掛かった18年

この結果からすれば
ノーザンダンサーインブリード
これは重視したい
そのインブリード
&馬力を高めそう=米国的なインブリード

今週も重い馬場前提のもとに考えるなら
こんな血統馬をまず上に評価してみたいなと


それに伴いもう1つポイントを挙げるならば
モズスーパーフレアの存在
これは以前からブログで何度も言ってますが
この馬が重めの馬場で逃げたレース
そこで走ってるのがストームバードの血

北九州記念(稍重) レッドアンシェル(母父)
高松宮記念(重) ダイアトニック(父母父)
シルクロードS エイティーンガール(父)
京阪杯 ライトオンキュー(父)
この4頭が代表的

1200m戦ならストームバード持ち自体多い
これは否定出来ませんが
とにかく結果としては出てはいるので
レースのカギを握る馬でもあるし
モズスーパーフレア≠ストームバード
この親和性は先週までの馬場継続であれば
尚更頭に入れて置きたい



1位 ライトオンキュー
ライトオンキュー
薄めながらノーザンダンサー5×6インブリード
そこにミスプロ4×5インブリード
さらにロベルト5×4インブリード
うまく馬力を高めそうなインブリード持ち
父Shamardalはタフな馬場に強く
この馬も成績的にはそれを地でいってる
父的にやや急坂<平坦傾向はあるものの
配合的に今の馬場でこの配合なら
そんなネガティヴさよりポジティヴ重視も
その父Shamardalがストームバード
モズの作るレースに馬場
現時点で馬場が変わらないならこれしかない!



2位 エイティーンガール
エイティーンガール
ノーザンダンサー5×5インブリードに
ミスプロの4×5インブリード持ち
さらにダマスカスの4×6もあるので
うまく馬力を高めてるようなインブリード持ち
そのダマスカスが効いてるのか?
この馬は時計が掛かってこその馬
父ヨハネスブルグがストームバード
ライトオンキューよりは
もっと時計が掛かって欲しいクチだろうが
モズの作るレースに馬場
現時点で馬場が変わらないなら魅力



3位 クリノガウディー
クリノガウディー
ノーザンダンサー9.38%インブリードに
Halo~Hail to Reasonインブリード持ち
馬力もうまく高められてると思われる配合
父スクリーンヒーローからしても
馬力型で今の中山は良い部類ではないかと



4位 メイショウグロッケ
メイショウグロッケ
ノーザンダンサー9.38%インブリード
それが父メイショウサムソンであって
シンプルに今の馬場に向きそうではある
プラス薄めのHail to Reason6×5インブリード



5位 グランアレグリア
グランアレグリア
ノーザンダンサー7.42%インブリード
Hail to Reason4×8インブリード
ミスプロ6.25%インブリード
全て薄めではあるものの
形としては悪くないのでこの順位
ディープ×母父米国型は今年勝ち切る配合
先週オールカマーでもこの配合がワンツー
当然馬場が速くなっても悪くないが
重くても評価はしておくべきか



と…ここまでは
先週までの馬場を基に評価を出してみた
じゃあ逆に馬場がある程度戻って
それなりの時計が出る馬場になった場合は?
一応その想定も軽くしておいたほうがねっ
(先週までの重い馬場が理想やけど…)


そうなればストレートに
7秒台決着だった19.17.16年直近3年を重視
✔ミスプロ~レイズアネイティヴ
✔ノーザンダンサー
この2つのインブリード持ち
そんな馬ばかり馬券になってる

ならばリズム良く来てる
昨年の2.3.4着馬が有力になりそうか?



ミスターメロディ
ミスターメロディ
ノーザンダンサー5×4インブリード
父方がミスプロインブリード
母方に有するスピード◎のIn Reality
間隔詰めてこそのScat Daddy産駒
ただ前走マイナス10㎏で
休み明け走らない分だけある程度仕上げた?
素人なりにそう勘繰りたくはなるが…
それを気にしないなら間隔詰めた好臨戦



モズスーパーフレア
モズスーパーフレア
ノーザンダンサー5×4インブリード
レイズアネイティヴ4×5インブリード
セクレタリアト.ボールドルーラー
ナスルーラインブリードもふんだんにあって
母方にはスピード◎のIn Realityの血
直近の3レースがいずれも重い馬場や湿った馬場
そこでの内容がどれも評価出来るもの
それでも血統的には速い馬場が良さそうで
近走の内容=充実と取るならば
馬場さえ向けば今度はスッキリと勝つか?



ダノンスマッシュ
ダノンスマッシュ
ノーザンダンサー5×4インブリード
ミスプロ~レイズアネイティヴインブリード
母方にロベルトインブリードを有するも
父ロードカナロアが内包する
スピード◎のIn Reality
母父ダンチヒ系も相まってスピード寄りか
カナロア産駒は重賞では
圧倒的に格下げか同格でこそであって
格上げはかなり苦戦傾向にある
それをまさしく代表的に地でいってる馬
ここも格下げ1着後の格上げでどうか??



アウィルアウェイ
アウィルアウェイ
薄めの5.08%ノーザンダンサーインブリード
レイズアネイティヴ6.25%インブリード
トキオリアリティー牝系は
極端な馬場で走るという印象
つまり速いか?遅い(道悪)か?
この馬はここまで遅いところ向きも
血統的には速いところでも走れてもなあとは
リズム重視のジャスタウェイ的にも悪くない



ダイメイフジ
ダイメイフジ
ノーザンダンサー12.5%インブリード
ミスプロ~レイズアネイティヴインブリード
2走前内前有利の速い馬場を逃げ粘り2着からも
速い馬場であるなら侮れない存在
馬場は速くはなかったが
先週オールカマーで同じCrafty Prospector持ち
センテリュオが勝ってるのも後押しにはなる
馬場さえ戻れば非常に魅力ある馬



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;










今週日曜日は函館スプリントステークス
今年一発目となる函館重賞ですね


函館は2016年から時計が速くなった印象
昨年は禁止薬物の影響で7頭立てでスロー
しかも稍重でしたが1’8’4
その中身だけなら決して遅いとは思えず
先週の日曜メイン3勝クラスで1’7’5
2週目でも雨さえなければ
今年も速い時計での決着になりそう


そこで一つ大きなポイントとしては
その速い時計への適応力
これが父の産駒傾向からどうなのか?
まずこれをポイントにしつつ


あとはその2016年以降の函館重賞
時計が速くなったのが影響してるのか?
欧州血統=特に欧州ノーザンダンサー系
馬力=パワー血統=特にロベルト系
この2系統の支え=母父馬が不振な傾向
逆にスピード持続力で支える=母父ナスルーラ
この系統は好調な感じ


このあたりを気にしながら
ここからは出走馬の血統を中心に見ていこうかと
今回は特別に【父1200m速い時計適応力】
これも付けてみました


続きを読む

↑このページのトップヘ