さらっと重賞回顧です


な…何にも冒頭のネタが浮かばへん


という事で早速いってみましょう(^^;




ヴィクトリアマイル


ヴィクトリアマイル結果

結果的にダンチヒの血を持つ馬でワンツーフィニッシュ
京王杯SCも2.3着馬がダンチヒ持ちであったように
高速馬場がダンチヒの血に味方したのかも
しかし今春東京重賞でダンチヒの血は好調です
来週以降も高速馬場が維持されるのであれば要注意でしょう

しかし1分30秒台の決着にはビックリ!


ノームコアは100回やっても買えない馬でした(^^;
父ハービンジャーがダンチヒであっても
母方がスピードに特化された配合であっても
父が出たのか?血統が重い印象はあったしマイルへの短縮
そしてそもそも強くないというジャッジ
いくらレーンのエスコートがあったにせよこれは素直に反省!
これでハービンジャーのG1勝ち馬は5頭目
改めて奥行きのある種牡馬であると思わされました
ちなみにノームコアの半妹がクロノジェネシス
近親にはビーチサンバ
次週オークスに向けて最高の追い風になったのは間違いなさそう


プリモシーンは母父Fastnet Rockがダンチヒでした
ディープ×ノーザンファーム馬は同馬とレッドオルガ2頭のみ
結局この2頭を△評価したんですが
臨戦的にはこちらの方がハナからここを目標にしてたローテ
今年に入って重賞では特に種牡馬とノーザンファームの臨戦
特に間隔をよく見るようにしてるのは
熱心な読者の方にはお気付きかと思われます
これ…血統と言っていいかは分かりませんが
最早大事なファクターになりつつありますね


クロコスミアは想定より後ろ目の5番手でしたがよく来ました
札幌記念や中山牝馬Sでの走りがここに結び付いたのかも?
母方はナスルーラ配合でしたし
スピード持続力が強調されてた事も好走の要因かと
ステゴでもこっちを評価しておけば(^^;


ラッキーライラックは前に行ってやる事やっての4着
東京でのスピード勝負はこれが目一杯かと
溜めて斬れる馬でもないので
今後走れるスポットは狭くなっていきそうな予感…
結局リピーターレースの来年の中山記念でお会いしましょう
そんな可能性も!?


アエロリットはやはり気性的に難しくなりつつあるのかと
テイエムジンソクと血統構成が似てるので
この後凋落の方向に向かっていくかもしれない?
次は昨年2着の安田記念ですか??
ペース落としたとすれば楽に感じるやもしれませんが
それはそれで今度はコントロールが難しくなってくる
近親にミッキーアイルも居るなら
いっそ距離を短くしてみてもいいんじゃないかと
それが血統的な凋落を阻んでくれるかもしれない
1400m以下はまだ1度しか使われておらずフレッシュですし


ミエノサクシードは6着!頑張ったで!!
道中後方から内を突く競馬で目一杯だったかもしれへんけど


レッドオルガは「THE府中」のはずが11着
最後もそこまで突き抜けそうな手応えもない中
ミッキーチャームに右に寄られて進路塞がり万事休す
ちょっと前までの自分ならこの馬に当然飛び付いていた
◎か○は打ってたと思うんですが…
過去走から最内枠をこなすほど根性があるようには見えず
スムーズな競馬というのは条件にも思えましたし
何よりディープ×ノーザンFの重賞では
あまり見られない且つ数字的にも低い臨戦であった事
(10週以上間隔開けてからの長岡Sからここが6走目)
あくまで結果論にはなりますがこの辺だったかなと


ヴィクトリアマイル的中

おそらく今までなら◎ミエノサクシードからのみの馬券で
「違うステゴしかも母父ボールドルーラー違いかい!」
このパターンで沈没だったと思うんですが…
○▲☆の3頭を○で同列扱いにして
人気2頭へのワイドを押さえ格好は悪いですが的中でした(^^;
ノームコアも思いっ切りぶった斬ってましたから笑
でもその相手がラッキーライラックとアエロリットではなく
プリモシーンとレッドオルガだった
これも大きなポイントだった訳です
まあ稀にしか当たらないんで
たまには自画自賛のコーナーにしてみました^^



京王杯スプリングカップ


京王杯SC結果

◎タイムトリップ13着
○ロードクエスト12着
出、出ました!!最近よく見るこれはヤバイパターンです!!


タワーオブロンドンはダウンのキャピタルSで2着
これが楽でアップの東京新聞杯で5着
その東京新聞杯が縦長でやや厳しめのペースを5番手追走
まさに楽→苦であったので苦から短縮という臨戦
非常に良い形だったと思うんで特段驚きはない勝利
この後(安田記念?)は苦しかないと思われますが果たして?
血統的にも近年の当レースのトレンドを満たしてましたし


リナーテ
×ロジクライ
共にダンチヒそしてヘイローのクロスを持ってた馬
ヘイローのクロスというのは
過去の高速決着だったヴィクトリアマイルで
ストレイトガールやヴィルシーナも持ってたので
そういうスピード決着に特化しやすいのかも!?


次週のオークスでも有力馬であるクロノジェネシス
これがヘイロー5×4のクロスを持ってますので
高速馬場継続なら注目せざるを得ませんね


スマートオーディンは上がり最速も7着
前走から同距離でしたがコントロールに特に問題はなし
次は延長の安田記念ですかね…
ここで吐き出すものは吐き出したので
コントロールさえ出来ればという前提で面白いかもとメモ
アーモンドアイが前を掃除しちゃえば外からの可能性も若干



以上、長くなりましたが最後までお付き合いありがとうございました
応援の意味も込めて1クリックおねだりしちゃいます