3日間開催色々目一杯やりました
結果は1日プラス2日マイナスでしたが…
その開催を軽く振り返っておこうかと
 



↑先週更新した記事になります



セントライト記念


【短評】
前半かなり緩かったもののラスト上がりも掛かる
現状野芝でも中山は重いと言わざるを得ずか
その中でも差せなかった後ろの馬はなあ…


【血統評価】
1位 ガロアクリーク
2位 ヴァルコス
3位 リスペクト


✔母父タイキシャトルのバビット
そんなタイキシャトルの父Devil's Bag
その全弟にはSaint Ballado
それを母母父に持ってたのがモズベッロ
この馬は父ディープブリランテなんで
バビットの父ナカヤマフェスタとは違うも
サンデーの型として近いものも感じる
そのモズベッロを春天で高評価し宝塚で低評価
重い日経新春杯と日経賞で好走
やっぱりイメージ的には
ナカヤマフェスタでもあるし
どうしてもモズベッロを重ねてしまう分だけ
ここや湿った馬場だった前走のほうが
次の菊花賞よりはとも思える
ストレイトガール.レーヌミノル
ワンアンドオンリー
G1を勝ってきたこれら母父タイキシャトルは
父がストレートに出て走った印象もあるし
ただ昨年のように重い菊になれば…

サトノフラッグは母方の血込みでパワー優勢
速さで負けたかなと思えた春の2冠
皐月賞は重い馬場でも速さが問われた感もあり
ここは馬場も向いたのもあっての好走と捉える

ガロアクリークで先行競馬
前半得意とする脚が溜まる流れになるも弾けず
キンシャサに直キングマンボなら
やはりスピードに長けた印象で
菊は厳しいと言わざるを得ないも
速い馬場で緩緩ペースからの瞬発力が問われれば

ラインハイトはハーツ×母方欧州血統
重い馬場は向いた中で4着は精一杯か

✔ラスト差を詰めてきたヴァルコス
ただこの馬にとっては馬場が重すぎたか?
いくら中山野芝特注ノヴェリストでも
血統字面よりも重すぎる馬場はもう一つだけに
しかしそのノヴェリストの奥にあるSuncourtの血
これはスピード馬場に合う側面もあるので
菊がそんな馬場になれば
母父ダンスでウインドインハーヘア牝系
ディープの母であるウインドインハーヘア
そしてキタサンブラックなんかは
父方ウインドインハーヘア×母方Suncourt

ココロノトウダイは血統ピッタリでこれ
ならば懸念した通り強くない

フィリオアレグロも強いなら
共同通信杯.青葉賞3着続きなんてことはないし
結局現状ではサトノクラウンの下でもこんなもん

リスペクトは短縮を差し→先行競馬
タフな馬場でしたがこえが単純にきつかったか
エピファネイア産駒自体
スタミナ型という兆候が見られる中
重賞となると母方にもう少しスピード能力
好走するにはこれが必要なのかもしれない



ローズステークス


【短評】
絶好の馬場でリアアメリアが快勝!
これは素直に参りました
キズナたちに溺れすぎて反省だわこれ


【血統評価】
1位 アブレイズ
2位 アカイイト
3位 ソフトフルート


リアアメリアはディープに母方米国志向強し
ディープ2020
今年のディープの重賞勝ち馬を見ても
母父ミスプロ系を中心に米国型がほとんど
全体的に今年は通年タフな馬場で推移してる中
ディープに関してはまず米国のパワーというのが
例年より効き目をもたらしやすそうではあり
リアアメリアの母父Rockport Harbor
これはUnbridled's Song~Fappianoなんで
まさに早期完成とスピードとパワー
秋華賞は例年欧州の血が効く側面もあるが??

ムジカはエピファネイア産駒
秋山さんが非常にうまく乗ったなあと
スタート後直ぐ内の馬群に入って
最後も外に出そうとせず慌てず騒がず
そんな所で前が開いて一気に突き抜けた
シーズンズギフトのNZTしかり
エピファネイアで上で人気以上に頑張れる馬は
外枠そして母方にスピード能力が重要か
でもこの馬は外枠でも枠なりの競馬ではなく
結構今後面白い馬になっていくかも
っていうか
Halo~Hail to Reasonにノーザンダンサー
このインブリードを重視しながら
全部持ってるこの馬を何故評価してないオレは😅

オーマイダーリンも内からうまかった印象
秋華賞は例年欧州の血が効く側面もある中
同馬の母方は完全なる欧州血統
頭はまだしも2.3着にまた突っ込むイメージ
これは今のところ持ってはおきたい

デゼルは外から届かず
この馬もディープ×母方欧州血統
そんな母方は欧州でもスピード色が強いか
まだ見限れないが…

クラヴァシュドールはハーツクライ
ハーツは今年重賞未勝利で同馬も1勝馬
コロナの影響で闘争心付加が期待出来る
ハーツ◎の外国人替わりが使えない
そうしてるうちに
母母父Thunder Gulchでもあるなら
ハーツでもこのまま伸びしろなく終わってしまう
ハーツの京都2000mはベストの舞台であるが…

リリーピュアハートは脚遅いディープ
母方がコテコテの欧州配合でもあり
自分の中では道悪忘れな草賞で勝てなかった
これがどうしても残像にあって
そもそもの能力を疑問視してる派
秋華賞は賞金的に厳しそうも
例年欧州の血が効く側面はあるので
超厳しい流れで皆が2冠馬を意識し
レースがぐちゃぐちゃになれば
クロックワークする可能性は残してはおく

アカイイトは道中最後方
直線パッと前が開かない中でも
そこそこ詰めてはきてたが…
走れてそうだったからこそ勿体なかった感

アブレイズはリアアメリアと同じ所に居て
この差だから素直に力不足
キズナはディープであっても
ディープが走る重賞ではセットでは走れなそう
ルーラーシップ.エピファネイア
これらとセットで走ってるとこからもねえ

フアナはルーラーシップ
キズナと共に重賞では走りやすい
キズナを高評価したなら必然的に印は打つし
同じバレークイーン牝系である
フランツ.アリストテレスがレース前までに好走
向いてたと思うところでの惨敗
母父ディープであっても
トニービンインブリードやルーラーシップ
小回り的要素や挑戦者的立場
そういう場面でという馬かもしれない



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;








《おまけ》

まだまだこれからという期待を抱かせる
それが新種牡馬リオンディーズ
エピファネイアと同じシーザリオ一族
ここまで2歳リーディングでは9勝で第4位
エピファネイアが11勝で第3位
しかもひと夏超えての活躍が目立つのもエピファ
やはりシーザリオの血は偉大だなと再認識


もう既に結構バレてる面もあるようですが
以前にもこの記事で取り上げましたが
ここまで圧倒的外枠での走りがいい!!
リオンディーズ枠番別
それがリオンディーズ
それに新馬戦でよく走ってるのも特徴
外枠&新馬
これは自身や一族の気性によるものも大きいか?

もう1つは小回りでの成績がいいのも特徴
これはこれから東京&京都も始まるし
変化してくる可能性ありますが
出し入れ出来るか否か?私的には楽しみ

モーリスやドゥラメンテのほうが
現時点では目立ってる?のかもしれませんが
バックボーンはシーザリオであるし
しっかりしてるので
一発大物となればこちらのほうが期待を抱かせる
いや期待しているという位置付けで

最後にあともう1つ加えるならダート
リオンディーズ=芝という印象が強いと思うので
その逆を突くという意味でも
ダートだからサポートとして
母方が米国色で固められ強調されてる
というよりはサンデーが入ってたり
一見芝でもという馬のほうに妙味を感じてます

皆でリオンディーズでいい思いしたいですね👍



《おまけ2》

もう1頭最初のイメージと逆か?
そう感じるのがマクフィ
マクフィ
マクフィの父であるDubawi
そして血統構成から私的には「芝」でこそ
そういうイメージを抱いてました

それが蓋を開けてみたら…
マクフィ成績
あれ!?分母の違いあれど
圧倒的にダートのほうが好成績!
函館2歳S2着したルーチェドーロも
新馬戦はダート圧勝でした

これをなんでやねん??
血統表見ながら色々と考えたんですが
大きいのは母父Green Desertが内包してる
Courtly Deeの血の影響が大きいのではないかと
このCourtly Deeを母に持つのがトワイニング
あのノンコノユメがトワイニング×Courtly Dee
日本で成功を収めたと言っていいトワイニング
そんな影響力が少なからずあるのかと妄想www
同じDubawiを父に持つモンテロッソ産駒
こちらは芝>ダートの傾向ですから
尚更そういったものを搔き立てられる

これだけダートもいけるなら
現状ストレートにダート狙いがいいのかも
外枠=リオンディーズよりまだバレてませんし
将来的にはアイビスSDなんか面白そうと大予言


2歳馬ばかりでつまんないですねm(__)m