稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

カテゴリ: 21年競馬予想



先日のセントライト記念
見向きもしなかった💦アサマノイタズラが勝利
このままいたずらに時を過ごすのもなんだか…
というわけで振り返ると
アサマノイタズラの父であるヴィクトワールピサ
その産駒の狭いツボが見えたような



アサマノイタズラは
母方がキングヘイロー×オペラハウス
キングヘイローはダンシングブレーヴで
オペラハウスはサドラーズウェルズ
イメージ的には同産駒ブレイキングドーン
ブレイキングドーンも母父がホワイトマズル
これがダンシングブレーヴで
母母父がエルコンでサドラーを抱えてましたから
=馬場が悪いところでこそ
両馬の戦績からもそうでしたしね
そして重めの馬場(稍重)だったラジオNIKKEI賞
そこで大敗してからの良替わり
全く目がいかずじまいでした



後から思えば
ダンシングブレーヴ=中山2200穴血統でもあったり
レオリュウホウ
トーセンダンダィ
シャドウゲイト
クリールカイザー



ヴィクトワールピサ産駒の重賞好走自体
凄く少なくなってきてますが
ひょっとして馬場替わりがミソか!?
そう思い調べてみました



21セントライト記念1着 
アサマノイタズラ 前走稍重→良

21アーリントンC3着
レイモンドバローズ 前走良→重

21スプリングS2着
アサマノイタズラ 前走良→重

20ファンタジーS2着
オパールムーン 前走良→良

20府中牝馬S3着
サムシングジャスト 前走良→重

20小倉記念3着
アウトライアーズ 前走重→良

20クイーンS1着
レッドアネモス 前走稍重→良

20クイーンS3着
スカーレットカラー 前走良→良

20阪神牝馬S2着
スカーレットカラー 前走良→良



馬場表記はあくまで字面なものではありますが
前走から馬場状態の変化で激変
そんなパターンが多いという結果に
そこで好走した馬はほとんど人気薄ですし
そういう変化に敏感というのが推測出来る



牡馬→重め
牝馬→上がり(斬れ)特化



ヴィクトワールピサ産駒を牡牝に分けると
こんなタイプが目立ちますが
重賞でここまで敏感に出てるのなら
条件戦でも当てはまってくる可能性は大
(↑調べてはいませんが)
牡牝で馬場替わりをうまく使いながら
馬券に落とし込んでいくのも良さそうかと



今後に向けて例を挙げるならアクアミラビリス
上がり特化寄りの牝馬
社台馬で引退目前だと思われますが
来年の阪神施行の?京都牝馬Sとか合うかなあと
あとは母父がダンチヒ系だけに
凡走後に馬場替わりが引っ付けば
人気落ちも拾えそうでというところ




以上であります!




このエントリーをはてなブックマークに追加



来年は年男になるんですが
(虎年やん!やはり虎とは切っても切れないw)
今からそこからの12年を考えてまして
そう思えば体を目一杯動かせるラストチャンス
己の少年時代にタイムスリップした感覚で
子供みたいにあれこれしたいなあと



さて競馬ですが…
来月の新潟が待ち遠しいのもあるのか!?
あまり購買意欲が湧いてこない
セントライト記念も穴狙いになりますし
買うかも微妙なところですが一応UP
(数人の方にはご迷惑をお掛けします)
それでも予想は真剣ですよ!これでもw




中山11Rセントライト記念
◎カレンルシェルブル

◎単複


血統的に跳ねる可能性を秘めてる!?
その可能性に賭けてみようかと




カレンルシェルブル
ハービンジャー×ハーツクライ
あまり見慣れない配合ではありますが
もう1頭3歳馬のカーディナル
この2頭が勝利実績あるぐらいなもの
当然ながらここでどやねん?ではあります
しかしこの2頭を見てると
勝ち上がりに時間が掛かり
頭数増でパフォーマンスが上がり
格上げでも通用
ハービンジャーというよりは母父ハーツ
いやその奥のトニービンっぽさが出てる配合推測
そんなトニービン込みの母父ハーツが前面なら
ここ一発あっても良かろうかと
ハービンジャーのタフではない野芝
これは言うほどに悪くはないはずですし
先週重賞を勝ったカテドラルも
ハーツ×英国ダンチヒ配合で
ハービンジャーは英国ダンチヒなら
それをひっくり返したような配合でもあるしなと
前走.3走前の内容からほんのり期待だけはね



タイトルホルダー
母父Motivatorを思えば短くしてくるのと
馬的に東京→中山への挑みは悪かろうはずはない
しかし父ドゥラメンテと
Motivatorが内包してるGone Westから
1番人気1着のイメージが持てなかった



ソーヴァリアント
ここ2戦が大楽勝
シーザリオ<ソーマジック!?
同じオルフェ×クリスエスのオーソリティよりも
今後楽しめるオルフェ牡馬なのか
前走1着後の重賞成績がとことん奮わないオルフェ
気の要素が重賞では大事と思われる中
この叩きつつ下から上がってくる臨戦はレア
この馬には関係ないかもしれませんね
ただ次を見据えるなら軽く負けとけ~とも



オーソクレース
エピファにキャサリーンパー一族
母がマリアライトでサドラーズウェルズクロス
本質は新馬&アイビーより前走なのかなあ
体力優勢ならば狙うなら次
現状フラット~若干早目の馬場なら
他の人気馬と比べれば少し評価下げの印象



グラティアス
ヴィクティファルス
2頭共ダービー後臨戦で
最近のハーツ重賞は圧倒的に東京<<<中山
一見悪くないよねえ
しかし共に新馬からポンポン走った馬
今の2歳世代が例年よりも好調
しかしこれはハーツの特徴でもあった伸びしろ
逆説的にはこれを阻害する兆候なのか
まだ分からんサリオスは別にして
ワーケア.マイラプソディ.クラヴァシュドール
ポンポン最初から走った4歳勢が
軒並みハーツのクセに成長力が?なのもねえ…
重賞のハーツは前走の着順に非常に従順であるし
産駒も終わりに近付いてきてどうなんかなあと
結論的にはここは様子見で
着順をここでまとめることが出来たら
今年の菊は阪神3000で京都よりはタフ
しかもハーツが近年得意として期待値の高い
コーナーを何回も回るところに変わるので
買いのベクトルへと変わってくるだろうけど



ルペルカーリア
モーリスは重賞やそれに近いレベルなら
前走より短くしてきたほうがいいのかもなと
従って前走と同距離なのは可もなく不可もなく
馬場的にもフラット~若干早目の馬場なら
近2走からして追い風にはなりそう



レッドヴェロシティ
ドイツ血統内包のワールドエース産駒
この野芝中山でのドイツ持ちというのは評価↑
昨日の最終でも2着に来てましたし
ノヴェリストが代表的ですが非常にフィットする
高速すぎる馬場で速さを求められると
母系込みで厳しくなりそうだが
現状の馬場ならまだこらえられる部類
菊の惑星だと思ってるのでレースぶりに注目



ノースブリッジ
これは延長のモーリス
休み明けでどう変わってるかになるが
前走を見る限り延長ではどうなんかなあと
母父がKaties一族で中山はいけるクチではあるが



タイムトゥヘブン
◎と同じく母父がトニービン内包
格上げニックスであるカナロア×トニービン
そうであってもこちらはハーツではない分
カナロアらしく格下げで反応良くなるタイプかも
2200mというのは微妙ではあるが
今の馬場も向きそうではある




基本的に買うならカレンの単複になりそうだが
複を止めてワイドに切り替えるなら
タイトルホルダー
ソーヴァリアント
ルペルカーリア
レッドヴェロシティ
タイムトゥヘブン
5頭へと流すかな(ちょっと多すぎるが)




以上であります!




このエントリーをはてなブックマークに追加



本日の中京はRoberto祭りになるんかな!?
そう予想いや妄想しております
とちゃっかり週中に書いた記事を挿入しとこと


あとはアラタはキンカメじゃなく母父ハーツ
これが近走から間違いなく前面に出てるでしょう
止まるまで追う価値はありそう




中京11Rローズステークス
◎コーディアル
○ストゥーティ
▲イリマ
△タガノパッション

◎単.(あとは思案中)


土曜不良だったのにあっという間に良スタート
それでもパンパンの良まで望めないなら
先に述べたようにここはRoberto持ちから入りたい
しかもこの世代は
ソダシ.サトノレイナス.ユーバーレーベン
ファインルージュ.アカイトリノムスメ
この5頭が能力的に抜けてるグループで
以下はそんなに差のない能力なのかなと
ならば穴目からいきたくもなるというもの



コーディアル
父エピファネイアがRoberto系
母父リンカーンがトニービン&サドラー内包
エピファがサドラー持ちつまりサドラークロスに
オーソクレース
ムジカ
アリストテレス
”格上げ.タフな局面”でこそであるのが
エピファのサドラークロス馬
トニービンも格上げを好みますし
そう考えれば挑み的にも馬場的にも面白い
しかも母父リンカーンならば
ほぼアリストテレスみたいなもんですしね



ストゥーティ
これはここで上位人気に推されてる馬たちと
実力的には全く遜色ないかもしくは上回ってる
という春段階でのジャッジ
そんな馬が父モーリスがRobertoならですね
そのモーリスは夏場で2勝目を挙げる馬が増加
じわじわと力を付けていくという傾向ならば
春の走りの担保からここはかなり期待していい
ただモーリスの重賞というのを考えた時に
前走先行からの延長というのが気になった分
評価は一つ下げたという感じ



イリマ
当然エピファ(Roberto)本命ならセットでキズナ産駒を
ここ2走はいい弾け方をしてるし
ウォーエンブレム持ちなら格上げも良さげやし



タガノパッション
人気馬の中ならこれかなあ
未勝利→スイートピー→オークス
この一連の競馬がいいよなあと感じさせる
キンカメに母父Robertoで祖母がステゴ全妹
母方からの支えが非常に良い



アールドヴィーヴル
アンドヴァラナウト
キンカメ×ディープ配合
この配合は一見凄いんだけど
表現は難しいですが互いの良さを打ち消すような気も
完成度のみで勝負で後に跳ねないというか…
だから成長力にやや疑問を感じる配合であります
アールドなんかはクイーンズリングっぽいんで
いい馬だとは思うんですがここはまとめて様子見



クールキャット
これは父スクリーンヒーローがRobertoですが
これならストゥーティのほうを上でいいという判断



タガノディアーナ
これはキンカメ×ディープではあるけれど
リオンディーズでシーザリオが入ってる分
まだ上跳ねする可能性はありそう
しかしここはRoberto評価なので印は回さず




以上であります!




このエントリーをはてなブックマークに追加



気付いたことはTwitterではなくブログに
そんなスタイルでちょこちょこ更新中
「TARGET」というツールで予想してますが
先に数字ありきというよりは
なんとなくこうなのでは??
そんな時にドバっとチェックしたりしてます
本日は中京芝についてさらっと


京都が改装工事中の為に開催増の中京
まさになんとなくこうちゃうか??
というのがあって調べてみたら納得でした


それは中京芝でRoberto系種牡馬
これが復権してきてないか
(他の競馬場もその可能性がありますが…)




20年9月以降~先週
33.29.19.200 
勝率11.7% 連対率22.1% 複勝率28.8%


18年1月~20年3月
14.12.14.196 
勝率5.9% 連対率11.0% 複勝率16.9%



というわけでRoberto系種牡馬の数字をPICKUP
馬場状態は無視して
シンプルに同母数になるように期間比較
やはり明らかに=倍ほど直近1年では伸びてます




20年9月以降~先週

【Roberto系】
33.29.19.200 
勝率11.7% 連対率22.1% 複勝率28.8%

【ディープ産駒】
34.23.19.177 
勝率13.4% 連対率22.5% 複勝率30.0%


18年1月~20年3月

【Roberto系】
14.12.14.196 
勝率5.9% 連対率11.0% 複勝率16.9%

【ディープ産駒】
48.42.46.246 
勝率12.6% 連対率23.6% 複勝率35.6%



そして対比という意味でディープ産駒と比較
ディープ産駒はそこまで大きく変わらないが
明らかに先週までの1年だと
ディープとタメを張るとこまで持って来てる!


まさに主観と客観がここに合致致しました!!




このあたり理由を探るなら
◆ソフトな馬場作りへとシフト
←馬力.体力に長けたRobertoにアドバンテージ
◆(特に)エピファネイア産駒の台頭
←それにより種牡馬のパワーバランスの変化


ということになるのではなかろうかと




その中でも特筆すべき条件は2200m重賞
皆が気になる重賞は20年9月以降だと2.6.1.10
勝ち切れない中であっても
2.3着率は非常に高くなっております
先週のセントウルSがまさにそうで2.3着




そこで今週の重賞であるローズステークス
Roberto系種牡馬居るかなあ…
と思い調べてみると8頭も居てるがなあ💦
そこからだと
”Roberto系種牡馬×母方Sadler's Wells内包馬”
これがぱっと見では気になっております




やっぱり楽しいし面白いよなあ血統って
(当たりはずれは別としてw)




以上であります!




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ