稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

カテゴリ: 20年競馬予想



本日は阪神ジュベナイルフィリーズとカペラS
このレースを中心に予想
さらに香港国際競争も予想しました



中山11Rカペラステークス
◎ジャスティン
○テーオージーニアス
▲ダンシングプリンス
△4.6.10.15


これは想いを貫くということだけで…
【オルフェはカペラSで好走馬を出す!】
確か!?どこかで言ったことを覚えてるので
短距離ダートでスイッチが入る馬が多々
ジャスティンもまさにそうである
オルフェだけに1度凡走=ぷっつんのきっかけ
これはありますが
母父Gone Westは人気で当てにならない
逆に人気落ちで反応を見せる血
ならば前走よりここでしょうし
これまでダート変更後
2度続けて凡走したことはないので
そっちに賭けてみたい


末堅実でダンシングプリンスのペース
これに嵌りそうなテーオージーニアス


ダンシングプリンスは祖母サワヤカプリンセス
ならデュランダルと近親
底知れなさはここから来てるのか
パドトロワですし芝でも面白そうですがね


前走めっちゃ強かったサブノジュニア
サウスヴィグラスですしここでも
そう思いつつ59㎏が気になったので押さえまで


末が使えるデュープロセス
ダイワメジャーならブルドッグボスが居るし
母方は欧州配合で厳しい流れでズドン
これがあってもいいかなと


ダートでもカナロアの格上げ戦は様子見
そうしたいなと考えてる中
ジョーカナチャンはダート替わりでも同格戦
母父ネオユニで自身も近親も
ダート替わりやダート短距離の反応がいい


シュウジは休み前ずっとこの条件で堅実


◎単.◎ー○▲馬連
◎ー○△△△△ワイド



ここからは香港国際競争の予想を追記


海外競馬はシンプルに
過去の傾向に寄せるといいことが多々!?
そんなところもあるので忠実に
勝負は香港スプリントで👍


【香港スプリント】
◎コンピューターパッチ
○ホットキングプローン
▲クラシックレジェンド

スプリントはとにかく”ダンチヒ”
あとはリピート率が高し
ぱっと見日本馬怪しくないか!?

コンピューターパッチ
父イクシードアンドエクセルがダンチヒ系
連覇したミスタースタニングと同じ父
オール1番人気の近5走連続着をまとめながら
ここ人気急落なら舐められたダンチヒ発動
有力馬の中では3走前に1000mを使われており
スピード活性がなされてるのも好感

ホットキングプローンは昨年当レース2着
母母父ヘロド系の相性もいい

クラシックレジェンド
父ノットアシングルダウトがダンチヒ系
昨年3着馬エセロの半兄でここに適性あるか


【香港マイル】
◎ゴールデンシックスティ
○アドマイヤマーズ

マイルもノーザンノーザンというより
日本の高速決着で走る血
Encosta de Lago.Miswaki.Machiavellian
そしてスピード持続力のナスルーラ
そんな血を持つ馬が活躍傾向

なんですが…これは見るレースか!?

ゴールデンシックスティって
そこまで日本の高速決着で走る血
これを持ってるわけではなく
ナスルーラの血が濃いわけでもない
むしろダマスカスとフォーティナイナー
この血が強調されていて
パッと見パワー体力に感じる血統
なのに速い時計でガンガン走れる馬
よっぽどシャティンが合ってると思われ
ここはその強さを見物したい

アドマイヤマーズ
昨年◎にしていい思いをしました(^^)
母父Mediceanこの父がMachiavellian
そして母母父がシングスピールで
これまた高速決着に強いGlorious Song内包
MachiavellianにGlorious Songなんで
一昨年初マイルG1で2着に対応したヴィブロス
これと母方は似てる血統構成
14年勝ち馬エイブルフレンド
同馬も父がMachiavellianとGlorious Song持ち
前走見るとまだまだ強いですし
ムーアに乗り替わって
一騎打ちへの楽しみはある


【香港カップ】
◎マジカル
○ウインブライト
▲ノームコア

ノーザンノーザンが主流の中
カップに関してはターントゥやキングマンボ
いわゆる日本的な血の活躍が目立ってます

マジカルはノーザン配合で父ガリレオも
ミスワキ.ピヴォタル.コジーン.Indian Ridge
日本で速さに対応してる血が
血統表の中にふんだんに入ってる
今年日本馬がやや心許ないのもあるし
普通にこの馬強いと思うので

ウインブライトはひょっとして下降線?
でも同じようにこう決め付けた
先週のゴールドドリームが走ったし
こんな素人の決め付けほど当てにならんw
適性はメンバー1は間違いないので

ノームコアは短縮ハービンジャーは好感
これまでの日本馬の好走馬と比べると
ややノーザンクロスが薄いかとみるが
ここは買っておきたい



《本日のサクッと予想》


阪神1R
◎ゴッドオブロンドン

芝→ダート替わり
現状短縮得意なオールフォーロンドン一族
それにオルフェならここはスイッチON
それがあっていい場面
全兄もダ替わり圧勝実績あるし
母もダート実績あり
前走マイルでそれなりの位置
そして内容だったのもいいかと

◎単.(あとは思案中)


阪神3R
◎トーカイキング

近2走の内容をかなり評価
2走前は菊花賞の日
4角手応え抜群で外に持ち出そうとするも
壁になり持ち出せず
結局進路を内に切り替えるも
さらにもう1回一瞬追えないところあって
当時伸びない内を通るという勿体ない競馬
前走はそこから前傾ラップにペースUP
位置も上げておりかなりきつかった局面と想像
そこで内からしぶとく食い下がっていた
頑張った後で反動は気になりますが
Vピサ×母ポポチャンなら
阪神1400mと外よりは中~内枠がベストと思え
前走に引き続いて諦めず狙ってみたい

◎単複.(あとは思案中)


中山4R
◎マイネルキュリアス

前2走の逃げを見る限り
促して出していくと押さえが効かない系
グラスワンダー×ネオユニなら
東京より中山のほうが合うんじゃないかと
そんな2走前はやや厳しめの逃げ
当時の東京は内馬場が相当悪そうで
ラスト思い切りそこを通ってましたが
1800mまでなら際どく1着だった内容
中山替わりでうまく逃げられれば

◎単複


中京11R飛騨S
◎アプルーヴァル

この条件=中京芝1400m
これが自身もそうだが恐ろしいほど合う
それがオルフェーヴル産駒
しっかりクラス慣れもしてきてからの
得意条件替わり
バレークイーン牝系は
先週のこうやまき賞コウソクカレン
この馬も最低人気で際どく4着だったように
9月にもアリストテレス.フランツ
現状とにかく中京で走ってるのが特徴

◎単.(あとは思案中)



以下、阪神JFの予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む



本日は中日新聞杯
このレースを中心に予想



中京11R中日新聞杯
◎ボッケリーニ
○マイネルサーパス
▲ヴェロックス
△サトノソルタス
△レッドヴェイロン
×サトノガーネット


ボッケリーニはラブリーデイの全弟
近親はアロマティコ.アルバート
もごもごしながらも上昇していくという血筋
ならば初重賞のここでどうか
ロベルト持ちが好相性のレースで
遠いながら母母母父がリアルシャダイ
血筋の話に戻りますが
このシヤダイチヤツター一族は2000m重賞特注


マイネルサーパス
父アイルハヴアナザーがロベルト内包
時計はそれなりに出るんだけど
そこは冬の馬場なんで
ロベルトのパワー的要素が活きやすいのか
母父タマモクロスは平坦向きな面はあるが…
全く人気なさそうだけに


ぷっつんしやすいジャスタウェイ産駒
そんなヴェロックスが久々に登場
当然どっちに出るか??になるが
父が内包してるリファール
母父が内包してるSuncourt
このレースと合う血は携えてるだけに
間隔開けてるならここはいい方に評価


サトノソルタスは格下げディープ
そんな強くなさそうだし
相手弱化なら黙って押さえ


レッドヴェイロン…これも強くない
がっかりな競馬が続いてるが
母方にリファールとSuncourt持ち
そして◎と同じ父
左回り替わりで変わりませんか


サトノガーネットは昨年の勝ち馬
母方にロベルト.リファール
格下げで押さえておく


◎単.(あとは思案中)



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む



開催替わりだった12月の1週目は厳しかった…
まあいい時もあれば悪い時もある!
前向きに!!



↑先週更新した記事になります



チャンピオンズカップ


【短評】
終わってみれば昨年当レースの1-4着馬
これが順番こそ変われどスライド
格を持つ実績馬が
上がり馬や芝実績馬を蹴散らしたという印象



✔昨年の当レースは勿体ない競馬
今年のチュウワウィザード
きっちりと差し切って圧勝
(予想内で書きましたが)
母父がサンデー系
ノーザンダンサーインブリード持ち
能力高くいい部類であったし
差してのこの結果も特に驚きはしなかった
近親にルヴァンスレーヴ
捻くれオヤジじゃなくもっと素直になりたい
(なんだかMAXの♬一緒に♬みたいやん)

✔まだやれるのかゴールドドリーム
これは素直に恐れ入りました
父がサンデー系ノーザンインブリード持ち
血統&適性は合ってたでしょうが
勝手に能力下降線と決め付けてしまった

✔まだやれるのかインティ
厳しいペースだったと思いますが
前行って粘らせた豊さんはお見事で
これも素直に恐れ入りました
米国血統馬は前なら残れる←教材に

✔これは私的な血統論ですが…クリソベリル
近親にマリアライト.アロンダイト
G1ではいわゆる”挑戦者”的な挑み
そのほうが体力的優位さを活かせる一族か?
圧倒的人気で相手に合わせると思わぬことが…
予想ではそう書きましたがまさかねえ
あと色んな所で拝見した
初めてと言っていい間隔詰めたローテ
これもラストに多少なり影響があったのか?
次週への血統的いい教材になったということで

✔ラストの脚強烈やったモズアスコット
十分走れる状態だったのでしょう
Frankel×Storm Catはダートニックス
この内容ならフェブラリーS連覇もありそうな

✔揉まれることなくうまくルメールが外へと誘導
ただかなり外を回ったカフェファラオ
最後じわじわと伸びてはいたので
悲観すべき内容ではなかった
ただこのレースで
米国ごりごり血統が差して結果をというのは
レース適性に合わないのかなと
となればフェブラリーSや地方のほうが
まだ3歳これからの馬でしょう

エアスピネルはよく伸びてきてるけど
ワンパンチ足らず
キンカメ×サンデー×NT
血統的にもまとまってる印象で
これ以上の跳ねは望めないか
状態は戻ってきてるので
再度芝で!特に短いところで見てみたいが

タイムフライヤーは弾けなかったねえ
じりじりとしか伸びなかった
牝系の一族から遅咲きの面はあるはずなんで
まだ来年どこかでとは思いつつ

アルクトスはスピード寄りなのかやはり
血統的に1800mでもいけそう
これは心の中にしまっておこう

エアアルマス
クリンチャー
アナザートゥルース
このあたりは全く歯が立たずに終わった
フェブラリーSでも
ケイティブレイブにインカンテーション
古豪と呼ばれる馬が穴を近年開けてるし
好走するには地方交流なども絡めながら
経験値が必要なのと
一気に行くならそれ相応のリズムが欲しい
そう感じさせられたレースでした



チャレンジCは人気通りの決着
レイパパレはスタート後行きたがってましたが
結局完勝で5連勝
ロードクエストは鞍上が辛抱させられず…
あれならいっそのこと捲りきってもなあと
どちらにせよ掲示板が目一杯だったでしょうが



ステイヤーズSは縦長のドスロー
これではさすがに後ろからは厳しかった
オルフェのワンツー決着
重めの馬場と函.札.福.小の2600m
いわゆるコーナーぐるぐる何回も回るコース
ここへの適性は産駒全体的に高め
共に追い風になった感
オセアグレイトは
坂コース特注のDoff the Derby牝系
これに◎打てなかったのが
終わってみたら血統的に大反省でございました



あとは…


開幕替わりの中京
開幕替わりで馬場が回復した日曜の中山
そこでロードカナロア産駒が目立ったり
他も色々と悔しいこともありましたが
再度精査し直して
まだ今後へと繋げなきゃいけませんね


当面の課題としては
重賞ではいかにシンプルに◎を打てるか!
そう!こねくり回すことなくね(笑)



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;








本日はチャンピオンズカップ
このレースを中心に予想



中京11Rチャンピオンズカップ
◎タイムフライヤー
○クリソベリル


冬らしいからかどうなのか?
ここまで全て良馬場施行なのがこのレース
今回ある程度狙いは絞りたいなと
それは大本命馬クリソベリル
昨年こそ内前決着で決まりましたが
今年は抜けた存在になった分
圧力が前に掛かるほうに賭けたい
つまり…
ウェスタールンド
ゴールドドリーム(17年)
サウンドトゥルー
サンビスタ
ノンコノユメ
差し馬が台頭するほうに!ですね


↑で挙げた馬は(ノンコノユメ以外)
ノーザンダンサーのインブリード持ち
加えて父か母父サンデー系
米国志向が薄めの馬でありました
米国の重戦車的なごりごりパワー血統よりは
少し芝要素もあって
ノーザンのインブリードで馬力を高めてる
そんな血統構成馬を最も狙ってみたいなと
(ノンコノユメも母父サンデーで
母母父リファールでノーザンダンサー系
近親にハーツクライがいる血筋でした)



タイムフライヤーはそのハーツクライ産駒
ノーザンダンサー5×5のインブリード持ち
近親にタイムパラドックス.サクラローレル
タイムパラドックスのJCダート勝ちは6歳
サクラローレルの有馬勝ちは5歳
その翌年伝説の3強春天2着が6歳
2歳時はポンポンと走って
あっという間に芝G1馬になりましたが
2走前ウェスタールンドをちぎったエルムS
これがなかなか圧巻でした
ハーツでもあるし本来父からのピークと
牝系からのピーク(遅咲き)
ここでうまく血統が噛み合うような気しかしない
前走は1番人気に応えられずも
短縮前傾の厳しめのラップを人気馬らしく
ある程度の位置で競馬した分
伸び切れなかったのもあるのではないかと
1.2.4着は速い上がりを使った
この馬より後ろの馬で決着してますし
この内容も騎手も込みで
ウェスタールンドと同じ匂いがしますしね
そして何より評価出来るのがフェブラリーS
いや~この馬ですよ!この馬!強かった!!
前走よりペースUPを短縮で差し→前受け
どう考えても厳しい局面だった中での5着
これは今後非常に楽しみになったと思います
今年のチャンピオンズC
そこにいい過程で挑めるようならば
こうフェブラリーS後の回顧で書きましたが
まさに過程もよく
フェブラリーSの内容がしっかり担保されており
じっくり乗れば一発あっていい!
っていうかこの馬しか考えられません!!


クリソベリルは特に文句はなし
単純な米国血統ではなく
キャサリーンパー牝系で体力も十分
敢えて一つだけケチをつけるなら
マリアライト.アロンダイト
近親的にいわゆる”挑戦者”的な挑み
G1ではそのほうが体力的優位さを活かせるか?
外に入りましたし強いのは十分承知も
圧倒的人気で相手に合わせると思わぬことが…
それがタイムフライヤーであればなと
昨年は2番人気でインでしたしね


今回は2頭しか印は打ちません!
あとの馬は良い馬もいまいちな馬も居ますが
そこは少しずつ触れておきます


カフェファラオ
American Pharoah産駒で米国軸の血統構成
揉まれ弱さがあるAmerican Pharoah
中枠でルメールがうまく捌いたとしても…
外枠から押し切ったユニコーンS
その後のJDDが内替わりでがっつり負け
この内容がどうしても強いと思えず
シチュエーション的にも
今回外枠から差したシリウスS後の中枠はデジャヴ感


ゴールドドリーム
ここへの適性&血統は合ってるものの
ちょっとピークは過ぎたか
緩やかに下降線でこの人気なら妙味薄


クリンチャー
父がサンデー系ディープスカイ
母父BTは◎タイムフライヤーと同じ
ノーザンダンサー5×4インブリード持ち
いいと思います


チュウワウィザード
母父がサンデー系
ノーザンダンサーインブリード持ち
能力高くいい部類でしょう
ただ母父デュランダルは
ダートはそこまでではないものの
芝は平坦>急坂傾向があって
同馬のパフォーマンス的にも
ここまでその傾向に沿ってるような気がして


サンライズノヴァ
父サンデー系にノーザンインブリード持ち
血統構成的にはいい部類も
適性的にコーナー4回がどうなのかでしょうね


インティ
米国ごりごりの血統構成
昨年3着時よりもリズムが悪く見えて…


エアアルマス
Angelic Song牝系でコーナー4回はベスト
東海Sはその前武蔵野Sをうまくフリに使えた感
(コーナー2回から4回替わり)
米国ごりごりの血統構成でどこまで


アルクトス
スピード優勢の馬ではあるが
アドマイヤオーラにシンボリクリスエス
1800mが全くダメとは思わないんですよねえ
同じアドマイヤオーラで名馬の可能性を秘めてた
クロスクリーガーと血統構成は近くて
ゆったり先行でクリソベリルの圧を逃れられれば
血統的には面白い存在


モズアスコット
サンデーの血は持ってないが元々芝馬
ノーザンインブリード持ちで
欧と米のバランス配合
Frankel×Storm Catはダートニックス
Frankelで馬券になったのは同馬含め5頭
その内同馬含めた4頭がマイル以下のみの実績
つまり200m延長は少しカギになりそう


アナザートゥルース
サウンドトゥルーの半弟も
ノーザンインブリードの強調度は薄い
アイルハヴアナザーのパワーが出たタイプか


エアスピネル
母父サンデーとノーザンインブリード持ち
全然あっていいとは思うが
タイムフライヤーよりパンチ不足と判断


ヨシオ
米国ごりごりの血統構成


メイショウワザシ
前走は厳しいペースで逃げも内容○
アイルハヴアナザー的にも内→外替わり
次の格下げでこれも合わさればそこで


サトノティターン
サンデーを持たない米国色が強い血統構成



ひょっとしたらこの中から何頭か組み込んで
馬券を構成する可能性ありますが
基本は◎単複.◎○馬連



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;







続きを読む

↑このページのトップヘ