稀に更新?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:アングライフェン



1月26日(日)京都競馬場で行われる
東海ステークス2020の予想です



【予想印と買い目】

アングライフェン
○ヒストリーメイカー
▲エアアルマス
△インティ
×コスモカナディアン

買い目は
◎○の単
◎ー○×のワイド
◎○ー○▲△の馬連フォーメーション


◎○ダブル本命的な扱いで
堅く収まったら仕方なしのスタンス
◎○どちらかが連に食い込んでくれたら



以下・・各馬の見解をつけておきますので
興味ある人はどうぞ~



《本日のサクッと予想》

小倉1
◎スターライトジャズ

ビーバップだからバティスティーニ
ここ2走の過程が良い中からの僅か100mでも短縮
そう思えばここは買ってみたい


京都4
◎ファイヤーテーラー

ウッドマンズシックの牝系は
カノヤザクラ.パイアンと芝馬を出してましたが
同馬の兄姉に牝系のショーム.デアフルーグ
近年はダートに寄ってきた牝系がダート替わり
2走続けて前傾ラップを経験してますし
延長の前走は特に厳しく感じた所からの短縮
ダートをこなせそうな下地があるならここで


中山5
◎ホウオウエンジェル

父Dark AngelはMachiavellian内包
母父ShamardalはMachiavellian内包
つまり共にその奥にHaloも持っている
土曜はHalo2本持ちの馬がよく来てましたし
これは先週からの流れでもある
母父Shamardalは小回りコースでこそ
Blushing Groomも持っていて
Haloとセット持ちはこれも先週からの流れ
しかもこのセットの馬も土曜よく来てた
父も欧州型で血統構成は今の中山に合いそう
祖母がBaizeなんで
一族にはシンハライト.アヌラーダプラ等
この一族はデビュー戦特注【9.1.0.3】
この人気で買えるなら単複で


中山9若竹賞
◎サペラヴィ
○3▲11△2

ローズキングダムがHalo内包
母父マンカフェなんでHalo2本持ち
そのマンカフェから非根幹替わり
母方にダンシングブレーヴ入ってるので距離変○
6頭立て芙蓉S緩緩ペース2番手の楽な競馬から
前走一気にペースが上がったのに
同じように前目の競馬で粘った内容
苦しいと感じるであろう場面での頑張りを評価
そこからローズキングダム得意の芝短縮
前走から緩くなればもう楽しか感じない局面かと
1400&1800非根幹76戦中1勝のみ
新馬→特別と連勝した馬が1頭のみ
そんなエピファが1番人気なら妙味は単



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
2月12日(日)京都競馬場芝2200mで行われる京都記念2017の予想です
 
 
京都記念は今年で110回を迎えるこの時期の伝統的な重賞レース
2200mで施行される古馬戦でありまして近年ではドバイへの壮行戦な役割もあり
ただ今年からは新設G1大阪杯に繋がってくるかもしれませんね
 
サトノクラウン(香港ヴァーズ)
ラブリーデイ(宝塚記念、天皇賞秋)
トーセンラー(マイルチャンピオンシップ)
 
そして過去5年の京都記念勝ち馬の内この3頭は同一年にG1を勝っており
今年もここを勝った馬はその後注目したほうがいいかもしれませんよ~
 
注目といえば何と言っても今年はマカヒキ!
昨年のダービー馬が苦汁を味わった凱旋門賞以来となる復帰戦に
鞍上には神様ムーアを迎えて復活なるか!?
前日発売がなかったんでオッズは分かりませんが・・まあ1番人気確実でしょう
 
それにストップをかけるべく存在なのがサトノクラウンとミッキーロケットに
 
そんな京都記念2017の発走時刻は15:35になっております
 

京都記念2017の見解


 
通算成績【1.3.1.9】で4年連続で馬券になってるディープインパクト産駒は注目なんですが・・
ジェンティルドンナにハープスターが1番人気を裏切り馬券に絡めず
キズナも2番人気3着とまあ凡走の部類だったんでそこまで全幅の信頼ともいかないような気も
 
キングカメハメハ産駒も2勝しているのでまずまず
 
あとは欧州血統を持つ馬でしょう
特にトニービン(グレイソヴリン)もしくは欧州ノーザンダンサー系の血は特注であります
 

京都記念2017の予想


 
◎はアングライフェンにしました
ちょっとここでのいわゆる”3強”にはそれぞれ付け入る隙がありそうに思います
アングライフェンの魅力は父ステイゴールドというよりも
母方のパントレセレブル(欧州ノーザンダンサー系)×トニービンという配合
ポテンシャルはもちろん疑問ですけどね(笑)
それでも前走休み明けでマイルを使った効果で馬が活性化してれば一発あっていいかなあと
 
○ミッキーロケットはキングカメハメハ産駒
母父Pivotalはヌレイエフ系で母母父Caerleonはニジンスキー系で欧州ノーザンダンサー配合
血統配合的にはストップ・ザ・マカヒキの一番手だろうとは思うんですが
基本キングカメハメハ産駒は
前走との間隔は詰まるよりは開いてる馬のほうが芝重賞では好成績な傾向
そんな意味では前走日経新春杯がベストな間隔で間隔が詰まるのが気になった分だけ対抗に
 
▲ガリバルディはディープインパクト産駒
前走1600m(京都金杯)からの臨戦なんで大幅延長臨戦という事に(大幅の定義は500m以上)
ディープは大幅短縮時の好走率が非常に高いのは過去何度か書かせてもらってるんですが
実はこの大幅延長臨戦=特に前走1600mだと複勝率は41%あるのがディープ
このパターンは桜花賞→オークスというパターンが多いので
それを除いてさらに古馬いわゆる4歳以上だけに絞ると【0.2.4.6】で複勝率は50%に
母父Zafonicはミスプロ系ではあるんですが欧州色のあるミスプロ系
 
△サトノクラウンの父はMarjuで欧州ノーザンダンサー系種牡馬
現状ではこの父が表に出て来たのか?高速馬場や速い上がりといった条件よりは
馬場が湿ったり時計を要する馬場がベストと思えるような近走の結果
従って今の馬場は一見向きそうですが・・
土曜の馬場からして昨年好走した時よりは速い上がりが要求されそうですし
臨戦も昨年よりは疲労ストレスが懸念されるのでここまでの評価
 
マカヒキはディープインパクト産駒
母母父Rainbow Cornerがレッドゴッド系で欧州ナスルーラというのは悪くないとは思いますが
どうしても気になるのが母父フレンチデピュティ
古馬になっての成長力(特に牡馬)は数字を見ても明らかに疑問な感じですし
ディープインパクト×フレンチデピュティの配合馬(牡馬)は4歳以降2000m以上で未勝利
どうせ人気でしょうから期待値からしたらここは消してこそ妙味かと
 

京都記念2017の予想印と買い目


 
アングライフェン
○ミッキーロケット
▲ガリバルディ
△サトノクラウン
△スマートレイアー
 
買い目は
◎の単複
◎ー○の馬連
◎ー○▲のワイド
◎ー○▲△△の3連複
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
今週日曜小倉メインレースは小倉記念2016
 
 
夏の小倉まず一発目の重賞が小倉記念
 
今年の小倉記念には3年前の勝ち馬メイショウナルト
昨年の2着馬ベルーフ、一昨年の2着馬マーティンボロと実績のある3頭が参戦
約10年前にメイショウカイドウという馬がこの小倉記念を連覇しましたが
今年は実績のある3頭の中から好走馬が出るのか?
 
1番人気が予想されてるのはダコール
これが22度目の重賞になるんですがもし1番人気に推されれば重賞では初めてとなります
 
あとは復活を期したい昨年のダービー2着馬サトノラーゼンにも注目でしょう
 
そんな小倉記念2016出走予定馬は12頭(全馬出走可能になっております)
 

小倉記念2016の出走予定馬と血統表


 
小倉記念2016出走予定馬
 

小倉記念の血統傾向


 
中心はやはりサンデー系種牡馬になりますね
08年以降実に8年連続で勝ち馬を輩出しております
 
その中で代表格といえるディープインパクト産駒は【1.2.0.9】とイマイチ
馬券になってるのは前走重賞好走馬と前走から間隔(10週以上)を開けてた馬
つまり好調馬かリフレッシュされてる馬というのがポイントかも?
 
あとはステイゴールドの血も侮れず
 
グレイソヴリン・母方に欧州ノーザンダンサーの血を持つ馬もよく走ってるのも特徴
 

小倉記念2016有力馬の考察


 
ダコールはディープインパクト産駒
前走七夕賞2着なんで臨戦は悪くなさそうですし母母父Caroがグレイソヴリン系
ただ過去小倉記念は2度走って4・7着
そして冒頭にも書きましたが今回受けて立つ立場(1番人気)になってどうか!?
 
サトノラーゼンもディープインパクト産駒
今回は新潟大賞典以来13週と間隔を開けての競馬は好感
ディープインパクト産駒もそうですが全体の成績でも間隔を開けてる馬は率が高し
母母父Caerleonはニジンスキー系なんで欧州ノーザンダンサー
 
アングライフェンはステイゴールド産駒
ステイゴールド産駒は過去小倉記念で2勝し昨年はウインプリメーラが3着
母父パントレセレブルはヌレイエフ系なんで欧州ノーザンダンサー
さらに母母父トニービンがグレイソヴリン系
過去2度の重賞では勝負にならなかったですが血統的にここへの適性は十分
 

小倉記念2016出走予定馬で気になる馬


 
アングライフェン
サトノラーゼン
ダコール
プランスペスカ
ベルーフ
マーティンボロ
 
この6頭の中で最も注目してるのがベルーフで次点がアングライフェン
 
ベルーフの父はハービンジャー
今回は新潟大賞典以来なんで休み明けになりますがハービンジャーの芝重賞休み明けはまずまず
そして母レクレドールがステイゴールドの全妹という事で近親にステイゴールドが居るという事に
昨年も2着してるレースですし今年も期待出来そう
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
3月12日(土)中京競馬場2000mで行われる中日新聞杯2016の予想です
 

中日新聞杯の見解


昨年がディープインパクト→キングカメハメハ→ステイゴールドの決着
一昨年がディープインパクトのワンツーで3着がキングカメハメハ
 
中京2000mのハンデ戦の舞台とは思えないほどに
普通にリーディング上位特にG1で強い種牡馬が馬券になってるのが特徴でしょうか
 
母方はダンチヒ・ヌレイエフといった血を持つ馬が複数馬券に
過去4年だと3着内12頭中9頭が母方にノーザンダンサーを持ってました
(ちなみにダンチヒ・ヌレイエフはノーザンダンサー系)
 

中日新聞杯の予想


◎はアングライフェン
父はG1で強いステイゴールドで昨年3着マイネルミラノと同じ父親
母父パントレセレブルがヌレイエフ系で
マーティンボロ・ダンツホウテイが過去母父ヌレイエフで激走
近親を見てもパルスビート・サンドリオン・ゲヴァルトとOP・重賞でも格負けせず即通用の一族
そんな血にステイゴールドですからより期待値は高まります
 
○▲はディープインパクト産駒
中京2000m重賞でも12年以降【3.6.2.13】複勝率45.8%とかなり相性良いんですよねディープは
 
○はサトノノブレス
中京2000m重賞は金鯱賞で2・3着の実績あり
今回2400mからの短縮臨戦になりますがディープ産駒の当レース短縮臨戦馬は【1.1.1.3】
 
▲はアルバートドック
母父Unusual Heatがヌレイエフ系
 

中日新聞杯の印


アングライフェン
○サトノノブレス
▲アルバートドック
△ヤマニンボワラクテ
△ヒストリカル
 

買い目


◎の単
◎-○▲のワイド
◎-○▲△△の3連複
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ