稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

カテゴリ: 20年競馬回顧



今週は土曜がサクッと予想が1つ的中し
日曜日は秋華賞までが全く当たらず
何とかその秋華賞で○→▲の馬単的中で
日曜のボウズは免れたものの
土日トータルではマイナスでありました
(タラレバ言いたいが我慢我慢)


それでも実は秋のG1これで連続的中だったり
◎エイティーンガール
◎ミスニューヨーク
これでも何とかプラスに持っていけてるので
気分的には悪かろうはずもなく…



↑先週更新した記事になります



秋華賞


【短評】
デアリングタクト無敗で牝馬3冠達成!
馬場的には先週のVTRを見てるかのよう
土曜の道悪から日曜は稍重へ
回復途上で先週よりは内も悪くなかったが
結局今週も先週同様に
レースを使うたびに外が有利になった印象
3着争いした2頭がデアリングタクトより外
2着馬はデアリングタクトより内
上位4頭共インは通ってませんでした


【血統評価】
1位 クラヴェル(除外)
2位 レイパパレ(除外)
3位 デアリングタクト(1着)



✔普通に強かったデアリングタクト
エピファネイア産駒で
産駒自体延長臨戦や2200m以上
この成績が現状良いので
表現は難しいが【ゆったり】感を感じさせていた
そういった面でこの京都2000内回り秋華賞
舞台設定的には正直微妙かなあと思いつつでした
が!全くもって杞憂に終わりました
母と母父からの欧州の血の支え
祖母がサンデー×デアリングダンジグ
Pulpit×デアリングダンジグがピットファイター
ここからすれば
この牝系はストレートに父を出しやすいか?
血統構成的には向いた感もするので
あとは高速馬場でどこまでやれるかが見てみたい
でもデアリングハートと思えば
東京の高速馬場は良さげにも思えたり

✔最後デアリングタクトの内に入れて
一瞬「おっ!」と思わせたマジックキャッスル
4角から外に持ち出すのは
馬も来てたので無理でしたし
4角でバラけてデアリングの内
これが開いたのも良かったが鞍上の好判断
ディープ×クリスエスで
クリスエスからパワーと体力
2週前と似たような馬場ならイメージ的に
ディープ×スウェプトオーヴァーボード
京都大賞典勝ち馬と近しい配合と感じ評価
母方も欧州色が強いので
そういう場面となると今後限定されるかも
※あとディープ×パワーと体力なら
それっぽい馬が来週菊に居るような居ないような

ソフトフルートは評価出来ず…
母父キングマンボから欧州
母方はFappiano込みのミスプロインブリード
後から思えば何とやらも
その時点で評価出来なかった自分の甘さ
牝系にアイスストーム.ミッドサマーフェア
ややもすれば底力がなあという判断でしたが
そこはディープインパクトですかねえ

✔めちゃくちゃ惜しかったパラスアテナ
マジックキャッスルとのワイド持ってたので
もうテレビの前でガックリでありました
非ノーザンのルーラーシップ産駒は
キセキをはじめとして
ノーザンF馬よりさらに体力ある馬が多い印象
この馬も馬場に恵まれた感もあるので
マジックキャッスル同様
活躍の場は限定されるかもしれないが
東京の軽い条件で勝ってるのがあるので
割と奥深さがあり広いレンジで見るのも必要か
それと母からして早咲きの可能性もある

ミスニューヨークは上位4頭に比べると
3角~4角で外からばっと来られた分
出すとこがなくなり後ろになってしまい
伸びて来るもさすがに届かなかった
ちょっと勿体なかったなあと
血統的にはキングズベスト×マンカフェなら
重めの所で且つ人気薄で再度狙いたい

結局上位5頭の内4頭が父か母父キングマンボ系
2週前と似たような馬場推移で
その2週前の京都大賞典が
2.3着馬が外から来たキングマンボ系
そして2着マジックキャッスルが
京都大賞典1着馬と同じディープ×パワー体力系
来週菊花賞の馬場はどうなるか分かりませんが
エアレーション後の施された馬場で
ここまで重い馬場で2週続けて使われてしまうと
もう高速馬場というのは望めないかもしれない
ならばここで来た血統というのは
ヒントとして十分使えるかも??
そして欧州血統というのも肝になるか

オーマイダーリン勝ちに行った!?
デアリングタクトの後ろからねえ…
もう少しジッとしてたらと
買ってた人からしたら
「勝ちに行ってんじゃねえよ!」って感じか
これはディープでも母方がコテコテの欧州配合
そのバックボーンも効いた印象で

マルターズディオサは逃げの競馬
それでも上位勢が軒並み外からの中
2着馬から1秒負けなかったのは好内容
キズナ×ニジンスキー内包馬でDoff the Derby
坂コースの1800m以上ならまたすぐに出番ありか
当然その時にはルーラーを添えて
逆にディープは軽視方向で

ムジカも上位勢よりは1列後ろで
エンジンは掛かるも届かなかった
サドラーのインブリードもあって
牝系にはショウナンマイティ
この馬もタフ寄りなところで出番があるか

ウインマイティーは逆にインが活きる馬場
そうであったなら位置取り的にチャンスあったか
オークスの3着がそうであったように
ゴールドシップで内を活かすタイプとメモ

ミヤマザクラ.リアアメリアの2頭は
イン前の競馬と母方の米国色の強さ
共に全く逆ベクトルのレースになった感

ウインマリリン
過去2戦東京でインから連続好走から
今回は外伸びで過去2戦とは逆ベクトルに

✔オルフェで大敗後の巻き返し
いわゆるリズムを一度崩すと難しいのかも
ホウオウピースフルは紫苑Sでいいとこなく
凡走からここもがっつり負け
取り敢えず休ませるしかないかと



府中牝馬ステークス


【短評】
雨降りのズブズブ重馬場
上がりベスト3の馬がそのまま1-3着独占
道悪適性がものをいった感もあるが
じゃあフェアリーポルカのケツはなあも…
予想は◎○▲△印打った馬が5-8着下位独占
◎○がブービーとケツ
箸にも棒にも掛からぬとはこの事



サラキアはディープ×欧州配合
サリオスの半姉でも最早軽さは感じられず
近年よく見られる
ディープ晩年のパワー体力型が良かったか
しかし愛知杯もがっつり負け
今年のエプソムCもイン前有利の中
馬場的にはややしんどい所を通ってはいたが…
こういう晩年ディープやディープ×サドラー
ズブズブの重馬場では要注意でメモ
これを頭で買って当たった方は素晴らしい!

ハーツ×欧州配合のシャドウディーヴァ
この馬もサラキア同様に
イン前有利のエプソムCで外を通って惨敗
そこからクイーンCで4着
跳ね返り的にこれが精一杯かなと思い評価せず
まだ伸びしろは残してそうで
母母父Indian Ridgeを鑑みれば短縮
そしてコロナ明けでハーツ外人替わり
闘争心を注入出来そうな条件なら&特殊馬場で

サムシングジャストは読めなかった
ヴィクトワールピサの特に牝馬に関しては
上級馬であるほど決め手を活かす馬が多く
つまり道悪歓迎とまではいかないジャッジ
母父タイキシャトルも
上級馬であるほど父をストレートに出す印象
そう感じたのもあったので
道悪適性で走れたのもあるだろうが
広いコース替わりがそれを上回るほどに向いたか
自分の中では今後厄介な存在になりそう

トロワゼトワルは重い1800mでもそれなり
母父ハーツが内包してるトニービン
これが効いてるのか?
11秒台が続くスピード持続力勝負でこそか

タフ馬場だった鳴尾記念
そこで2着にまとめてたラヴズオンリーユー
しかしこの血統構成でこの馬場はさすがに重すぎ
ただこれは直感からですが
何となくこのまま萎んでいきそうな気も

シゲルピンクダイヤはまずゲート練習!

フェアリーポルカは道悪悪くないはずが…
単純にフェアリードール牝系と母父タキオンで
中山(小回り)ベストなんだろうかねえ



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



先週は土曜がダメで日曜で一気に巻き返し
当初日曜はあまり買う気がなあと思ってた所
帰宅しての日曜一発目のレース
まあ気楽に買ってみるか!で買ってみたら
まさかの単勝97倍的中
これで調子に乗ってちょこちょこ買ったら
ちょこちょこ的中
まさかの2週連続で大幅プラスに
もう今年のピークは間違いなくここな筈なんで
ポチっと買い物しちゃいましたwww
ここのブログを読んで下さってる方は
ご存知でしょうが
まずこんなことは滅多になく”稀”な現象なんでね


取り敢えずこれも調子に乗って
月曜盛岡で行われる南部杯は
間隔詰めた臨戦が◎であるバトルプラン産駒
モジアナフレイバーの単複だけ買おうかと
昨年の南部杯も際どかったですが
牝系はスピード牝系なんで
時計が出るイメージの盛岡は向く部類
ここまで間隔詰めた臨戦も珍しく
これは見た瞬間5秒で決まりました



↑先週更新した記事になります



毎日王冠


【短評】
前日不良馬場から当日稍重まで回復
相変わらず府中は乾き出すと回復が非常に早い
前半58.0に+1.3の前傾ラップは
馬場も加味すれば厳しめだった感


【血統評価】
1位 サンレイポケット(3着)
2位 サトノインプレッサ(10着)
3位 コントラチェック(7着)



サリオスの勝利で
ハーツクライ産駒は何と今年芝重賞初勝利
この馬に関しては
母方ががっつりな欧州配合でも
母父が内包してるSurumuからのSuncourt
これが効いてるのか?スピード対応も可能で
乾いていった馬場もプラスにした感
サウジアラビアRCも朝日杯もそうであったし
皐月賞も乾いてきた馬場で
速さを求められたところもあった
次走以降どこを使うにしろ
本当に重い馬場になった時に真価が問われるか

✔他が弱いからのか?馬自身成長しているのか?
ダイワキャグニーは大いに見せ場を作った
これで昨年のJC以降4走中3走重賞で3着内
この馬とは昔からうまく付き合えない印象
今年タフな馬場になりがちというのも
キンカメでもあるし大きいのかもしれない

サンレイポケットはサリオスをマークする形
しかし直線であっという間に離されてしまい
スピード能力の違いを見せつけられた感
それでも外から鞍上もしっかり追って3着確保
近親にはアドマイヤフジも居るので
日経新春杯あたりでタイミングが合えば

カデナはいい競馬も長い直線ではパンチ不足
母父フレンチで母方ボールドルーラークロス
小回りでタフなところならすぐ出番ありそうも

✔前走OP勝ち→重賞臨戦って
なんかイメージが良くない臨戦だったザダル
コーナー2回の競馬も悪くない馬だが
トーセンラー的には小回りで再びみてみたい

トーラスジェミニは馬場的に厳しい競馬
キングズベストはこれぐらい厳しい競馬や
タフな馬場は得意な部類なんで
力は良い感じで出せてる感
個人的には再度マイルやダート替わり
そんな競馬を使って欲しいが

ワンダープチュックはハーツ×Storm Cat
ここのところハーツの芝重賞馬券3着内馬は
ダンチヒorニジンスキーを母方に内包してる馬
これでほとんどが占められてる
ハーツ×Storm Catにはゴーフォザサミット
これが居るものの
最近ではややスタンダードから外れた配合感

サトノインプレッサは出遅れでそのまま
血統的に馬場は悪くなかったはずで
もう少し詰めてきても良かったと思うが…



京都大賞典


【短評】
前日重馬場から当日稍重まで回復
この日の京都は
内から何頭か分までは伸びなかった印象で
レースを使うたびにそれが顕著になり
このレースも外から来た馬で上位独占
ステイフーリッシュ
ダンビュライト
カセドラルベル
バイオスパーク
伸びない所を通ってたこの4頭
次走以降注目馬に指定しておきたいなと


【血統評価】
1位 ステイフーリッシュ(5着)
2位 キングオブコージ(3着)
3位 ミスマンマミーア(13着)



グローリーヴェイズはディープ×母父米国型
今年ディープの重賞勝ち馬は
面白いようにこの配合馬だらけ
全体的にタフな馬場で推移してる分だけ
母父からの馬力&体力の供給が効いてるのか
昨年の負けは結局何やってんなと
前走宝塚記念が余りにもタフすぎた分だけ
そことも相まってここが走りやすかったか?
国内G1獲れる力はあると思ってるだけに
次はJCに使って欲しいが果たして?

キセキの鞍上浜中さんナイス騎乗!
特にコントロールに苦しむことなく
最後方から外を通り上がっていき
外が伸びる馬場の恩恵もあったが良い伸び
当面このスタイルで行きそうな予感
ならば有馬あたりは要注意かもしれない

✔母方が欧州血統でもカナロアだけに
馬場が多少でも回復したのが良かった
そう感じたのがキングオブコージ
格上げ苦手のロードカナロアも
目黒記念でこなしたので異質な香りを持ちながら
今後格上げのG1に挑めそうな存在に
そしてロードカナロアは開幕週(替わり)が特注
今年の重賞開幕週限定ならこれで【4.2.2.8】
しかもロードカナロア×Specialというのは
中距離以上におけるカナロアニックスでもある
馬場がきれいなほうがいいであるならば
有馬もいいけど春天のほうがいいかも?

シルヴァンシャーはしぶとい競馬で4着
この馬はフィエールマンと血統構成が近い
そう思ってるだけに来年の春天までいい臨戦
これでいければ面白いかもしれない

ステイフーリッシュはしぶとい!
伸びるか?伸びないか?の境目あたりで競馬
それでも伸びないところを通ったと思われる中
しかもオールカマー少頭数スロー後でのもの
オールカマーがもうちょいきつい競馬になって
少し外目を通ってたら勝ってた!?
そう感じさせてくれる競馬に
非ノーザンステゴの京都重賞今後も要注意
しっかりと申し送りしたい

パフォーマプロミスは通った所を考えれば
同じステゴでもここでの評価は
ステイフーリッシュ>パフォーマプロミス
やっぱり鳴尾でこの馬を買ってた人が正義で
33.5倍→9.9倍は手を出し辛いタイミングだった

ダンビュライトは絶妙なペースでの逃げ
ラスト伸び難い内を通ったがよく粘った
キャサリーンパー一族は高齢でも頑張る馬も
バリバリ体力型でそんな所ならまだチャンスあり

バイオスパークはナナヨー牝系でも
あまり体力がないのだろうか?
馬自身延長がもう1つでもあるし
函館記念も押し切ってもいい位だった
そう思ってたのでここは評価下げてました
それでもここでの内容は悪くないし
短縮や使わないと思うがダート
オルフェ×ナナヨー牝系なら合いそう

カセドラルベル.タイセイトレイル
ハーツクライはサリオスは別格として
今年ほんといまいちだなあと
元々京都外はハーツ得意ではないが…
それでもカセドラルベルは通った所
これを考えれば悪くない内容だし
タイセイトレイルは鞍上チェンジしてアル共なら



サウジアラビアRC


【短評】
開幕日不良馬場での施行に
1頭だけ飛び抜けて強かったなと


【血統評価】
1位 スペシャルトーク(7着)
2位 ピンクカメハメハ(9着)
3位 ヴァーチャリティ(出走なし)



ステラヴェローチェは外から大楽勝
同じバゴでもクロノジェネシスとはちと違って
母の兄にゴスホークケンが居る分
さらに早咲きの可能性があるか!?
あとはスピード馬場での走りを見てみたい

✔キャサリーンパー牝系のインフィナイト
高レベルで体力&馬力に長けた一族
それがフィットしたのか
モーリスの力はまだ推し量れないような
母父アグネスデジタルで
Crafty ProspectorとIn Reality内包
ちょっと速いところもこなせそうだが
それが逆に中途半端な血統構成になる可能性も

カガフラッシュは力不足は否めずも
エイシンフラッシュ的にはこういう所でこそ
そう思って◎打っただけに残念ではあり…
エイシンフラッシュ産駒の芝重賞は3着が最高
こういう所で来れないとなると先行きしんどそう



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



稀に的中?3代血統で重賞予想
そんなブログ名でやってきて10数年
(凱旋門賞は外しましたが)
先週の土日で何とブログでは4/5レース的中
遂に最初で最後のピークがキター!www
もうこんなことは二度とないから
ここにも爪痕をしっかり残しておくよ~




↑先週更新した記事になります



スプリンターズステークス


【短評】
G1日ではなかなか見られない外有利な馬場に
32.8-35.5の流れでこの馬場なら
さすがに前はキツかった
道中15&16番手の馬が1.3着
これはかなりのレアケースかもしれない


【血統評価】
1位 ライトオンキュー(9着)
2位 エイティーンガール(11着)
3位 クリノガウディー(5着)



グランアレグリアは流れと通った馬場
綺麗に勝つ時はこういうのも味方するのかと
阪神Cから馬がもう1段変わった印象で
差して速い上がりを使えるようになってたし
それもここへと繋がった感
ディープ×母父米国型(タピット)は
今年重賞を勝ち切る配合なんだと再確認
その母父タピットはエーピーインディ系
坂コース特注の中でも阪神はさらに◎
今年のマイルCSは阪神ですね!

✔スタートいまいちだったダノンスマッシュ
しかしその後すぐ前へと取り付き
ラストも馬場の悪い内を避けて外に持ち出し
これは鞍上の好ジャッジ
まだまだこの路線では力上位にあるんだなと
それが来年までキープ出来るか?
ただカナロア的に格上げでこれだけやれるなら
もうこの後はG1だけ使って高松宮へGO

✔最後方からとことこ行ってラスト伸びる外へ
アウィルアウェイの好走は
ペースと馬場のヘルプもあったであろう
ジャスタウェイは一にも二にもリズム重視
極端な馬場で走るという印象
それが強いトキオリアリティー牝系でしたし
こっちが◎なら見栄えも良かったのに💦

ミスターメロディは前目の位置取りから内を
1.3着馬が後ろから最も外を通り
2着馬も馬場の良くないところを避け外へ
そう考えればこの馬の内容は濃い
ただ馬的には外を回すと良さが出ず
外に馬を置いて内を回ってこそのタイプ
そう見てたのでラスト単独の走りになったのが…
馬場の悪さとHペースで中枠を活かせず
この濃い内容を担保にして
高松宮で馬場と内を活かせる条件になれば
もちろんScat Daddyだけに
阪急杯あたりを使って詰めた臨戦なら

クリノガウディーはいい馬
最後グランアレグリアの速さに負けてるが
じわじわと伸びてはきてた
しかしスクリーンヒーロー×ディアブロなら
使える差し脚としては目一杯だったか
CBC賞と関屋記念でどうなることやら?
そう思ったがまた復調してきた
阪神のマイルCSは京都より合いそうだが
延長で前々で勝負出来れば

✔次走以降注目馬はダイメイプリンセス
馬場の悪い最内から変態的に伸びていた
キングヘイローは高齢までしぶとい
そんな馬が多いですがこの馬も7歳
残された時間は長くないでしょうが
例えば中2週でルミエールAHとかなら買おう!

ライトオンキューは父Shamardal
それと馬自身も加味すれば
この時計ならチャンスはあったはずだが…
Shamardalが平坦>急坂という面もあるが
前半でスピードに乗ってしまうと
ラストの脚に響く馬なのかなと
それは馬柱からも推察出来るのでねえ…

モズスーパーフレアは馬場に泣かされた
それでもガタっとまでは負けてなく力はある
血統的には速いところで走らせてやりたい
近走馬場的にも不運なのが続いてるし

エイティーンガールはラスト一瞬追えず
馬場的にはお誂え向きと思ったが…
基本的に内前有利の速い馬場
これにはやはり向いてなさそう
急坂.洋芝得意でパワー有る母父タキオンだし
今後も出し入れがポイント

ダイアトニックはさあこれから!
そんなラストでライトオンキューが前に
立て直して再びというところで止めちゃったか?
この馬自身高松宮記念勝ち馬(?)
ですが…牝系的にそこまで底力は感じられず
前走で崩れたリズムを短期間で取り戻すのは
難しかったのかもしれない
とにかく休ませて格下げ戦から再起して欲しい
カナロアの中でも格上げをこなす異質な馬
それだけに尚更



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



この土日は日曜前半で巻き返すも結果はマイナス
10月からは色々と絞られるので
馬券もほどほどに生活していかねばならぬ~




↑先週更新した記事になります



神戸新聞杯


【短評】
割としっかりとした流れになって
勝ったコントレイルでも上がり35秒台
着差以上に強い内容


【血統評価】
1位 コントレイル(1着)
2位 マンオブスピリット(9着)
3位 アイアンバローズ(8着)


コントレイルはしっかり馬込みの中へ
それでも脚が速いのがウリなんで全く問題なし
血統字面も速さが特徴
菊花賞が昨年のように重くなれば…とも考えるも
ホープフルSが重かったところで楽勝
これが担保としてあるだけになかなか逆らえない
ただ血統字面に徐々に近づくとすれば
やはり重いよりは軽いほうがとも思える
ホープフルSのパフォーマンスは
全6走の中では低い部類であろうし
重箱の隅を突くならそれぐらいか?
まあ素直に無敗の3冠馬が見たいのも事実

✔馬場が悪いところを通った皐月賞
それ以外は全て馬券圏内のヴェルトライゼンデ
世代の中ではこれでもう上位で良さそう
昨年ホープフルS時に「来年の有馬で買う」
そう宣言しただけに菊2.3着でまとめて有馬で
母マンデラなら中山◎のはず
タフでも少々速くても
馬場と血統的に京都なら対応出来そうなんで
菊の残りの席はこれであと1つか?

✔このルーラーでしたか!のロバートソンキー
もう1頭高評価したルーラーの脚の遅い事…
こちらは東京マイルで好時計と速い上がりがあり
母父サンデーでコントレイルの速さに合ったか

ディープボンドは体力あるなあと
コントレイルが居ないレースで
体力が求められれば京都新聞杯の再現も今後あり
ちなみにキズナが1800m以上で3着内だった重賞
ここでディープ産駒の連対はなく3着が最高
体力は同じディープでもキズナ>ディープか
キズナとディープは並び立ちにくい
これはしばらく覚えておこうかなと

マンオブスピリットは脚が遅い!
エンジンの掛かりがとにかく遅い!



オールカマー


【短評】
前半かなり緩く流れてからの残り持続力勝負
外が伸びやすい馬場になったのも
センテリュオが最後差し切った要因かと


【血統評価】
1位 ミッキースワロー(5着)
2位 クレッシェンドラヴ(4着)
3位 ジェネラーレウーノ(7着)


✔勝ったのがセンテリュオ
ディープ2020
いや~これじゃねえか!!
今年のディープの重賞勝ち馬を見ても
母父ミスプロ系を中心に米国型がほとんど
全体的に今年は通年タフな馬場で推移してる中
ディープに関してはまず米国のパワーというのが
例年より効き目をもたらしやすそうではあり
センテリュオは母父エンドスウィープ
ミスプロ系で米国型でしたね
予想にも書きましたが
クラフテイワイフ一族でスピード持続力&京都○
そんなイメージでエリ女◎打って悶絶したものの
強烈な違和感を感じたのが前走
当時の阪神はタフな馬場でしたからね
年齢を重ねても良さが出る馬が多い
クラフテイワイフ一族なら今本質が出て来たか?
この結果はそんな感じにも思える
今年のエリ女は阪神2200mであるので
これは大チャンスかもしれない
母方エンドスウィープ×NTだし
宝塚◎グローリーヴェイズの借りを
この馬で返すというシナリオがあっていいかも

カレンブーケドール
ほんと馬場&相手&休み明け不問
Scat Daddyなら間隔詰めて使ったほうがとも
ならば秋天ならチャンスあるのか

ステイフーリッシュは実にしぶとい
自分の実力は常にしっかり出すなあと
次どこかなあ?
またG1使った後の格下げでというとこか

✔血統と外伸び馬場も相まって
クレッシェンドラヴはレース前3着は堅い!
そう思って眺めてましたが
ステイフーリッシュを交わせず
結果的にはセンテリュオの競馬で良かった!?
それでも内田の割には🙇いい騎乗だったと思う

ミッキースワロー
懸念通りタフ馬場も良くなかった印象
センテリュオと同じクラフティワイフ一族でも
こちらは父方でセンテリュオは母方
次走以降も馬場の出し入れをこの馬は意識

✔この緩い流れの逃げはダメなのよねえ
今回は休み明けでソロっとというのもあったか
スタートから持続的な流れでこそであろうし
そういった意味でジェネラーレウーノの次
これは今後を占うのではないかなと



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ