ずっと西宮しかも今津という下町で育った人間
今津というのは甲子園と西宮北口の間ぐらい
その甲子園は言わずと知れた阪神の本拠地
そして西宮北口にはその昔西宮球場が
そこは阪急ブレーブスの本拠地だったんです
自分が住んでたところの程近くに
プロ野球球団が2つもあったなんて奇跡に近い
贔屓チームは阪神ではありますが
阪急の試合も子供の頃よく観に行った記憶が
阪急→オリックス→近鉄&オリックス
そんな変遷を経て今に至ります
イチローの時代を経てから低迷期に突入
某贔屓チームも含めて
関西で日本シリーズなんでまたのまた夢
そう思ってましたw
それが今回オリックスが優勝し
しかも日本シリーズを神戸でやる!
これはイレギュラーでもう2度とないかもしれない
そう思うと自然とチケットを申し込んでいた
そのチケットに何と当選!(勿論正規ですよw)
それが今日の第6戦になります
日本シリーズ自体初観戦
神戸と言っても街中ではなく
山を切り開いて作られたところで
それはもうめちゃくちゃ寒いんですよねえ
まあ野球好きとして楽しんできます!!




阪神11RラジオNIKKEI杯京都2歳S
◎シホノスペランツァ
○ディープレイヤー
▲フィデル

◎○単.◎ー○▲ワイド


先週日曜MCSでグランアレグリアが引退レース
見事に飾った阪神の芝
それまでの開催よりグッと時計が速くなり
外差しの傾向が顕著に
そこからの本日土曜日になって
非常に読み辛いものがありますが…
阪神2000mになるんで内回りでラストに急坂
馬場やペースでもちろん違ってきますが
基本的にコース形態的には上がりが掛かりやすい
これを踏まえて2歳世代の限定戦ならば
これまで盛んに述べてるように
今後というか現時点で既に重要になってきてる
Robertoの血を重視してみたいなと



シホノスペランツァ
母父シンボリクリスエスがRoberto
そして父ブラックタイドですから
この舞台設定はかなりいいであろうかと
マイネルフロスト
サイモンラムセス
プランスペスカ
ブラックタイド×母父Robertoのこの3頭
小回り重賞での実績馬たち
ブラックタイド産駒自体
早目に走ってくる馬もこれまで多いので
ここは余計に期待したくなる
↑で挙げたプランスペスカは16年鳴尾記念3着
この時1着だったのがサトノノブレス
サトノノブレスは母メジロスプレンダーの半弟
従ってシホノスペランツァとは近親関係に
血統的にはサトノノブレスとプランスペスカ
これを足して2で割ったような構成
その鳴尾記念はレコード決着でしたが
サトノノブレスもディープ産駒でありながら
上がりが掛かるほうが得意であった
前走も阪神2000mでしたが
ここへの適性がかなりあるんじゃないか
そう想像したくなる血統馬です



ディープレイヤー
新種牡馬ディーマジェスティ産駒
RobertoとSadler's Wells内包しており
まさに現代における重要な血を携えたお父さん
坂コース得意なDoff the Derby牝系でもあり
血統能力的にもっと種付け出来れば
大物が期待出来るのでは?
成績的にも父っぽい挙動でここまで来てますし
D2系(ディープ第2世代)種牡馬は
阪神重賞なら断然外回り<<内回り
エリ女もファンタジーもD2系決着でしたね
母方は地味ですが
母父トウカイテイオーは若い頃ポンと重賞即通用
そんな馬も居るのでここ面白いかもしれない



フィデル
ハーツ×母父米国型のBernstein
母母父がエーピーインディのPulpitならば
母方の支えは阪神2000m向き

今やハーツ(特に×ノーザン)は早期完成型が多々
先週東スポ杯でもこの組み合わせを本命に
(レッドベルアームで5着でしたが)
あれ?今2歳世代は上ではもう一つか?
その懸念と血統的に評価したい2頭が居たので
3番手で押さえ評価にとどめました



トゥデイイズザデイ
母父Kitten's JoyがSadler's Wells×Roberto
母母父War Chantはダノンスマッシュの母の兄
その奥がSilver Deputy
機動力とパワーの支えがあってディープ産駒
先週のような馬場なら評価しないといけないし
Roberto持ちなら悪くないですよね
しかしディープと母父Kitten's Joyの父El Prado
このディープとEl Pradoの相性って
上のクラスでは?マーク
昇級戦でペースUPで苦しむケースを見てきた
(例.ルヴォルグの東スポ杯)
ここは超超スロー後の一戦だけに…




阪神2R
◎ワンダークレイモア

デビュー戦ではなかなか前向きなスピードを
母方からは溢れる芝血統ですが
ザファクター的に短縮&道悪
これは合うと思い前走も◎にしましたが6着
そのザファクターですが
ここまで阪神ダートが意外と合ってる
短縮&道悪と決め込んでましたが
パワーのいるところでスピードがあるなら
過去2走上がりでやられてた分
ここはそのまま押し切りに期待して再度アタック
単.(相手塾考中)




東京12R
◎グレイトオーサー

9月中山野芝でよく走るノヴェリスト
そのノヴェリストは秋の東京特に11月も走る
ドイツ血統の割には全体的に東京得意ですが
11月は例年JCへ向けて馬場が速くなりがち
そんなところへフィットし易い側面も
2走前中山野芝2着から稍重馬場で凡走
基本ノヴェリストはタフ馬場不得意傾向
同馬もそんな感じですし元来交互質っぽいので
ここはその出し入れで可能性ありそうか
ましてディアデラ牝系であるなら
スピード持続という支えも見込まれるので
先週土曜最終のノヴェリスト2頭の走りからしても
十分チャンスありとみました
(7Rゼンダンピューマも注目)
単.(あとは塾考)




以上であります!