稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ



今週はG1菊花賞
血統派にとっては毎年最も力の入るレース
普段は週末重賞血統評価ベスト3?ベスト5?
としてブログ復活後はやってきましたが
ここでは順位を付けずに
久しぶりに全頭考察をやってみます!
(対象は上位14頭と抽選対象6頭=計20頭)


↑順位を付けずに…と書きましたが
普段通り評価としてベスト5まで挙げてみました
順位は各馬のところに明記
尚、この順位がそのまま予想の印に反映
それはどうなるか分かりませんので


ここでは目に見えるレース血統傾向
というよりは…
やや目に見えにくいインブリード
この傾向を重視しながら色々とピックアップ


これをUPしたのが月曜日の早朝
後で加筆する部分が出てくれば加えます



菊花賞


シンプルにノーザンダンサーインブリード
近年はこの1本のインブリード持ちが好調

ワールドプレミア
フィエールマン
ユーキャンスマイル
キセキ
エアスピネル

それぞれ馬場差の違いは当然あれどこの結果


そしてここ2年の結果から感じるのは
また欧州血統の重要性が増してきた感
昨年は稍重→良で馬場自体重めでしたが
上位勢は軒並み欧州色が強い馬で独占
一昨年は超スローの競馬でしたが
そこまで高速馬場でもなく
1.3着馬の母方が欧州色が強かった
→ただこの1.3着馬は支えにスピードの血あり


これをさらに裏付けていきそうなのが
先週&先々週の京都重賞それに馬場
馬場推移は非常に似たような感じで
土曜道悪→日曜回復
日曜はレースが行われるたびに外有利へ
そんな中でまず秋華賞は上位5頭の内4頭が
父か母父キングマンボ系
京都大賞典2.3着馬が外から来たキングマンボ系
そして秋華賞2着馬がディープ×パワー体力系
これは京都大賞典1着馬と近しい配合
馬場は当日までどうなるか分かりませんが
エアレーション後の施された馬場で
ここまで重い馬場で2週続けて使われてしまうと
もう高速馬場というのは望めないかもしれず
ならば先週&先々週で走った血統というのは
ヒントとして菊花賞でも十分使えるかも?


もちろん高速馬場が望めないのなら
先程書いたように
近年秋の京都は開幕後2~3週の重賞は
エアレーションの影響から欧州血統
これが重要になりつつあるのでね
まあ馬場が戻っていけば
一昨年のように
欧州色をベースにスピードの血で支える
そんな血統構成馬を狙いたくはなりそう



考え方の導入部としてはこんな感じで
あとは個別に見ていきましょう



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;







続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週は土曜がサクッと予想が1つ的中し
日曜日は秋華賞までが全く当たらず
何とかその秋華賞で○→▲の馬単的中で
日曜のボウズは免れたものの
土日トータルではマイナスでありました
(タラレバ言いたいが我慢我慢)


それでも実は秋のG1これで連続的中だったり
◎エイティーンガール
◎ミスニューヨーク
これでも何とかプラスに持っていけてるので
気分的には悪かろうはずもなく…



↑先週更新した記事になります



秋華賞


【短評】
デアリングタクト無敗で牝馬3冠達成!
馬場的には先週のVTRを見てるかのよう
土曜の道悪から日曜は稍重へ
回復途上で先週よりは内も悪くなかったが
結局今週も先週同様に
レースを使うたびに外が有利になった印象
3着争いした2頭がデアリングタクトより外
2着馬はデアリングタクトより内
上位4頭共インは通ってませんでした


【血統評価】
1位 クラヴェル(除外)
2位 レイパパレ(除外)
3位 デアリングタクト(1着)



✔普通に強かったデアリングタクト
エピファネイア産駒で
産駒自体延長臨戦や2200m以上
この成績が現状良いので
表現は難しいが【ゆったり】感を感じさせていた
そういった面でこの京都2000内回り秋華賞
舞台設定的には正直微妙かなあと思いつつでした
が!全くもって杞憂に終わりました
母と母父からの欧州の血の支え
祖母がサンデー×デアリングダンジグ
Pulpit×デアリングダンジグがピットファイター
ここからすれば
この牝系はストレートに父を出しやすいか?
血統構成的には向いた感もするので
あとは高速馬場でどこまでやれるかが見てみたい
でもデアリングハートと思えば
東京の高速馬場は良さげにも思えたり

✔最後デアリングタクトの内に入れて
一瞬「おっ!」と思わせたマジックキャッスル
4角から外に持ち出すのは
馬も来てたので無理でしたし
4角でバラけてデアリングの内
これが開いたのも良かったが鞍上の好判断
ディープ×クリスエスで
クリスエスからパワーと体力
2週前と似たような馬場ならイメージ的に
ディープ×スウェプトオーヴァーボード
京都大賞典勝ち馬と近しい配合と感じ評価
母方も欧州色が強いので
そういう場面となると今後限定されるかも
※あとディープ×パワーと体力なら
それっぽい馬が来週菊に居るような居ないような

ソフトフルートは評価出来ず…
母父キングマンボから欧州
母方はFappiano込みのミスプロインブリード
後から思えば何とやらも
その時点で評価出来なかった自分の甘さ
牝系にアイスストーム.ミッドサマーフェア
ややもすれば底力がなあという判断でしたが
そこはディープインパクトですかねえ

✔めちゃくちゃ惜しかったパラスアテナ
マジックキャッスルとのワイド持ってたので
もうテレビの前でガックリでありました
非ノーザンのルーラーシップ産駒は
キセキをはじめとして
ノーザンF馬よりさらに体力ある馬が多い印象
この馬も馬場に恵まれた感もあるので
マジックキャッスル同様
活躍の場は限定されるかもしれないが
東京の軽い条件で勝ってるのがあるので
割と奥深さがあり広いレンジで見るのも必要か
それと母からして早咲きの可能性もある

ミスニューヨークは上位4頭に比べると
3角~4角で外からばっと来られた分
出すとこがなくなり後ろになってしまい
伸びて来るもさすがに届かなかった
ちょっと勿体なかったなあと
血統的にはキングズベスト×マンカフェなら
重めの所で且つ人気薄で再度狙いたい

結局上位5頭の内4頭が父か母父キングマンボ系
2週前と似たような馬場推移で
その2週前の京都大賞典が
2.3着馬が外から来たキングマンボ系
そして2着マジックキャッスルが
京都大賞典1着馬と同じディープ×パワー体力系
来週菊花賞の馬場はどうなるか分かりませんが
エアレーション後の施された馬場で
ここまで重い馬場で2週続けて使われてしまうと
もう高速馬場というのは望めないかもしれない
ならばここで来た血統というのは
ヒントとして十分使えるかも??
そして欧州血統というのも肝になるか

オーマイダーリン勝ちに行った!?
デアリングタクトの後ろからねえ…
もう少しジッとしてたらと
買ってた人からしたら
「勝ちに行ってんじゃねえよ!」って感じか
これはディープでも母方がコテコテの欧州配合
そのバックボーンも効いた印象で

マルターズディオサは逃げの競馬
それでも上位勢が軒並み外からの中
2着馬から1秒負けなかったのは好内容
キズナ×ニジンスキー内包馬でDoff the Derby
坂コースの1800m以上ならまたすぐに出番ありか
当然その時にはルーラーを添えて
逆にディープは軽視方向で

ムジカも上位勢よりは1列後ろで
エンジンは掛かるも届かなかった
サドラーのインブリードもあって
牝系にはショウナンマイティ
この馬もタフ寄りなところで出番があるか

ウインマイティーは逆にインが活きる馬場
そうであったなら位置取り的にチャンスあったか
オークスの3着がそうであったように
ゴールドシップで内を活かすタイプとメモ

ミヤマザクラ.リアアメリアの2頭は
イン前の競馬と母方の米国色の強さ
共に全く逆ベクトルのレースになった感

ウインマリリン
過去2戦東京でインから連続好走から
今回は外伸びで過去2戦とは逆ベクトルに

✔オルフェで大敗後の巻き返し
いわゆるリズムを一度崩すと難しいのかも
ホウオウピースフルは紫苑Sでいいとこなく
凡走からここもがっつり負け
取り敢えず休ませるしかないかと



府中牝馬ステークス


【短評】
雨降りのズブズブ重馬場
上がりベスト3の馬がそのまま1-3着独占
道悪適性がものをいった感もあるが
じゃあフェアリーポルカのケツはなあも…
予想は◎○▲△印打った馬が5-8着下位独占
◎○がブービーとケツ
箸にも棒にも掛からぬとはこの事



サラキアはディープ×欧州配合
サリオスの半姉でも最早軽さは感じられず
近年よく見られる
ディープ晩年のパワー体力型が良かったか
しかし愛知杯もがっつり負け
今年のエプソムCもイン前有利の中
馬場的にはややしんどい所を通ってはいたが…
こういう晩年ディープやディープ×サドラー
ズブズブの重馬場では要注意でメモ
これを頭で買って当たった方は素晴らしい!

ハーツ×欧州配合のシャドウディーヴァ
この馬もサラキア同様に
イン前有利のエプソムCで外を通って惨敗
そこからクイーンCで4着
跳ね返り的にこれが精一杯かなと思い評価せず
まだ伸びしろは残してそうで
母母父Indian Ridgeを鑑みれば短縮
そしてコロナ明けでハーツ外人替わり
闘争心を注入出来そうな条件なら&特殊馬場で

サムシングジャストは読めなかった
ヴィクトワールピサの特に牝馬に関しては
上級馬であるほど決め手を活かす馬が多く
つまり道悪歓迎とまではいかないジャッジ
母父タイキシャトルも
上級馬であるほど父をストレートに出す印象
そう感じたのもあったので
道悪適性で走れたのもあるだろうが
広いコース替わりがそれを上回るほどに向いたか
自分の中では今後厄介な存在になりそう

トロワゼトワルは重い1800mでもそれなり
母父ハーツが内包してるトニービン
これが効いてるのか?
11秒台が続くスピード持続力勝負でこそか

タフ馬場だった鳴尾記念
そこで2着にまとめてたラヴズオンリーユー
しかしこの血統構成でこの馬場はさすがに重すぎ
ただこれは直感からですが
何となくこのまま萎んでいきそうな気も

シゲルピンクダイヤはまずゲート練習!

フェアリーポルカは道悪悪くないはずが…
単純にフェアリードール牝系と母父タキオンで
中山(小回り)ベストなんだろうかねえ



あとおまけへと続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



ここからほぼ毎週G1で本日は秋華賞
週中に血統評価記事を上げたものの
評価した1位&2位馬が揃って除外💦
やる気スイッチ半減ですが
素直に初の無敗の3冠牝馬誕生を見守りたい気も


土曜日の府中牝馬Sは印打った馬が5-8着
つまり下から4つを独占してしまい
◎○がブービーとドベ
これで膿みを出し切ったとして
秋華賞当たればいいなあと前向きにwww
あとサクッと予想が1/2的中でした



京都11R秋華賞
◎ミスニューヨーク
○デアリングタクト
▲マジックキャッスル
△パラスアテナ


京都は土曜の道悪からどこまで回復?
これ先週と全く似たような構図なんですよね
土曜は内を避けて通る馬が多く外がよく伸びた
先週は回復しても
内から何頭か分までは伸びなかった印象で
レースを使うたびにそれが顕著になっていった
基本外が伸びるほうに賭けてみたくなる


例年秋の京都は開幕後2~3週の重賞は欧州血統
エアレーションの影響から
これが重要になりつつある中
土曜日に2週続けて雨降りで馬場が重めだと
やはり急激な回復は望めそうにないので
ここは重視してみたい


そしてその欧州血統を下支えするにあたって
重要だと思えるインブリードが
✔Halo
✔ミスプロ(レイズアネイティヴ)
✔プリンスリーギフト
いわゆるノーザンダンサーとは対をなすというか
米国的なパワーとスピード
ナスルーラ的なスピード持続力
根っこに支えとして持ってる馬が好傾向である



ミスニューヨークはキングズベスト産駒
父キングズベストといえばエイシンフラッシュ
外国馬では凱旋門賞馬ワークフォース
キングズベストの半姉には
これまた凱旋門賞馬アーバンシー
出走馬の中で父だけ比較したら
この馬が最も”THE欧州”というような感じ
キングマンボですから格こそ違えど
京都大賞典2.3着馬と同じ父系
先週同様な馬場推移であるならば
踏襲するという意味では悪くない
そしてミスプロの3×5インブリード持ち
母方のFappiano.Carson City
それぞれ速い血も携えてるので
父と合わさった血統構成が
回復していく馬場でマッチする可能性
これに賭けたくなる
そして母父マンカフェでこの母父は
レッドジェニアル.ノットフォーマル
ショウナンラグーン.ダンツプリウス
ランスオブプラーナ.メイショウグロッケ
プリンスリターン.プラチナヴォイス
そして父×母父同配合のトーラスジェミニ
芝重賞で延べ15頭が馬券になり
その内11頭が単勝10倍以上という穴血統でもある
前走紫苑Sでラスト内の馬群に突っ込んで
怯まずにしっかり伸びてきた
格上げでこの競馬で0.3差は好感で
この分だけ今度は外伸びで
外から未勝利戦みたいな競馬が出来れば
弾けてもなあという淡~い期待を込めてみる

デアリングタクトはエピファネイア産駒
母シーザリオと母父キンカメから
しっかりと欧州の血で支えられている
そのエピファネイアはHalo内包なんで
必然的にサンデーの血が入った牝馬
これと掛け合わされるとHaloインブリード完成
この馬は5×4のHaloインブリード
エピファ×サンデーなら
全て評価しないといけなくなってきますが…
エピファネイア産駒自体延長臨戦や2200m以上
この成績が現状良いので
表現は難しいが【ゆったり】感を感じさせる
そういった面でこの京都2000内回り秋華賞
舞台設定的には正直微妙かなあと思いつつも
この血統構成に現状の馬場は追い風
祖母がサンデー×デアリングダンジグ
Pulpit×デアリングダンジグがピットファイター
ここからすれば
この牝系はストレートに父を出しやすいか?
ならば欧州の血で支えられてる父であるし
素直に?評価しましょうという感じ

マジックキャッスルはディープ×クリスエス
母方はかなり薄いものの
ボールドルーラーインブリード
シンボリクリスエスならパワーと体力
このあたり少々強引でも
スウェプトオーヴァーボードと被る面も
そう!先週京都大賞典を勝ったのが
ディープ×スウェプトオーヴァーボード
そのシンボリクリスエスの奥が
Fairy King×Precociousという欧州の血
鞍上は乗り替わりましたがおそらく外ぶん回し
これが今回は功を奏す可能性も

パラスアテナは非ノーザンのルーラーシップ
母方にしっかりと欧州の血を携えていて体力十分
さらにミスプロの4×5インブリード持ち
ルーラーはキングマンボですから格こそ違えど
京都大賞典2.3着馬と同じ父系
先週同様な馬場推移であるならば
踏襲するという意味では悪くない

リアアメリアはミスプロとボールドルーラー
このインブリードを母方に持ってる馬
今年のディープの重賞勝ち馬を見ても
母父ミスプロ系を中心に米国型がほとんど
全体的に今年は通年タフな馬場で推移してる中
ディープに関してはまず米国のパワーとの配合
これが例年より効き目をもたらしやすいかも?
母父Rockport Harbor
これはUnbridled's Song~Fappianoなんで
まさに早期完成とスピードとパワー
欧州の血が薄いという側面はあるが
馬体増やして高い完成度を前走見せただけに…
ただデアリングタクトを意識すれば
乗り方は前走比較からもかなり難しいか

Halo4×5インブリード持ちのウインマリリン
過去2戦東京でインから連続好走
しかし今回は大外と外伸びバイアスなら
過去2戦とは逆ベクトルになりそう
スクリーンヒーロー×Fusaichi Pegasus
字面的にはパワーっぽい配合でも
インから抜けてきた過去2戦の走りから
ミスプロ×ダンチヒ×Haloと重ねた母父に
母母父米国型ボールドルーラー系
このスピードに長けた面が出たタイプか
この馬そしてモーリス.ゴールドアクター
ジェネラーレウーノ.クリノガウディー
まあモーリスは別枠として
スクリーンヒーロー的にG1好走なら
間隔開けるよりは使っていった方がいい?
ロベルト系でもあるなら尚更

ミヤマザクラは
母方がボールドルーラーインブリード
母がミスパスカリでパワータイプっぽく
ならば現状の馬場は悪くなさそうだが
この馬は兄達とは違い牝馬で
短縮を前で押し切ったクイーンCから
まだこの時期ならスピード寄りという認識
徐々に血統字面に近付くとは思うが
そのあたりと今の馬場とこの枠
果たして噛み合うのだろうか?

ムジカはデアリングタクトと父が同じ
Haloの5×4インブリード持ち
そしてサドラーの4×3インブリードも
いわゆるこの”重さ”というものが
強敵相手でも活きたのかなというローズS
重さ=鈍感な分だけ相手強化でも
一定の持続力勝負で差して来れる
牝系にはショウナンマイティ
やっぱりタフ寄りでこそなのかもしれないし
連続好走してくるイメージは持てる牝系
これは馬券に入れてもいいかも

◎の単複.◎○のワイド
○→◎▲△の馬単
(◎▲△ワイドBOX)
(◎▲△ー○ームジカ+思案中)



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



8頭立てと寂しくなった府中牝馬ステークス
このレースを中心にいくつか予想


先々週はブログ予想4/5的中
そして先週は土曜が全くでしたが…
日曜で自分でも驚いた単97倍的中含め複数的中
さらに調子に乗って買った
南部杯→エーデルワイス賞でも的中
近年でも記憶にないぐらい?
そう!まさに”稀な珍現象”が起きている現状
もうさすがに確変も終わりでしょうwww


そんな今日も
先週土曜同様に東京&京都は雨予報
特に府中牝馬ステークスは
そこを意識してみましたが…



東京11R府中牝馬ステークス
◎シゲルピンクダイヤ
○フェアリーポルカ
▲ダノンファンタジー
△ラヴズオンリーユー


レースの傾向は(インブリード的に)
ノーザンダンサー強調型が馬場不問で好調
父ノーザンのフロンテアクイーン
同馬が2度馬券になっており
且つ馬場悪化ならそこを求めるべきか



シゲルピンクダイヤ
ノーザンダンサー4×4+5=15.63%インブリード
かなり血統表の中にノーザンが強調されており
まずこれはレースイメージに合いそう
しかもそのノーザンの母父High Chaparral
これがサドラーズウェルズで
先週道悪だったサウジアラビアRCでも
2.3着がサドラー持ちという結果からの後押し
そしてダイワメジャーならより好走のイメージも
前走馬場の違いはあれど
2走前Vマイルよりは位置取りは前目で弾けず
京都牝馬Sも道悪短縮でVライン
忙しさを感じるレースより
ちょっとゆったりいったほうが
現状はいいかもしれない?という思いもあるので

フェアリーポルカはヌレイエフの5×3
フェアリードール牝系で中山(小回り)ベスト感
母父タキオンまで加わると尚更も
ルーラー&道悪と他馬の評価が下がる分
相対的に対抗まで浮上させました
前走は2走前よりペースUPを
位置順的には少し前目にいった形
そこでも4角から外に出し
休み明けプラス18㎏でも十分と思わせる内容
これが担保されてるというのも
自分の中では評価をしたかったので

ダノンファンタジーは
牝系が完成度高くスピード優勢
徐々に完成度のアドバンテージが無くなりつつ
速さでも前走ノームコアやサウンドキアラ
これらにも敵わなかった
それでも1秒以内の負けには抑えており
今回はそこからの格下げ戦
2走前格下げ戦で負けてるものの
そこはプラス22㎏で余裕残しだったすれば
この1度だけでは見限りたくなく…
完成度はまだしもスピード優勢から
サトノフラッグ.ダンサール.バラダガール
この一族と同じ母父Not For Sale
つまりパワー寄りにシフトしていれば
ここは絶好のタイミングとも取れる

ラヴズオンリーユーは
ノーザンダンサー5×4+5=12.5%インブリード
血統表の中にノーザンが強調されている
ただこの血統配合を道悪の1番人気で高評価
これは別にせんでもいいかなあと
前走タフだった鳴尾記念を格下げでまとめており
良ならもっと評価したので押さえには必要

サラキア
サムシングジャスト
この2頭も迷ったが…

サラキアは前走格下げでの反応が非常に良すぎ
これがまず気に喰わないものの
血統的には母方が欧州配合で
サリオスの半姉でもスピードよりは
現状こういう馬場は向きそうではある
押さえるかもしれないw

サムシングジャストはHaloインブリード持ち
これはこのレースと好相性ではあるが
ヴィクトワールピサの特に牝馬に関しては
上級馬であるほど決め手を活かす馬が多し
つまりあまり道悪歓迎とまではいかなさそう
母父タイキシャトルも
上級馬であるほど父をストレートに出す印象

◎単複.◎○ワイド
○▲△→◎馬単



以下、サクッと予想に続きます



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;







続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ