稀に的中?3代血統で重賞予想

血統(3代)にとことん拘りながらという競馬予想ブログ

タグ:アドマイヤビルゴ



5月9日(土)京都競馬場で行われる
京都新聞杯2020の予想です



【予想印と買い目】

アドマイヤビルゴ
○サペラヴィ
▲マンオブスピリット
注アンセッドヴァウ
△キングオブドラゴン

買い目は
◎ー○注のワイド
注の単複
◎○▲の3連複
◎○▲ー◎○▲ー注△の3連複


◎○のワイドが本線ですが
オッズが想像以上に辛し
面白そうな注は単複と◎との馬券で
3連複は◎1頭軸でもいいんでしょうがねえ…



以下・・各馬の見解をつけておきますので
興味ある人はどうぞ~



《本日のサクッと予想》

サクッと予想
サクッと予想の◎馬の直近成績
そして下部は今年の通算成績です
意外と頑張ってるよね~笑


新潟5R3歳未勝利
◎ロードクラージュ

最近気になるのはカナロアのダート替わり
おちんちん取った後の長期休み明け
それがどうかなあ?と思いつつ
母と全兄はダート替わりで勝利実績あり
単複


新潟10Rはやぶさ賞
◎グッドステージ
○ゴーゴーチアフル
▲テイエムミラージュ

今年新潟1000直で注目してるのが
カレンブラックヒル
現状ではダート適性の高さを感じさせ
そのダートで前行けるスピード馬が多い印象
これはまさに1000直でピタッと嵌りそうな感
父の父がダイワメジャーですが
そのダイワメジャーが年々1000直をこなすように
それもあるので今年追ってみようかなと
同馬はダートで前行けてるので
ちょっとここで買ってみたいですね
○は祖母が芝馬芝替わりでスピード活きそう
▲の父リアルインパクトもカレンブラックヒル
と共に今年新潟1000直注目種牡馬
単と馬連総流しに○▲へのワイド


東京10RメトロポリタンS
◎サトノクロニクル

とにかくダウン戦で反応するハーツクライ
G2→リステッドなら買いたいタイミング
初の東京ですが母父がCrafty Prospector内包
速い馬場はこなせるタイプと見ており
超タフ中山→タフ中山のダウン馬場替わりで
単と6.10へのワイド


新潟11R谷川岳S
◎ブランノワール

開幕週のロードカナロア
実際2走前がそれで内から凄い脚で快勝
夕月特別→秋華賞のこの臨戦過程&内容高評価
アップ戦Vラインからのカナロアダウン
今後アップの重賞でもやれると思っており
追い風が吹きまくってるここは人気でも
単と3へのワイド


京都6R チュウワノキセキ
東京7R アルスラーン
東京8R ネームユアポイズン
京都12R エイシンポジション

これらも気になる馬です
(サクッと予想の◎成績には含めませんが)



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



今週土曜日は京都新聞杯


マイラーズCは勝ち時計が1’32’4
前半58.6で勝ち馬の上がりが33.0
年明けからずっと重かった印象で
昨秋もそんな思いもあった京都だったので
一気にその面影は消えて
ツルツル超高速まではいかないまでも
普通に速い馬場という認識


そうして挑んだ天皇賞春
3’16’5という勝ち時計は
過去10年良馬場施行だと最も遅いものに
入りの1000mが63.0でゆったりだったから?
そもそものレベルが低かった?
あれ??速い馬場想定だったのになあと…
この日は不思議で雨も降ってないのに
レースをやるたびに
馬場が少しずつ重くなっていった感があり


京都新聞杯は例年時計の速い決着になりがち
ただ今週は間に降雨予報も出ており
何だか当日も怪しげな感じ
現時点ではなかなか掴み辛いですが

Princely Gift
In Reality
Crafty Prospector

例年この時期の京都重賞勝ち馬に共通する
これら3つの血
いわゆる日本でスピード能力に長ける血
この考えは先週から踏襲しつつ
欧米的要素も少し重視してみようかなと


このあたりを気にしながら
ここからは出走予定馬から
人気馬と気になる馬を数頭ピックアップして
血統を見ていこうかと


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



さらっと重賞回顧です
(随分遅くなりました……)


と、その前に…
先週土曜日若葉ステークスのアドマイヤビルゴ
高額馬でアドマイヤ&武豊
注目馬ですが強かったですね!!


新馬見た時は「あれ?こんなもんか?」
そう思ったんですが…
同じように感じた方が多かったのか?
それが単勝2.6倍に表れてたのかもしれません


【アドマイヤビルゴの血統表】
アドマイヤビルゴ
母イルーシヴウェーヴはマイラーで
母父Elusive Cityは1200m直線2歳G1勝ち馬
Elusive Quality×Dayjurなんで速いミスプロ系
それを欧州の血で支えるという母方
近年のダービーは高速馬場が当たり前
母系に”速い血”というのは
年々重要度を増してるので
父ディープもひっくるめてダービーはピタリ
と言っておきましょうか!?


ちなみに若葉ステークスは前半59.9の流れ
それを33秒台の上がりで勝ちましたが
阪神2000mで前半60秒を切る流れで
上がり33秒台で勝った馬は過去皆無のはず
馬場差とかはもちろんあるんでしょうが
これは単純に能力の証明に値しそう
↑実はもう1頭エアウィンザーが居ましたm(__)m
(’18チャレンジC59.7-33.7)


それでも2.3歳馬では初めてで通算2頭目
クラシックの勢力図をガラッと塗り替えるか?
次を楽しみにしたいと思います


それではいってみよう~


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ