今週日曜日京都競馬メインレースはマイルチャンピオンシップ2018


マイルチャンピオンシップは芝1600m外回りで行われるG1レース
今年はかなりバラエティーに富んだメンバーになりそう
昨年はペルシアンナイトが勝ちましたが今年も連覇を狙い出走予定


それではこのマイルチャンピオンシップの出走予定馬を見ながら
現時点で気になる馬にも軽~く触れてみようかと思います


イラスト 競馬4



さてその前に普段から交流のあるブライトさんメルマガ
これをここでPRさせてもらいます

Mの法則歴15年以上のブライトさんが送る重賞回顧
回顧のみならずMの法則の用語解説にも触れていく予定だとか
回顧を通じてMの法則の楽しさ、面白さを伝えていきたいそうです

回顧というのは競馬ブログをやる以上は最もやらねばいけないもの
ただこれは競馬ブロガーさんなら分かってくれるかもしれませんが
回顧記事というのは予想記事なんかよりも労力をかなり要します
(私はご存知のようにやってませんから.笑)

それを週1回ベースに更新ということなので読み応えは十分
是非この機会にご購入されてみてはいかがでしょうか?
(※サンプルページも見れるようになってます)



 

出走予定馬


マイルCS
これがマイルチャンピオンシップ2018出走予定馬20頭の3代血統表


フルゲート18頭なんで
ベステンダンク
グァンチャーレ
この2頭が除外対象に

マイルG1馬が6頭に皐月賞馬アルアインも参戦と好メンバーになりました


18安田記念 モズアスコット(ルメール)
17NHKマイルC アエロリット(ムーア)
17マイルCS ペルシアンナイト(デムーロ)

人気が予想されるマイルG1馬3頭はいずれも外人ジョッキー
今週もこりゃ逆らえないかも!?



現時点での注目馬


ペルシアンナイト



ペルシアンナイト


参グレーザー


ミッキーアイル


モーリス

これら近3年で人気より着順が上で馬券になった馬の血統表
(16年7番人気3着ネオリアリズムは除く)


ポイントはダンチヒデピュティミニスター
つまりスピード&パワーに長けたノーザンダンサーの血を保有

それにプラスしてさらにノーザンダンサーの血を持ってる
つまりノーザンダンサーの血が強調された配合馬

こんな血統馬の好走が目に付くというのが特徴
(人気で走ったフィエロも該当)

フィエロ



ネオリアリズム
エアスピネル
イスラボニータ
↑に該当しなかった馬たちは母方がスピード特化もしくは米国配合


このあたりをメインにして考えていこうかと思います



注目馬は
ペルシアンナイト

今回人気馬は血統だけならバッチリという馬がほとんど
穴馬の台頭は案外厳しいのかな?という現時点でのジャッジ

この馬はダンチヒを持ちノーザンダンサーの血が強調された配合

とにかく前走が”いい前哨戦”になってると思われます
直線で前が壁になり外に持ち出すロス
最後も目一杯追われず
あくまで目標はここなんでそれでよかったかなと

直線で前が壁になり←これが若干の苦だったはずなんで
今回楽に感じる可能性そして集中出来そうな内枠引いたらこれかな?

現状京都の馬場は高速馬場ではなく重めの馬場
そういや昨年も稍重馬場施行でその前も雨続きで酷い馬場でしたが
そんな昨年は非サンデー系種牡馬のワンツーフィニッシュでしたし