稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:ドレッドノータス



今週日曜日は京都記念


その前に…ふと思ったことを…それは
カナロア産駒の今世代いまいちちゃう??
(気付くの遅いよ~っていうツッコミはなしよ)


京都記念2020参照ロードカナロア
これはカナロア産駒の世代別
2歳6月~3歳2月頭までの全成績


昨日の朝運転しながら湧いてきて
帰宅後調べてみたら腑に落ちましたね
明確に現3歳世代の成績が落ちている!


昨世代=現4歳世代は2月頭までで重賞5勝
それが今世代=現3歳世代は重賞【0.0.0.12】
非常に苦戦しております


◆ヤマカツマーメイド(次ダウン戦)
◆グランデマーレ(新馬→葉牡丹賞連勝)
◆バーナードループ(ダート)
◆アメージングサン(短距離)


今後重賞戦線で面白そうな馬が控えてるとはいえ
この全体的な数字の下落は
ディープが居なくなった次を担えるのか!?
そんなのを心配したりね……
同じキングマンボ系で社台のドゥラメンテ
産駒は今年デビューですが
そっちに良質の繁殖牝馬を持っていかれた??
そんなのも考えたりと……

今後の要見守り案件ということで


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



12月8日(土)中京競馬場で行われる中日新聞杯2018の予想です


中京11R中日新聞杯は芝2000mで行われる重賞レース
発走時刻は15:35になっております



種牡馬メモについてという記事を先日更新
気になった方はここから→購入する!

これはPDFファイルダウンロードという形式でありまして

【ダウンロードすればPCやスマホやタブレットで見れる】

【それを印刷すれば競馬場や自宅WINSでもパッと見れる】

 
つまり手軽にという事をコンセプトに
新種牡馬を含む100頭弱の種牡馬に関してのポイントを明記したものです

※サンプルページも見られるようにしてますので宜しくお願いします

イラスト 競馬3

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
6月17日(土)東京競馬場芝2000mで行われるジューンステークス2017の予想です
 
 
ジューンステークスは3歳以上の1600万条件戦で本日の東京メインレース
 
3歳馬の出走もなく頭数も11頭と寂しくはなりましたが・・
何と実績馬であるプロディガルサンが降級でここに出走してきました!
鞍上にはルメールを迎えて当然のように1番人気に推される事でしょう
 
そんなジューンステークス2017の発走時刻は15:45になっております
 

レースの見解


 
当然ここはプロディガルサンから入るか?否か?になるんでしょうが・・
今回プロディガルサンは前走マイラーズカップから1600万条件という事で降級戦に
 

 
この表はディープインパクト産駒で前走重賞を使ってた馬のクラス別成績
赤枠で囲ったのは今回のプロディガルサンと同パターンつまり前走重賞→今回1600万条件の成績
複勝率は良いんですが勝率&連対率はそれほどでもなく
数字的には降級戦でもこのクラスになると期待値はそんなに高くないのかなと・・

 
だったら本命は別の馬から行ってみたくなります
 

ジューンステークス2017の予想


 
◎はドレッドノータスにしました
前走が休み明け&少頭数&ダウン戦とハービンジャー産駒が走れそうなタイミングで1着
だったらここは狙い難いような気もするんですが(笑)
ただ今回はアップ戦でも引き続き少頭数ですし揉まれにくい外枠で相殺ならんかと
 

そしてこれはハービンジャー産駒の東京2000mクラス別成績ですが
クラスが上がるほどに成績が良くなる傾向が見受けられるんですよね
今回1600万条件への出走は初めてになるんですが期待してみたいと思います
 
○はディープインパクト産駒のスモークフリー
前走は中山でしたが当時の中山開催はディープ産駒が非常に成績が悪く馬場が重かった印象
それでもこの馬はそこで3着でしたし間隔開けて東京替わりで
 
▲はさすがにプロディガルサン
もう一つ評価出来なかったのはディープ×ストームキャットの配合でして
どうしてもこの配合は古馬になると1800m以下に良績が集中しがちなので
 

予想印と買い目


 
ドレッドノータス
○スモークフリー
▲プロディガルサン
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲の馬連
◎ー○のワイド
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
1月5日(木)中山競馬場芝2000mで行われる中山金杯2017の予想です
 
 
東の中山金杯、西の京都金杯といよいよ2017年も例年通りのスタートを迎えました
 
この中山金杯はハンデ戦で2000mという舞台設定で行われるレース
一昔前はよく荒れる印象が強かった中山金杯でありますが
過去5年では2014年を除くと3着内は全て5番人気以内で占められております
 
近年の傾向通りある程度堅めに収まるのか?それとも荒れるのか?
一年のスタートをここできっちりと決めたいですねえ是非とも
 
予想される上位人気馬はツクバアズマオーとストロングタイタン
共に前走1着と勝ち切っての臨戦は出走馬13頭中この2頭のみですからね
 
そんな中山金杯2017の発走時刻は15:30になっております
 

中山金杯2017の見解


 
参考にするのは14年夏に中山競馬場で行われた路盤改修後の15年と16年のレースから
というのも路盤改修前と路盤改修後では明らかに傾向に変化が見られるからであります
 
馬券になった6頭中5頭が非サンデー系種牡馬
つまりサンデー系種牡馬は1頭しか馬券になっておりません(昨年2着マイネルフロストのみ)
 
実は改修後の中山2000m重賞でサンデー系種牡馬の成績が【0.5.3.70】
これはディープインパクト産駒を除いてるんですが期待値としては非常に低いと言えそう
 
そして昨年は母父グラスワンダー=ロベルト系のワンツーフィニッシュ
この母父ロベルト系は改修後の中山2000m重賞で【4.1.1.9】と相性抜群であります
 

中山金杯2017の予想


 
◎はドレッドノータスにしました
父ハービンジャーはダンチヒ系で非サンデー系種牡馬
近い時期にこのレースと同条件で行われてる京成杯でハービンジャー産駒は2連覇中
これも含め改修後のこの時期=冬の中山芝でハービンジャーはなかなか好成績(複勝率30%超)
昨年末のホープフルステークスでもハービンジャー惜しかったですしね(4着)
前走はダートで大敗も休み明け激走後で馬体も減っておりまあ仕方ない印象
これが目くらましとなって馬体さえ戻ってくれば苦→楽が見込め期待出来そう
揉まれにくいもう少し外寄りの枠が良かったんですがねえ
 
○はツクバアズマオー
父はステイゴールドなんでサンデー系種牡馬
中山2000m重賞で不振なサンデー系種牡馬を父に持ってますが
昨年末同距離重賞となるホープフルステークスでは同じ父を持つマイネルスフェーンが2着
巴賞→函館記念、札幌日経OP→オールカマー
今回前走OPディセンバーステークスからの臨戦になりますが上の2つはOPから重賞への臨戦
そこでいずれも好走出来てるので悪くはなさそう
 
▲はシャドウパーティー
父King's Bestはキングマンボ系種牡馬で非サンデー系種牡馬
同じキングマンボ系であるキングカメハメハ産駒が改修後の中山2000m重賞で絶好調
前走は2番人気で大敗してますが前々走は1600万1着で鮮度は出走馬の中でも高い方なので
 

中山金杯2017の予想印と買い目


 
ドレッドノータス
○ツクバアズマオー
▲シャドウパーティー
△クラリティスカイ
△ストロングタイタン
×ダノンメジャー
×マイネルフロスト
 
買い目は
◎の単
◎ー○▲△△の馬連
◎ー▲のワイド
◎○ー▲△△××の3連複
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ