昨日の紫苑ステークス
今週の3重賞の中では一番しっくりくる予想
メイサウザンアワー◎は手応えあったものの6着
これは純粋に力負けだったかという印象
このレースはもう少し予想の後で書き記すとして


今日の2重賞はどちらかと言えば
セントウルS>京成杯AHという力の入る並び
それでも昨日よりは見劣る感じなので
セントウルSのみ買ってあとは様子見で


テーマは「開幕週のロードカナロア産駒」
ここはぶれずに貫いてみたいですね
とにかく開幕したての綺麗な馬場
この条件での重賞は走りますから




中京11Rセントウルステークス
◎カレンモエ
△ジャンダルム
△タイセイビジョン

◎単.◎ー△△ワイド(△△ワイド)


中京1200のコース形態はスタート後少し上るが
あとは下り基調そして最後に急坂
前半から惰性でスピードに乗れるコース
そんな部類になってくると思われるので
今年の葵Sのように米国(ミスプロ)血統重視
ミスプロ=米国らしく
前半からガンガンいってスピード出してなんぼ
そういう面が血統的に影響してると推察中


しかし3歳春時点ではこれで乗り切れても
古馬になると急坂という観点からいえば
ノーザンダンサーが前面に出た馬
馬力や体力のアドバンテージが有効になってくる
中京1200はそういう考え方でいこうかなと
特にG1ではない局面ではね



カレンモエ
開幕週のロードカナロア産駒でありミスプロ
母父が米国ノーザンのクロフネで支えられと
まあここで嫌う要素は皆無であります
開幕週にはならないものの
次の中山も同等評価で他馬次第



ジャンダルム
父Kitten's Joyがノーザンダンサー系
サドラーズウェルズの血でありながら
アメリカンな血も入っているという父
前走は下り基調の小倉1200で先行ミスプロ独占
そこで休み明けスタートもう一つ
差し込んでくるも届かずは逆にここへ向けて布石
一度使われ熱された後で今度は急坂に変わる
これは前進しかないであろうかと



タイセイビジョン
父タートルボウルがノーザンダンサー系
欧州色が強いですが
ノーザンダンサーが前に出てれば
このコースはいいという考えの基なので評価
前走は下り基調の小倉1200で超高速決着
そこで最後捌き切れずとはいえ見せ場あった
この馬も急坂替わりで評価したい



短縮が良さそうなシャインガーネット
次の中山より嫌う要素は少ないレシステンシア
覚醒感あるクリノガウディー
ノーザンが効いてるモーリス2頭


これらも気になりましたが
ここは買いたいと思った3頭にグッと絞って




中山11R京成杯オータムハンデ
◎ステルヴィオ

◎単複


開幕した中山は時計はある程度出てるが
見た目軽くもなく重くもなくといった感じ


ここのポイントは人気のグレナディアガーズ
時計勝負にも強いし枠も良い
あまり嫌う要素はない中で
能力的に朝日杯がピークだったとすれば
徐々に下がってきてからの休み明けFrankel
母方もHarlington×Silver Deputyなら
早咲きで伸びしろ疑問視という見方も出来る


それよりも重視したいのは
この馬のレースでどんな馬が馬券になってるか
サドラーズウェルズ.ヌレイエフ
父Frankelと同ラインの血を持つ馬
これが馬券になっており4.5着で際どかった馬もそう
つまりこの馬が走るか?走らないか?よりも
この馬が作り出すレースでは
そういう血が走りやすくなるのではないかと



ステルヴィオ
開幕週のロードカナロア産駒
しかも母父ファルブラヴ
その父Fairy Kingがサドラーズウェルズの全弟
これまで開幕週重賞は2.2.3着
これらは充実期のものではありますし
昨年開幕週重賞阪急杯は0.2差5着
もちろん能力は下降線かもしれませんが
昨年スワンSも2着に走っており
リフレッシュ後の開幕週
狙うなら最後になるという思いで



グランデマーレもロードカナロア産駒
最初はこれを考えてましたが
精神衛生上から言って………
母方の奥は欧州色が強いですが
見えてる部分はネオユニ×クロフネ
もっとツルツルの高速馬場のほうがとも



人気のカラテ.バスラットレオン
これらも特に評価を下げることもないので
この2頭へワイドを付けるのも考えましたが
もし買うなら単複でというジャッジ




~紫苑ステークス振り返り~


ファインルージュはキズナ×ニジンスキー内包馬
クリスタルブラック
アブレイズ
マルターズディオサ
中山1800以上のキズナ重賞勝ち馬は全てこの配合に
よっぽどサポートとして合うとしか思えない
ディープボンドもこれに合致
春天終了後有馬はこれ!と決めてましたが
フォワ賞→凱旋門賞なのかと…
先に述べたカナロアの開幕週も含めて
血統はやはり繰り返すのであるなと


スルーセブンシーズは直線勿体ない競馬
今年の秋華賞は阪神2000m
4角コーナリング後の加速に長けた馬で
ドリジャ×クロフネなら
形態的に京都→阪神の今年は面白そう
まして道悪になればこの配合でもあり尚更


ミスフィガロはびっくりしました
好走後に調べたらディープ×キンカメは内枠○
脚を矯めやすいのがいいのか?
集中して走りやすくなるのか?
このあたり妄想しかないですし
気付くのも遅いし仮に気付いててもですが…
ましてこの配合馬も減ってるし
そのうち居なくなる
それでもあと一発位あっていいので
覚えておいて損はないでしょう




以上であります!