稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ




ずっとブログやってきて
今が内容的に最も充実した?
そんな記事を書けているかなあと自負
見た人がどう感じているかは露知らずも
まずは自分が思っていることを記していく
以前スプリンターズS前にもやったんですが
今回は改めてダイワメジャー産駒




種牡馬生活も晩年に差し掛かりつつある中
セリフォスという2歳馬も輩出し
まだまだ元気だなあと感じます
「ダイワメジャーは2歳重賞でよく走る」
これは血統をあまり知らない方でも
イメージ的には持ってるのではないかと推測
ですがここではもうちょい奥まったところを



202111251
これがそのセリフォスの血統表



Blushing GroomとNureyevが母方に
特にNureyevの母であるSpecial
(血統詳しい人なら御存知でしょうが)
ダイワメジャーはこのSpecialの血との嚙み合せ
これが抜群に良くて
レシステンシア
アドマイヤマーズ
メジャーエンブレム
近年2歳G1を勝った馬は皆母方にSpecialを
ということでクリスチャンに乗り替わる
次走の朝日杯FSも最有力候補という位置づけ
ノーザンファーム馬との1点で獲れるのではないかと想像



近年2歳G1≒阪神重賞
セリフォスもデ杯2歳Sを勝ちましたし
ダイワメジャーと阪神重賞
これを見ていくとまた新たな発見がありました



レシステンシア
20211124レシ
34.9-38.1(20年桜花賞1人気2着)
33.7-35.2(19年阪神JF4人気1着)


メイショウショウブ
20211124メイショウ
33.9-34.2(19年阪神C10人気3着)


メジャーエンブレム
20211124メジャー
34.8-35.8(15年阪神JF1人気1着)


コパノリチャード
20211124コパノリチャード
34.3-35.2(14年阪神C3人気2着)
33.8-35.8(14年阪急杯2人気1着)


エピセアローム
20211124エピセ
32.9-34.5(14年セントウルS2人気3着)
33.2-34.1(12年セントウルS6人気1着)


オリービン
20211124オリービン
34.4-35.4(13年阪急杯11人気3着)



これらはダイワメジャー産駒で
1600m以下の阪神重賞を
前半3F>後半3Fでの競馬つまり前傾ラップ
この条件で主に母方にNureyev~Specialや
Blushing Groomの血を持ちながら
好走した馬の一覧でありますが
これだけ出て来るんですから
ダイワメジャー×Nureyev~Special
ダイワメジャー×Blushing Groom
この組み合わせは前傾ラップになりそうな
そんな局面込みで阪神重賞では覚えておいて損はない
セリフォスのデ杯2歳Sはスローでしたが
将来的には前傾ラップでも走れていい構成馬



ボンセルヴィーソ(16年朝日杯FS12人気3着)
マテンロウハピネス(15年アーリントンC7人気3着)
ダイワメジャー×Blushing Groomはこの2頭も
阪神重賞自体によっぽど相性いいんだろうなと



そして↑で前傾ラップに拘ったのは
今週行われる京阪杯に繋がってくるわけで
阪神1200mはスタート後微妙に下っており
3-4コーナー中間から本格的に下っていき
ラストにはもちろん急坂が待ち構えるコース
20年京阪杯 33.8-34.4
20年CBC賞 33.5-35.2
昨年の阪神1200m重賞は共に前傾ラップ
京阪杯のメンバー構成は云々はさておき
前傾ラップになりやすそうであるとすれば
ここまでの観点から面白そうな馬が
それはサヴォワールエメ



202111254
これがサヴォワールエメの血統表



ダイワメジャー産駒であって
母方にNureyevとBlushing Groom
さらに↑で挙げたエピセアロームと同様に
Cozzeneの血をも母方に携えている
このCozzene~グレイソヴリンの血も
相性良いんだなあこれが!
違和感を覚える近走も手伝ってこの血統
(外差し馬場という不安はありつつ)
これは間違いなく狙いたくなるというもの




↑で挙げた殆どの馬が先行での実績
ダイワメジャーらしくスピードとパワー
それを支える欧的要素である
Nureyev~Special.Blushing Groom
そしてグレイソヴリン
これが絶妙なバランスでコースフィットする
そう感じずには得られないなと
サヴォワールエメも先行タイプですしね




以上であります!







自分の色んな気付きを
今後に繋げる為に活かすために残しておく
今のブログ更新はこんな気持ちでやってますが
それでも未だに見られている見てもらえてる
これは嬉しいとしか言いようがなく…



さて本日はあれ?おかしいぞ~??
そんな気付きを取り上げてみましょう
それはハービンジャー産駒であります
そのハービンジャー産駒に復権の兆しが!!



202111231
これはハービンジャー産駒
世代別の2歳戦限定成績



現4歳世代の2歳戦はガタっと落ち込みましたが
現2歳世代は現7歳世代の指標に近い
まさにVラインみたくV字回復してきてるんです!



現7歳世代と言えば
ディアドラ(秋華賞1着)
ペルシアンナイト(皐月賞2着.MCS1着)
モズカッチャン(オークス2着.秋華賞3着.エリ女1着)



↑はまさにハービンジャーの先駆け者たち
それぞれが世代のG1で好走し
3歳時に古馬G1を勝利したのがペルシアンとモズ
3頭共3歳の秋京都G1で勝利というのも一致
当時の京都は開催時雨降りが非常に多く
通じてタフな馬場であったという印象があり



そんな現7歳世代と現時点で肩を並べるほどの
2歳戦の成績を出しているのであれば
現代のソフト目な馬場に
ロベルト.サドラーが活躍している血の流れ
これらも勿論相まって
現2歳世代のハービンジャー
これは来年かなり期待出来るのではないかと



6→9→6→3
17年以降重賞勝利数も下降線を辿っており
今年21年は重賞勝利数は”0”
このまま他種牡馬に押されるのか!?
そう感じてたところでのこの成績
現4歳世代がガクッと落ち込んだところでの
このV字回復というのは
単純に社台が良質な繁殖牝馬を回してなかった?
それだけなのかもしれない
この現7歳世代そして
ブラストワンピース.ノームコアの現6歳の大活躍
ここからまたハービンジャーに
それこそ”いい牝馬”を回して付けたのかもしれず



ハービンジャー×現2歳×ノーザンファーム馬
実際この成績が12-5-5-15と絶好調である
202111232
これがノーザンファーム馬限定現2歳種牡馬別成績


他種牡馬と並べて比較してもこの成績ならば
”走らせている”し”走っている”
やっぱりこれは2022年復権を期待したくなるなと




その中でも以下で取り上げる馬たち



ナミュール
202111233
リブースト
202111234
アライバル
202111235


これら現2歳ハービンジャー×ノーザンファーム
代表的である3頭の今後に注目なのと
産駒全体的においても昨年.一昨年より
クラシック戦線で注視すべき存在になりそう




以上であります!







グランアレグリアが強さを見せつけて
引退レースとなったマイルCSを勝利
当日の午前中にディープ産駒が芝で連勝し
外差しに時計もあれれ?
前日よりワンランク速くなってないか!
まさにグランアレグリアにはお誂え向きな流れに
まさか馬場弄りがあったんちゃうの!?
と疑いたくなるような気持ちですが
それでも勝つというのが強い馬
同じ藤沢師の馬であるタイキシャトル
これと戦ったならどっちが強かっただろう?
そんな妄想をレース後に抱かせてくれました



そしてそれ以上にもっと強いと感じさせてくれた
それがシュネルマイスター
騎手は外差しを意識して
道中から外に出したそうな感じでしたが
結局は出せずに内枠からの枠なりに
それでも直線伸びてきて
最後にグランアレグリアに迫った脚
来年のマイル路線の主役になりそうですね
しかもこの馬は
海外(特にドイツ)の血が散りばめられた血統
サンデーもロベルトもキングマンボも持ってなく
この後種牡馬になる宿命をも背負ってるだけに
色々と先々が楽しみになりました



そんな海外の血が散りばめられたシュネルマイスター
Kingman産駒でもノーザンファームのお馬さん
結局マイルCSは1-6着馬までが
ノーザンファーム馬で独占
日本のG1レースは芝1600mが最多の7レース
まさに根幹中の根幹距離であって
他のレースでも席巻してるのは
今更言うまでもないところですが
やっぱりここがノーザンにとっては
馬作りとしてまず主軸になってくるという想像



現状阪神では
桜花賞
阪神JF
朝日杯FS
マイルCS(京都代替)
この4つがG1レースとして組まれております
そして19年以降だと20年桜花賞デアリングタクト
同馬以外は全てノーザンファーム生産馬が勝利中
昨年のマイルCSも1-3着を独占し
今年の桜花賞に昨年の朝日杯FSもそうである
しかし一つ意外にも映るのが
19年以降ディープ産駒で勝ってるのは
グランアレグリア1頭のみ
へえ~って感じですよね



クロフネ
Frankel
ハーツクライ
ダイワメジャー
19年以降阪神1600mG1で勝ったノーザン馬
その父をピックアップ
この顔ぶれだけ見ても色んなタイプを走らせてる
さらに2着にはバゴにタートルボウル(共に2歳)
そして今回シュネルマイスターのKingman
特に欧州質の種牡馬でも早いうちから結果が!
これはまさに育成の賜物ではないだろうかと



従って馬場が速かろうが遅かろうが
軽かろうが重かろうが
どっちにしても欧州質の種牡馬となると
臨機応変に対応し得る育成と血統と舞台
そんな形でシンプルに
欧州質の種牡馬×ノーザンファーム馬
これはディープ産駒が現存してる中でも
これだけ走っているのならば
今後さらに走ってきそうである



ドレフォン
シスキン
ナダル
ニューイヤーズデイ
ブリックアンドモルタル
マインドユアビスケッツ
しかし今後の社台の海外からの種牡馬を見ると
全体的に米国寄りの種牡馬が目立ちます
またこれはどこかで潮目が変わる
その可能性はあるかもしれませんが…



ひとまず馬場がどうあれ阪神1600mG1は
シンプルにノーザンファーム馬から選び抜く
的中するならこれが最も近いのが現状確実
この後の阪神JFと朝日杯FSの結果がどうなるか
例えば今年2歳が好調に推移している
ハービンジャーのノーザンファーム馬なんか
面白いのかもしれませんね




以上であります!







昨日は冒頭で気持ちは既にジャパンカップへ!
現状のままの馬場そして時計であれば
今年は外国馬にチャンスあるかも!?
そう書いた途端2歳2000mがレコード決着
Cコース替わりでこれまでよりは速いほうへシフト
そんな感じがした昨日の東京競馬
馬場はいつも気にしてますが
これだと今度は3冠馬VSダービー馬
そう!ディープの構図になっちゃうのかなあ
この後の予想も含めて色々と考えさせられますね




阪神11RマイルCS
◎シュネルマイスター
○グランアレグリア
△ダーリントンホール
×ロータスランド
×ケイデンスコール
悩サリオス

◎単.(あとは塾考)



阪神は使い込まれて馬場は高速ではなく低速寄り
血統的にパワー的要素が強い種牡馬
これが先週土日と先々週日曜はバンバン走ってた
それが昨日でどうなったのか
パワーを要するというのは変わらないが
馬場が差せるベクトルになってきて
欧州的な体力.スタミナ要素のほうが血統的に重要
そんな感触になったかなあと
単純にパワー色強めの血というよりは
それを飲み込むという意味で持続的欧州さが必要
今回はそちらの方向で予想
従って金曜までの予想とは変わりました



シュネルマイスター
父Kingmanに母方が欧州ドイツ血統
そのKingmanはDanzigにGone West持ち
ここまで何度も覆されてるのでナンセンスも
古い人間なんでこの血が流れてる父は
”どうしても(人気で)どこかでポカをやらかす”
それが◎を打ってますが消えてはいません
これまで嫌ってきたからこそ
とことん貫くべきなのかもしれない……
◎を打った途端にはよくあること
差せる馬場で内目の枠が気にはなるが
欧州的要素を問うなら同馬に行きつくのは当然
ダービー→安田→エプソムC
春の東京はこの連続3週はディープ祭りで速い時計
そこでNHKマイルC→安田記念3がやはり強い
先週までの馬場なら母方がパワー色強い
グランアレグリア>シュネルマイスター
そんな評価でしたがこの馬場で非ディープ馬場
であるならば逆転の方に期待してみようと
今秋東京重賞が欧州的持続要素を問われる中
毎日王冠が外から最速上がりで勝利
毎日王冠≒NHKマイルCとすれば
マイルCS≒安田記念という仮説で可能性は十分



グランアレグリア
ディープに母方はニジンスキーで支えられてるが
パワー.スピード色が強い印象
欧州色の差がシュネルマイスターとの差に



ダーリントンホール
前走富士Sで欧州的持続要素を問われるならば
という観点で◎を打った馬で
シュネル同様がっつり欧州
父New Approachはシンコウフォレストの半弟
産駒自体少ないですが短いところをこなす馬が複数
これは内包するAhonooraの血の影響なのか
そして母父Pivotalが欧州でもスピード寄り
前走初マイルでもしっかり動けて
結局後ろから普通に外を回せば2.3着もあった?
そんな感じの競馬で上がり4位
今秋東京重賞欧州的持続要素でシュネル評価で
秋の東京とリンク説なら再度見せ場があっても
アカイイトも上がり2位でしたし



ロータスランド
当初◎まで考えてた馬ですが
欧州的要素よりはパワー寄りに感じる分
そして差せる馬場になって少し評価を下げた感じ
父Point of EntryはRoberto系
産駒は同馬も込みで
タフ馬場に総じて強くて馬力あり
母父Scat Daddyからもそれが付与されている
このScat Daddyは父でも母父でも
間隔詰めて上昇してくる感じがあるので
カレンブーケドール
ユニコーンライオン
ミスターメロディ
叩かれて詰めての臨戦は非常に好感
前走も欧州的持続要素を求められた中での凡走
それだけにさほど気にならず
これは当日馬場を見て評価を上げるかも



ケイデンスコール
カナロア産駒で体力不安も
母方のステゴ牝系の支えと母父ハーツクライ
これで補えてはいるか
休み明け走らず.格上げでこその配合馬も
前走ももう一つでしたしねえ
ただ評価はしておきたい



サリオス
ハーツ産駒で母方ががっつり欧州
Sラインのドイツ牝系で
これは実はシュネルマイスターと同じ牝系
従ってシュネル評価ならと悩ましい馬
休み明けでどっちに転ぶか?



父Frankelが欧州のグレナディアガーズ
その支えである母方は北米色が強く
早咲きスピード寄りという血統印象
前走3角~4角でFrankelらしい?脆さが見えた感
力づくで格好はつけたが
ここはちょっと違うような気がしたので



基本的にはシュネルマイスターの単
これだけ買おうかなと
あとは買ってもグランアレグリア以外の馬
そこからワイド少点数で




東京2R
◎ヴェーチェル

新馬→未勝利黄金ローテのイスラボニータ産駒
まだまだこのローテ追いかけたいなと
前走Vラインから延長で緩くなってさあどうか
可能性はある方に賭けてはみたい前走内容なので
単.(あとは塾考)




福島9R
◎セナリスト

ブラックタイド×Numerous
Numerousの全兄にあたるのがジェイドロバリー
同じ母父を持つのがアドマイヤリード
そんな母父Numerousはややスピード寄りな感
そこで初距離で短くしてきたのがまず好感
2走前皆揃って内を空けてた馬場の中
その伸び難いであろう内を通ってじわじわ3着
このレースを能力担保として評価
前走凡走挟んでリフレッシュ後なら
父込みで小回り1800mで期待したい
単.(あとは塾考)




福島10R二本松特別
◎デルマカンノン

昨日トーセンラー産駒を狙って成功したので
再度ここも2匹目のドジョウを
先々週.先週と福島芝で勝ち馬を出した
それがアイルハヴアナザー産駒
そのアイルハヴアナザーの父の母が
トーセンラーの母と同じプリンセスオリビア
つまり似通った血縁関係ということに
そのトーセンラーの全弟であるのが
デルマカンノンの父スピルバーグなので
現状の福島にフィットしてそうな血
延長<短縮の戦績傾向であるが
前走短縮千直のスタート後は
スピードに乗るまで時間が掛かっており
敢えてここは延長でもその経験値から
前半が楽になって好位付けなら
母父Belong to MeがDanzigで人気急落でもあるし
単.(あとは塾考)




グッドラック!

いや、ちゃうわ(笑)


以上であります!




↑このページのトップヘ