いよいよ天皇賞春ウィーク
帰って来ましたあ!久々の更新です!!
と、言いたいところでしたが
先々週2回も更新してしまいましたwww
しかもそれ以前にも…


しかし昨年末大晦日に更新したように
今週は考察→予想→回顧と
久々にしっかり更新していきたいウィーク


Twitterのほうでは見解付きで予想ツイートしたり
1頭ピックアップして血統ツイートしたり
色々やってますが…
今週は血統派にとっては
いつまでもギラギラ燃える長距離G1
出来るだけ簡素に要点を絞りながら
ブログでレースの考え→全頭血統考察をしていきます



【レースの考え】

今年は京都ではなく阪神3200mでの施行
1週目が外回り→2週目が内回りというコース形態
非常に取っ掛かりが難しいレースですが
血統のポイントとしては
Bold Rulerの血の支えこれを最重要視してみたい
連続開催の阪神でその開催最終日となるここは
当初はタフ馬場想定でいこうと考えるも
とにかく速い馬場が継続中の阪神
重賞は(道悪でも)この血がずっと効いている
そんな結果になっていて
3200mでもちろん血統的にも
そして過去のレースから体力ある馬が
ほとんどだとしても
現状明暗を分けるなら
Bold Ruler=ナスルーラのスピード持続力
この血を速い馬場の中で支えとして持ってるか
仮に道悪になれば再考の余地はあるものの
それでもこれにKingmamboやSadler's Wells
この辺りを併せ持つ馬が良さそう
(支え=母方メインであります)

※追記
Bold Rulerは米国型ナスルーラ
逆に欧州型ナスルーラであるPrincely Gift
共にスピード持続力に長けたナスルーラ
そんな認識であるが
このPrincely Giftは天皇賞春で相性いい血
つまり京都の平坦で活きると考えれば
阪神=急坂で京都よりはパワーも要求される
そこで同じスピード持続力ナスルーラでも
Bold Rulerの支えというのがより今は有効
という出し入れも効きそうであるのかなと


それではこれを前提に意識して全頭血統考察へ





【全頭血統考察】


アリストテレス

アリストテレス
エピファネイアにSadler's Wells4×4クロス馬
同馬の菊花賞にオーソクレース.ムジカ
この父&クロスは格上げ&タフで良さそう
トニービンも母母父に入っていて欧州志向型
格上げというのは良いが現状タフではない馬場
まだまだ産駒のサンプルが少ないが
一度失速というか勢いが失せると
巻き返せてない馬が上級馬で見られるような
そんな父エピファネイアですが
現役時代は激しさも持ち合わせてた馬
激しさ=表裏一体な面もあり少し気にはなる
菊花賞コントレイルとびっしりやった後
不良タフ馬場だったAJCCを使い勝利
その後の阪神大賞典は2.2秒負け
頑張った2戦後でこれは酌量の余地もあるが




ウインマリリン

ウインマリリン
母母父Buena ShoreがBold Ruler系
母父&母母父でこの血を持つのは同馬のみ
支えが前に出て見えるという点でまず好感
そんなBuena Shoreの叔父がDamascus
代表産駒にOgygian
その仔にエイシンワシントン.バトルライン
米国血統らしい粘り強さとスピードが身上
この血は桜花賞週で爆発して走っており
Bold Ruler+Damascusと捉えれば
この支えというのは現状かなりマッチしてる
母そして兄たちは2200m以上での成績良
母父Fusaichi Pegasusのわりに
父スクリーンヒーロー込みで体力パワー配合
スクリーンヒーローはロベルトらしく
(別格モーリス除いて)G1好走は使っていってこそ
Bold Rulerという現状最高と思える支え
そして同馬はインが強い馬場で圧倒的に走る
内枠&高速&イン前有利馬場ならチャンス十分




オーソリティ

オーソリティ
オルフェーヴル産駒は気で走るそんなジャッジ
それは前走1着馬の重賞成績が全く奮わないから
同馬のアル共杯みたく間隔開けてたらまだしも
意外と連チャンが効かない傾向にある
従って前走2着から間隔開けた臨戦はいい部類
母父シンボリクリスエスがBold Ruler内包も
母母父シーザリオで欧州の体力パワー寄り
そんな印象のある母方の血統構成
この後に出てくる同じオルフェ産駒と比較して
どうしても有馬が情けなすぎではある




オセアグレイト

オセアグレイト
オルフェーヴル産駒は気で走るそんなジャッジ
それは前走1着馬の重賞成績が全く奮わないから
意外と連チャンが効かない傾向にある
その割にはステイヤーズS→有馬の内容
この頑張りは非常に評価出来る
母方にBold Rulerの血を2本持ち
母父もナスルーラ系で
支えとしてかなり好感が持てる母方の構成
急坂◎のDoff the Derby牝系でもあり
道悪になってもSadler's Wellsにオルフェ
2度の3000m超重賞で1.3着もあるので
ここはかなり魅力あるというジャッジ




カレンブーケドール

カレンブーケドール
母母母父LiloyがBold Ruler系
さらに母父Scat Daddyの父Johannesburg
これがBold Ruler2本持ち
あまり字面では目立たないが
母方はBold Rulerの血で支えられている
そんな母父Scat DaddyがOgygian内包
その父にあたるのがDamascus
米国血統らしい粘り強さとスピードが身上
この血は桜花賞週で爆発して走っており
Bold Ruler+Damascusと捉えれば
この支えというのは現状かなりマッチしてる
欧州の血は薄いがそれに反比例して体力あり
5歳ディープでピークは越えた感はあるが
それでもややズレたディープなら
この条件しかもBold Rulerの支えはいい筈
母父Scat Daddyなら間隔詰めて使うほうが
そんな思いもあるし
何よりJC→有馬のパフォーマンスは
どう考えてもこの面子では力が一枚上
体力あり=道悪も問題ないしいよいよここ!?




ゴースト

ゴースト
母母母父Key to the KingdomがBold Ruler系
グレイソヴリンのクロスもあって
ナスルーラ色が濃い目の血統構成
それでもコーナーぐるぐる回るコース
そこをこなしてるハーツクライと考えれば
母母父Green Forestも加味して
欧州寄りの体力型という構成かと
Bold Ruler持ちでもそれを持つ他馬より劣る




シロニイ

シロニイ
母シラユキヒメならソダシ.メイケイエール
今阪神開催2頭の重賞勝ち馬を出してる牝系
しかし同馬はBold Rulerの血もなく
父キンカメでパワー優勢といった感
キンカメがKingmamboということで
道悪になってさあどこまで?それでもきつそう




ジャコマル

ジャコマル
父ダノンシャンティの父フジキセキ
これがBold Ruler内包してるも父方で支えは薄し
ダノンシャンティ×トニービンなら
短縮させて持続的な流れの方が良さが出そうな…
そのトニービン込みの母方は
Damascusにニジンスキーで欧州と米国の粘り




ディープボンド

ディープボンド
父キズナがBold Ruler内包種牡馬
母母母母父ボールドラッドがBold Ruler系
支えと強調という意味では悪くない構成
父キズナがさらに内包してるのがDamascus
代表産駒にOgygian
その仔にエイシンワシントン.バトルライン
米国血統らしい粘り強さとスピードが身上
この血は桜花賞週で爆発して走っており
Bold Ruler+Damascusと捉えれば
この支えというのは現状かなりマッチしてる
母父キングヘイローがダンシングブレーヴ×Halo
レースからも体力パワー十分といった感
キズナは重賞では間隔開○間隔詰△の側面も
同馬はその間隔詰でも結果を出してる
実はあまりケチをつけるところはないが
嫌なのは前走圧勝しすぎたこと
良で速い馬場ならまさに真逆となるのでね
Bold Rulerの支えと強調がある分だけ
走れる可能性は十分にあるが
パフォーマンス的には落とす可能性も脳内に
あとキズナとエピファネイア
これは重賞でセットでよく馬券になります
(余談ですが)




ディアスティマ

ディアスティマ
母父Street SenseがBold Ruler内包で
母母母母父In a TranceもBold Ruler系
母母父Mt. Livermore含め母方は
Bold Rulerの支えとナスルーラ色が強い
母父のラインにあるMachiavellianと
母母父のラインにあるBlushing Groom
この血の親和性は抜群で
ヴィブロス.ヴィルシーナ.シュヴァルグラン
この一族が母方に抱えていた
父がディープでHaloも強化され馬力体力もあり
前走同コースとなった松籟Sが肝になるのか
2走前は有馬と同日同コースで
単純比較でラスト抑えたにも関わらず0.7差
青葉賞だけなんやねん




ディバインフォース

ディバインフォース
ワークフォース×ゼンノロブロイ
母方の奥がAlzao×Diesis
欧州さが前面に出た体力型配合
2走前今開催の阪神でレコード勝ちも
重賞になるとスピードの血が不足している
菊4着もタフ馬場であったので
字面通り道悪になればってところか
それでも他馬比較から厳しいはず




ナムラドノヴァン

ナムラドノヴァン
今阪神開催重賞では良でも道悪でも複数馬券に
それが父ディープブリランテで
同馬は阪神大賞典3着
そのイメージとモズベッロから道悪でこそ
そう捉えられてても何ら不思議ではない
実際Bold Rulerの血は見当たらずで
どちらかと言えば欧州要素で支えられた母方
母父Kingmamboでもありますし
ただ違和感を覚えるのが3走前
急坂を2度越えるコース(それは阪神3200mも同)
そこでその前13番人気6着だった馬が
延長格上げでレコード勝ちしたという事実
これKingmambo×Danehillでスピード供給
それがなされているなら合点もいく
その後2走も共に格上げしかも異なる馬場で好走
ちょっとどころかかなり気になる存在




マカヒキ

マカヒキ
母方がBold Ruler2本内包のダービー馬
加齢して母父フレンチがどーんと出たのか
パワーにかなり寄ってしまった印象
さすがに重さしか感じず速い持続力に欠ける
Bold Rulerの支えあれど
タフな馬場で初めて今や土俵に上がれる馬
それでも他馬比較から厳しい




メイショウテンゲン

メイショウテンゲン
この馬もディープ×フレンチ配合
そのフレンチがBold Ruler内包も
これも重さしか感じない
母母父がSadler's Wellsであるなら
やはり同馬も道悪でしか浮上の目はないか
それでも他馬比較から厳しい




メロディーレーン

メロディーレーン
オルフェーヴル産駒は気で走るそんなジャッジ
それは前走1着馬の重賞成績が全く奮わないから
意外と連チャンが効かない傾向にある
しかし同馬は重賞実績なし
母父MotivatorはBold Rulerを内包しており
母母父もナスルーラであるが
母方の配合的には欧州の体力が前面に出た配合
菊花賞と半弟タイトルホルダーからも
余程の特殊馬場になって出番があるか?ないか?




ユーキャンスマイル

ユーキャンスマイル
母方の奥のIn RealityとPrincely Gift
これでスピードの支えはされてるが
Bold Rulerの血は見当たらない
父キンカメにダンス×Sharpoの母方
キンカメがKingmamboなら
今は欧州志向のほうが出ているのかも
今年の春天は京都→阪神で
当初は使い込まれた馬場になるので
考え方としては真逆でもいい位と思った
昔スタミナが問われた菊でダンス産駒
これが躍動したようにダンスの血の復権がある
そう睨んでたのでねえ
現状の馬場は向かない部類だと思うが




ワールドプレミア

ワールドプレミア
母方Acatenango×Be My Guestは欧州配合
母父Acatenangoがドイツでドイツ牝系
Acatenangoの父SurumuがSuncourt内包
そのSuncourtはテスコボーイの母なので
Surumuとテスコボーイは近親関係
スピード対応可能な血であるが
現状の阪神よりは昨年までの京都だったらなあ
Bold Rulerの血は携えてませんからね
阪神ならタフ馬場のほうがとも思えるが
ワールドプレミア<<カレンブーケドール
近3走から同じ父ディープなら
この構図は変わらないはずで
そうなると評価し難いかなと




【考察からの注目馬】

ウインマリリン
オセアグレイト
カレンブーケドール
ディアスティマ
ナムラドノヴァン



以上で~す!!
(追記あればしれっと付け足しますので)