今週日曜日東京競馬メインレースのオークス(優駿牝馬)2019


芝2400mで行われる3歳牝馬によるG1レース
昨年はアーモンドアイが勝ちました


そのオークスについてここでは考えてみようと思います



これも合わせて見てもらえればと


尚、noteも更新しております
よっ!精力的!




”超高速馬場”
入り口としてはやはりここになるのかなと
週中そして開催日と雨が降らないようなら
尚更継続した馬場という想定


従って過去よりもまずは直近のレース
距離の違いはありますが
レベル高い所という事で
先週&先々週の重賞を見ていこうかと思います



ノームコア
ノームコア
プリモシーン
プリモシーン
クロコスミア
クロコスミア
タワーオブロンドン
タワーオブロンドン
リナーテ
リナーテ
ロジクライ
ロジクライ
アドマイヤマーズ
アドマイヤマーズ
ケイデンスコール
ケイデンスコール
カテドラル
カテドラル

これらが先週&先々週の東京重賞1-3着馬の血統表


◆ダンチヒ
◆(欧州)ナスルーラ
◆ヘイローのクロス
◆ダイナサッシュ=ステゴの血

このあたりの血を持つ馬の活躍が目立つ結果に


ダンチヒはスピード能力に長けていて
ナスルーラはスピード持続力
ヘイローのクロスはスピードをより強調

ミスプロなんかはスピードもあるんですがパワーもある
そんな血とはまた違ったスピード血脈が現状では走りやすそう


ステゴの血だけスピードという意味では違和感も
ただダイナサッシュというのが
ノーザンテースト×プリンスリーギフトで
プリンスリーギフトはサクラバクシンオーの父系でお馴染み
つまりここからスピード持続力の恩恵を授かっている
そう考えれば頷ける結果でもあり


あとこれだけ高速馬場だと
エンジンの掛かりが遅い馬というのは
前を捕まえきれない可能性が高くなると思うので
そのあたりは血統が合っていても考慮は必要かと


まずは↑で挙げた血を持つ馬をピックアップ
あとはいつも通りそれぞれの個体判断になるでしょうか



応援の意味も込めて1クリックおねだりしちゃいます