今週日曜日は東京新聞杯


レース自体にいい想い出がないので
さっさとオフ会の話に………


昨日発表されたのがこれ
参加される方から初めて聞いて
へえ~こんなんあるんや!って感じでした
実際オフ会で使うかは別にして
非日常的なものが味わえそうですね
こっち=阪神や京都では
こんなの聞いたことがないような?



今週末で締切のオフ会の記事

いよいよ宣伝もラストスパート
まだ募集中ですので
興味持たれた方はお気軽にどうぞ!




先週から開幕した東京
どうでしょう!?
飛びきり速くもなくタフでもなく
そんな感じの馬場でしょうか


過去のレース傾向には固執せず
ワンターン=コーナー2回の東京重賞
大まかなところで
それぞれ合いそうな血統構成馬
そして個々の血統を掘り下げる形で



そのあたりを踏まえつつ
ここからは登録馬から
人気馬と気になる馬を数頭ピックアップして
血統を見ていくことに



レッドヴェイロン

レッドヴェイロン
間隔開けてきたキンカメ×ノーザンファーム馬
これは重賞ではやはり走ってくる臨戦で
特に人気馬ほど従順なところもあり
母方には
エリモピクシー~エリモシユーテングの名も
言わずとしれた東京一族ではあるんですが
とにかくこの牝系は
圧倒的に急坂コースより平坦でこそ
東京は平坦カテゴリーですからなるほどなと
母母父がスピード持続力に長けた系統
テスコボーイ.ボールドルーラー.ノーザンT
スピード持続力の血と言えばこのあたり
下支えとして奥に持ってるというのもミソで
ケイデンスコール.ステルヴィオ
テトラドラクマ.エアスピネル
キングマンボ系種牡馬×スピード持続力の下支え
そんな配合馬は近年ワンターンの舞台で
結果を出してるのでいい配合なのかなと
とにかくこの馬よりいいと思える馬が
いるかどうか?これがポイントになりそうです



ヴァンドギャルド

ヴァンドギャルド
ディープに母父Motivatorはサドラーズウェルズ
その奥の母方も欧州の血が並んでおり
母方は欧州志向が強い配合
ディープ×母父欧州血統
この配合はワンターンの舞台になると
サラキア(エプソムC)
レッドオルガ(東京新聞杯)
シェーングランツ(アルテミスS)
ジュールポレール(ヴィクトリアマイル)
スマートレイアー(東京新聞杯)
人気馬より人気薄.道悪.高速馬場.超スロー
やや特殊なところで走ってくる印象
この舞台でのディープの王道母父は
やっぱり米国的な速い血なんですよね
今回人気だと厚めの印では狙い難い印象



プリモシーン

プリモシーン
間隔開けたディープ×ノーザンファーム馬
重賞ではもちろん走る臨戦の組み合わせですが
昨年から見ていくと
ディープ×ノーザンファーム馬の芝重賞では
間隔開けた臨戦(10週以上)だと
【見事なまでに若い馬ほど成績が良い傾向】
若い馬=2.3歳馬でありまして
古馬たちは間隔開けると反応しにくい??
母父Fastnet Rockはダンチヒで速い血
この舞台ではいい部類なんでしょうが
Fastnet Rockはメラグラーナ.フィアーノロマーノ
そしてこの馬と速ければ速い馬場ほど良さげ
高速馬場を速い血で差すイメージですね
従って先週のような馬場だとどうかなあ?
もっと速い馬場の方がいい気はしますし
そもそも56㎏も他馬と比べてしんどいような…



サトノアーサー

サトノアーサー
同馬も間隔開けたディープ×ノーザンF馬
(詳しくは☝のプリモシーンの所に明記)
6歳でこの臨戦で反応出来るか!?
しかも母父Redoute's Choiceはダンチヒなんで
そのプリモシーンと同配合に
ワンターンのこの舞台ではいい部類の配合で
Fastnet RockよりRedoute's Choiceのほうが
私的には重い印象はあるので
プリモシーンとの比較から言うならば
現状の馬場的にはこの馬のほうが合ってそう
初マイル重賞というカードもあります



クリノガウディー

クリノガウディー
スクリーンヒーロー×ヘイロー系ディアブロ
注目のニックス配合ですね
母母父メジロライアンがノーザンテースト系
モーリスは強すぎるのであれですが…
ブラックスピネルはCrafty Prospector
そしてダンチヒを母方に
Crafty Prospectorは平坦京都で強い血
アルフレードはテスコボーイにノーザンT
ロベルト系種牡馬でこのワンターンで走った馬
それらは母方にスピード持続力血統あり!
このあたり☝のレッドヴェイロンとも共通
実際この馬は富士Sと東スポ杯で見せ場
富士Sを後ろから行った後に
アップ戦のMCSで先行し0.6差
厳しさを感じる所で踏ん張ってからのここ
今回は臨戦もよく見えるんですよ



ケイアイノーテック

ケイアイノーテック
ディープに母方がミスプロ×ダンチヒ
NHKマイルC勝ち馬ですから当然ですが
このディープ×速い血配合はここの舞台でこそ
スワーヴリチャード
コントレイル
スカーレットカラー
リアアメリア
馬場の違いはあれど
昨秋東京重賞で勝ちまくったのが母父ミスプロ
父サンデー系との配合が
スピードをサポートし瞬発力との融合
これにより東京で輝くのもあるんでしょう
前走2000mを後ろからだったので
当然間に合うかどうか?になってきますが
そこで上がり最速を出してるので気配はあり?
元々母ケイアイガーベラが
短縮が抜群に強かったので
ここへの久々の短縮臨戦での挑みが好感なんです




以上、お付き合いありがとうございました
1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;