今年は回顧←これを頑張ってみる事にしての第2週


◆Twitterへの更新通知
◆人気ブログランキングへの誘導
◆競馬広告の掲載


回顧記事に関してはこれらは一切排除(笑)


ご存知のように厳しいスタートになってしまってますが(^^;
まだ始まったばかりで先も長いので・・


とも言ってられへんわい!!(笑)



京成杯


京成杯結果

◉欧州色の強い非サンデー系種牡馬
◉母方が欧州志向が強い
◉キングカメハメハの血

ポイントになりそうなのは3つと捉えて
単純に欧州色の強そうな馬を狙うべきレースという考え方で挑みました


母父ディープの3頭で決まったものの
ある程度その考え方に沿った馬たちでの決着にはなったかと
ただ本命馬選びのセンスがなかったという事(^^;


勝ったラストドラフトはノヴェリスト産駒で産駒重賞初制覇に
母マルセリーナそして近親のグランデッツァ
この2頭からして
なるほど!早くからクラシック戦線でやれる血筋なんだなと
従ってこの先ダービーというよりは皐月賞のほうがという馬かも?



日経新春杯


日経新春杯結果

先週の京都開幕週芝
全体的には時計が掛かっていて重い印象を受けました
それを受けて土曜競馬を見てもそれは変わらない印象だったのもあり

昨年はその前の開催が道悪馬場続きで
その影響が残ってたかのように例年より時計一つ掛かってた感じ
一昨年は稍重馬場、その前の年も勝ち時計は遅めの決着

日経新春杯の過去3年はこんな傾向があるので
今の京都にも寄せるならば過去3年の結果なのかなと
いう事でそこに絞って考えてみる事にしました


母方にストームキャット、ダンチヒ、ミスプロ、ボールドルーラー
いわゆる◉スピード&パワーに長けた血を持つ馬

そして凱旋門賞馬である◉リボーの血を持つ馬


このあたりに注目してみたんですが。。
結果的に人気以上に走ったのは2着のルックトゥワイス
この馬は↑で上げた血統馬とはまた違った馬(母方が欧州配合)

まず最初が速く流れて途中からメイショウテッコンが捲る展開
ペース的にもギクシャクしたので
馬場も相まってタフな欧州血統馬が走りやすくなった説も

従って今年はレアケースとして捉えるべきかもしれません


ここから次走注目馬としてはマンカフェ産駒の2頭

メイショウテッコンは元々スタートの速くない馬がスタート失敗
途中から捲り上げる競馬とあまりにもちぐはぐ
だった割には0.9秒負けに止まってたのである意味力は見せた印象
しかし気性面でより難しくなった印象もあるので次どっちに出るか!?

エーティーサンダーは唯一前々で踏ん張る競馬
次普通に頭数減ったダウン戦に出てくればタイミング的には買いたくはなり



フェアリーS


フェアリーS結果

◉サンデー系×ミスプロ系(ネイティヴダンサー)
◉↑と逆の構成もしかりサンデー×パワー&スピード型もそう
非サンデー系種牡馬で米国の血が強調されてる馬

欧州血統というよりは
まずは米国=パワー&スピードの血が入ってるか!?
これをポイントにしてみましたが。。


フィリアプーラもグレイスアンもサンデーと欧州血統という構成
今年はポイントとは合わなかった感じか

しかし!!

2着のホウオウカトリーヌ
これは出走馬で唯一となるサンデー系×ミスプロ系配合
なのに無印!!
これは来年への猛省材料としておきます



そしてこのレースにも2頭出走
日経新春杯にもムイトオブリガードが出ていた
【ルーラーシップ×ノーザンファーム×間隔を開けての臨戦馬(10週以上)】

ノーザンファーム攻略なくして的中なし!~正月3重賞のために
年明けのこの記事でも書いたように
この臨戦が本当に奮わなくて
ルーラー×ノーザンファーム
17年以降の芝重賞だと↑の3頭を加えてこんな成績に

ルーラーシップのノーザンファーム馬においては
(外厩に出す事により)間隔が開けば開くほど疲れやすくなる???
そんな事や色んな仮説も考えたくなるんですが
このあたりはもう少し見守っていこうかなと思ってます
しかし現状では狙っても一つ下げるぐらいで丁度いいのかも!?