稀に的中?3代血統で重賞予想withM

血統(3代)に拘りながらMの法則もという競馬予想ブログ

タグ:カペラS



12月9日(日)中山競馬場で行われるカペラステークス2018の予想です


中山11Rカペラステークスはダート1200mで行われる重賞レース
発走時刻は15:20になっております



種牡馬メモについてという記事を先日更新
気になった方はここから→購入する!

これはPDFファイルダウンロードという形式でありまして

【ダウンロードすればPCやスマホやタブレットで見れる】

【それを印刷すれば競馬場や自宅WINSでもパッと見れる】

 
つまり手軽にという事をコンセプトに
新種牡馬を含む100頭弱の種牡馬に関してのポイントを明記したものです

※サンプルページも見られるようにしてますので宜しくお願いします

イラスト 競馬6

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週は土曜日に中京で中日新聞杯
中山でカペラステークス、阪神で阪神ジュベナイルフィリーズの3重賞が組まれてます


ここでは中日新聞杯&カペラSの2重賞を括ってやってしまいましょう



種牡馬メモについてという記事を先日更新
気になった方はここから→購入する!

これはPDFファイルダウンロードという形式でありまして

【ダウンロードすればPCやスマホやタブレットで見れる】

【それを印刷すれば競馬場や自宅WINSでもパッと見れる】

 
つまり手軽にという事をコンセプトに
新種牡馬を含む100頭弱の種牡馬に関してのポイントを明記したものです

※サンプルページも見られるようにしてますので宜しくお願いします

イラスト 競馬4

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
12月10日(日)中山競馬場で行われるカペラステークス2017の予想です
 
 
カペラステークスはJRAで唯一となるダート1200mでの重賞競走
2008年に新設されて今年で第10回を迎える比較的歴史の浅いレース
以前1月に行われていたガーネットステークスの代わりみたいなもんでしょうか

昨年こそ3→2→1番人気の決着でしたがレース傾向はなかなか波乱傾向
10年~15年まで1番人気馬は全く馬券に絡んでなかったですからね

ある程度想定した通り人気は割れておりますが
現時点での1番人気はブルドッグボスとブルミラコロが横並びに

ブルドッグボス、ブルミラコロ以下の人気は
ディオスコリダー、サイタスリーレッド、ニットウスバル、スノードラゴン、ノボバカラの順

そんなカペラステークス2017の発走時刻は15:20になっております
 

レースの見解はこう考えました


 

これは過去9年におけるカペラステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

10.12.13.14.16年が良馬場、11年が稍重馬場、08.09.15が重馬場
このあたりは全て一緒に考えない方が良いんでしょうね

今年はまず良馬場で行われるのは確実でしょうから想定は良馬場で

その良馬場で行われた5年の内で実に4回がサンデー系種牡馬が勝利
キングカメハメハ産駒も【0.1.1.2】と走ってるところからも
良馬場なら芝血統の父を持つ馬が注目になってきそう
 
あとデータ的には
◎レースで速い上がりを使ってる馬が上位に来やすい
(上がり1.2位で複勝率6割、3位で複勝率5割)
◎圧倒的に短縮臨戦馬が好相性
このあたりは馬場関係なくといった感じであります
 

カペラステークス2017の予想


 
基本的には近走のリズム=着順が良い馬が走りやすい重賞で
人気になってる馬がサンデー系種牡馬でそういった馬が多いのが特徴的
ですがここはどうしても狙いたい馬が居るのでその馬から
 
◎はニットウスバルにしました
父フォーティナイナーズサンはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
ですから芝血統とはややズレる感は否めません
ただこの馬はとにかく速い上がりを使える馬

これはニットウスバルの近15走成績ですが
昨年の大阪スポーツ杯以外は全て上がり3位以内という脚を繰り出してます
ここも確実にその上がりを出せれば傾向からも馬券圏内の可能性は高まるのではないかと
 
○はブルミラコロ
父キンシャサノキセキがサンデー系種牡馬
室町S・NST賞とニットウスバルに先着
上がりが効きやすいので今回着順は逆転する可能性ありとみてこの印の順列ですが
さすがにニットウスバルを評価してるのですからこの評価に落ち着きました

▲はキクノストーム
父スタチューオブリバティはストームキャット系で米国型ノーザンダンサー系種牡馬
一昨年の当レース勝ち馬で当時は重馬場施行
従って馬場が湿ったほうがいいのかもしれませんが
前走上がり3位、2走前上がり1位と速い上がりを繰り出しており連続4着とリズムは悪くない
そんな馬が今回は短縮臨戦でそれが2頭しか居ないなら狙ってみたくはなります

間隔がかなり開いてますが短縮臨戦になりリズム良い△キャプテンシップ

2走前芝→ダ替わりに逃げて2着とショックに反応した後の前走12着はさすがに仕方なし
全て吐き出した後で父アドマイヤオーラがサンデー系種牡馬で昨年の勝ち馬△ノボバカラ

前走崩れてしまったのが気にはなりますが
父ダノンシャンティがサンデー系種牡馬である△サイタスリーレッド

この3頭を押さえ評価に
 

予想印と買い目


 
ニットウスバル
○ブルミラコロ
▲キクノストーム
△キャプテンシップ
△ノボバカラ
△サイタスリーレッド

買い目は
◎の単
◎ー○▲の馬連
▲ー◎○のワイド
◎ー○▲ー▲△△△の3連複
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
今週日曜中山競馬メインレースはカペラステークス2017
 
 
カペラステークスはJRAで唯一となるダート1200mでの重賞競走
2008年に新設されて今年で第10回を迎える比較的歴史の浅いレース
以前1月に行われていたガーネットステークスの代わりみたいなもんでしょうか

昨年こそ3→2→1番人気の決着でしたがレース傾向はなかなか波乱傾向
10年~15年まで1番人気馬は全く馬券に絡んでなかったですからね

今年の1番人気はサイタスリーレッド?ブルドッグボス?

主な登録馬はサイタスリーレッド、ブルドッグボスの他に
スノードラゴン、ノボバカラ、グレイスフルリープ、コーリンベリー、モンドクラッセらが登録
 

出走予定馬と血統表


 


カペラステークス2017出走予定馬は23頭(フルゲートは16頭)

ゴーイングパワー
テイエムヒッタマゲ
アールプロセス
ドリームドルチェ
ペイシャモンシェリ
ベストマッチョ
ベック

現時点ではこの7頭が除外対象馬になっております
 

レースの血統傾向


 

これは過去9年におけるカペラステークス1~3着馬の父と母父が分かるもの

10.12.13.14.16年が良馬場、11年が稍重馬場、08.09.15が重馬場
このあたりは全て一緒に考えない方が良いんでしょうね

良馬場で行われた5年の内で実に4回がサンデー系種牡馬が勝利
キングカメハメハ産駒も【0.1.1.2】と走ってるところからも
良馬場なら芝血統の父を持つ馬が注目になってきそう

稍重馬場と重馬場つまり湿った馬場で行われた時はミスプロ系種牡馬が抜群
このミスプロ系種牡馬はキングマンボもフォーティナイナーも通さないとすれば【3.2.3.11】

湿った馬場はスピードが問われやすいのでより芝血統のほうがいいのかな?と思いきや
想像とは逆の結果になってるというのは面白い傾向です

あとデータ的には
◎レースで速い上がりを使ってる馬が上位に来やすい
(上がり1.2位で複勝率6割、3位で複勝率5割)
◎圧倒的に短縮臨戦馬が好相性
このあたりは馬場関係なくといった感じであります
 

パッと見で面白そうな馬を何頭か触れます


 
キクノストーム
父スタチューオブリバティはストームキャット系で米国型ノーザンダンサー系種牡馬
一昨年の当レース勝ち馬で当時は重馬場施行
従って馬場が湿ったほうが父も含めていいのかもしれませんが
前走上がり3位、2走前上がり1位と速い上がりを繰り出しており今回は短縮臨戦

ニットウスバル
父フォーティナイナーズサンはフォーティナイナー~ミスプロ系種牡馬
とにかくこの馬は速い上がりを使える馬

これはニットウスバルの近15走成績ですが
昨年の大阪スポーツ杯以外は全て上がり3位以内という脚を繰り出してます
ここも確実にその上がりを出せれば馬券圏内の可能性は高まりそう

アールプロセス
父ネオユニヴァースがサンデー系種牡馬で現時点では除外対象馬
1200mでも1400mでも馬場、位置、枠、ペース、頭数、いずれもどうあれど着順をまとめる馬
今回は重賞ですがまとめられる事が出来れば人気もないですし出走叶えば一発も
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ