稀に的中?3代血統で重賞予想
そんなブログ名でやってきて10数年
(凱旋門賞は外しましたが)
先週の土日で何とブログでは4/5レース的中
遂に最初で最後のピークがキター!www
もうこんなことは二度とないから
ここにも爪痕をしっかり残しておくよ~




↑先週更新した記事になります



スプリンターズステークス


【短評】
G1日ではなかなか見られない外有利な馬場に
32.8-35.5の流れでこの馬場なら
さすがに前はキツかった
道中15&16番手の馬が1.3着
これはかなりのレアケースかもしれない


【血統評価】
1位 ライトオンキュー(9着)
2位 エイティーンガール(11着)
3位 クリノガウディー(5着)



グランアレグリアは流れと通った馬場
綺麗に勝つ時はこういうのも味方するのかと
阪神Cから馬がもう1段変わった印象で
差して速い上がりを使えるようになってたし
それもここへと繋がった感
ディープ×母父米国型(タピット)は
今年重賞を勝ち切る配合なんだと再確認
その母父タピットはエーピーインディ系
坂コース特注の中でも阪神はさらに◎
今年のマイルCSは阪神ですね!

✔スタートいまいちだったダノンスマッシュ
しかしその後すぐ前へと取り付き
ラストも馬場の悪い内を避けて外に持ち出し
これは鞍上の好ジャッジ
まだまだこの路線では力上位にあるんだなと
それが来年までキープ出来るか?
ただカナロア的に格上げでこれだけやれるなら
もうこの後はG1だけ使って高松宮へGO

✔最後方からとことこ行ってラスト伸びる外へ
アウィルアウェイの好走は
ペースと馬場のヘルプもあったであろう
ジャスタウェイは一にも二にもリズム重視
極端な馬場で走るという印象
それが強いトキオリアリティー牝系でしたし
こっちが◎なら見栄えも良かったのに💦

ミスターメロディは前目の位置取りから内を
1.3着馬が後ろから最も外を通り
2着馬も馬場の良くないところを避け外へ
そう考えればこの馬の内容は濃い
ただ馬的には外を回すと良さが出ず
外に馬を置いて内を回ってこそのタイプ
そう見てたのでラスト単独の走りになったのが…
馬場の悪さとHペースで中枠を活かせず
この濃い内容を担保にして
高松宮で馬場と内を活かせる条件になれば
もちろんScat Daddyだけに
阪急杯あたりを使って詰めた臨戦なら

クリノガウディーはいい馬
最後グランアレグリアの速さに負けてるが
じわじわと伸びてはきてた
しかしスクリーンヒーロー×ディアブロなら
使える差し脚としては目一杯だったか
CBC賞と関屋記念でどうなることやら?
そう思ったがまた復調してきた
阪神のマイルCSは京都より合いそうだが
延長で前々で勝負出来れば

✔次走以降注目馬はダイメイプリンセス
馬場の悪い最内から変態的に伸びていた
キングヘイローは高齢までしぶとい
そんな馬が多いですがこの馬も7歳
残された時間は長くないでしょうが
例えば中2週でルミエールAHとかなら買おう!

ライトオンキューは父Shamardal
それと馬自身も加味すれば
この時計ならチャンスはあったはずだが…
Shamardalが平坦>急坂という面もあるが
前半でスピードに乗ってしまうと
ラストの脚に響く馬なのかなと
それは馬柱からも推察出来るのでねえ…

モズスーパーフレアは馬場に泣かされた
それでもガタっとまでは負けてなく力はある
血統的には速いところで走らせてやりたい
近走馬場的にも不運なのが続いてるし

エイティーンガールはラスト一瞬追えず
馬場的にはお誂え向きと思ったが…
基本的に内前有利の速い馬場
これにはやはり向いてなさそう
急坂.洋芝得意でパワー有る母父タキオンだし
今後も出し入れがポイント

ダイアトニックはさあこれから!
そんなラストでライトオンキューが前に
立て直して再びというところで止めちゃったか?
この馬自身高松宮記念勝ち馬(?)
ですが…牝系的にそこまで底力は感じられず
前走で崩れたリズムを短期間で取り戻すのは
難しかったのかもしれない
とにかく休ませて格下げ戦から再起して欲しい
カナロアの中でも格上げをこなす異質な馬
それだけに尚更



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;








《おまけ》

母父ダイワメジャーのダート替わり


以前から薄々…
ダート替わりでよく反応するなあと感じてました
一見芝血統でもあるものの
スカーレット一族でもあって
近親にヴァーミリアン.キングスエンブレム
ソリタリーキング.サカラート等
ダート中距離でも十分やれる血筋
このバックボーンは非常に大きいかもしれない

ここまでダート替わりで7勝してますが
その人気が7.4.9.16.4.4.12と人気薄だらけ
父もバラバラなんで
相当母父の力というものが大きいと考えたい

そこまでこの条件でこそ!
そんな傾向は特に見受けられないんで
やみくもに狙っていくというのも手でしょうが
やはり狙うなら人気薄でこそ!!
うまくタイミングを掴んで2匹目のドジョウ
これをどこかで再現したいなと


あと、次走以降への注目馬


外が差せる有利な馬場で上位がそんな決着
それが中山9Rサフラン賞

そこでの4着馬グランデフィオーレ
前々のインで相当な粘り腰
2走前が開幕週で変わり身
ドゥラメンテは使い込まれた馬場より
開幕したての綺麗な馬場という側面も
馬場と絡めながら小回りも合わされば

7着馬ペイシャフェスタも
終始インのわりにはしぶとい競馬
次は芝でもいいんでしょうが
牝系からはダート替わりで期待が持てる
父マクフィでもあるなら尚更
現状好調な牝系のようなので
出来るだけすぐに使ってくれれば…


中山7Rも上位は外を通った馬での決着
リビーリング
アスティ
ホウオウビクトリー
シークレットアイズ
その中でインを走ってたこの4頭も
次走以降血統と噛み合ったところで注目