稀に更新?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

カテゴリ: 20年競馬回顧



開催替わりだった12月の1週目は厳しかった…
まあいい時もあれば悪い時もある!
前向きに!!



↑先週更新した記事になります



チャンピオンズカップ


【短評】
終わってみれば昨年当レースの1-4着馬
これが順番こそ変われどスライド
格を持つ実績馬が
上がり馬や芝実績馬を蹴散らしたという印象



✔昨年の当レースは勿体ない競馬
今年のチュウワウィザード
きっちりと差し切って圧勝
(予想内で書きましたが)
母父がサンデー系
ノーザンダンサーインブリード持ち
能力高くいい部類であったし
差してのこの結果も特に驚きはしなかった
近親にルヴァンスレーヴ
捻くれオヤジじゃなくもっと素直になりたい
(なんだかMAXの♬一緒に♬みたいやん)

✔まだやれるのかゴールドドリーム
これは素直に恐れ入りました
父がサンデー系ノーザンインブリード持ち
血統&適性は合ってたでしょうが
勝手に能力下降線と決め付けてしまった

✔まだやれるのかインティ
厳しいペースだったと思いますが
前行って粘らせた豊さんはお見事で
これも素直に恐れ入りました
米国血統馬は前なら残れる←教材に

✔これは私的な血統論ですが…クリソベリル
近親にマリアライト.アロンダイト
G1ではいわゆる”挑戦者”的な挑み
そのほうが体力的優位さを活かせる一族か?
圧倒的人気で相手に合わせると思わぬことが…
予想ではそう書きましたがまさかねえ
あと色んな所で拝見した
初めてと言っていい間隔詰めたローテ
これもラストに多少なり影響があったのか?
次週への血統的いい教材になったということで

✔ラストの脚強烈やったモズアスコット
十分走れる状態だったのでしょう
Frankel×Storm Catはダートニックス
この内容ならフェブラリーS連覇もありそうな

✔揉まれることなくうまくルメールが外へと誘導
ただかなり外を回ったカフェファラオ
最後じわじわと伸びてはいたので
悲観すべき内容ではなかった
ただこのレースで
米国ごりごり血統が差して結果をというのは
レース適性に合わないのかなと
となればフェブラリーSや地方のほうが
まだ3歳これからの馬でしょう

エアスピネルはよく伸びてきてるけど
ワンパンチ足らず
キンカメ×サンデー×NT
血統的にもまとまってる印象で
これ以上の跳ねは望めないか
状態は戻ってきてるので
再度芝で!特に短いところで見てみたいが

タイムフライヤーは弾けなかったねえ
じりじりとしか伸びなかった
牝系の一族から遅咲きの面はあるはずなんで
まだ来年どこかでとは思いつつ

アルクトスはスピード寄りなのかやはり
血統的に1800mでもいけそう
これは心の中にしまっておこう

エアアルマス
クリンチャー
アナザートゥルース
このあたりは全く歯が立たずに終わった
フェブラリーSでも
ケイティブレイブにインカンテーション
古豪と呼ばれる馬が穴を近年開けてるし
好走するには地方交流なども絡めながら
経験値が必要なのと
一気に行くならそれ相応のリズムが欲しい
そう感じさせられたレースでした



チャレンジCは人気通りの決着
レイパパレはスタート後行きたがってましたが
結局完勝で5連勝
ロードクエストは鞍上が辛抱させられず…
あれならいっそのこと捲りきってもなあと
どちらにせよ掲示板が目一杯だったでしょうが



ステイヤーズSは縦長のドスロー
これではさすがに後ろからは厳しかった
オルフェのワンツー決着
重めの馬場と函.札.福.小の2600m
いわゆるコーナーぐるぐる何回も回るコース
ここへの適性は産駒全体的に高め
共に追い風になった感
オセアグレイトは
坂コース特注のDoff the Derby牝系
これに◎打てなかったのが
終わってみたら血統的に大反省でございました



あとは…


開幕替わりの中京
開幕替わりで馬場が回復した日曜の中山
そこでロードカナロア産駒が目立ったり
他も色々と悔しいこともありましたが
再度精査し直して
まだ今後へと繋げなきゃいけませんね


当面の課題としては
重賞ではいかにシンプルに◎を打てるか!
そう!こねくり回すことなくね(笑)



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






このエントリーをはてなブックマークに追加



✔デアリングタクト
松山君がアーモンドアイを意識?
したかのような位置取りに見えた
エンジンの掛かりはやや鈍かったが
よく走った!強かった!

✔グローリーヴェイズ
強気な前々での競馬
最後内じゃなく外ならどうだったか
アーモンドアイに真っ向勝負!
この馬は良い馬だ!強かった

✔カレンブーケドール
ちょっと後ろ目かなという位置も
4コーナーから上がっていくときの様
勝つか!?と一瞬思った
最後デアリングに差されたけど強かった

✔キセキ
この馬場で1000m57.9は流石に…
それでもいいペースを演出した
もう少し落としておけばという気も

✔コントレイル
無敗牡馬3冠馬は再びルメールに敗れたり
外からいい脚を使ってただけに
強かったけど…
アーモンドアイとは最初と最後の対戦
だっただけにもう少しアーモンドアイの近く
ここでガチンコが見たかった

✔アーモンドアイ
馬場がどうだ!とか…
血統がどうだ!とか…
前走の内容がどうだ!とか…
そんなの一切関係なかった
この厳しいと思える馬場
さらにキセキの逃げ
本当に厳しい条件が揃った中でこの圧勝
まさにぐうの音も出ないとはこのこと
素直に心の底から強かった
有馬さえ勝っておけば200点やったけど笑
十分100点満点と認めます
強い!強い!!強い!!!



このエントリーをはてなブックマークに追加



先週今週とまたいだ3日間開催は+→-→-
なかなか厳しい開催でした
先週はパッとマイルCSの考察をUPしましたが
今週も土曜予想の更新と週中の記事
まあどうなるか分からないので…


ひとまず次週のジャパンCの切り口はこんな考え
タフというのは血統的にというのも込めてます




↑先週更新した記事になります



マイルチャンピオンシップ


【短評】
現状ある程度時計の出る馬場というのを感じる中
1分32秒0は前半緩めに流れたにも関わらず
上位の馬は内前とは言えど強かった印象
これまでの今開催重賞の結果から
速い馬場であっても
差してくるには欧州の重厚さが必要!
差せない馬場状態ではなかったですし
レシステンシアの存在もあったので
差してくるなら欧州の血
そっちのほうに張ってみましたが
結果◎○▲が5.6.4着
まあ自分の中では
これは”当たり”という認識ですね!ハイ(笑)(笑)



グランアレグリアはインディチャンプの福永
この抵抗に合うもののまあ普通に強かった
差して速い上がりを使えるようになった
阪神Cから馬が1段変わった印象
それは馬体増とも比例してるかもしれません
今回は間隔も詰まり気味でも問題なかった
母方はNijinskyのインブリードがあって
ディープ×母父エーピーインディ系は
アルアインと同配合
グランアレグリア.アルアイン共に阪神G1勝ち
母父エーピーインディ系は
坂コース特注の中でも阪神は特に◎
来年是非とも大阪杯で牡牝3冠馬との対決が見たい

✔これまでG1で1番人気が1度もない
なのに国内G1ではオール3着内
これをまた継続したのがインディチャンプ
当初スプリンターズS参戦プランも出てましたが
ここに絞って出てきて正解だったような
個人的には2000mを一度使ってほしいが

✔差してきたわけではないものの
アドマイヤマーズは母方が欧州色が強かった
香港G1=急坂という親和性もあるだけに
今年阪神開催だったのは追い風になった感も
しかしダイワメジャーは
未だ古馬混合マイルG1で未勝利
今後勝ち負けする馬が出て来れるのか
大舞台では総じて早咲きの面は否めないのかも

スカーレットカラー&岩田のイン突き
単勝持ってたのもあって痺れました
非常に購入者としては納得いく好騎乗
G1でのヴィクトワールピサは
前走で頑張りすぎないのがベスト説

サリオスはひょっとしたら前目に!?
位置取り的にはそんな気もしてましたが…
ハーツ×外人替わりでミルコに期待したが
ある意味仕方のない結果
翌日の東スポ杯2歳Sレインフロムヘヴン
これは逆に前にいってしまいとちぐはぐ
闘争心付加以前の問題で
ミルコ大舞台での復調への壁は厚そう
それでも馬は外から上がり最速はマーク
まだまだこれからチャンスあるでしょう
ひとまず次ルメール替わりなら買いかな

ヴァンドギャルドも見せ場は作った
欧州色の強い差し馬であって
主要4競馬場の重賞だと阪神が最も複勝率が高く
外回りはよく勝ち切る配合である
ディープ×母父欧州ノーザンダンサー系
ただ現時点ではこれが目一杯だったか

✔脚が遅くなってきてるとは言え
ペルシアンナイトはまた戻ってきてる印象
ハービンジャーなんで
短縮または同距離の脚が速さが問われない場面
かなりピンポイントかもしれぬが
まだ出番がありそう

✔状態云々は分かりませんが
ジョッキーが緩めの流れをもし選択したのなら
レシステンシアは目に見えない内面込みで
春の一連の頑張りから戻りきってなかったのかも
次人気になるなら一変か?不振継続か?
ジャッジが難しくなりそうな気も

✔サウンドキアラ
✔ラウダシオン
この2頭は母方は米国色が強い配合だけに
凡走も止む無しという捉え方



東京スポーツ杯2歳ステークス


【短評】
4頭出しだったドゥラメンテ産駒が2.3着
勝ったのは1戦1勝のジャスタウェイ産駒
今後のクラシックへ向けて
どこまで繋がっていくのか



ダノンザキッドは好位から楽勝
同じ1戦1勝でシンザン記念断然人気
ルーツドールとは違ってきっちり結果を
ヴェロックスでさえ
最初はポンポンといかなかった中
勝ち切ったというのは相手云々は置いといて
ジャスタウェイの異質タイプの可能性あり
母方も欧州色が強い配合で
現状の馬場もマッチした感
リズム重視でぷっつん血統のジャスタウェイ
リファールの5×5持ちで小回りもいけそうも
走りが大きい印象があるので
小回り&内枠でどうなるのか?
ホープフルSならジャッジにかなり悩みそう

✔ドゥラメンテ産駒4頭の中で
最も評価したのがタイトルホルダー
母方の欧州色の強さと
母と姉メロディーレーンから体力供給も十分で
現状の馬場も合った印象
ーーーーーーーーーーーーーー
そしてドゥラメンテ産駒
これは3日間開催の成績を含まないもの

今回2.3着に来ましたが
現状では開幕直後の綺麗な馬場向きの様相
タイトルホルダーのように
中山最終日の荒れ馬場で伸び難かったイン
そこを通り楽勝
そんな馬のみ開催後半では評価すべき種牡馬か

例えば今後の重賞なら
弥生賞(2週目)
フローラS(1週目)
青葉賞(2週目)
京都新聞杯※中京(1週目)
ラジオNIKKEI賞(1週目)
ひとまず来年なら
この辺りがより狙いやすくなるかなと予言
ーーーーーーーーーーーーーー

ジュンブルースカイもドゥラメンテ
新馬勝ちが開幕2週目
2戦目が開催後半馬場で2着と
格上げでも着を落としてきて
ここもタフな馬場でまた着を落とした
それでも馬体も減りながらまとめられたし
マカヒキ.ウリウリ.ウーリリ姉弟と同族
今後の立て直しに注目

プラチナトレジャー惜しかった…
Happy Trails牝系なんで東京重賞相性は○
キンカメ×Happy Trailsなら
コディーノ.チェッキーノ.マイネエポナ
2-3歳時の早い重賞でも実績があった
つまりこの4着を目一杯と取りたくはなるが

✔モリノカンナチャン
✔モメントグスタール
人気薄だったので当てはまるかどうかも
ハービンジャーの延長&少頭数を重賞で狙う
これは血統的に時代に最早マッチしてない
そう思ってる派なので
2頭含め短縮や同距離で狙っていきたい種牡馬



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週は珍しくプラス~
今年はほんまにサクッと予想に助けられてますね
忙しい日々が続くので
次週も土曜予想の更新と週中の記事は更新難
代わりにTwitterの呟きを載せておきましょう


エリザベス女王杯は箸にも棒にも掛からぬ…
これだけ全て裏目に出ればもう仕方ない
大完敗でございました



↑今週更新した記事になります



エリザベス女王杯


【短評】
高速馬場とはいえ前半59.3の◎ノームコアの逃げ
流石になあ…
後ろは縦長緩めになって1-3着馬と5着馬
この人気4頭が33秒台の上がりを使えたか
エリ女は国内NO.1のリピーターレースですが
阪神替わりでも昨年の1.3着がスライド
さあボヤキのはじまりはじまり~



ラッキーライラックは中団に控え
4角進出した時には凄い手応えで勝ち確信
同舞台であった宝塚も
前々で馬場の割には頑張ってましたし
結局実力がここでは抜けていたということか
オルフェ産駒的にどうしてもこれが気になって…
ただ天狗になって散漫になってたのは
何を隠そうこのオレでした💦
3着内4回中3度がこの馬であったので
範疇を超えたオルフェ
他のオルフェに関してはやはり注意はしたい事象

サラキアは凄い伸び
小倉日経OPを境にここまで馬が変わるものかと
しかもディープで!!
実はハーツクライでサリオスちゃうの?
そんな冗談を考えるぐらいにねw
ビフォーアフターが物凄い印象でした
母父Lomitasがニジンスキー系
フィエールマン.ダノンシャーク
ディープ×ニジンスキーは
5歳以降でもG1でワンチャン作れる説
”一粒で三度美味しい”と覚えておきましょうか
成長力としぶとさを備えるということで
あとはこれらに続く馬が出て来るのか?

ラヴズオンリーユーはうまくまとめて3着
母方がストームキャット×ミスプロ
米国配合ではありますが
曾祖母が欧州名マイラーMiesque
前走は道悪に2走前はタフな馬場
近走のリズムは良くなかったが
速さが問われた馬場で血統的に巻き返せた印象
今後ある程度出し入れ出来るのでは

✔内がある程度有利で伸びる馬場
フローラS.オークスを見てもウインマリリン
それが現状ベストではないかと
内前が全くダメだった秋華賞で凡走
そしてここはインを突いて頑張れた
それでも東京マイルとかのイメージはないし
ちょっと今後お付き合いが難しそう
母方のアメリカ色の強さと
母母父ボールドルーラー
これがスピード持続力として今は出てる感

✔ちょっと後ろすぎたかセンテリュオ
この馬もサラキア同様に
大阪城Sあたりから馬が変わってきた感
年齢を重ねてこそのクラフティワイフ一族
今ならちょっとタフなところで
日経新春杯やAJCCなんか良さそう
でも人気落ちないなこれ

ソフトフルートは案外強いのかも?
Fleet Victress牝系には
サンライズペガサス.アイスストーム
ミッドサマーフェア
近親いずれもが2000m重賞実績馬
そして自身秋華賞3着
タフなところの2000mでどうか?

リアアメリアは弾き切れず
前走秋華賞はキングマンボに有利な馬場
イン前の競馬と母方の米国色の強さ
全てにおいて全く逆ベクトルのレースになった
そこからだっただけにもう一つ跳ね返り
これが欲しかったような気がする
結局のところ格下げホースなのか
母父がUnbridled's Song~Fappianoだけに
今後時間もないだろうし次格下げでになりそう

✔内田!直線何回もなあ…
シャドウディーヴァはVライン
だいぶ走る気が戻ってる最中だけに
ここはハーツ必殺の外人替わりが次欲しいが…
母母父Indian Ridge自身が短距離馬で
サウンドワールドという1200m実績馬も産駒に
何より近親成績が明らかに短い所に寄ってるので
1800m以下に絞るべきかもしれない

ウインマイティーここ2走を振りとして使える
そういうチャンスと思いきや案外
ゴールドシップの3歳世代は
全体的にこの秋奮わない
成長力に?なのか主要4競馬場での厳しさ?なのか
ちょっと今後自身への課題として見ていきたい

✔思わぬ?逃げの形だっとはいえ
全くいいところがなかったノームコア
この秋G1の中ではかなりスッキリと◎を進呈
それだけに残念ではあったなと
富士.札幌と格下げで勝ってるので
まず次は格下げでになりそう



福島記念


【短評】
堅かったなあ…
割と厳しめの流れでも差し込めないレース質に
ヴァンケドミンゴの充実ぶりが印象的
結局人気決着も予想で触れたように
トーラスジェミニがハナ切ると
馬券になる種牡馬はかなり偏りがある
トニービン内包や欧州色の強さ
サンデーでもスタミナ寄りのステゴ
それだけ分かりやすい流れを演出してくれる
加えてSpecialの血の依存度も高い傾向
1着がステゴのオルフェ
2着がルーラーでトニービン内包
3着が父サドラー系でSpecial内包
次、トーラスジェミニが出るレース
絶対に仕留めてやるねん!!
っていうかトーラスジェミニは一度マイル使って



バイオスパークはオルフェ産駒
体力あるナナヨー牝系でも
同馬あまり体力がないのか?
馬自身延長がもう1つでもある中で
短縮への挑みはまず好走の要因か
しかも前走インが伸びない京都でインを走った
それをフリにも出来ての快勝
個人的にはダートでもやれる血統構成
そう感じてるがまあそれを使うことはなさそう
オルフェ的にも次注目です



デイリー杯2歳ステークス


【短評】
またディープ×Unbridled's Songで出て来たなと
外から差せなかったがスーパーホープ
プールヴィルの下で今後注目



武蔵野ステークス


【短評】
予想的には非常に悔しい結果
◎にしたソリストサンダーは
1700mにチェンジした檜山特別以降の内容
これが気に入ったのと(檜山特別は○騎乗.笑)
トビーズコーナーが短縮◎な傾向があったので
今回全てひっくるめて面白く思えました
あとトビーズコーナーは道悪ダートも要注意で
馬券はエアスピネルが抜け~
しかもソリストサンダーを信じ切れずで
馬連も買わず複勝のみでございました



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ