さらっと重賞回顧です


おっと!!久々の回顧更新です(^^;
まあ待ちわびてた人は
予想より遥かに少ないでしょうが(笑)



今週はこんな記事を週中に更新

それぞれ該当する所に出走あるか?
と思い楽しみにしてましたが
ノヴェリスト→新馬
エイシンフラッシュ→未勝利
それぞれの出走はなし
ただノヴェリストは3頭馬券に!
(全て人気より着順が上)

最も注目したのがワールドエース産駒
日曜2歳未勝利に出走も1番人気2着
単だけ買ってましたが(^^;


でも狙い的には悪くなかったと思うので
次週も引き続き注目してみたいなと



あと、来たる9.22阪神オフ会
この準備も順調に進んでおります
あと2週間
台風が来ない事そして全員の参加
これを切に願うばかりです


それではいってみましょう~



セントウルステークス


セントウルS2019結果

タワーオブロンドンが快勝!
1200mですが傾向的に
欧州血統がポイントになると書いた中
Dalakhani×Sadler's Wellsの母方が活きた感

この馬含む近親の重賞成績
タワーオブロンドン近親成績

ディーマジェスティやオースミタイクーンが近親に
こうしてみると急坂コースの方が良いよね
楽して差せなかった2走前
Hペースで後ろ過ぎた前走
この2走がいずれも平坦で
そこからの急坂替わりで前進があったのかなと

次もしスプリンターズSなら
血統的には買いの方の部類になりそうで…

そんなタワーオブロンドンの近親には

オセアグレイト
オセアグレイト

3歳の上がり馬が居てまして
これが次週のセントライト記念に登録済
セントライト記念は中山なんで急坂扱い
さあ!どうでしょうか??


×ファンタジストに無ペイシャフェリシタ
この2頭は母方が欧州志向が強い配合
そう思えばこの好走も納得がいく
ペイシャフェリシタは3もしくは2あったよね~


でも欧州色の強さで期待した
ダイメイプリンセスは6着
こんな所が僕らしくて反省じゃおら~(笑)


ミスターメロディは安全運転で
まあこんなもんでしょうよ
Scat Daddy間隔を開けての臨戦成績
これがあまり良くないのと
内枠とアップ戦でよく走る馬
従って次は期待出来そうですが
Scat Daddyは辿るとヘネシーで
リズムに乗ってる時は良いものの
休ませると萎んじゃうという傾向もあるので…



京成杯AH


京成杯AH2019結果

トロワゼトワルが勝利
ロードカナロア×ハーツクライという配合馬

ロードカナロア×ハーツクライ
ロードカナロア×ハーツクライ配合馬
まだ11頭しか居なくて3.4歳馬は8頭のみ
ただここから既に3頭の重賞勝ち馬が誕生
これはもう今後注目のニックスになっていきそう

カナロアってダウン戦で走る馬が多い中
重賞勝ち馬3頭はその重賞勝ちがいずれもアップ戦
キンカメ×トニービンだと重い印象も
この血統バランスだと
非常に良い方向に出やすいのかもしれません


ジャンダルム3着は正直喜んでいいっすか(笑)
ビリーヴの仔って
兄姉を見ていくと外より内枠の方が良いんです
ビリーヴ仔枠番別成績
(ジャンダルム込みのビリーヴの仔枠番別成績)
そんな中好スタート切って
4角から直線でうまく間に入れたのが
最後まで粘れた要因なのかも
デビュー当初はC要素も僕なりに感じてたので
しかも母含め晩成傾向に出る馬が多めで
まだこれから楽しみな馬
ただ内枠だから◎という訳ではなくて
前走の内容を鑑みて印打てた
それが自分的には大きな収穫でありました



紫苑ステークス


紫苑S2019結果


【ルーラー×ノーザンF馬芝重賞18年以降】
ルーラー×ノーザンファーム

間隔的に開き過ぎよりはある程度の間隔
そして使っていった方が良い
そんな特徴があるルーラー×ノーザンF馬のワンツー

ぼ、ぼくは
ハズレの菜七子のほうでしたけど何か(笑)

まあ○パッシングスルー
評価してたので驚きませんよこの勝利に

それよりもフェアリーポルカ
オークス以来で間隔が開き過ぎてる
そう思って嫌いましたが
紫苑2019参照
最近見ていくとこの組み合わせが
間隔が開いていても重賞で走りつつある(^^;
それに気付いたのがレース終了後(笑)
やっぱりノーザンファームっていうのは
ノウハウが凄いんで
今後間隔が開いていても嫌うのは止めるべき?
フェアリーポルカはサンリヴァル配合
単純に中山が合ってたかもしれませんし
母方がトゥザ一族でこの舞台も向いたか



以上、最後までお付き合い有難うございました
応援の意味も込めて1クリックお願い致します