先週今週とまたいだ3日間開催は+→-→-
なかなか厳しい開催でした
先週はパッとマイルCSの考察をUPしましたが
今週も土曜予想の更新と週中の記事
まあどうなるか分からないので…


ひとまず次週のジャパンCの切り口はこんな考え
タフというのは血統的にというのも込めてます




↑先週更新した記事になります



マイルチャンピオンシップ


【短評】
現状ある程度時計の出る馬場というのを感じる中
1分32秒0は前半緩めに流れたにも関わらず
上位の馬は内前とは言えど強かった印象
これまでの今開催重賞の結果から
速い馬場であっても
差してくるには欧州の重厚さが必要!
差せない馬場状態ではなかったですし
レシステンシアの存在もあったので
差してくるなら欧州の血
そっちのほうに張ってみましたが
結果◎○▲が5.6.4着
まあ自分の中では
これは”当たり”という認識ですね!ハイ(笑)(笑)



グランアレグリアはインディチャンプの福永
この抵抗に合うもののまあ普通に強かった
差して速い上がりを使えるようになった
阪神Cから馬が1段変わった印象
それは馬体増とも比例してるかもしれません
今回は間隔も詰まり気味でも問題なかった
母方はNijinskyのインブリードがあって
ディープ×母父エーピーインディ系は
アルアインと同配合
グランアレグリア.アルアイン共に阪神G1勝ち
母父エーピーインディ系は
坂コース特注の中でも阪神は特に◎
来年是非とも大阪杯で牡牝3冠馬との対決が見たい

✔これまでG1で1番人気が1度もない
なのに国内G1ではオール3着内
これをまた継続したのがインディチャンプ
当初スプリンターズS参戦プランも出てましたが
ここに絞って出てきて正解だったような
個人的には2000mを一度使ってほしいが

✔差してきたわけではないものの
アドマイヤマーズは母方が欧州色が強かった
香港G1=急坂という親和性もあるだけに
今年阪神開催だったのは追い風になった感も
しかしダイワメジャーは
未だ古馬混合マイルG1で未勝利
今後勝ち負けする馬が出て来れるのか
大舞台では総じて早咲きの面は否めないのかも

スカーレットカラー&岩田のイン突き
単勝持ってたのもあって痺れました
非常に購入者としては納得いく好騎乗
G1でのヴィクトワールピサは
前走で頑張りすぎないのがベスト説

サリオスはひょっとしたら前目に!?
位置取り的にはそんな気もしてましたが…
ハーツ×外人替わりでミルコに期待したが
ある意味仕方のない結果
翌日の東スポ杯2歳Sレインフロムヘヴン
これは逆に前にいってしまいとちぐはぐ
闘争心付加以前の問題で
ミルコ大舞台での復調への壁は厚そう
それでも馬は外から上がり最速はマーク
まだまだこれからチャンスあるでしょう
ひとまず次ルメール替わりなら買いかな

ヴァンドギャルドも見せ場は作った
欧州色の強い差し馬であって
主要4競馬場の重賞だと阪神が最も複勝率が高く
外回りはよく勝ち切る配合である
ディープ×母父欧州ノーザンダンサー系
ただ現時点ではこれが目一杯だったか

✔脚が遅くなってきてるとは言え
ペルシアンナイトはまた戻ってきてる印象
ハービンジャーなんで
短縮または同距離の脚が速さが問われない場面
かなりピンポイントかもしれぬが
まだ出番がありそう

✔状態云々は分かりませんが
ジョッキーが緩めの流れをもし選択したのなら
レシステンシアは目に見えない内面込みで
春の一連の頑張りから戻りきってなかったのかも
次人気になるなら一変か?不振継続か?
ジャッジが難しくなりそうな気も

✔サウンドキアラ
✔ラウダシオン
この2頭は母方は米国色が強い配合だけに
凡走も止む無しという捉え方



東京スポーツ杯2歳ステークス


【短評】
4頭出しだったドゥラメンテ産駒が2.3着
勝ったのは1戦1勝のジャスタウェイ産駒
今後のクラシックへ向けて
どこまで繋がっていくのか



ダノンザキッドは好位から楽勝
同じ1戦1勝でシンザン記念断然人気
ルーツドールとは違ってきっちり結果を
ヴェロックスでさえ
最初はポンポンといかなかった中
勝ち切ったというのは相手云々は置いといて
ジャスタウェイの異質タイプの可能性あり
母方も欧州色が強い配合で
現状の馬場もマッチした感
リズム重視でぷっつん血統のジャスタウェイ
リファールの5×5持ちで小回りもいけそうも
走りが大きい印象があるので
小回り&内枠でどうなるのか?
ホープフルSならジャッジにかなり悩みそう

✔ドゥラメンテ産駒4頭の中で
最も評価したのがタイトルホルダー
母方の欧州色の強さと
母と姉メロディーレーンから体力供給も十分で
現状の馬場も合った印象
ーーーーーーーーーーーーーー
そしてドゥラメンテ産駒
これは3日間開催の成績を含まないもの

今回2.3着に来ましたが
現状では開幕直後の綺麗な馬場向きの様相
タイトルホルダーのように
中山最終日の荒れ馬場で伸び難かったイン
そこを通り楽勝
そんな馬のみ開催後半では評価すべき種牡馬か

例えば今後の重賞なら
弥生賞(2週目)
フローラS(1週目)
青葉賞(2週目)
京都新聞杯※中京(1週目)
ラジオNIKKEI賞(1週目)
ひとまず来年なら
この辺りがより狙いやすくなるかなと予言
ーーーーーーーーーーーーーー

ジュンブルースカイもドゥラメンテ
新馬勝ちが開幕2週目
2戦目が開催後半馬場で2着と
格上げでも着を落としてきて
ここもタフな馬場でまた着を落とした
それでも馬体も減りながらまとめられたし
マカヒキ.ウリウリ.ウーリリ姉弟と同族
今後の立て直しに注目

プラチナトレジャー惜しかった…
Happy Trails牝系なんで東京重賞相性は○
キンカメ×Happy Trailsなら
コディーノ.チェッキーノ.マイネエポナ
2-3歳時の早い重賞でも実績があった
つまりこの4着を目一杯と取りたくはなるが

✔モリノカンナチャン
✔モメントグスタール
人気薄だったので当てはまるかどうかも
ハービンジャーの延長&少頭数を重賞で狙う
これは血統的に時代に最早マッチしてない
そう思ってる派なので
2頭含め短縮や同距離で狙っていきたい種牡馬



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;








《おまけ》~血統メモ~


モーリス
ここまでデビューから2連勝した馬は皆無
モーリス自身の本格化も遅かったが
ロベルト系でもあるし
完成度で勝負というよりは
レースを使っていき叩いていきという
古き良きロベルトの部類なのかなと
ならば遅く咲くか
同じロベルト系のブライアンズタイムのように
大舞台でこそ映える血になっていくのか
ディープが居なくなってからが勝負!?


シニスターミニスター
今阪神で走りまくってるので
次週良馬場継続でパワーが問われるなら
引き続き要注意


マジェスティックウォリアー
略してマジェウォリは外目の枠&延長
ここに好走ポイントがあり
新馬からでも結構走ってくる


キズナ×ニジンスキー内包馬
日曜阪神4Rで勝利
1800mでまたルーラーを連れてきた
(2.3着共にキングマンボ系)
ちょっと前の回顧記事でも書きましたが
今回は勝つと思わなかったので
馬券自体購入せずで無念でした…
しばらく何でもかんでも手を出してもいいかも


カナロア×バクシンオー配合
11月に入ってから4戦3勝
人気は6.8.9番人気だったんで今後も注目
◆ダートを苦にしない
◆間隔詰めた叩き2走目
◆上にいくほど多少のクラス慣れを要する
この3点をチェックしたい


東京競馬場(芝)
土曜はディープが走りまくり
日曜~月曜にかけては
キングマンボ.ドイツ血統の好走が目立った
ここまで使い込まれて
Cコース替わりでも馬場はタフになってるので
次週も天候変化がなければ
まず馬場を整えた土曜日はディープ
使っていく日曜はキングマンボを中心に
そんな考えも頭の隅に


東京競馬場(ダート)
月曜1600m以上で目立ったのが
欧州ノーザンダンサー系の血の好走
含水量も少なく距離が長いところは
体力や馬力に長けた欧州の血
これに優位性があるように感じさせる結果
これも天気変化がないようなら
特に土曜日の入りで注視してみたい