昨日の2歳Sはシルバーステート産駒
これに期待したものの結果は散々
さて本日はどうでしょうかねえ



函館11R函館記念
◎マイネルウィルトス
△ディアマンミノル
△サトノエルドール
△レッドジェニアル
△ドゥオーモ


◎単.◎ー△ワイド



先週の稍重馬場
そして日曜11.12Rでの外有利で内厳しめ
そこから土曜はどう変化するのか?
私的にはほぼ内外フラットな状態かなと
それでもスピードだけではしんどそうで
欧州や米国的要素
つまり体力や馬力のバランスに長けてる馬
その中からこれは!という馬をチョイス



マイネルウィルトス
スクリーンヒーロー×ロージズインメイ
馬力と体力強調型
前走圧勝からそこがめちゃくちゃ向いた
それは否定しませんが
軌道に乗ったスクリーンヒーローは
とことん追うべきだというのは
色んな馬がここまで表してきている
従ってここも合いそうであるなら
追うべきであるという判断



ディアマンミノル
オルフェの体力とデヒアの馬力
大敗からの巻き返し力がある馬で
ここ形的に格下げ戦であるなら



サトノエルドール
前走1着からのディープ
そして母方の欧州色の強さ
死のステップであっても買い要素あり



レッドジェニアル
叩いていったほうがと思えるも
やはり人気薄の母父マンカフェ
ましてキングマンボ系との配合なら



ドゥオーモ
こちらはリズム悪いディープ
しかし小回りならまだ死んではない
母父コマンダーの欧州さ



カフェファラオ
フェブラリーS無印でここで評価する
血統予想をする人でそんなのいるのかなあ
芝ならリフレイムがデビューから連勝
そのいずれもが極端な競馬
結局American Pharoahって
ダートでも芝でもそういう競馬でこそ
ルメールは土曜日中距離では
外がいいと思ったのか?外を回す競馬
これが非常に目に付きました
米国軸の血統なんで馬力は十分
最内から下げて外に持ち出す競馬
これでどこまでやれるかなあというジャッジ
しかしそうなると58.5も足枷になってくるし
欧州的体力も不足ということに



あとハーツ軍団も当面長い目で見るなら
手を出さない方がベターという選択




小倉11R中京記念
◎ロータスランド
○アンドラステ
△ディアンドル
△クラヴェル
△メイケイダイハード


◎単.◎ー○ワイド
(あと△絡みの馬込みで考え中も1点濃厚)



小倉は土曜少し雨が降って
時計的にはこれまでの貯金?もあってか
それなりに出てますが
馬場はかなり馬力=パワーが必要そうな印象



ロータスランド
父Point of EntryはRoberto系
母母父Kris S.でRoberto3×4と強調
ぱっと見の配合なら小回りドンと来いに映る
そのPoint of Entry産駒は同馬も込みで
タフ馬場に総じて強く
Point of Entry~Dynaformerで
Seeking the Gold.Pleasant Colony内包なら
米国産馬であるので当然ながら米国さが強調
母父Scat Daddyからも馬力が付与されており
ここはピッタリであろうという判断
むしろこれまで阪神JF以外の長い直線コース
ここでの走りが異質で本質がここであるなら!
カレンブーケドール
ユニコーンライオン
ミスターメロディ
そんなScat Daddyは
父に入っても母父に入っても
相手強化や間隔詰めても上昇してくる感じもある



アンドラステ
とにかくエプソムCが強くて
今回川田にチェンジで前走行きたがった馬が短縮
しかも母父DynaformerはRoberto
これはロータスランドと繋がりが!
オルフェ的に条件的に悪くない



ディアンドル
小回りでルーラーと母方の欧州強の体力
やや馬力には欠ける血統かというとこで
◎○には推し辛かったが
明らかに前走よりはここに向いてる馬
その前走がかなり強かった内容
重賞好走後→
ある程度舐められてまた重賞連続好走
皆が皆でないがこれが現状のルーラー
今回は舐められてないだけに…



クラヴェル
もっとスピードが問われるほうが…
というのもこの母方は平坦持続スピード◎
前走やや外も伸びる馬場の恩恵あれど
急坂タフ馬場で2着は評価していい内容



メイケイダイハード
ハードスパンでパワー型
コーナー4つの1800m適性は謎だが
父だけ見れば評価に値する




以上であります!