オークス(優駿牝馬)2019で有力視=上位人気に推されるであろう3頭


コントラチェック
クロノジェネシス
ラヴズオンリーユー

の血統を含めた思う所の考察をしてみました


他馬に関しての考察は毎度の如く
また予想記事にでも付けられればと思っております


オークス2019を考えてみよう!
先週からの馬場継続を前提に
ここからの考え方はこの記事がベースにもなってますので


(有力馬3頭考察企画もマンネリ化してるか(^^;)




コントラチェック
コントラチェック
ディープインパクトにHalling×Fairy King
HallingはDiesis~Sharpen Upというラインの欧州ネイティヴダンサー系
Fairy Kingはサドラーズウェルズの全弟
母方は重めの欧州配合
4代母Red Alertが欧州ナスルーラ系ですね
半姉バウンスシャッセがオークス3着
半兄ムーンクエイクが京王杯SC1着
東京重賞実績を持つ兄姉が居るのは一見心強しも…
コントラチェック資料
これはコントラチェック込みの兄姉馬の東京&中山成績
父が各々違うにしてもかなり偏りが見られます
中山で走る=前向きさが出る牝系なのかなと
バウンスシャッセはオークスまでに差し実績があり
ムーンクエイクは京王杯SCまでに東京実績があり
2頭はそんな中での東京重賞好走
前走フラワーCは2走前が割といいペースで逃げた後の延長
乗り替わりもあってうまくコントロール出来るかどうか?
そう思いましたが快勝でした←従って能力有
ただこのフラワーCを見ても
前向きさが感じられスピードが勝ってる馬
バウンスシャッセとは違ったタイプとしか思えず
兄姉2頭みたいな実績もない中でこの人気
加えて延長となるオークスでこの前向きさは邪魔な部類
期待値としてはかなり低いのではないかと



クロノジェネシス
クロノジェネシス
阪神JFを追い方下手でG1を取り逃がした馬笑
ここに挑むにあたって血統は完璧であると思われます
まずバゴが欧州ナスルーラ系種牡馬
母方はクロフネ×サンデー×ミスプロ
かなりスピードに特化されてる配合
これまでのレースを見るにつけ
この母方の支えがあってこその脚なのかなと
ただこれは自分の感覚ではあるんですが…
徐々にバゴの重厚さが顔を覗かせてきて
ごりごりの他馬との上がり勝負はしんどくなってきた感も
それを打ち消すという意味でこの延長2400mというのは
タイミング的にはドンピシャになるような
半姉に先週のヴィクトリアマイル勝ち馬ノームコア
さらにヘイローの5×4のクロス持ち
今の馬場にもマッチしてきそうでありますし
前走桜花賞は最後詰まりましたが
2走前クイーンCが9頭立て大外でそこから18頭立て内枠
これも込みで単純に馬が窮屈に感じた部分もあったと考えます
思えば阪神JFも10頭立て糞スローだったアイビーSから
楽な所から飛び込んで来た過去2度のG1と比べて
今回はきつさを感じた後からの臨戦なら経験値的には良い部類
その過去2度のG1も踏まえるなら
今度は心理的に騎手もポジションは取りに行くかなって
まさに阪神JFと桜花賞を教訓にして!ですね
両隣が前に行く馬で難しいとは思いますが…
コントラチェックマークで圧を掛け潰しに行く
新馬戦みたいな競馬が出来ればええんちゃうかなと



ラヴズオンリーユー
ラヴズオンリーユー
ディープにストームキャットですからニックス配合
母母父がミスプロで3代母が欧州名マイラーMiesque
母方はスピードとパワーに特化された配合馬
それがディープと掛け合わされる事によりいい方に出るのでしょう
ディープ×ストームキャットの配合馬は
3歳のここまでなら2400mでも問題ない部類
古馬になってくると短めにシフトしていきますが…
ただ最近は全兄リアルスティール含め
マウレア、フローレスマジック、プロディガルサン
2400mではやや善戦マンと化してきてます
しかしこの馬はクラスが上がる毎に着差を広げ全勝してきてる馬
全て少頭数ではありますがね
それでも2走前白菊賞はペースが流れても対応
2歳秋の1600mで33秒台の勝ち時計は
高速馬場継続であるならここに繋がると言ってもいい位
スタートがもっさり出る馬でもありますし
多頭数経験がないのなら
内よりはこの外目の枠も良かったんじゃないでしょうか
想定3番人気!?
ディープの最近でのG1期待値からすれば低くなるのかなと
とにかく今やG1のディープで勝ち切る馬は
「5番人気以下」と「単オッズ10倍以上」
これが多いんですよね…それと1番人気と
ん??コントラチェックか(^^;



以上、長くなりましたが
今回も渾身の?考察にお付き合いありがとうございました
応援の意味も込めて1クリックおねだりしちゃいます