今年は回顧←これを頑張ってみる事にします


Twitterへの更新通知
人気ブログランキングへの誘導
競馬広告の掲載


回顧記事に関してはこれらは一切排除(笑)


ひっそりと自分が振り返る為に
そして鼻で笑われてもいいので見てもらえる人に見てもらえればなと


途中で挫折しても責めないで下さいね(^^;




中山金杯


中山金杯結果
◉ノーザンダンサー系
◉キングカメハメハ産駒

いわゆる非サンデー系種牡馬の活躍が非常に目立っており
そこに注目して印を打ちましたが見るも無残


父Frankelがノーザンダンサー系のタニノフランケル
これが3着に来ましたが
この馬はあまりにもそれまでダウンに反応していて
今回がそのダウン戦だったの軽視しました
逃げた事も良かったでしょうし力も付けてるのかもしれない

何よりセントライト記念で前に行った馬
これらのその後の成績が非常に良し
セントライト記念結果
レースPCIが48.2でやや厳しいペースであった
という経験が次走以降=特にダウン戦で活きてるのかもしれません

この中で次に注目してるのがジェネラーレウーノ
菊花賞を挟んで次はダウンとなるAJCCを予定
現時点では◎予定です



京都金杯


京都金杯結果
良馬場施行だったので
◉母父がスピード&パワーの血にサポートでその奥に欧州の血

→特に母方欧州血統を持つ馬
これプラスαで
ノーザンファーム攻略なくして的中なし!~正月3重賞のために
この記事でも書いたように
”ハーツクライ×ノーザンファーム×間隔を開けての短縮臨戦”
このパターンの臨戦が非常に良い成績であったので
アドマイヤアルバに期待しましたが。。4着

ただ狙うタイミングとしては悪くなかったとも感じたので
またこのパターン馬が出てきた時には注意しておこうかなと


いや、待って。。違うハーツの短縮やんけ!!


マイスタイルとミエノサクシード
この2頭が人気以上に走って共に母父がスピード型であったので
来年の狙い方としては良馬場ならこっちに重きを置いてみるか!



シンザン記念


シンザン記念結果
◉母父がスピード型の馬
◉ヘイローのクロス持ち
◉ダンチヒ
スピードが強調されてるような血が良さそう

そこでハービンジャー(ダンチヒ)×ディープ×ストームキャットの
ハッピーアワーを本命しましたが5着まで


ヘイロークロス持ちのマイネルフラップが2着したので
狙い方としては悪くなかったと捉えてますが・・
結局はロードカナロアを軽視したのが失敗
勝ち馬を評価出来てないのだからこれはどうしようもない


ノーザンファーム攻略なくして的中なし!~正月3重賞のために
この記事でも書いたように
”ロードカナロア×ノーザンファーム×間隔を開けて(6週~)の臨戦”
このパターンで重賞を好走してるのが
サートゥルナーリア、ステルヴィオ、アーモンドアイ
3頭全てG1勝ち馬

実際ロードカナロア3頭はこの臨戦で
じゃあG1でどうこうという馬が居るのか!?というのが疑問でした
しかし冷静に振り返れば
ヴァルディゼールだけはキャリア1戦のみで底が割れてなかった
後の祭りですがそういった考え方も出来たのかもしれないなと

従って今後ヴァルディゼールがどんな風に育っていくのか?
これは楽しみに見守っていきたいですね

あとアントリューズとドナウデルタはダウン戦でかな??
基本的にカナロアは
アップ戦よりダウン戦への反応の方がいい傾向もありますし
ここで走れなかったなら尚更


そしてレースPCI49.9で割と厳しかったか差し決着
ここで前で1秒負けなかった
パッシングスルーとゴータイミングは次走以降注目します



という訳で
2019年スタートは惨敗に終わりました(^^;