稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:ワグネリアン



今週日曜日は大阪杯


水曜日にそこそこの雨が降りましたが
それ以降当日まで予報では雨は降らなさそう
今週からA→Bコース替わりの阪神
基本的には内前有利になるでしょうか!?


そんな阪神2000mですが
AコースとBコースで明確に違うものが…


大阪杯2020参照
これは2015年以降3勝クラスより上の条件
阪神2000mでの上がり3F順位別成績
(上段Aコース、下段Bコース)


大阪杯2020参照2
これは2015年以降3勝クラスより上の条件
阪神2000mでの脚質別成績
(上段Aコース、下段Bコース)


上がり1位馬の成績差が歴然とし
Bコースになると上がり3.4位馬の成績がUP

逃げ・先行の好走率がBコースになるとUP


つまりBコースになると
瞬発力は効き難くなり
持続力やパワーの要求が高くなる傾向にあり
あくまで数字ですが
そんな要素も備えるのが阪神2000mBコース



持続力やパワー…
まさにこれにビンゴなのが現状の阪神重賞
大阪杯2020参照3
母父を見るとそれが浮き彫りになっていて
米国志向の強い母父馬が圧倒的に馬券に


阪神2000mBコースで求められそうなものと
現状の上のクラスでの結果
これが=イコールっぽく思えるならば
それを重視してみる感じで



このあたりを気にしながら
ここからは出走馬の血統を見ていこうかと


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



さらっと重賞回顧です


あのねぇ…
JCはG1ではこの秋一番の勝負をしました!!
◎じゃなくて◉を打つぐらいの自信ありで
それが見事なまでに木っ端微塵(^^;


◉にとってはお誂え向きと思えたんですが…
しかも挙句の果てに
血統的に厳しいであろうという馬に走られた
こういう時どういう回顧をすればいいものか笑


予想へのアプローチはこれでよかったか?
これからもそして来年もこれでいいのか?


なんかぐるぐる脳ミソ動かして
現在朝の4時に書いております(^^;


それではいってみよう~


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週は東京でジャパンカップ
登録馬を見ての第一印象は
「ノーザンファーム馬だらけやんか!」
今回はこのあたりから探ってみようかなと
レースの本質を捉えたいという意味からも…


普通に今の東京重賞傾向から探る
それも考えましたが…
とにかくこの秋の東京重賞は
2歳戦を中心に頭数が少ない!
従ってなかなか参考にし辛い面も
少しだけ触れておくと
頭数が揃ってたレースでは
欧州志向の強い馬の人気以上での頑張り
これが目に付くかとは思ってます


斜めからの血統分析になりますが??
あ~また言ってんなあこの人
ぐらいな感じで遠目にみてもらえれば(^^;


それでは取り組んでいきます


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
11月18日(土)東京競馬場で行われる東京スポーツ杯2歳ステークス2017の予想です
 
 
東京スポーツ杯2歳ステークスは芝1800mで行われる2歳馬の重賞レース
レース名が長いので東スポ杯2歳Sと略される事もしばしば

2歳重賞としてはここで初めて1800mを超えるレースに
ですからマイルG1である朝日杯フューチュリティステークスというよりは
来年のクラシックに繋がりやすいのがこのレースではないかと

サトノクラウン(ダービー3着)
イスラボニータ(皐月賞1着、ダービー2着)
コディーノ(皐月賞3着)
ディープブリランテ(皐月賞3着、ダービー1着)
サダムパテック(皐月賞2着)
ローズキングダム(ダービー2着)

近2年の勝ち馬こそ活躍出来てはいませんが
過去の勝ち馬の顔触れを見ると軒並み来年のクラシックで馬券になっております
(昨年も2着だったスワーヴリチャードがその後ダービー2着と頑張りました)

今年は大物と噂されてる2頭がワグネリアンとルーカスが激突!人気も2強の様相ですし!

この2頭に恐れをなしたか?頭数も7頭という少なさになりました
 
そんな東京スポーツ杯2歳ステークス2017の発走時刻は15:30になっております
 

レースの見解はこう考えました


 

これは過去10年における東京スポーツ杯2歳ステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

ディープインパクト産駒は11年にディープブリランテが勝ってますが
過去5年に限定すれば【0.2.2.6】で勝ち切れてはいません
それでも昨年まで3年続けて馬券になってるので今年も注目せざるを得ない感じ

昨年はバトルプラン産駒のブレスジャーニーが勝利し12年は1~3着上位独占と
このレースで好調なのはミスプロ系種牡馬
過去5年だと【2.1.2.7】ですから好走率が非常に高くなっております
スピードの完成度の高さでここは勝負になるといった所か!?

まあミスプロ系種牡馬もそうですが
前走で速い上がり(2位以内)を使ってる馬がよく好走=つまり現時点での完成度の高さ
これが問われやすいレースなのかもしれません

母方の血は欧州血統でも走ってる馬はいるんですが
どちらかというとスピード持続力に長けた血だったり配合だったりを母方に持つ馬が優勢
 

東京スポーツ杯2歳ステークス2017の予想


 
◎はワグネリアンにしました
父はディープインパクトで前走野路菊Sは上がり2位で0.4差で圧勝
祖母がブロードアピールで母方の血は米国志向が強くスピード持続力に長けた配合
ディープインパクト×キングカメハメハという配合で
字面だけなら間隔を開けての臨戦が良さそうだなと思い調べてみましたがイメージ通りではあり
今回前走から9週と間隔を開けての臨戦は好感が持てますし
この配合は前走と同距離臨戦が圧倒的に走ってるのでそれも良いかと(前走1800m)
このレース勝ち切れてないディープインパクト産駒ですが
野路菊Sパート2みたいな頭数ならまあ無難にこれで仕方ないかと
 
○はゴールドギア
父はロードカナロアでキングマンボ~ミスプロ系種牡馬
前走上がり2位で母がギンザボナンザに3代母がアドラーブルなら割と隠れ良血
出走馬で唯一となる格上げで良いイメージのあるトニービンを母母父に
現時点での産駒傾向を見ても延長臨戦に対応してきてますし
仮に湿った馬場になっても稍重馬場での成績がここまで抜群なので
 
△はシャルルマーニュ
父はヴィクトワールピサなんでサンデー系種牡馬
母父はノーザンテースト内包のサクラバクシンオーという事でスピード持続力
過去4戦オール3着内とまとまった成績になってますが
近親を見ると2歳から走ってる馬が多いのでそれも納得させられます
(代表的なのはファンタジーS3着があるハロースピード)
ヴィクトワールピサ産駒は間隔を開けての臨戦よりも詰めた時のほうが良い傾向
前走アイビーSが10週という間隔で今回は4週なら今回のほうが期待出来そうな気も
 
ルーカスは×で様子見
父はロベルト系種牡馬であるスクリーンヒーローであのモーリスの全弟にあたります
どうしてもそのイメージがあるんで強そうに見られがちですが
モーリスというのはスクリーンヒーローの域を余裕で超越した馬だったのでねえ・・
ここはスクリーンヒーロー産駒という観点から見て行くと
今回前走から間隔を開けての臨戦になるんですが重賞だとこのパターンは○
ただ2歳戦に限れば間隔を開けるよりも適度な間隔で使ってる馬のほうが成績は良い傾向
ですので今回はどっちに出るのか!?母方は欧州ノーザンダンサー配合

×コスモイグナーツの父エイシンフラッシュはキングマンボ~ミスプロ系種牡馬
交互の成績を刻んでますし速い上がりを出すタイプでもないので狙い難いですが
ミスプロ系種牡馬というところのみを評価
 

予想印と買い目


 
ワグネリアン
○ゴールドギア
△シャルルマーニュ
×ルーカス
×コスモイグナーツ

買い目は
◎ー○△の馬連
◎○ー△××の3連複
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ