稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ




今週のG1より既に次週のG1へ気がいってる
そう!ジャパンカップですね
久々の外国馬の参戦に胸が高鳴る感じ
VS3冠馬にダービー馬
現状のままの馬場そして時計であれば
今年はその外国馬にチャンスあるかも!?
そんなアプローチで挑もうかと考え中
こちら(日本)から凱旋門賞予想した感覚で
欧州からジャパンカップを予想するイメージで
その後がチャンピオンズC→阪神JFですから
有馬のブログ更新がない以上
ここが気持ちのピークになりそうです




東京11R東京スポーツ杯2歳S
◎レッドベルアーム
○アサヒ
▲イクイノックス

◎単.◎○ワイド(基本ケンで)


Robertoで1-3着独占された先々週のアル共杯
そして先週のオーロC
それ以前の重賞込み込みでも
秋開催の東京は通じてさほど速くない馬場の中
血統的には欧州質体力寄りな傾向で推移中かと
Roberto.グレイソヴリン重視
Cコース替わりになりますがまだこれで



レッドベルアーム
父ハーツがグレイソヴリン(トニービン)内包
母母父Storm Catの支えも
オーロCのハーフバック
京王杯SCのキングエルメス
アルテミスSのサークルオブライフ
欧州体力寄り+Storm Catがこれだけ勝っており
むろん悪くないであろうし
ディープ×レッドファンタジアだった兄姉たち
これらが早期完成型で重賞でも走った一族馬
今やハーツ(特に×ノーザン)は早期完成型が多々
このあたり私的にはハーツの成長曲線と
アンバランスな感じを抱いてる分
古馬になっての伸びしろがなあという思いも…
話が逸れちゃいましたが
ここは血的にまとめてきそうであるので



アサヒ
カレンブラックヒル産駒ですが
それをあまり感じさせないのは
母方がディープと同じ血筋からなのか
カレンがStorm Cat内包で母方欧州の支え
牝系は直近東京重賞でしか走っておらず
ここは十分な狙いどころ



イクイノックス
新種牡馬キタサンブラック産駒
9月末にキタサンブラック産駒について少しまとめ
この馬はとにかく前走が圧巻
湿った馬場大特注の牝系一族であるだけに
尚更その前走が際立ちます
私的にはここでちょい負けしてホープフルS
そうなると単勝勝負しやすいと思いつつ
ここで勝つとその勝負はし難くなりますし
それを超越してクラシック候補へ



当初2000mからの短縮で◎も考えたアルナシーム
ずっと2000mからと思ってたら前走1800mやんw
父モーリスがRoberto
モーリス×ディープは自動的に
Haloとリファールクロスが掛かるんですが
モーリスの現賞金上位2.4位馬
ルークズネスト.ジェラルディーナと同配合
短縮や持続的な流れで強くなり跳ねる配合と推察
ちなみにモーリスの賞金1位はピクシーナイト
この馬も母父キングヘイローなんで
Haloとリファールクロスが掛かってますが
短縮で速さに対応しあっという間にG1制覇
アルナシームの初戦を見る限り
短縮や持続的な流れでこそという雰囲気&気性が
間隔開けての外枠での東京1800mは
気性的に怖さはありますね



そして他の馬も言うほど悪くない馬ばかり
そういう血統ベクトルの馬が増加
そんな側面もあると思うので
この2歳世代の血統予想は
やりがいと共に難しさも増してくるなと




阪神3R
◎オリンピッカー

今週もAコースの阪神
馬場状態が重めで低速な状況が続くかどうか
ここでまずは見極めてみたいですが
先々週日曜~先週土日の芝の結果から
取り敢えずここはそれを踏襲
◎の父は欧州スプリンター馬ですが
Scat Daddy×Holy Bullのゴリゴリ米国配合
そのScat DaddyはStorm Cat系
これは先々週~先週の流れを十分汲む血
ましてScat Daddyなら間隔詰めて使ってこその面も
中3週→中3週ときての3走目
前走短縮ペースUPで位置取りを前に
やはり父込みで血統らしく速さを見せた
速さと馬場のバランスは血統的にフィットしそう
単.(相手は3.6.7あたりで塾考)




福島3R
◎マイネルカグラ
☆ブルーゲート
△10.12.7

もうVピサ特注と言っていい馬場状態替わり
稍重→良でマイネルカグラを狙いたい
母父は特殊馬場得意でも跳ねなかった近2走
低速1800mでも小回りに替わるのは父からプラス
敢えて良馬場のほうでどうだろうか

ブルーゲートの父トーセンラー
その半兄にFlower Alleyで母がプリンセスオリビア
そしてFlower Alley×Arch~Kris S.~Roberto
これがアイルハヴアナザーであるんですが
そのアイルハヴアナザー産駒が
1週2週と福島芝で勝ち馬を出している
プリンセスオリビアにKris S.であるのがこの馬
前走は4角位置取りからほぼそのまま決まった
そんな雪崩込みレースで8着も
そこまで悲観すべき内容でなかったので
血統的にも変身に賭けたくなる

◎単.☆単複.(あとは塾考)




福島8R
◎ジャガード

これもトーセンラー産駒
狙い方としては☝で挙げたのと同様に
母父フレンチでパワー供給なされてるのも良し
使われながら徐々に
前半のスピードに対応しつつあるので
位置さえ取れれば
単.(あとは塾考)




東京3 ジェネラルウィル
東京6 モンタナアゲート
福島10 ユヌエトワール
阪神10 テーオーロイヤル
福島11 チェアリングソング
阪神11 マイネルサーパス.メイショウオーパス

あと気になったのはこのあたり




以上であります!







今週のマイルCSには一切目もくれずに
ただひたすらに先週そして先々週の重賞も含め
振り返りから今後へ~を重視した今週のブログ
と、怒涛に日々更新してきました
本日は先週のデ杯2歳Sから
取り上げようかと思いましたが(ダイワメジャー)
先々週のアル共杯からにします




1.3着 母父シンボリクリスエス
2.3着 父スクリーンヒーロー

上位3頭は父か母父Roberto系での決着
出走馬中Robertoの血を父か母父に持ってたのは
1-3着馬の3頭のみ
こういうとこにも現状のRobertoベクトル
これを感じずには得られなかったレース



そんなアル共杯で2番人気に支持されたのが
ルーラーシップ産駒アンティシペイト
結果8着と人気を裏切る形になりましたが
自分にはこのルーラーは狙えなかった
それはルーラーシップの狙い方があるからで
それに同馬が当てはまってなかったから



前走3勝クラスを勝ち→重賞(アル共杯)
こんな臨戦だったアンティシペイトですが
ルーラーシップ産駒は
こういった下から上がってきた臨戦より(格上げ)
前走重賞で確かなものを見せていた馬
それを後追いみたいな形にはなるものの
十分それで次の重賞で買ってもいいんです



202111191
これは今年重賞で馬券になったルーラーシップ



ホウオウイクセルのフラワーC
ディアンドルの福島牝馬S
これが最たるものになりますね!



そのディアンドルの小倉大賞典の前走愛知杯
初めての2000m重賞で差し追い込み決着の中
逃げてかなり踏ん張ってましたし

京都記念3着したダンビュライトの前走
京都大賞典は当時内が伸び難い馬場
そこで逃げて最も内を通って0.5差に踏ん張った

グロンディオーズも格上げだった前走中日新聞杯
ここを0.5差の5着にまとめてから次走勝ち

ウラヌスチャーム.フェアリーポルカ
この2頭は巻き返した形になりますが…



そして今年重賞で馬券になったルーラーシップ
これは全て3番人気以下でのもの
人気になり難いという側面も見られますし
前走でいかに匂いを感じ取れるか
これが肝にもなるしセンスにもなるんでしょうが
自分にはそのセンスがないので
単純に前走重賞で確かなもの≒着順を見せた
そんなルーラーシップ産駒は次走重賞で買い方向
ただ追い掛け過ぎないというのも
この馬たちのその後を辿るとポイントかも?




さあジャパンカップのキセキ
買います?買わない??




以上であります!







花粉なのか何なのか…鼻水止まらず喉痛と咳が酷い
今年になって頭痛もありそして目が見えづらい
歳を重ねると色んなところにガタがきますが
それは悪いことばかりでもなく
血統にとってはいいこともあるんです!?



血統はまず父を見る←これが基本で
そこからどう紐付けしていくかは人それぞれ
でも歳を重ね長くやっていくと
血統表を見るだけでかなり前まで
その馬の現役時代そして産駒を知ってる
そんな風に自然となっていくもの
そこで個別に血統全体のイメージを持てるように
中でも面白いのが
予想の中でもフレーズとしてちょこちょこ出す”牝系”




202111181
202111182
例としてこの秋阪神重賞で走った2頭
ソネットフレーズとアンドヴァラナウト
この2頭の母方を見ると同じ血が通ってる同士
これが分かるかと思います
(エアグルーヴ~ダイナカール…のライン)
アンドヴァラナウトの母が
ソネットフレーズの祖母の半妹にあたるので
この2頭は同牝系になるということです



そんな母方に同じ血が通ってる
その集まり=○○牝系みたいな言い方をよくしますね
特徴がボーンと出る牝系というのもあって
中でもこの血を見たら買いたくなる!

それがみやこSを勝ったメイショウハリオに宿る血
Courtly Deeという血になります




202111183
これがメイショウハリオの血統表
4代母がCourtly Dee
そしてこの血を持つ馬は
メイショウハリオと同牝系ということに



202111184
これは4年前2017年ローズS勝ち馬である
ラビットランの血統表
Courtly Deeの血が3代母に入っており
メイショウハリオと同牝系馬に



そんなラビットランが勝ったローズS
8番人気で単勝26.4倍とあっと言わせましたね
そしてメイショウハリオも
みやこSで5番人気単勝13倍で勝ちました
このCourtly Deeの血が入ると…
そう!Courtly Dee牝系は意外性の一発ある牝系




ノーリーズン 皐月賞15番人気1着
グレイトジャーニー ダービー卿CT11番人気1着
2頭は兄弟で3代母がCourtly Dee



ワンアンドオンリー ラジオNIKKEI杯7番人気1着
後のダービー馬で5代母がCourtly Dee



ヤマニンアルシオン 阪神JF10番人気2着
阪神JFは伝説のヤマニン決着
3代母がCourtly Dee



晩年にエプソムC→函館記念と穴を開けた
ダークシャドウ
シリウスSで穴を開けたチョイワルグランパ
この2頭もCourtly Deeの血を母方に



どうです!?
なかなかな意外性の一発を繰り出してますよね
そして今後Courtly Dee牝系で注目馬を2頭ほど




メイショウジブリ
202111185
4代母がCourtly Dee
先週ダート替わりで勝ち上がったキズナ産駒
ディープ×フレンチってよく走った配合ですが
キズナ×フレンチはここまでもう一つ
ただ芝もいける配合ではあるので
(実際この馬もデビューから3.3着)
ダートで賞金を積んでからの芝重賞で一発も



テーオーロイヤル
202111186
4代母がCourtly Dee
これは↑のメイショウジブリと母が姉妹関係に
メイショウハリオの下で
母父はこれもCourtly Dee同様に
一発穴血統でお馴染み母父マンカフェ
202105011
青葉賞で地獄を見たんですがwww
その後きっちりと格下げ後連勝中
非常に良い馬なんで2022年となる来年
きっとどこかでやってくれるはず!!




血統表を見て探し出すというのは
なかなか難しいのかもしれませんが
5年.10年と今後競馬のキャリアを重ねていけば
その時また見方も変わってると思うので
この血を持つ馬はこんな特徴が~
というのを掴めると
また血統競馬そして牝系を見るのが楽しくなる
血統に興味があるならきっとそうなんじゃないかと




以上であります!







高校野球が大好きなメンク
これはある程度の人には認知されてるかな?
甲子園球場のすぐ側で育ち野球を経験
昔に比べれば圧倒的に見る量は減りましたが
プロ野球も程々に好きです
もうかれこれ10年以上前に
交流戦を神戸まで観に行ったきりプロ観戦はなし
(高校野球は甲子園込みで色々行ってるのにw)
そんな私が今回日本シリーズが神戸で開催される
それを見たのでこれは!と抽選に申し込み
そしたらなんと当選してしまいました
ただ第6戦になるので幻になる可能性も
勿論日本シリーズ観戦となれば史上初
某チームが日本シリーズに出るのは
おそらく死ぬまでないであろうと思われるので(笑)
最初で最後になるかもしれない日本シリーズ
”冷静に”観ることが出来るので(笑)
楽しみに待ちたいなと思います




 
エリザベス女王杯の余韻も冷めぬ中
そんなエリ女を終えての記事を一本更新
そこで取り上げワンツーしたキズナ産駒
これを先日UPしたロードカナロア産駒
と同じような形で少し掘り下げておこうかと
さて、キズナと”赤い糸”で結ばれた母方の血は!?




【キズナ産駒の収得賞金上位10傑】
ディープボンド
マルターズディオサ
アカイイト
ソングライン
ビアンフェ
ファインルージュ
クリスティ
ステラリア
バスラットレオン
アブレイズ

上位10頭中水色で塗りつぶした5頭
この母方にとある共通点があるんです



ディープボンド
20211116ディープボンド
マルターズディオサ
20211116マルターズディオサ
アカイイト
20211116アカイイト
ファインルージュ
20211116ファインルージュ
アブレイズ
20211116アブレイズ
皆各々母方にNijinskyを携えてる!
これが大きな特徴
マルターズディオサのGenerous
アカイイトのMud Route
これらも辿るとNijinskyになります



もうNijinskyの血もここまで奥に隠れるように
古い人間なんで感慨深いものがありますね
昔サンデー直仔だとダンス一族
ダンスインザダーク
ダンスパートナー
ダンスインザムード
これらが母父Nijinskyであって
スペシャルウィークの母父もその血筋
欧州的要素が強い血でスタミナ.持久力.パワーを付与
そんなところでしょうか
これがキズナ産駒たちと非常に噛み合っている



シャムロックヒル
20211116シャムロックヒル
クリスタルブラック
20211116クリスタルブラック
賞金10位以下のこの2頭も母方にNijinsky持ち




あれ!?この7頭ひょっとして?
20211116キズナ
それぞれ重賞勝ちが1800m以上なんです
そしてキズナ産駒で1800m以上の重賞勝ち
これはこの7頭しかまだ居てません
しかも揃いも揃って
タフ寄りのところであるというのもミソ



赤い糸を手繰り寄せるとそれはNijinsky
キズナ×母方Nijinskyの馬は相当走りやすそう
それも重賞となるとピンポイント的な場面で
Nijinskyの血自体古臭さはあれどそれでも古き良き血
それがキズナと伴うと現代でこれだけマッチする
RobertoにSadler's Wellsだけではないんやで~
「血統って面白くないですか?」




それでは今後注目になりそうな
キズナ×母方Nijinskyを数頭ピックアップ



スマートリアン
20211116スマートリアン
前走東京1800m、2走前が高速野芝中山1600m
いずれもいい競馬はしてるが少し足らなかった
母父Mr. Greeleyから重さとパワーの供給
そう思えば重いところ&1800m以上へ
そんなところへ使ってきたら即狙いたい馬の1頭
ここ2走頑張ってるから
少しレース間隔は開けて欲しいが



グローリアスサルム
20211116グローリアスサルム
メジロ牝系の馬で牝馬ながら体力溢れる馬
エリザベス女王杯は来年も阪神なのかな?
今年みたいな馬場なら非常に面白そう
ただそこまでに賞金稼げるかも微妙だが…
それぐらいスタミナ◎で脚が遅めという感じ
格上ステイヤーズSでもいいぐらいと思いつつ
現時点で入厩してないので無理か



インプレス
20211116インプレス
2歳馬で注目したいのがこの馬
牡馬で重いところ2戦を上がり最速で差し競馬
一瞬の加速力は感じられずエンジン点火は遅め
それでもエンジンが掛かると
ズンズンどこまでも伸びてくるという印象
ディープボンドの脚質逆バージョンみたいな
それぐらい体力ありそうな雰囲気
NijinskyはもちろんKris S.にMiswakiの母方
あれ?どっかで見たような
そう!アカイイトの母方を彷彿とさせる構成
まだ阪神施行なら菊花賞
そしてその先なら阪神大賞典
頑張れ~~




2021111610
202111171
しかしディープボンドの京都新聞杯後
アカイイトのローズS予想
昨年の段階でブログ記事に書いときながら
エリ女でアカイイトを買えなかった
やっぱり今更ながら悔しいなあと…
でもこの悔しさをバネにして
どこかでキズナ×母方Nijinskyで取り返したい
まあまた忘れてしまって取り逃がす
それが自分っぽく愛嬌あっていいのかもwww




以上であります!




↑このページのトップヘ