2月10日(日)京都競馬場で行われる京都記念2019の予想です


京都11R京都記念は芝2200m外回りで行われる重賞レース
発走時刻は15:35になっております



種牡馬メモについてという記事を先日更新
気になった方はここから→購入する!

これはPDFファイルダウンロードという形式でありまして

【ダウンロードすればPCやスマホやタブレットで見れる】

【それを印刷すれば競馬場や自宅WINSでもパッと見れる】

 
つまり手軽にという事をコンセプトに
新種牡馬を含む100頭弱の種牡馬に関してのポイントを明記したものです

※サンプルページも見られるようにしてますので宜しくお願いします




レースの見解はこう考えました


京都記念過去
これは過去5年における京都記念1~3着馬の父と母父が分かるもの


■クリンチャー
(母父ブライアンズタイム←リボー内包)

■アルアイン
(母父Essence of Dubai、母母母父His Majesty)

■サトノクラウン
(母父Rossini)

■スマートレイアー
(母父ホワイトマズル、母母父Groom Dancer)

■デスペラード
(母父トニービン、母母父ブライアンズタイム←リボー内包)

■アンコイルド
(母父Alzao、母母父Riverman)

これら過去2年と14年で人気より着順が上で馬券になった馬


◇過去2年=17年と18年
◇14年

この3年に絞ったのは
いずれも少頭数&時計の掛かる馬場で行われたという所から

今年も12頭と少な目の頭数に加えて
土曜競馬を見ても先週から引き続いて時計が掛かる馬場状態
従って過去5年の中からだと
ここでは14年と17年&18年に絞っちゃった方がいいのかなと


母方に欧州血統というのも悪くはないと思うんですが
その中でもより注目したいのはリボー系の血を母方に持つ馬
古き良き凱旋門賞馬の血がタフな馬場という舞台で活きやすい!?


そしてさらに見るべきは
近2年で馬券になってる母父が目立ってパワー寄りである点
5年前よりはやはり直近の近2年を重視すべきであるなら
時計が掛かりやすい馬場でこんな母父は見逃せないのかも!?


あとはL要素の強い血が走ってるというのも
少頭数から来てるのかもしれませんね



予想


◎はパフォーマプロミスにしました
パフォーマプロミス
母父タニノギムレットがそこまでパワー寄りではないものの
その父ブライアンズタイムがGraustark~リボーの血を内包してるのを評価

タガノディアマンテ
エスティタート
ルックトゥワイス
シュペルミエール
ミエノサクシード
年明けからの京都重賞でこれだけステゴの血をひく馬が馬券に
つまりこれはクラスが高いほどステゴが走りやすい馬場であるという事
特にエスティタートとルックトゥワイス
この2頭はレースの血統傾向をはねのけての好走ですから尚更

近走稍重馬場だったG1で2度凡走
確かにこれはステゴやのになあと思えば引っ掛かります
しかしその前の=特にアル共杯に関しては超スローで楽過ぎた
そこからのG1で馬がきつく感じたとも言えるのではないかと
そしてそのG1は2つともレース質としては若干タイトなペースでもありました
今回はその有馬記念からのダウン戦で
スロー質に流れれば楽に感じる場面の可能性はあり
G2ではここまでオール馬券内なのでタイミングとしては狙ってもいいかなと



○はタイムフライヤー
母父ブライアンズタイムなんで◎パフォーマプロミスの母父よりパワー寄り
そしてもちろんリボーの血も母方に有している
さらに母母父もAlzao=リファールも当レースの好走血統
父ハーツクライは非ノーザンF生産馬であればノーザンF生産馬とは逆で
間隔は詰めた方が重賞では好結果が出てる傾向もあり
近2走の内容から明らかに戻ってきてると判断出来そう
そんな2走前の菊花賞で見せ場を作り頑張った形から前走は人気より凡走
ただ3走前から徐々に着差は詰めてきてるので
疲労がない状態なら十分タイミングじゃないのかなと推察



▲はダンビュライト
この馬は母母母父がリボーで父がL要素が強い種牡馬の範疇
この乗り替わりはより前への意識が今回高くなりそうで
間隔詰めてきてここはある程度力は入ってるでしょう



ハートレーはディープでも母父Congratsがパワー寄り
前走唯一1800mからの異端臨戦馬
新馬→ホープフルS以来のアップ戦なら狙ってみたくなります



×マカヒキもディープでも母父フレンチデピュティがパワー寄りではあり
とても適性外だと思えた有馬記念でも1秒以内に駆けていて
そこでのレース質は若干タイトなペースでのもの
3走前に札幌記念でダウン戦に反応してるというのがあるので
ダウンとなるここも押さえておくべきと判断



予想印と買い目


パフォーマプロミス
○タイムフライヤー
▲ダンビュライト
△ハートレー
×マカヒキ

買い目は
◎の単
◎ー○▲△×の馬連
◎○▲△の3連複BOX
◎○×の3連複



本日の狙い馬


昨日は4頭中3頭をトビーズコーナー産駒で狙い撃ち
結果は1.8.除外で1着馬は5番人気単9.1倍だったので満足でした

今日もそんなトビーズコーナーで面白そうな馬が・・


【東京6 3歳500万下】
スペキュラース

トーセンホマレボシ
これはトーセンホマレボシ産駒の芝コースグループ別成績(17年以降)

小回り急坂の中山1600mから大箱急坂なしの東京1400m
この出し入れだけで狙ってみたくなります
さらに母父マイネルラヴなら内枠の東京1400は良いイメージ
まして前走も2走前の中山1600mも
共に前傾ラップだったのできついとこからの短縮が決まらないかと
単複


【東京1 3歳未勝利】
ヒイナヅキ

前走前傾Hペースからの短縮臨戦
そんな短縮臨戦はトビーズコーナー産駒が得意とする所
ましてダートスタートに急坂なしというコース形態も産駒は得意
さらにダート&短縮臨戦の期待値が高いミナリク替わり
単複