今週日曜日京都競馬メインレースは日経新春杯2019


日経新春杯は芝2400m外回りで行われるハンデ重賞
昨年はパフォーマプロミスが勝ちました


それではこの日経新春杯の出走予定馬を見ながら
現時点で気になる馬にも軽~く触れてみようかと思います



種牡馬メモについてという記事を先日更新
気になった方はここから→購入する!

これはPDFファイルダウンロードという形式でありまして

【ダウンロードすればPCやスマホやタブレットで見れる】

【それを印刷すれば競馬場や自宅WINSでもパッと見れる】

 
つまり手軽にという事をコンセプトに
新種牡馬を含む100頭弱の種牡馬に関してのポイントを明記したものです

※サンプルページも見られるようにしてますので宜しくお願いします



 

出走予定馬


日経新春杯2019
これが日経新春杯2019出走予定馬17頭の3代血統表

全馬出走可能になっております


出走予定馬を眺めると

アフリカンゴールド
ガンコ
サラス
シュペルミエール
ミライヘノツバサ
ルックトゥワイス

父ステイゴールド系が6頭
およそ3分の1を占めるのでここがポイントか!?


グローリーヴェイズ
メイショウテッコン

明け4歳になるこの2頭が人気を集めそうです



現時点での注目馬


メイショウテッコン


ロードヴァンドール

ガンコ

モンドインテロ

サトノノブレス

これら過去3年で人気より着順が上で馬券になった馬の血統表
(16年2人気1着レーヴミストラルを除く)


先週の京都開幕週芝
全体的には時計が掛かっていて重い印象を受けました


昨年はその前の開催が道悪馬場続きで
その影響が残ってたかのように例年より時計一つ掛かってた感じ

一昨年は稍重馬場、その前の年も勝ち時計は遅めの決着

日経新春杯の過去3年はこんな傾向があるので
今の京都に寄せるならば過去3年の結果なのかなと
いう事でそこに絞って考えてみる事に


そうなると欧州血統に寄ってくると思いきや
母方にストームキャット、ダンチヒ、ミスプロ、ボールドルーラー
いわゆるスピード&パワーに長けた血を持つ馬
これがアクセントになった血統構成馬の好走馬が目につきます

そして凱旋門賞馬であるリボーの血を持つ馬
これは古き良き欧州血統ですがこの好走もありで


キンカメ
そしてレーヴミストラルの父がキングカメハメハ
2011年以降で4勝をマークしてる非常に相性良い種牡馬であるんですが
このキングカメハメハの父Kingmamboがリボーの血を内包
さらに内包してるヌレイエフ
この血も当レースで相性良い事は付け加えておきます



注目馬は
メイショウテッコン

現時点ではこの馬しか考えられません!!
(ん!?これはいつものハズレるパターンか笑)

父はこのレースで実績ある種牡馬でこの時期の京都は特注でもあり
そしてリボーの血を内包
母方自体がパワー&スピードに長けた配合で
特に母母父はスピードに長けてますね
さらに母父の父がヌレイエフとリボーの血を内包

もうこれは日経新春杯で走る為に生まれてきた血統なんです(笑)