稀に更新?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

カテゴリ: 21年競馬予想



突然!!

血統で長く予想してますが、重賞になればなるほど”これまでの削ぎ落とし”と”ある程度の決め付け”これが今はシンプルで仕留めやすいのかな~なんてね。と、いきなり更新ですw



【皐月賞】
202104181

20210418皐月1
20210418皐月2
20210418皐月3

上位4頭は非サンデー系種牡馬。稍重馬場でしたが少しタフになると今後はこういうパターンも増えて来るのかもしれない(アーリントンCもキングマンボのワンツー)。それは父サンデー系種牡馬が飽和状態なのと代を重ねてサンデーという血の影響力が多少なりとも弱まってきてるという可能性。まあ結果を受けて色々今後に向けて考えるのは大事ですし楽しくもあり

中山でこれだけ強かったら東京はそれはもう!って感じになるんか!?


ドゥラメンテはまだまだ掴み切れない。間違いなく一番星となったタイトルホルダーは評価出来なかったが東スポ杯→ホープフルの頑張りは今思えば○であったかと


”気”の部分が大きいと感じてるオルフェは前走1着馬が重賞では全く奮わない


ジャスタウェイは難しい。ダノンザキッドは主観が入りますがこれまで走りっぷりが非常に大きい印象があった。前走3着→多頭数中枠且つぷっつんの気があるジャスタウェイだけに余計にここは評価し辛かった。この後どう立て直してくるか?


◎アドマイヤハダルは4着。よく頑張ったがあと一歩。母父ディープ1枠は特注であったがそれはあまり活かしきれなかった感。↓に書くがカナロアはサドラーもしくはトニービン持ちの母方が重賞では相性良い分だけ両方の血を持ってなかったこの馬は足らなかったかなあ



【アーリントンC】
20210417アーリントン結果

2着 リッケンバッカー(母母父)
3着 レイモンドバローズ(母父)

共に母方にサドラー持ち←これは重馬場だったスプリングS1.2着同様。重以上道悪で重視してもいいのかもしれない


サートゥルナーリア
キングオブコージ
パンサラッサ
ブランノワール
リッケンバッカー←NEW!

母母父フェアリーキングがサドラーの全弟であるステルヴィオ込みでカナロア×サドラー持ちは重賞で注目すべき配合になりつつ


母父キングヘイローのピクシーナイトは4着もまずまず。この母父キングヘイローも道悪○なことは記憶の片隅に
↓今年重.不良重賞1.2着馬
20210418
そして重.不良は母父ノーザンダンサー系!馬力or体力に長けたのを支えとして供給されてるのが効く


◎ジャスティンカフェは全然ダメ…エピファのサドラークロス馬で格上げ&タフで狙いましたがマイルならキンカメにカナロアのほうが上なのか!?2000m以上でこそということで


あと阪神1400mと阪神1600mは非なるもの。しばらく京都開催がないのでこの出し入れは気を付けたい



以上で~す!!



このエントリーをはてなブックマークに追加



昨日は道悪競馬の芝でキングマンボが躍動
改めて「雨の日はキングマンボ」を実感
って…言うてる場合かw


そうです!今週も簡易ではありますが
またもブログ更新でございます💦💦
もはや完全に”稀に更新詐欺”になってきました
というのも先週に引き続きMラジのゲスト?
いや今回は代打としてオファーがあったからで
また活動をというのが理由です



中京11R金鯱賞
◎ブラヴァス
○サンレイポケット
▲デアリングタクト
△グローリーヴェイズ
×ペルシアンナイト

馬場は回復してくるでしょうが
開幕週でもスピードが要求される
そこまで果たして戻るのか!?
土曜の競馬を見る限りでは
想定としては重め残りで
そうなると年明けの中京重賞傾向から
ディープ産駒<<非ディープ産駒


ブラヴァスはまず父キンカメ単体として評価
Vマイル連覇した母ヴィルシーナ込みで
Morn of Song牝系は
シュヴァルグラン
ヴィブロス
テリトーリアル
マーティンボロ
要は各馬”スイートスポット”が狭い印象
ヴィブロスならドバイといった感じ
ブラヴァスは現状2000m重賞に特化されており
馬場も相まってこの条件であれば継続案件
チャレンジC.七夕賞は外を回して届かず
勝ち切れるか??に多少懸念があるだけに
今回は内2頭が差し態勢でその横なら
位置を取ってスマートな競馬で良かろうかと
但馬Sのようにね


あとは馬場的に差して来れるなら
欧州の体力スタミナが肝になるか
ということでそんな馬たちをピックアップ
ディープ勢からJCの内容が良かった
グローリーヴェイズのみを拾う印に


馬券は◎単と○馬連&ワイドを本線に
△への馬連.▲絡めた3連複



阪神11Rフィリーズレビュー
◎ゴールドチャリス
○ラヴケリー
▲エルカスティージョ

片や阪神は馬場の乾きが早そうで
土曜の時点で既にそこそこ乾いてました
ある程度フラット想定で


当初はエルカスティージョ本命のつもりが
蓋を開けたらかなりの人気に
格上げカナロアになるものの
新馬戦の内容は水準に達してる
素人目ながらそう感じましたし
カナロアなら阪神1400mのイメージはつく
まして母父ジャンポケは急坂特注で
ムーンインディゴ牝系は
完成度の高さに早咲きという特徴があり
つまり早い時期の格上げはよく走ってくるので
ただスケベなおっさんなんで
他を探そうということで血眼になりながら…


見つけたのがゴールドチャリス
馬場は回復しちゃうんでしょうが
トゥザワールドは湿った馬場で狙える種牡馬
これは先々覚えておいても損はないかなと
フェアリードール牝系なんで急坂コース特注
これに関してはそこまで産駒として
はっきりしたものは出てませんが
可能性としてここに賭けたくなる人気ではある
ましてシルバーレーンの牝系
ブラックホークは別格として
ピンクカメオ
ステイフーリッシュ
ロジチャリス
基本”あっ!と言わす”そんな特徴馬ばかり
馬体は小さいですが
並んでからの根性が垣間見れるレースがあり
負けた秋明菊賞なんかも最後止まってはない
前走短縮とはいえ4角インからの加速は良し
最内で上手く捌けるか?これが肝も
抜けてくるイメージは血統込みで持てたので


ラブケリーは人気馬なら無難なチョイス
ここに来て1勝→2勝クラスでの連チャン
これが見られるカレンブラックヒルだけに
既に格上げもこなしてるので
勢いあるうちは良かろうと
まして父父ダイワメジャーに母母父Fairy King
Fairy Kingはサドラーズウェルズ全弟
ダイワメジャー×母方サドラーズウェルズ
これは相性抜群のいわゆるニックス配合
ここまでレース経験の多様性も持ち合わせる


馬券は◎単複と○▲へのワイド
▲の単も忍ばせつつ



《本日のサクッと予想》

阪神5R
◎アレレブルー
○メイショウホシアイ

先週ブログ更新の際に書きましたが
モーリス産駒はここまでの阪神マイルや外回り
この走りを見る限り脚が止まらない印象
かなり持続的な脚を使えてる馬が多い
従ってここはモーリス丼に期待
アレレブルーを上に取ったのは
母方がディープ×A.P. Indyで坂が良さそう
そして内不利バイアスだった3走前の内容評価


中山10R東風S
◎レッドガラン

タフ馬場のカナロアでどうか!?
ただタフ違いとはいえ
5走前鳴尾記念がタフ馬場で差し→先行
しかも厳しめの流れでのもの
この内容を非常に評価しており
その後格下げでの甘さやダンス牝系から
実は小回り急坂ベストの可能性が


阪神12R
◎タイガーサイレンス

1勝→2勝クラスでの連チャンが
ここに来て見られるカレンブラックヒル
勢いあるうちは良かろうかと
じゃあシンプルに乗ってみたい



以上で~す!!



このエントリーをはてなブックマークに追加



今週いきなりブログ更新したのは
Mラジのゲストとしてオファーがあったからで
これは活動しておかんとまずい
それが理由ですw



昨年末のこの記事にも書きましたが
そのMラジに出演したことによって
競馬への考え方の気付きや
何より後の大切な人間関係の繋がりへと
多大なる影響を与えていただきました


基本活動もしてないので
今後オファーもあるか分かりませんが
もしあればこうして慌ててw
考察や予想をUPしなければいけませんね
その瞬間お二人と喋る時間
それが好きで楽しいので



さて弥生賞ディープインパクト記念の予想


週中にこちらの考察記事を更新
各馬の見解についてはこちらを見て下さい


◎タイトルホルダー
○タイムトゥヘヴン
▲ゴールデンシロップ
△タイセイドリーマー
×ホウオウサンデー

米国さやナスルーラの持続力の要求のほうが
欧州さよりも必要かなとも思えた開幕週から
昨日の土曜日は稍重馬場でややタフ寄りに
本日どこまで回復していくか?になるが
回復していくなら
昨年袋とじで出したようにドゥラメンテ
そう!未だ掴めてないドゥラメンテで!!

ダノンザキッドに若干の危うさ
これを感じる以上は印を落とし
◎からのワイドと単
これで参加してみようと思います



《本日のサクッと予想~復活の巻》


中山5R
◎モンサンラディウス

この馬ずっと追い掛けてまして
それは内不利バイアスだった4走前
この内容が非常に良かったから
(5走前からの流れ&位置取りも込みで)
近2走の内容も良く
前走は外から突き抜けそうな手応えだった
今回そこから短縮で馬場的にどうかも
牝系的に坂コース替わりは悪くない


小倉11R壇之浦S
◎マイネルウィルトス

スクリーンヒーロー×ロージズインメイ
この配合は小倉でこその面もあり
今冬開催でも
マイネルジェロディ.イザニコスが馬券に
前走重馬場で前傾ラップ厳しいところから
短縮<<延長タイプの馬が延長小倉替わり
4→3走前をかなり評価し2走前も◎
引き続き狙ってみたいなと


阪神11R大阪城S
◎マンオブスピリット

前走スタート悪かったねえ…
そこからの短縮で怖い面があるが…
エンジンの掛かりが遅い馬で
コーナー何度も回るコースよりは
こういうコースのほうがと思える馬
その前走内容がいい呼び水になるかなと
ルーラー×サンデーでフルーキーなら
狙いたくなる場面ではあり


阪神12R
◎レヴァンテ

前走久々でも33秒台の流れに乗った
スイッチ入れてからの間隔詰めた2走目
これはオルフェ的に買いたくなる
人気のピアシックが後ろからで松山替わり
先手取れれば一発あっていい



以上で~す!!



このエントリーをはてなブックマークに追加



今週は諸事情により?ブログ更新しますw
という訳で…
弥生賞ディープインパクト記念の血統考察を


その前に土曜日のチューリップ賞
現時点で狙ってみたいのがストゥーティ


モーリス産駒ですが
ここまでの阪神マイルでの走りを見る限り
脚が止まらないという印象で
かなり持続的な脚を使えてる馬が多い
即ちかなり得意な方の舞台であるかと
ここまで2勝馬は4頭のみ
モーリス自身そしてその父スクリーンヒーロー
そこから成長曲線が遅めであるならば
まさにこれからになるだろうし
ロベルト系らしく使われつつ上昇で
古き良き面があるなら大一番での一発
これがあると睨んでいる
(阪神JFでもチャレンジしましたが💦)


同じロベルト系であるエピファネイア産駒
モーリスとの共通点はサドラーズウェルズ内包
アリストテレス
オーソクレース
ムジカ
これらサドラーズウェルズクロス馬で
いずれも格上げの重賞で結果を出した
従ってモーリスもサドラーズウェルズクロス馬
これが格上げで面白いとも言えそうで


ストゥーティはサドラーズウェルズ4×5クロス
祖母がシンハリーズで一族的には早め勝負も可
しかも格上げも苦にしない馬も多し
それがモーリスと噛み合えば
ここで非常に面白いかもと想像出来るし
近2走が外を回して届かずという競馬
その前のアルテミスSで4着を見ると
格上げのほうがやれそうとも思える
その時みたく内から出し抜く競馬が出来れば
従って内枠欲しいなあと


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ