稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:サラキア



今週土曜日は”小倉”で愛知杯


そしてこの記事をUPする日に
姫路競馬がいよいよ7年半ぶりに復活!!
まあ近くに住んでるんですわ
(知る人ぞ知る!?言ってもうた~)


元々は西宮というスタイリッシュな街?
そこで生まれ育ちましたが
結婚して2年ほどしてからここへ
だから行こうと思えば全然いけたんですが…
足が向かずじまいでした


休止になってからはJRAの場外売り場へと変貌
もう開催する事はないか?
そう思ったとこからの復活は正直驚きで!


平日開催でなかなか難しいですが
どこかでふらっと行ってみたいなと
出来れば暖かくなってからの開催希望!


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
3月3日(土)阪神競馬場で行われるチューリップ賞2018の予想です

チューリップ賞は芝1600mで行われる3歳牝馬限定の重賞でありまして
桜花賞と全く同じ舞台で行われるのが特徴的
ここで3着までに入ると桜花賞への優先出走権が与えられるトライアルレース
そして今年からG2へと昇格となりました

昨年は阪神ジュベナイルフィリーズ1.2着馬が揃って参戦し
ソウルスターリングが1着、リスグラシューが3着
この2頭はその後の桜花賞でも3着以内に好走してるのでこの臨戦は注目なんですが

今年も昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズ1.2着馬が揃って出走
ラッキーライラックは3戦3勝無傷でG1制覇を果たしましたがここも勝って4連勝なるか?
リリーノーブルは当時の0.1秒差をひっくり返す事が出来るのか?
当然この2頭が1.2番人気に支持される事は間違いなし
桜花賞へ向けてお互いにどんな競馬をするか大注目したいと思います

そう言えば阪神ジュベナイルフィリーズ3着馬マウレアも出てますね
という事はまさに揃い踏みになりました
 
この3頭に続くのがシグナライズ、サラキア、スカーレットカラーという人気順に

そんなチューリップ賞2018の発走時刻は15:35になっております
 

レースの見解はこう考えました


 

これは過去10年におけるチューリップ賞1~3着馬の父と母父が分かるもの

17年2着 ミスパンテール(母母父ニジンスキー系)
16年3着 ラベンダーヴァレイ(母母父ニジンスキー系)
14年2着 ヌーヴォレコルト(母父ヌレイエフ系)
14年3着 リラヴァティ(母父サドラーズウェルズ系)

過去4年人気以上に走って馬券になったこの4頭
(15年は馬場が重かった=重馬場だったのでひとまず参考外)

全て母方に欧州ノーザンダンサー系の血を持っての好走で加えて父もサンデー系

ソウルスターリング
リスグラシュー
シンハライト
ジュエラー
ハープスター

これら人気できっちり走った馬達も母方は全て欧州配合であったので
このレースは欧州のスタミナ血統が活きやすい傾向になるんじゃないかと考えます

そして上で挙げた4頭は近走条件戦を使って馬ばかりで鮮度もあれば尚良し
 

チューリップ賞2018の予想


 
◎はサラキアにしました
キャリア1戦という事に多少なり賭けにはなるんですが・・
父がディープインパクト産駒でサンデー系


この表は昨年の阪神JF以降における今世代重賞でのディープインパクト産駒に関するもの

そのレースに何頭出走し→その中で初重賞馬が何頭居て→好走した馬の着順というのを示してますが
とにかく複数出走した時にその中から初重賞挑戦馬が好走し続けているという事が分かりますね
これは以前からの傾向なのかは分からないんですが。。
今回はディープ産駒は3頭出走しこの馬とレッドランディーニの2頭が初重賞挑戦
ディープが複数出走してる場合はその中で鮮度がある馬が走りやすくなってるこの流れなら・・
Lomitas×Tiger Hillの母方が欧州配合でありますし
Lomitasがニジンスキーで欧州ノーザンダンサー系、Tiger Hillもダンチヒが代を重ねての欧州型
初戦が出遅れたのが気掛かりも今回は頭数が少ないので多頭数よりはマシかと
 
○はマウレア
母方が米国配合であるので一つ評価は下げましたが
新馬戦は多頭数内枠、3走前は少頭数外枠
共にスローでしたが異なる条件でいずれも馬込みを苦にしなかったですし
2走前は内枠から3着、3走前も2走前も格上げ=アップ戦で走れてる事からも
割とMの法則で言う所のC質=集中力を持ってる馬なのかなと
前走は逆にダウン戦で1番人気
ペースも2走前35.3-47.7-59.9を8番手の競馬に比べて
前走は34.6-46.0-57.8で3番手の競馬ときつかったであろう事からも反応しなかった
こういう捉え方をしてみました
従って今回ペースが緩くなれば前走より楽に感じれますし
今年からG2戦つまり形的にはアップ戦になり
強い馬も2頭居て内寄りの枠ならある程度集中して走れるかな??
 
ラッキーライラックはオルフェーヴル産駒でサンデー系種牡馬
展望記事でも書きましたが産駒の1番人気の成績がいまいち奮わないんですよね
今回4戦目で初の1番人気で母方も米国配合なんで3番手評価で様子見

シグナライズはあまり強くなさそうですが
前走1400mからの異端性と5戦連続1番人気からの人気落ちで
血統は父そして母方とコテコテの欧州配合

レッドランディーニもディープ産駒で初重賞挑戦
サラキアが飛んでこっちが来たらショックですが(笑)
母方はミスプロにブラッシンググルームだからバランス取れてますかね
 

予想印と買い目


 
サラキア
○マウレア
▲ラッキーライラック
△シグナライズ
△レッドランディーニ

買い目は
◎の単
◎ー○▲の馬連
◎ー○のワイド
◎ー○▲ー△△の3連複
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ