稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:ブラストワンピース



今週日曜日は大阪杯


水曜日にそこそこの雨が降りましたが
それ以降当日まで予報では雨は降らなさそう
今週からA→Bコース替わりの阪神
基本的には内前有利になるでしょうか!?


そんな阪神2000mですが
AコースとBコースで明確に違うものが…


大阪杯2020参照
これは2015年以降3勝クラスより上の条件
阪神2000mでの上がり3F順位別成績
(上段Aコース、下段Bコース)


大阪杯2020参照2
これは2015年以降3勝クラスより上の条件
阪神2000mでの脚質別成績
(上段Aコース、下段Bコース)


上がり1位馬の成績差が歴然とし
Bコースになると上がり3.4位馬の成績がUP

逃げ・先行の好走率がBコースになるとUP


つまりBコースになると
瞬発力は効き難くなり
持続力やパワーの要求が高くなる傾向にあり
あくまで数字ですが
そんな要素も備えるのが阪神2000mBコース



持続力やパワー…
まさにこれにビンゴなのが現状の阪神重賞
大阪杯2020参照3
母父を見るとそれが浮き彫りになっていて
米国志向の強い母父馬が圧倒的に馬券に


阪神2000mBコースで求められそうなものと
現状の上のクラスでの結果
これが=イコールっぽく思えるならば
それを重視してみる感じで



このあたりを気にしながら
ここからは出走馬の血統を見ていこうかと


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週日曜日はアメリカJCC


アメリカジョッキークラブカップ
AJCC
呼び方は色々ありますがどれも正解(笑)


そんなアメリカジョッキーCCの考察
いってみよう~


しかし世間は「不倫」に「DV」と
文春砲が飛びまくってるようで大変ねえ


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
今週土曜阪神競馬メインレースは毎日杯2018

毎日杯は芝1800mで行われる3歳馬限定重賞でありまして
皐月賞への最終便もしくは日本ダービーへ向けての重要な前哨戦になりますね

昨年は勝ち馬アルアインが皐月賞で9番人気の低評価を覆して勝利
過去10年毎日杯→皐月賞のローテーションは【0.0.0.12】と実は鬼門でありましたが・・
そして5年前の2013年は勝ち馬キズナが京都新聞杯を間に挟んでからダービー勝利
共にディープインパクト産駒という共通点がありました

今年はインディチャンプ、ギベオン、ブラストワンピースの3頭
これらがいずれも2戦2勝の連勝馬という事で注目を集める事になりそう
 
その他主な出走馬はシャルドネゴールド、ユーキャンスマイル、ファストアプローチらが登録
 

出走予定馬と血統表


 

これが毎日杯2018出走予定馬15頭の3代血統表(全馬出走可能になっております)
 

レースの血統傾向


 

これは過去10年における毎日杯1~3着馬の父と母父が分かるもの

まず当然のように目が行くのがディープインパクト産駒ですね
通算で【3.3.4.12】複勝率45.5%ですからほぼ2頭に1頭は馬券に絡んで来てます

17年7番人気3着 キセキ(父ルーラーシップ、母母父ドクターデヴィアス)
16年4番人気2着 アーバンキッド(母方Swain×Nureyev)
15年7番人気1着 ミュゼエイリアン(母父エルコンドルパサー)
15年3番人気2着 ダノンリバティ(父キングカメハメハ、母父エリシオ)

ルーラーシップ
エルコンドルパサー
キングカメハメハ

キングマンボの血を持つ馬の活躍が人気より着順が上だった馬では目立ってます
そのキングマンボを持つ馬は欧州血統をセットで(母父エルコンはサドラーズウェルズ内包)

アーバンキッドは母方が欧州配合という事もあるので
ここで走ってきそうな馬は欧州血統を持つ馬というのが面白そうなのかもしれません
 
 
【現時点で最も注目してるのがこの馬】

ファストアプローチ

父・母父は欧州血統なので欧州配合馬
母母父もミスプロ系ですが欧州で活躍した馬なんでかなり欧州志向の強い馬
前走はマイルの内枠、2走前はマイルのアップ多頭数中枠
近親にL系サトノクラウンが居る血筋ならその2走は今思えば狙うタイミングではなかったか・・
(前走◎でしたが.笑)
今回はこの馬が実績ある延長臨戦且つ非根幹距離にもなりますし異端臨戦にも該当
 

ブラストワンピースは果たして強いのか!?


 
今回間違いなく注目され人気の一角に推されるであろう馬がブラストワンピース

新馬戦は超スロー上がり勝負を先行し最後外に出して0.2差完勝
その次前走ゆりかもめ賞は一気の距離延長でどうかな!?と思いましたが
馬込みを苦にせず最後内から馬群を縫って0.7差の圧勝でした

↓ブラストワンピースの過去2走


割と淡白な馬が多いハービンジャーなので特に前走の内容が評価出来そう
内から間を割って抜けてくるというのはペルシアンナイトやモズカッチャンを彷彿とさせてくれます
 
 

↑そしてこれがブラストワンピースの血統表

母父キングカメハメハという事はキングマンボ系
父ハービンジャーが欧州血統ですから毎日杯の血統傾向ともピタリと言えそう
しかもハービンジャー×キングカメハメハはモズカッチャンと全く同配合!
しかも母母父フジキセキですし近親にアルナスラインが居るなら格上げ戦は走りそう
今回2400m→1800mという事でハービンジャー産駒がイマイチな短縮臨戦になりますが
これをあっさり弾き返せる位の器かどうかが問われる一戦
もしここを勝つようなら延長臨戦になってくるであろう先々が非常に楽しみになります
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ