稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:タワーオブロンドン



今週日曜日は高松宮記念


コロナの影響でずっと無観客競馬が続いてますが
高松宮記念も初のG1での無観客が決定
それがどこまでレースに影響を及ぼすか!?
こればかりは分かりませんが…


さて週末にかけて雨という予報が出ております
近年A→Bコース替わりの週に開催され
昨年なんかは顕著な内有利の高速馬場に
今年はBコース替わりからの
”1週寝かせて”のBコース使用と変則気味
シンプルに内有利かなあという見方ですが
これも馬場が悪くなるとどうなるのか?


ちなみに直近の中京1200m重賞で
馬場が渋ったケースは
◆CBC賞(19年.不良)
◆高松宮記念(18年.稍重)
◆CBC賞(15年.重)
この3つですが
19年はアレスバローズ
18年はレッツゴードンキ
15年はウリウリ
いずれもイン突きした馬が連対
しかも内を開けてない中でのもの
同列に並べるのは危険かもしれませんが
これはそこまでインが悪くなってない証しか


従って馬場自体は1週守られており
いい状態ではあると思うので
馬場が渋っても好走ロードはインかも!?


そんな妄想を抱きながら続けていきましょうか


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週土曜日はオーシャンステークス


登録馬をパッとみましたが
タワーオブロンドンVSダノンスマッシュ
まさに2強対決の構図でしょうか!?
スプリンターズS以来の対戦ということに


そのスプリンターズSの昨年9月開催は
終始時計が速めでありました
スプリンターズS参照
スプリンターズS参照2
その中でスプリンターズSまでの重賞で来てた馬
その血統を見ていくと
トニービン中心に欧州血統が多かったんです
上のレベルではスピード持続する為に
その下支えとして欧州の血を欲するのか?
そう思いたくなるような結果が続きました


”2強”に関してはこのあたりの出し入れ
それも気にしながら
ここからは登録馬から
人気馬と気になる馬を数頭ピックアップして
血統を見ていこうかと


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



9月29日(日)中山競馬場で行われる
スプリンターズステークス2019の予想です


中山11Rスプリンターズステークスは芝1200mG1
発走時刻は15:40になっております



【予想印と買い目】

タワーオブロンドン
○ディアンドル
△アレスバローズ
△ダノンスマッシュ
△セイウンコウセイ
△レッツゴードンキ

買い目は
◎ー○のワイド
◎ー○△△△△の3連複
(◎○ー×××)


◎が3倍台の1番人気なんで買い方が難しい…
ワイド1点をメインに
◎から印を打った馬たちに3連複
この後で×を打った馬が3頭居ますが
当日押さえるとしたら◎○からの3連複で


以下・・各馬の全頭見解をつけておきますので
興味ある人はどうぞ~



さらに
1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
今週のG1レースは東京競馬場芝1600mで行われるNHKマイルカップ2018
3歳春のマイル王決定戦となるレースそしてここから5週連続東京でのG1となる初戦
ここではそんなNHKマイルカップ出走馬1頭1頭の血統評価(短評とも言う)
これを馬番順にしていこうかと思います

※もし気付いた事があれば随時更新していく予定です
 

まずは過去のNHKマイルカップから見えてきたポイント


 

これは過去10年におけるNHKマイルカップ1~3着馬の父と母父が分かるもの
 
 
このレースで人気より着順が上だった馬は割と偏った傾向にありまして(過去5年)

17年2番人気1着 アエロリット(父ヴァイスリージェント系)
17年13番人気2着 リエノテソーロ(母父ダンチヒ系)
16年12番人気3着 レインボーライン(母父ヴァイスリージェント系)
15年3番人気1着 クラリティスカイ(父ヴァイスリージェント系)
15年4番人気2着 アルビアーノ(父ストームキャット系、母母父ダンチヒ)
14年17番人気2着 タガノブルグ(父ストームキャット系)
13年10番人気1着 マイネルホウオウ(母父ヴァイスリージェント系)
13年6番人気2着 インパルスヒーロー(父ヴァイスリージェント系)

これらいずれもが3代内にいわゆるスピードとパワーに長けたノーザンダンサーの血を持ってました
ロードクエスト、ミュゼスルタン、ミッキーアイルもその血を持って好走してるので
斬れというよりはノーザンダンサーのスピード持続力やパワーが活きやすいレース傾向

同じような血だとミスプロもそうなんですがこの血はそこまで目立ってないところからして
やや単調なミスプロより底力のある血を経てるノーザンダンサーというのがポイント

上で挙げたほとんどの馬はもう1本ノーザンダンサーの血を持っており
つまりノーザンダンサーのクロスを持つ馬=より強調されている馬が狙えそう

あとはダイワメジャー産駒の頑張りとグレイソヴリンの血を持つ馬の激走も見られるレース

このノーザンダンサー系の血に毎年注目しながらも結果になかなか結び付かない(笑)
とりあえず今年もこれに拘って当たりの馬を引きたいと思います

-------------------

あとポイントに挙げるなら有力視されそうな馬が複数居るディープインパクト産駒
 
 

これが今開催の東京重賞(フローラS・青葉賞)でのディープインパクト産駒の成績

馬券には絡みましたが共に1番人気で1頭のみ
しかも複数がしっかり人気に推されていたにも関わらずの成績なんでこれはイマイチの部類か
 
 

これがディープインパクト産駒現3歳世代における重賞クラス別成績

この数字だけ見ればG2・G3ならまだまだ信頼出来そうなんですが
G1は桜花賞と皐月賞がダメでダノンプレミアムとマウレアの2頭のみ好走と率が低め
 
 

これはディープ産駒の芝重賞における主要競馬場での全成績(16年以降)

長い直線で斬れを活かすというのは今や昔!?
実は近年だと東京での複勝率はまずまずも勝率・連対率は中山より悪いんです
まさにこれは今年のフローラSと青葉賞の結果が説得力を増してくれます

では・・比較という意味で


これはディープ産駒の芝重賞における主要競馬場での全成績(デビュー~15年まで)

比べるとどうです!?東京の数字特に勝率・連対率が明らかに悪くなってるのが分かると思います
加えて京都の数字も悪くなってますし
逆に中山の数字が良くなってるのと阪神の成績が変わらないというのが浮かび上がってきます

推測ですがこれはディープインパクト産駒にパワータイプが増えてきた証明とも言えそう

まとめると
ディープインパクト産駒に関しては現状東京で喜んで買うべきではないかもしれない
フローラS&青葉賞の流れと今世代のG1の流れからしても
現状では◎は打ち辛く複数頭さえ印を回すのも考え物ですが悩ましい
 

今年の出走馬の血統分析


カツジ




ディープインパクト産駒で母父ホワイトマズルが欧州ノーザンダンサー系(リファール)
ノーザンダンサーのクロス持ちではあるものの欧州色が強いクロスで
母母父トニービンがグレイソヴリン系でこれも欧州型
母メリッサは1200m重賞勝ち馬であるものの血統の字面は欧州色が濃い印象
前走NZTもきさらぎ賞からの短縮臨戦でペースが速くなって先行から差しの位置取りで勝利
どうも出し切った感が強いですし中山→東京替わりも現状のディープからは上積みは期待薄
 

ファストアプローチ




父Dawn Approachはガリレオの血をひくサドラーズウェルズ系種牡馬
母父Marjuは欧州ノーザンダンサー系でつまりノーザンダンサーのクロス持ち
ただ欧州色の濃いクロスというのはここでは割引
しかも母母父Rossiniは欧州ミスプロですから全体的には欧州色の強い配合という事に
そして祖母がジョコンダなんで近親にはサトノクラウン(母がジョコンダ)
ならば非根幹距離まで待った方がいいかもしれない
 

テトラドラクマ




父ルーラーシップはキングマンボ系~ミスプロ系種牡馬
トニービン内包で母父が欧州ノーザンダンサー系のファルブラヴなら欧州色が強めか
ただこの馬のスピードは母方のサンデー×ボールドルーラー系に
父方のノーザンテーストから供給されてるのかもしれない

この表はルーラーシップ産駒が芝重賞で3着以内だった時の一覧
実はルーラーシップ産駒が馬券になるのはほとんど前走からアップ戦という傾向が
相手が強くなっても怯まないというのはトニービンの影響もあるかもしれません
今回はクイーンCを先行押し切ってからの臨戦なんでもちろんアップ戦という事に
そのクイーンCを前で好走したアエロリットとメジャーエンブレムが当レースで勝利
2年続けて桜花賞を間に挟んでるとは言え勝ってるならリンク性はありそう
 

フロンティア




父ダイワメジャーはサンデー系種牡馬
ボンセルヴィーソ、メジャーエンブレム、フラムドグロワール、カレンブラックヒル
実に4頭ものダイワメジャー産駒がこのレースで馬券になっている相性良い種牡馬
メジャーエンブレムとフラムドグロワールは前走重賞1番人気凡走からの巻き返しで
ボンセルヴィーソとカレンブラックヒルはリズムが良かった馬
これらに比べると前走3着はダウン短縮に反応した感は否めず朝日杯FSがイマイチ過ぎで
母父トニービンがグレイソヴリン系で激走が見られるかもしれない血統構成ではあるんですが・・
どうも走ったダイワメジャー達と比べると何か違うような気もするんですが考えすぎ??
 

プリモシーン




ディープインパクト産駒で母父Fastnet Rockはダンチヒ系
母父はスピードとパワーに長けたノーザンダンサーの血であり母母父Stravinskyとの配合
これはノーザンダンサー配合でつまりノーザンダンサーのクロス持ち
前走桜花賞は普通に外を回す競馬でどこまで来れるか見たかったのに・・
まあ何とも不細工な競馬でしたがそれでも上がり3位の脚は使ってました
ディープ×クロフネ
ドリジャ×クロフネ
ディープ×ダンチヒ系
この各配合馬はテトラドラクマが走った東京1600mで差してきた血統
クロフネにダンチヒというのはこのレースで相性良い血でありますし
実際このディープ×ダンチヒ系というのがこの馬
つまりテトラドラクマが産み出すペースに合いそう気はします
ディープインパクトというのは決して推し材料ではないんですがね
 

リョーノテソーロ




父Justin Phillipはストームキャット系種牡馬でスピードとパワーに長けたノーザンダンサー系
JRAではこの馬含め産駒は2頭しか居ませんのでよく分かりません(笑)
母母父Lucky Northは米国で走ったノーザンダンサー系
つまりノーザンダンサーのクロス持ち
母父Speightstownはミスプロ系で昨年2着リエノテソーロの父でもありました
っていうか血統も含めて戦績&騎手&厩舎&馬名とリエノテソーロっぽい匂いが!!
前走NZTはもうちょっと頑張って欲しかったですが
ディープ産駒がワンツーを決めるような流れではあれが精一杯だったかも(8着)
クロッカスSでダ→芝替わりのショック&内から上がり1位で差し切った後で
疲労ストレスがあった場面とも考えられるところでしたし
それだけで人気がガタ落ちするようならちょっと面白い存在になるかも!?
 

タワーオブロンドン




父Raven’s Passはミスプロ系でBCクラシックとクイーンエリザベス2世S勝ち馬
ミスプロでも単調なスピードタイプではなく欧州でもやれてる分だけバランス型の部類か
Dalakhani×Sadler’s Wellsの母方は欧州配合で全体的には欧州色が濃い目の配合
近親には皐月賞馬ディーマジェスティが居てます
ききょうSは超ハイペースを大外枠で外を回して
京王杯2歳Sは超スローで最内でも頭数が少なかった分だけ直線うまく外に出して
さほど苦の競馬の経験とは言えないながら異なるペースで共に上がり1位で差して完勝
そこで多頭数の内枠に入った朝日杯FSでどんな競馬をするか?に注目してましたが
終始馬群の中で辛抱して最後は内を突いてと伸びは欠きましたが3着
これが苦を感じる中で意外と頑張ってまとめた点は評価出来るのかなと
その経験をした分だけ前走アーリントンCの快勝に繋がったとも言えそう
単純に外を回す競馬でなかったですしね
リエノテソーロ、グランプリエンゼル、ダノンゴーゴー
父ミスプロ系は人気薄での激走が目に付き血統的には向いてるとは言い難いものの
今ならどの枠に入ってもある程度格好は付けてくれそう
ただ前走休み明けでマイナス8㎏だったというのは気にはなりますが・・・
 

ダノンスマッシュ




父はロードカナロアでキングマンボ系~ミスプロ系種牡馬
Storm Cat内包で母父Hard Spunはダンチヒ系ですからノーザンダンサーのクロス持ちという事に
母母父Kris S.も含めて母方は米国色の強い配合
ロードカナロア産駒で重賞で馬券になったのはアーモンドアイとステルヴィオのみ
基本的にはアップ戦で苦戦してる傾向があります
そしてロードカナロア産駒は芝レースでは外枠のほうが期待値含め数字が高い傾向
ですから前走タイミングかなと思える所で差し有利な中0.4差はまずまず
ただ今回そこからアップ戦になるのは傾向的には厳しい感じはします
 

ギベオン




ディープインパクト産駒で母父Ghostzapperはこのレースと相性良いヴァイスリージェント系
スピードとパワーに長けたノーザンダンサーの血を持ち且つノーザンダンサーのクロスもあり
3代以降の母方Arch~Seeking the Goldを見ても母方は完全に米国配合
これだけなら十分向きそうですしテトラドラクマが作るペースにも合いそう
ディープ×クロフネ
ドリジャ×クロフネ
ディープ×ダンチヒ系
この各配合馬はテトラドラクマが走った東京1600mで差してきた血統
クロフネはヴァイスリージェント系ですからね
あとは厳しい経験(ペースや多頭数)に乏しいのとディープというのがここでどう出るか!?
 

パクスアメリカーナ




父クロフネはヴァイスリージェント系でスピードとパワーに長けたノーザンダンサー系
全姉ホエールキャプチャは当コースのG1勝ち馬ですし
母方のサンデー×Nashwanはバランス型の配合
アエロリット、クラリティスカイ、インパルスヒーロー、ブラックシェル
実に4頭ものクロフネ産駒がこのレースで馬券になっている相性良い種牡馬
アエロリットもクラリティスカイもブラックシェルも
前走G1(クラシック)からの臨戦やから実質ダウン戦でのもの
(同系の父だったピンクカメオも前走桜花賞)
インパルスヒーローはアップ戦でしたが前走重賞1着
これらに比べると臨戦過程にやや不安な点はありますがね・・
ただ前走は2.3走前と全く逆の競馬になりながらアップ戦の内枠で最後内を割って好走
Mの法則で言う所のCっぽさを感じたので
ならば再びアップ戦となるここも減り続けてる馬体は心配ですが
人気落ちで期待出来るほうに賭ける手も
ディープ×クロフネ
ドリジャ×クロフネ
ディープ×ダンチヒ系
この各配合馬はテトラドラクマが走った東京1600mで差してきた血統
母父クロフネが複数馬券になってるあたりからテトラドラクマが作るペースに合いそうなのもあり
 

ケイアイノーテック




ディープインパクト産駒で母父Smarty Jonesはミスプロ系
母母父がDanzigで母方はスピードとパワーに特化された配合で
母ケイアイガーベラはダート短距離で活躍
ノーザンダンサーのクロス持ちという事にもなります
アップ戦でもやれておりまとまってる印象があるのでここでも人気が落ちればって所
ただやっぱり中山→東京替わりのディープなのと前走マイナス12㎏が気になる材料ではあり
 

アンコールプリュ




ディープインパクト産駒で母父ウイニングチケットがグレイソヴリン系
母母父トウショウボーイを考えれば母方はスピード持続力に長けた配合
兄姉にはブラックシェルにシェルズレイでそのシェルズレイの子がシャイニングレイ
どちらかと言えば前哨戦向きでG1で勝ち切るには厳しい血統背景かもしれない
ただブラックシェルはこのレースで2着という実績はあり
そのG1となった前走桜花賞は内でもごもごしてしまい11着
新馬戦で内の馬込みで辛抱する競馬を経験し最後間から抜けてきてはいますが
現状ではつわぶき賞やフィリーズレビューのような外からの競馬が理想か・・それでどこまで
 

ルーカス




父スクリーンヒーロー×母父カーネギーで母メジロフランシスという事はあのモーリスの全弟
さすがに突然変異っぽいモーリスと比較するのは可哀相な位の成績ですが
モーリスも3歳前半はもたもたしてました
母方のサドラーズウェルズ系×リファール系という配合はノーザンダンサー系配合ですが
欧州配合ですし父も含めてやや重めの血統構成馬という印象
兄同様ならばもう少し後で成長を見たい馬になりますね
 

デルタバローズ




父Into Mischiefはストームキャット系種牡馬で
母父Hard Spunはダンチヒ系ですからノーザンダンサーのクロス持ちという事に
母母父Saint Balladoも含めてかなり米国色の強い血統配合馬
まあ米国産馬ですからそれも当然と言えば当然
リエノテソーロにアルビアーノと米国産馬が近年で複数馬券になってるのは追い風も
この2頭に比べれば前走で走り過ぎてしまった感は否めず(NZT9番人気3着)
厳しいペースであった京成杯で先行からの短縮で番手を下げての位置取りでの好走でしたし
前走を気にしなければ血統は単純に面白さを感じさせてはくれる馬
 

カシアス




父キンシャサノキセキはフジキセキの血をひくサンデー系種牡馬
産駒では過去モンドキャンノとシュウジがこのレース挑みましたが共に着外
2頭共に2歳重賞実績があった馬でしたが
2歳【4.7.0.20】3歳【1.2.1.17】4歳以上【0.0.0.8】が産駒の芝重賞年齢別成績
これを見ると早熟血統と言わざるを得なく
上で挙げた2頭同様に前走でリズムを崩した後だけに厳しい印象はあり
母父Dylan Thomasは相性良いダンチヒ系で母母父Gone Westはミスプロ系
 

ミスターメロディ




父Scat Daddyはヨハネスブルグの系統でストームキャット系
母父は当レースで相性良いヴァイスリージェント系という事はノーザンダンサーのクロスあり
Scat Daddy産駒でありますが1600mを超えるとガクンと成績が落ちる傾向
そのあたり初の1600m戦というのはやや気になる材料
ゴーイングパワー、ゴーインググレート、クールネージュ
これらの主な近親はダート短距離で活躍した馬ばかりですしね
まあこれがこの馬だけ異質でしたというオチならそれはそれで仕方ない気も
ただオッズ的にそっちに賭けてもいいオッズなら手を出してもいい血統構成ではあり
 

レッドヴェイロン




前走から間隔が詰まってるというのは父キングカメハメハからすればあまり宜しくない
半兄クラレントはこのレース人気薄で3着に来てますがレッドアリオンとサトノルパンは4着以下
母父ダンシングブレーヴはノーザンダンサー系で
父母父との組み合わせはノーザンダンサーのクロスですが共に欧州型
テスコボーイでスピード持続力の供給はされてそうですが・・
ノーザンダンサーならもっと米国色の強い方がいいとは思います
 

ロックディスタウン




父オルフェーヴルはステイゴールドの血を引くサンデー系種牡馬
ラッキーライラック、エポカドーロといきなり2頭のG1馬を輩出しました
母父Storm Catは米国型のノーザンダンサー系でMiningの配合はスピード特化された配合
祖母ローミンレイチェルはゼンノロブロイの母であります
ただ近2走を見るに相当気性が難しそうな印象
半姉であるタガノエリザベートとキャットコインもパッと咲いてパッと散ったのでそういう牝系か?
 

最後に注目馬と一言


 
ギベオン
デルタバローズ
パクスアメリカーナ
プリモシーン
ミスターメロディ
リョーノテソーロ
 
血統的にはこの6頭がいいんじゃないかなというのが現時点でのジャッジ
 
 
そして現時点で最大の惑星と感じてる馬は→リョーノテソーロ
 
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ