久々に復活してブログを更新した今週
たくさんの方に見て頂きコメントももらい
Twitterでも反応してもらい
ありがとうございましたm(__)m
回顧記事も含めて無理ない範囲でやります







今週更新した記事になります



キーンランドカップ

重馬場で外枠馬&外を回した馬の上位決着
→何だか今年の皐月賞を思い出した


✔父ヨハネスでダマスカスインブリード持ち
エイティーンガールは時計掛かった方がいい

ライトオンキューも父Shamardal

↑この2頭は速い馬場でやれるかが今後肝

✔馬場の悪い最内から伸びてきたビリーバー
これは今後注目

アスタールビーも通った所と位置を思えば
非常に強い内容で今後ダウンでも!
1200mならアップでも!(カナロアだけに)

✔大負けのダイアトニック
これだけ負けるならさすがに馬場が合わずか

メイショウショウブは通った所も良くなく
ダイワメジャーでも重すぎたかも


新潟2歳ステークス

通年よりタフに感じてた新潟
人気でも1.2着は非サンデー系種牡馬
サドラー系にロベルト系
ディープは5.7着
やはりこのあたり変化を感じずにはいられない


ショックアクションの父Gleneagles
その父はガリレオでBlushing Groom内包なら
フランケルに近いイメージを持っても良さそう
仕上がりの早さで2歳戦特注そして外枠
なるほどこの勝利も納得なのか
そしてGleneaglesの母You'resothrilling
これがGiant's Causewayの全妹に
ガリレオがミスワキ内包で
Giant's Causeway×MachiavellianがShamardal
ミスワキとMachiavellianは欧州ミスプロ
つまりShamardalとも近いものがあり
そう考えればサドラーでもあるし
今回みたいなタフな馬場
加えて道悪も今後注目していくべきか



取り敢えずここまで!
何か出てくればしれっと追加していくスタイル
回顧記事はこんな感じでやっていこうかと



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;