1月5日(日)中山競馬場で行われる
中山金杯2020の予想です



【予想印と買い目】

ノーブルマーズ
○クレッシェンドラヴ
▲テリトーリアル
△トリオンフ
△レッドローゼス

買い目は
◎の単複
◎ー○の馬連&ワイド
▲ー◎○のワイド
◎○ー▲△△の3連複


◎が人気薄なんでまずは単複
○もほぼ同等評価してるので◎○を本線に
▲から上位2頭へのワイドを押さえつつ
跳ねを期待して◎○から3連複
今年も買い方の説明はしていきますよ👍



以下・・各馬の見解をつけておきますので
興味ある人はどうぞ~



年末に設置したアンケートは6日まで
回答まだの方は是非宜しくお願いします




さらに
1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;





考察は☝でやりましたが
これに沿う形でいきたいと思います


ホープフルS→中山金杯→京成杯
いわゆる冬の中山2000m3重賞ですが
有馬記念というビッグレースを終えて
使い込まれてきた馬場状態での施行が特徴
結果を見るとそれが如実に出ているのかなと
血統的には体力=スタミナそしてパワー
これが問われそうであると考えます


昨年28日の競馬を見ても
そんな血統馬の活躍がかなり目立っており
その時から使わない状態で1週間
急激に馬場が変わるとも考え辛いので
考え方として余計に貫きたくはなる結果に



◎ノーブルマーズ
父ジャンポケはトニービンなんで欧州寄り
体力=スタミナという点では問題なさそう
ジャンポケの重賞好走パターンは
この馬も体現してる様にとにかく内目の枠
そしてペースが流れる事がベター
今回枠はそれを満たしましたし
ペースも近2走よりは流れそうなイメージ
さらに母父Silver Hawkがロベルト
ここからもパワーと体力を注入
年明けに書いたこの記事からも
馬力=パワーに富む母父ロベルトはいいはず
2走前緩緩ペースから前走500m短縮で2番手
一気短縮を前行った事で苦を味わった後なら
2走前&前走を1セットで”フリ”として使える
そんなタイミングではあると思ってますが…


○クレッシェンドラヴ
ステゴ産駒に母方が欧州配合
まあピッタリという印象はあります
ステゴ×非ノーザンファーム馬は
間隔開けた臨戦から3.4走目が走り頃
今回は3走目に該当しますしね
◎まで上げ切れなかったのは
1000万条件以降の3勝はオール短縮臨戦
前走より忙しさを感じる事で
タフな血統構成が活かされてくる!?
そう考えるならタイミング的には前走だったか


▲テリトーリアル
父Teofiloは欧州型種牡馬
Street CryとGlorious Songが入ってるとはいえ
Haloクロスに欧州の血であふれた母系
体力=スタミナ+パワーを満たしてる
Morn of Songの牝系なんで
シュヴァルグランやヴィブロスが近親に
最近のこの牝系は
重賞で弾かれながら力を付ける馬が多い印象
(弾かれっぱなしの馬も居ますが…)
テリトーリアルは前走で一度弾かれた後の
今回重賞2戦目
血統的にここで変われる要素と
元々集中しやすい内枠が得意な馬だけに
前走外枠からの内枠替わり
まだ早いかもしれませんが手は出しておきたい


△トリオンフ
タートルボウル的に手の出し辛さはあるものの
そのタートルボウルは欧州型種牡馬ですし
母方がメジロ牝系で体力=スタミナ十分
この馬自体スピードもありますが
体力を感じる部分も戦績から窺えるので押さえに


△レッドローゼス
ステゴ×サドラーはクレッシェンドラヴと同配合
一緒に来る可能性があるので押さえます
弱いとは思うんですけどね(^^;


あとはあまりいい馬が居なかったので
この5頭で