稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ




今週は更新難とTwitterで呟きました
色々先週の競馬を終えて
書きたいことはあるんですが
来週まとめてドバっと出せればなと




で、今回はエリ女が行われる阪神2200m
そして阪神2000mのG1レースの結果
阪神2200m→主に宝塚記念
阪神2000m→主に大阪杯
これだけ添付し「さあみんなで考えよう的な」



昨年京都改装で阪神で行われたエリ女
5番人気2着と頑張ったサラキアが
202111101


そして今年秋京都改装で阪神で行われた秋華賞
4番人気1着したアカイトリノムスメ
202111102



サラキアの母系はドイツ血統を主体に構成
母父Lomitasも欧州ノーザンのニジンスキー系で
がっつり欧州で支えられた配合


片やアカイトリノムスメ
母父が欧米的万能キンカメも
その奥が米国色濃い目で支えられている



普段京都施行から阪神で行われてのこの結果
これを踏まえつつそれではこれを




阪神2000mG1
202111103


阪神2200mG1
202111104



阪神2000mは米国
阪神2200mは欧州
この血統要素というのがそれぞれ重要で
頑張れる要因にやはりなってくるのかなと
見てみると微妙に違いますよね
秋華賞前に1本こんな記事も上げてましたし
(当たってませんがwww)




シンプルに考えてみよう~ということで今回は
あとはこれをどう嚙み砕くかは各々で
まあ両方走ってる馬も多いのは多いですが…




以上であります!







現在朝の8時
今日はブリーダーズカップDAY
ここまで1つ外して1つは全額返還
やはり2匹目のドジョウはないよね~
あと1つ当てて終われるか!?
勝負だったフィリー&メアターフ
ラヴズオンリーユー快挙はお見事!!
勝負を賭けたアウダーリャは…




東京11Rアルゼンチン共和国杯
◎ロードマイウェイ
○オーソリティ
△オウケンムーン
×ゴースト

◎単複.◎○ワイド.△単(色々塾考中)



昨日の京王杯2歳Sはサドラー持ちが多かったが
そのワンツースリー決着
母系が欧州色強い母父スペシャルウィーク1.2着
エピファネイアの母父でもありますね
そのエピファは先週の秋天を勝った
エフフォーリアの父でもあり
同馬は母父トニービン内包
(エピファもサドラーを抱えている)
距離と世代と多少の馬場差あれど
この2つとこれまでのレースから
ここまで通じてさほど速くない馬場からも
やはり今開催東京重賞は血統的には
欧州質体力寄り馬場なのかなと推測
グレイソヴリンこそ来なかったですが……
そんな先週の秋天は
4.5着で見せ場作ったのがトニービン持ち
それ以前も含めてまだまだグレイソヴリン
この血を見限りたくない
欧州質体力寄りの中でも
持続的グレイソヴリンが効きやすい傾向でもある
ましてアル共杯は2500mなら尚更




ロードマイウェイ
3代内にサンデー.Wild Again.トニービン
あれ??これどっかで見たような??
そう!秋天4着サンレイポケットと同じ血が3代内に
ぷっつん血統の父ジャスタウェイだけにリズム重視
そして産駒の重賞好走は
リズムを保持しつつ叩き2.3走目に集中している
2か月ちょい間隔開けた前走京都大賞典
上位が内で決着の中で外から十分見せ場を作った
反動よりもこのオッズとこの父ならば
可能性のほうに賭けてみたい
さらに母系にHappy Trails~Royconの血が
とにかくこの血は強烈な東京2500m適性
トニービンのクロス持ちで
グレイソヴリンが有効と考える今の馬場への可能性
サンレイポケットは僅か足らなかったが
2500mならきっと走れるのではないだろうか
あまりにも揃いすぎて
ビビビと来た時はろくなことないけどw



オーソリティ
母がエピファの全妹
オルフェ重賞は凡走後に買うのが基本
休み明け&格下げも相まって
◎のワイド相手はやはりこれ



あとはグレイソヴリン持ちの2頭




阪神11Rみやこステークス
◎メイショウハリオ
○ヴェンジェンス
▲アシャカトブ

◎○▲単.◎○▲ワイドBOX



昨年秋の阪神ダート
乾ききった時に走りまくったのがシニミニ産駒
今開催も乾ききった時=良馬場で走ってる
先に行われたOP太秦Sでは
そのシニミニと同系のエーピーインディワンツー
局面的に”秋のダートDRY阪神でA.P. Indyを狙え”
そんな感じでここは決め付けてみます




メイショウハリオ
父パイロがエーピーインディ
重賞では人気薄でこそ輝く母父マンカフェ
しかも意外性の一発あるCourtly Dee牝系
相手関係なく自分の脚は使える馬かなと感じるので
それでどこまでになるでしょうか



ヴェンジェンス
父カジノドライヴがエーピーインディ
8歳で能力が維持されてるか?
維持さえされてればこの馬この面子なら強い筈
前走は重い内を空けてたとはいえ
走った馬の中では終始内目を走ってた
2走前エルムSやそれ以前からも
ダートでも体力よりはスピードかなと思うので
距離が短縮され中央戻りは好転要素はある



アシャカトブ
父シニミニがエーピーインディ
これはそこに頼るしか
重賞でもやれると思った馬だけに



席が果たして2つ空くのか?になりますが…




阪神1R
◎フローラルビアンカ

ドレフォン.ノーザンファーム.未勝利.ダ替わり
ダートで走る条件が揃いに揃った
間隔開けてるしここは狙い撃ちしてきた感
ただ2が強そうであるが…
単.2との馬連




東京2R
◎レッドアヴァンティ

今2歳世代のドゥラメンテは延長に特化しつつ
これは現3歳世代の出だしと大きな違いで
全体的に抽象的ではあるがゆったり感がある
同馬は延長ではないが
1600m→1400mの前走が一気にペースUPを2番手
きつく感じたと思える後の同距離なら延長感覚で




東京9R百日草特別
◎カメハメハタイム

今2歳世代のドゥラメンテは延長に特化しつつ
これは現3歳世代の出だしと大きな違いで
全体的に抽象的ではあるがゆったり感がある
同馬は延長で東京一族




福島12R
◎ペレ

何回もコーナーをぐるぐる回るコース
特に下級条件での2600mへの初挑戦で
よく走ってくるのがハーツ産駒
捲ったり上がりが掛かったりという競馬
体力という意味でのアドバンテージ
他産駒と比較してまだまだ活きるのでしょうか
昨日はダメでしたが諦められるかーい!
ここに出てる他のハーツ3頭も
2600mへの初挑戦で全て馬券になってる
ペレもこのクラスではメド立ててるし
この初挑戦買うしかない
単.(あとは塾考中)




以上であります!







日本馬が参戦しアメリカ競馬のお祭り
そんなブリーダーズカップの馬券が買えるなら
凱旋門賞の二匹目のドジョウを狙ってみよう
ということで予想してみました
レースを見たのは1頭だけ
血統を眺めるのみの予想なんで
全く当てにしてはいけませんよ~
理由もなんとでもなるのでね~笑




米国.小回りのデルマー競馬場なので
単純に動けそうな米国質の血は欲しい
従って欧州配合が濃い馬は割引
そして前走重い馬場(欧州)で負けた
欧州+米国みたいな馬
出し入れ的にはこれが最もハマるのかなと




BCフィリー&メアターフ
◎アウダーリャ
▲ウォーライクゴッデス


このレースが3つの中で最も勝負したいレース
◎アウダーリャの父Wootton Bassettがミスプロ系
これが欧~米へと流れていく血で
内包されてるPrimo Domineが欧州
母方は欧州配合だが
その奥にスピードの支えも見える
前走凱旋門賞同日に行われたオペラ賞
それに関してぶつぶつ呟いたツイートがこちら
昨年のこのレースの覇者ですが
今回は距離も伸びて競馬場も違う
それだけに↑ツイートのように簡単にいくかどうか
ただ昨年の同レースを見たら
しっかり追えば追うほど伸びる馬のはず
ラヴズオンリーユーがディープ×ストキャで
コーナー何回も回る競馬はやや?マーク
また香港とは違ったテイストになるし
足元を掬える可能性が血統的に十分あると判断

母父が英ダービー馬North Light
米欧的バランスの血統構成がいい
▲ウォーライクゴッデスも評価したい




BCマイル
◎マスターオブザシーズ
○モーフォーザ
△マザーアース
×スペースブルース


◎マスターオブザシーズはDubawi×デインヒル
Dubawiはシーキングザゴールドの血を汲むミスプロ系
マイルなんで父ミスプロがいいかなあ
そんな安直な考えであります
近親にはザカリヤが居ての3歳馬
日本での早期スピードに対応した血筋であるならば
前走重い馬場で完敗してからのここ
跳ねに期待してみたいなと

○モーフォーザはUncle Mo×Arch
字面的にはバリバリの米国ダートっぽい配合
でもこれ遡るとCaroとRoberto
つまり欧州で支えられてるという見方も
母方も欧米バランスが取れてる
何より近走が地元で強い競馬連発中




BCターフ
◎タルナワ
◎トリブヴァン
△ジャパン
△ロックエンペラー
×ボリショイバレイ


◎タルナワの父Shamardalはストームキャット系
欧米的要素満載ですが日本では速さをも出してる血
この血統で前走凱旋門賞内から2着は凄い強い
凱旋門賞出走馬の中に入ると
異端なスピード寄りと言ってもいいほど
重さ的にはそこまで重くない血統構成でこの結果
昨年このレース勝ち馬ですし
デルマーに替わっても全く問題なさそうな気しか

ダブル本命的に◎トリブヴァン
実績的には全く格下になるんでしょうけど…
父Toronadoがハイシャパラル~サドラーズウェルズ
Grand Slam内包なんでまさに欧州+米国のバランス
母父がダンチヒ系で母母父がPlatini
Platiniはドイツ血統ですがJC4着
そのPlatiniを母父に持ってたのが
ダービー馬エイシンフラッシュ
ドイツ血統でも12Fの重くない競馬に対応可の血
これはお楽しみで買っておきたい




以上であります!







ブログの宣伝と思って始めたのがTwitter
もう宣伝の必要性はとっくに無くなりましたが笑
本音を言うならブログと共にしゅーりょー
という気はありながらも
「メンク杯」というイベントがあるので
なかなか踏ん切りがつかず
もう爺は縁側でみかんでも食べながらのんびりと
(家に縁側はありませんがねw)



さて本日はやらなくていいぐらい笑
日曜日にブリーダーズカップがありますし
アル共杯でかなり気になってる馬も居ますし
2歳重賞2つで平場もピンと来る馬も少なく
まして休日出勤になってしまったのでーー




東京11R京王杯2歳ステークス
◎ベルウッドブラボー
▲アポロルタ
△セルバーグ
×ヴィアドロローサ

◎▲△×単



先週の秋天を勝ったエフフォーリア
Roberto×母父トニービン内包
4.5着で見せ場作ったのもトニービン持ち
多少なり降雨の影響はあったにせよこの結果
今開催東京はここまで通じて
そこまで速くない馬場と感じさせる
グレイソヴリンが効く持続的欧州質体力寄り馬場
そこに先週アルテミス1着馬のスピード母系
2歳1400m重賞というのも鑑みて
スピード(速さ)の血統に持続的なグレイソヴリン
このバランスがまだまだ最も合いそうな予感
スピード≒Storm Catの血が
重賞の直近傾向からは特に重要かなと推測




ベルウッドブラボー
ディープでも欧州色が強い父シルバーステート
祖母テンシノキセキでヨハネス×フジキセキの母方
これはまさにスピードという母血統
ヨハネスブルグがStorm Cat
グレイソヴリンは持ってませんが
バランス的にはマッチしそうであるなと
考えてみればディープ×Storm Catとも言えるし
ワンターン東京が合うという可能性も
過去3戦色んな競馬を経験出来てるのもここで強み



アポロルタ
祖母エンゼルカロに父アポロキングダム
早い時期勝負は間違いないのかなと
母母父がグレイソヴリン系で
そのアポロキングダムがStorm Cat内包
前走弱いと思わなかったので



セルバーグ
エピファネイアだから!以上~
Robertoの父にキンシャサ×Broad Brushの母方
この母方は字面ならスピードでしょう
いいバランスだと思われ初戦も悪くない
短縮に戸惑わなければ



ヴィアドロローサ
母母父がグレイソヴリン系で
父カナロアがStorm Cat内包
近親のサトノウィザードが今開催富士S2着
悪くないものの過去2走の内容がもう一つかなと
それと相まって格上げカナロアでもあるし
ここまでの評価という感じ



他の馬も欧州色にスピードという馬も複数居て
決して悪くないとは思う
中でも特にいいかなという4頭をピックアップし
買うなら単勝多点買いで




阪神11Rファンタジーステークス
◎オルコス
○ママコチャ
▲ウォーターナビレラ

◎単.◎ー○▲ワイド



色々考えた先週のスワンSも結局ディープワンツー
いやいやそれは古馬戦ですからね
じゃあ世代戦(3歳)は!?
これも菊と秋華賞が母父ディープ2.3.3着
そして秋華賞勝ったのがディープ
さらに京都大賞典までもかあ…
若世代戦でディープ産駒は◎にしたくないが
現状の阪神重賞は
(見える)ディープは買っとけ!になるんですかね結局
あとキングマンボと




オルコス
血統で見える母父ディープ買っとけ~以上!
ドレフォン産駒はここまで根幹<非根幹な傾向
この根幹非根幹…今の自分にはどうでもいい笑
ただ理由として付けておきました
前走根幹マイルで勝ってるのは
(ドレフォンで芝マイル唯一の勝ち馬)
裏を返せば案外力があるのかもしれない
短縮○なダンシングブレーヴが母母父に
ドレフォンがDeputy Ministerを抱えており
配合的にも今開催阪神重賞の流れには沿ってる



ママコチャ
母父キンカメで唯一のキングマンボ
父クロフネはドレフォンと同ラインの米ノーザン
阪神走ってるソダシの下.メイケイエールと同牝系
前走強かったし買っとけ~



ウォーターナビレラ
父.母父の一つ前がディープ×ダンシングブレーヴ
◎オルコスならセットで買っとけ~
Roberto4×5のクロス持ちで母父キングヘイロー
このRobertoクロスは今後阪神1400m重賞で肝に
過去の結果からそういう予感はあり(尚更湿れば)
湿ったらこれ◎だったかなと
阪神1400mはかなり合いそうである




福島7R
◎シングマイハート

何回もコーナーをぐるぐる回るコース
特に下級条件での2600mへの初挑戦で
よく走ってくるのがハーツ産駒
捲ったり上がりが掛かったりという競馬
体力という意味でのアドバンテージ
他産駒と比較してまだまだ活きるのでしょうか
全8戦中上がり3位以内がゼロ
他のシングライクバードと比較しても
その奥のノーザンテースト.リアルシャダイ
これが×ハーツと合わさって効いてるのか
体力のみという気もしますし
未勝利とはいえ条件は合いそうである





東京10RノベンバーS
◎テーオーラフィット

キングマンボ(系)×マンカフェ配合って
意外性のある馬が多くて結構好きなんです
その父リオンディーズ産駒は先月10月開催
つまり東京.阪神でかなり走ってまして
時計がそこまで速くないソフト目な馬場
これが現状かなりフィットしてるのかと推測
前走強メンバーに上がり&向かい風に屈すも
それ込みで休み明け後馬体増やしてからの近3走
色んな競馬をしてきており
忘れな草賞時よりワンランク成長してきた感
単.マイネルミュトスとのワイド




阪神3R トゥードジボン
東京4R タイニープライド

このイスラボニータ産駒2頭も気になったが…




以上であります!




↑このページのトップヘ