今週はG1菊花賞
血統派にとっては毎年最も力の入るレース
普段は週末重賞血統評価ベスト3?ベスト5?
としてブログ復活後はやってきましたが
ここでは順位を付けずに
久しぶりに全頭考察をやってみます!
(対象は上位14頭と抽選対象6頭=計20頭)


↑順位を付けずに…と書きましたが
普段通り評価としてベスト5まで挙げてみました
順位は各馬のところに明記
尚、この順位がそのまま予想の印に反映
それはどうなるか分かりませんので


ここでは目に見えるレース血統傾向
というよりは…
やや目に見えにくいインブリード
この傾向を重視しながら色々とピックアップ


これをUPしたのが月曜日の早朝
後で加筆する部分が出てくれば加えます



菊花賞


シンプルにノーザンダンサーインブリード
近年はこの1本のインブリード持ちが好調

ワールドプレミア
フィエールマン
ユーキャンスマイル
キセキ
エアスピネル

それぞれ馬場差の違いは当然あれどこの結果


そしてここ2年の結果から感じるのは
また欧州血統の重要性が増してきた感
昨年は稍重→良で馬場自体重めでしたが
上位勢は軒並み欧州色が強い馬で独占
一昨年は超スローの競馬でしたが
そこまで高速馬場でもなく
1.3着馬の母方が欧州色が強かった
→ただこの1.3着馬は支えにスピードの血あり


これをさらに裏付けていきそうなのが
先週&先々週の京都重賞それに馬場
馬場推移は非常に似たような感じで
土曜道悪→日曜回復
日曜はレースが行われるたびに外有利へ
そんな中でまず秋華賞は上位5頭の内4頭が
父か母父キングマンボ系
京都大賞典2.3着馬が外から来たキングマンボ系
そして秋華賞2着馬がディープ×パワー体力系
これは京都大賞典1着馬と近しい配合
馬場は当日までどうなるか分かりませんが
エアレーション後の施された馬場で
ここまで重い馬場で2週続けて使われてしまうと
もう高速馬場というのは望めないかもしれず
ならば先週&先々週で走った血統というのは
ヒントとして菊花賞でも十分使えるかも?


もちろん高速馬場が望めないのなら
先程書いたように
近年秋の京都は開幕後2~3週の重賞は
エアレーションの影響から欧州血統
これが重要になりつつあるのでね
まあ馬場が戻っていけば
一昨年のように
欧州色をベースにスピードの血で支える
そんな血統構成馬を狙いたくはなりそう



考え方の導入部としてはこんな感じで
あとは個別に見ていきましょう



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;










アリストテレス

アリストテレス
5代内に7本のインブリードを抱える馬
父エピファネイアは3冠牝馬を輩出
産駒自体延長臨戦や2200m以上
この成績が現状良いので
表現は難しいが【ゆったり】感を感じさせる
従って単純に3000mへの挑戦は魅力はある
母と母父からの欧州の血の支え
母父ディープから欧州の支え
バレークイーン牝系から欧州の支え
全体的には欧州色が強い印象
ディープであってもスピード支えは薄い感
欧州血統はいいものの
多重インブリードもそこまでいいとも思えず



アンティシペイト

アンティシペイト
5代内アウトブリード馬
非ノーザンのルーラーシップで体力ありそう
ルーラー×ディープならキセキと同配合
ただキセキよりは母方に速さと重厚感に欠ける
キセキはドクターデヴィアス×ダンチヒ
こちらはWild ZoneにTour d'Or
ディープの奥は米国色が強く
牝系から活躍馬もそこまで見当たらない
キングマンボでもあまり素直に評価し難いが…



ガロアクリーク

ガロアクリーク
リファール~ノーザンダンサーをメインに
5代内に3本のインブリード持ち
母父キングマンボで
その奥の母方はレッドゴッド.ネヴァーベンド
リファール含め欧州色が強い母方
それに父キンシャサノキセキなら
欧州とスピードのバランスは取れている
母父直キングマンボ馬の最も良い成績は1200m
キンシャサも1200mG1勝ち馬
つまりスプリント能力が高い配合とも言えるが…
キンシャサノキセキ×キングマンボ系
NZT勝ち馬ルフトシュトロームと同配合
この配合にはもう1頭シュウジが居てますが
この配合馬の共通点は母母母父がリファール系
キンシャサノキセキがリファール内包しており
リファールクロスが発生することにより
小回りでの強さを生み出すのかもしれない
当然菊花賞は小回りではないが
この馬は脚が溜まる流れが得意で
そういう流れになれば距離不問という捉え方
2年前のような流れになれば面白いか
それにはバビットの存在が邪魔ではあるが



キメラヴェリテ

キメラヴェリテ
ノーザンダンサーとセクレタリアト
2本のインブリード持ち
キズナ×Cozzene
母母父Honor Gradesはダンチヒ系で
半弟にはあのエーピーインディ
奥にはFappianoの文字も見えるので
母方はスピード持続力に長けた印象
同じキズナでもディープボンドよりは
体力的に劣る印象で
マイル以下ぐらいがマッチしそうだが…



ココロノトウダイ

ココロノトウダイ
ヌレイエフの5×3インブリード持ち
エイシンフラッシュにフェアリードール牝系
母母父にヌレイエフ.母母母父にSharpen Up
欧州をメインにスピードの支えもある
そんな血統構成馬ではあると思う
ただこの牝系は中山(小回り)でこその感
母父タキオンもパワーというかタフというか
洋芝や急坂で強い印象
馬場的にタフな馬場は悪くないが
京都となるとちょっと違うか
しかも前走血統ピッタリと思える所で凡走
そもそも能力不足であろうかと



コントレイル

コントレイル
母方がFappianoインブリード
母父Unbridled's Songは米国型ミスプロ系
母父としては早咲き傾向
この馬も2冠獲ってるように
ディープ×母父米国型は今年重賞を勝ち切る配合
母方の奥にはTiznow~Storm Cat~Fappiano
スピード&パワーばりばりの米国配合の母方
構成的にはリアアメリアっぽい配合
欧州色も薄いですしね
そう言われると何となく合わなそうではあり…
この馬の最大のウリは”脚の速さ”
それがここまで最も活きなかった
そう思われるのはホープフルSではないかと
この日は馬場が重めで
ステゴの血や欧州型種牡馬が良く走っていた
つまりこの馬とは逆ベクトルだった
そう!それでもここ快勝してるんですこの馬は
これが担保されてるので何も言えねえですが
ただ強いて言うなら
全6戦で最も走らなかったレースとも言える
さあ血統に抗うか?ひれ伏すか?



サトノインプレッサ

サトノインプレッサ
ノーザンダンサー5×5インブリード持ち
母父Sahmはミスプロ×サドラー
母サプレザは重めの馬場だった
09年&11年のマイルCSで共に3着
それも加味すればパワー体力ありそう
つまりディープ×パワー体力配合
母父スウェプトオーヴァーボード.クリスエスの
マジックキャッスル.グローリーヴェイズ
これらを少し彷彿とはさせる
前走負け過ぎではあるけれど…
母はレコード決着だったマイルCSでも4着
ミスプロと母からある程度のスピード担保
そして欧州力もあって
母母父Pleasant Tap=タップダンスシチーなら
現状のタフな重めの馬場も悪くはない
★血統評価第5位★



サトノフラッグ

サトノフラッグ
リファールの4×5インブリード持ち
ディープに母父Not For Saleはグレイソヴリン
Not For Saleの父Parade Marshalが米国馬で
Not For Saleの母父Laramie Trailは米国型
母母父Confidential Talkがダマスカス系の米国馬
欧州というよりは米国色が前に出た配合
牝系はアルゼンチンでスピード持続力に長けてる
そんな面もある血統配合でしょうが
父がハーツの姉2頭もパワー=体力優勢な馬
姉らよりは父ディープですしバランス寄りでも
パワー優勢という母方な印象
ディープ×パワー体力という意味では
マジックキャッスル.グローリーヴェイズ
これらを彷彿させるかもしれないが
スウェプトオーヴァーボード.クリスエス
これと比べてNot For Saleは落ちるなあと
速さで負けたかなと思える春の2冠
皐月賞は重い馬場でも速さが問われた感
だからこそ前走セントライト記念
重い馬場でラストが11.9-12.4-12.7
これで差せなかったというのも…



ターキッシュパレス

ターキッシュパレス
5代内に5本の多重インブリード
父Golden Hornは凱旋門賞馬
Diktat×Shirley Heightsは欧州配合
ゴドルフィンで欧州色全開の馬ではあるが
DiktatからのIn Reality
母母父のIcecapade
スピードを感じさせる血を持つには持ってる
ただ重いだけの馬と思って
前走も評価してなかったが
意外と頑張ってたからビックリした
それでもやっぱり重めの馬場がいいかなあと
じゃあ悪くないのかとも思ったり



ダノングロワール

ダノングロワール
シアトルスルーインブリードを母方に持つ
母父Sightseeingはエーピーインディ系
ハーツ×エーピーインディ配合は
カレンミロティックですかね
そのカレンは母母父がニジンスキーでしたが
この馬は母方が米国配合で欧州色は薄い
カレンミロティックも完成は遅かったですが
ハーツは春天実績あるものの
菊花賞実績は皆無に近い
従ってもう少し後かなあという気もするし
ハーツの外人替わりで闘争心を付加出来ない
これも辛いところではないかと
今年コロナ禍でハーツ重賞不振の要因でもあるし



ディープボンド

ディープボンド
5代内に5本の多重インブリード馬
キズナに母父キングヘイロー
キズナはディープ
キングヘイローはダンシングブレーヴ×Halo
そう考えればディープ×パワー体力ともとれる
ただキズナが1800m以上で3着内だった重賞
ここでディープ産駒の連対はなく3着が最高
キズナとディープは同じ血でもズレる
つまりディープ×パワー体力とは違う気も
コントレイルとは並び立たないか!?
母方は欧州が出て米国で支える構成
母父キングヘイロー自身は高松宮記念勝ち
祖母がモガミヒメなら近親にローレルゲレイロ
スピードの支えというのもあって悪くないが



ディアマンミノル

ディアマンミノル
ノーザンダンサー&ノーザンテースト
このインブリード持ちは
16年2着レインボーラインと同じ
2連勝とリズム良く来たオルフェーヴル産駒
一度リズム崩すと巻き返し能力
これが他の種牡馬に比べても低い産駒だけに
まずこの挑みは好感が持てる
母父が米国型に母母父が欧州型
母母母父がテスコボーイでスピード供給
いい血統構成に見えますねえ
祖母にイソノルーブルを持つこの牝系は
急坂のないところでスピードや上がり特化
そんな特徴があって
この馬もまさに新馬と梅花賞がそれ
イソノルーブルの母父がテスコボーイ
ここからの供給度が高いのかなという中で
近2走は急坂と道悪をこなしてきた
これはちょっと気になる存在ではある
★血統評価第2位★



バビット

バビット
Halo~Hail to Reasonインブリード主体
ナカヤマフェスタ×タイキシャトル
ストレイトガール(フジキセキ)
レーヌミノル(ダイワメジャー)
ワンアンドオンリー(ハーツクライ)
これらG1を勝ってきた母父タイキシャトル
どうだろう??
各々父がストレートに出て走った印象もある
ならばナカヤマフェスタなら
単純に今の馬場は合いそうではある
母方はヌレイエフ.ミルリーフという欧州の支え
そんな母父タイキシャトルは
もちろんスピードという面に長けている
その父Devil's Bag
その全弟にはSaint Ballado
それを母母父に持ってたのがモズベッロ
この馬は父ディープブリランテなんで
バビットの父ナカヤマフェスタとは違うも
サンデーの型として近さは感じるものがあり
そのモズベッロをSaint Balladoのスピードが!
と、春天で高評価し宝塚で低評価し大失敗
モズベッロは重い日経新春杯と日経賞で好走
やっぱりナカヤマフェスタでもあるし
どうしてもモズベッロそしてガンコ
この2頭を重ねてしまう分だけ
湿った馬場だった前2走のほうがとも思えたり…
まあモズベッロ云々を持ち出さなければ(笑)
構成的には悪くないが
出来ればタイキシャトルが奥のほうだったらと
イメージ的には
ディープの時のアドマイヤジャパン??



ビターエンダー

ビターエンダー
ミスプロとノーザンテーストインブリード
父オルフェーヴルは
一度リズム崩すと巻き返し能力
これが他の種牡馬に比べても低い
ダービーはまだしも神戸新聞杯も含めて
共に1秒以上負けから果たして巻き返せるか?
母方はミルフィーユのように
米国ミスプロ系を重ねられた配合
欧州色も薄いし3冠馬の父であっても…



ブラックホール

ブラックホール
5代内に4本の多重インブリード馬
父ゴールドシップなんでステゴ
ゴールドシップはプリンスリーギフト
このインブリードを持っている=つまりスピード
母父キンカメはもちろんキングマンボで
母方キンカメ×フジキセキは
有馬記念勝ち馬ブラストワンピースと同配合
スカーレット牝系は小回り急坂が最も得意
ちょっと重いかなあ…
それが逆に良さそうな現状ではあるしなあと
中山や北海道でこそとは思いつつも…



マンオブスピリット

マンオブスピリット
5代内にインブリード3本持ち
ノーザンファームのルーラーシップ
エンジンの掛かりが非常に遅い馬で
単純にスピードがなく体力型であるのか
フルーキーの半弟なんで
そこから距離的なスピード対応
母母父Soviet Starは欧州血統で
1200mG1勝ち馬
ほんとこの字面で何故脚が遅いねん!!
延長とキングマンボ優勢な馬場で
それをどこまで打ち消せるのか!?



レクセランス

レクセランス
ノーザンダンサーとSir Ivorインブリード持ち
母父Champs Elyseesは
ハービンジャーの父であるDansiliの全弟
代重ねした重めの欧州ダンチヒ系
ディープ×パワー体力という意味では
マジックキャッスル.グローリーヴェイズ
これらを彷彿させるかもしれないが
スウェプトオーヴァーボード.クリスエス
これと比べてChamps Elyseesは落ちる気も
しかし単純に考えれば良いような気もする
その奥Xaarは欧州ミスプロでスピード寄り
ダンチヒ×ミスプロではあるものの
さらに奥のDouble Bedまでひっくるめても
スピードに支えられての重めの母方か
臨戦的にどう考えてもキツイはずの皐月賞
ここである程度馬場の悪いところを通りながら
最後まで投げ出してない
これがどうしても忘れられない
神戸新聞杯を見るとやっぱり脚遅いものの
現状の馬場と距離延長でどうにかというねえ…
ディープ×重めの母方&すみれS勝ち&皐月惨敗
イメージ的には完全にサトノルークス
ただせいぜいハーバーコマンドまでかもしれぬが
★血統評価第4位★



ロバートソンキー

ロバートソンキー
ノーザンダンサー5×5インブリード1本のみ
非ノーザンのルーラーシップで体力ありそう
そしてルーラーなんでキングマンボでもある
母父サンデーから万能さと米国さ
母母父ルドルフ~パーソロンから欧州さ
その奥のファバージが
プリンスリーギフトでスピードの支えと
かなりいいバランスに映る
曾祖母がトウカイナチュラルで
牝系にはトウカイオーザ.トウカイエリート兄弟
この2頭はサンデー産駒で長距離砲
3000mへの適応力というのも
牝系から支えられててもいい
東京マイルで好時計と速い上がりがあり
神戸新聞杯もコントレイルの速さに合った感
血統的にここではこちらのほうがとも思え
イメージ的には
メイショウサムソンの時のソングオブウインド?
★血統評価第1位★



ヴァルコス

ヴァルコス
ニジンスキー~ノーザンダンサー軸に
5代内にインブリード3本持ち
父ノヴェリストは欧州型種牡馬
その父がMonsunでSurumu内包
このSurumuの祖母がSuncourt
Suncourtはテスコボーイの母でもあるので
Surumuとテスコボーイはつまり近親関係
テスコボーイというのは父プリンスリーギフト
この系統で有名なのがサクラバクシンオー
SurumuはドイツでもSuncourtを持つ事により
重いだけではなくスピード対応も可能
ノヴェリストもスピードへの順応性はある
母方は欧州主体の配合
祖母ウインドインハーヘアはディープの母
母父ディープで同じ父ラストドラフト
この馬と近しいイメージの血統構成
そういった意味では格上げ&延長
この臨戦は良いように思える
前走は重すぎた馬場が堪えたとすれば
変わり身の可能性は多少なりとも
もう1頭キタサンブラックなんかは
父方ウインドインハーヘア×母方Suncourtだが



ヴェルトライゼンデ

ヴェルトライゼンデ
父はステゴの血を受け継ぐドリームジャーニー
牝系は中山の鬼一族で
父も踏まえると小回り重めの馬場で
そんなタイプに思ってました
今から有馬で狙う気満々ですが(笑)
ダービーでも好走したようにレンジは広め
そのダービーの好走は
急坂無しの軽い馬場の高速実績に長ける
母父Acatenangoと皐月賞で伸びないインを走った
このあたりもあったのかもしれない
半兄に昨年勝ち馬ワールドプレミア
ノーザンダンサー&ノーザンテースト
このインブリード持ちは
16年2着レインボーラインと同じ
単純に母方は欧州色が強く
母父Acatenangoの父Surumuの祖母Suncourt
Suncourtはテスコボーイの母でもあるので
Surumuとテスコボーイはつまり近親関係
テスコボーイというのは父プリンスリーギフト
この系統で有名なのがサクラバクシンオー
SurumuはドイツでもSuncourtを持つ事により
重いだけではなくスピード対応も可能なのかと
キングマンボは持ってないものの
血統構成はいい方の部類に入ってきそう
イメージ的には
オルフェの時のウインバリアシオン??
★血統評価第3位★