今週は菊花賞WEEK
皐月賞馬は天皇賞秋へ
ダービー馬はジャパンカップへ
頭数は揃いそうですが”質”という意味で
昨年と比較すれば盛り上がりには欠けますかね
その菊花賞は賞金上位馬が1頭回避するようで
そうなれば1/5抽選で1頭出れるようです
ここに面白そうな馬が居たりするかも!?




さて今回はなかなかうまくいかないw
新種牡馬をまとめてみたシリーズ~第4弾
これまで3種牡馬について取り上げました



細かい数字や細かい血統解説
これに関しては有名なところにお任せして
あくまで軽~くというのがコンセプト
そして今回はイスラボニータ産駒をフィーチャー




ここまで5頭が勝ち上がっており
新潟未勝利をレコード勝ちし
次走アスター賞も勝ち連勝中のプルパレイがエース
この”未勝利レコード勝ち”
当時は高校野球に夢中で競馬は疎かに笑
しかしこれが気になったので
それから色々見ていくと明らかに
それは現状
新馬⇒未勝利が黄金ローテであるということ



新馬【2.2.5.23】
未勝利【3.6.3.16】



この数字だけ並べてもなるほどなと
未勝利戦だけを狙い撃つというのも手でしょうが
さらに味付けを加えてみましょう
ということで
新馬⇒未勝利のローテだと【2.5.2.9】
しっかり半分の馬は馬券に絡んでます
その馬券になった9頭中4頭が4番人気以下
パターン的に使えるのは1回のみ
自分はベタ買いというのは一切しませんが
色々見極めた上で評価の上げ下げをしてる現状



そしてここから先を想像?妄想?出来るのも血統
このローテがいいということは…


叩き2戦目での上昇←死語
休み明けがどうなんだ


クラス慣れが必要
格上げ初戦はどうなんだ


等々…
あくまで現状がこうであるというだけで
当然その先はどうなるかは分かりませんし
変化してくることも予想出来ます
でもこの黄金ローテをどう捉えて想像して先を見る
こういうのも血統の楽しさではないかなと




あと目立つのは根幹>非根幹
1200.1600>1400.1800という数字が出てます
これに関してはそこまで自分は気にしてないので
気にされる方はどうぞ~という感じ



最後に道悪でしょうか
稍重【0.2.1.3】
重【1.1.2.2】
イスラボニータ自体道悪の富士S2着がありますが
重めの馬場を現役時代苦手にしてた印象
それなのに産駒は今のところ「おお!」という走り
これはイスラボニータの母父であるCozzene
この血の影響力が中に入って高くなった
そう考えるのもありかなあと
というのも「開幕週はCozzene」
その昔自分が血統をかじり出した時にこんな格言が
そこからアドマイヤコジーンという馬が出て
復活Vを飾った東京新聞杯が不良馬場
そしてそれを父に持つ
アストンマーチャン.スノードラゴンへと繋がり
いつしか「特殊馬場はCozzene持ちが面白い」
そんな考えへと行きつきました
なんだか昔話が長くなっちゃいましたが…
これだけ道悪に対しての初期挙動が良いのは
きっとCozzeneだからやと思ってるわけです




パーカッション
トゥードジボン
バトルクライ
ロータスペトル

新馬でそこそこの競馬や人気だったイスラ産駒
次は新馬⇒未勝利の黄金ローテになりますが
これら次は全て間隔開けた臨戦に
そこで飛び付くかどうか!?
それをする前にまずはしっかりと見極めたいかなと



タイニープライド
アメトリーチェ

逆にこの2頭なんかは在厩してるようなので
未勝利に使ってくれば黄金ローテになり注目




以上であります!