今週日曜日はきさらぎ賞


スペシャルウィーク
ナリタトップロード
ネオユニヴァース

ひと昔前はここを勝つ=クラシック直結
そんなイメージのあったきさらぎ賞ですが
近年はサトノダイヤモンドぐらいですか
(ルージュバックも勝っとるね、うん笑)
2歳重賞が増えて大手の使い分け
今年はここから羽ばたく馬が出てくるのか?


そんなきさらぎ賞を
【今=身近な過去】というものから考察


今週末で締切のオフ会の記事

宣伝効果?もあってか
既に2ケタ人数を突破し十分な人数に
まだ募集中ですので
興味持たれた方はお気軽にどうぞ!





現状の京都は重い馬場で推移しており
先週なんかはBコース替わりでも
外差しがよく決まってました


京都2020重賞
これが今年京都重賞1-3着馬


先週の2.3着馬の父が
Storm Cat~Hennessyのヨハネスブルグに
ゴールドアリュール

2勝2着1回のディープが母父ミスプロ

モズベッロの母方が米国配合で
エーティーラッセンの父はミスプロ

シンザン記念は2.3着が父ロベルト系


同じ重い馬場でも昨年なんかは
京都2020重賞参照
ステゴが走りまくってましたが
今年はここまでの結果を見るにつけ
昨年とはやや趣きが違って
重めであっても最上級クラスでは
パワー=馬力というのがポイント
そんな答えを現状出しております



これをなぞらえつつ
ここからは登録馬から
人気馬と気になる馬を数頭ピックアップして
血統を見ていくことに



アルジャンナ

アルジャンナ
母方は米国配合で
特に母父はTiz Wonderfulはダートって感じ
ディープ×米国配合で捉えると
今の京都に合いそうだなという印象
しかも間隔開けたディープ×ノーザンファーム
これは2.3歳の若い内の重賞では
きっちりとまとめてくる臨戦
牝系は遠いところに
マコトブリジャール.マコトガラハッド
前者は1800m巧者で洋芝重賞勝ち
後者は2600mで3勝
タフさの供給と血統からパワー=馬力の母方
前走のスピード馬場とは逆目になりますが
血統からは問題は少なそうに思えます



ギベルティ

ギベルティ
母父Dubai Millenniumは欧州も
その父やSummer Squall.Fappianoの文字
母方は米国志向が強め
牝系にはアイスストーム.ミッドサマーフェア
遠いところにサンライズペガサス
1800-2000に重賞実績は集中しており
母方からここへの距離適性は感じさせる
オルフェなんで上だと小回り急坂
そっちのほうが良さそうですが
京都で走った
ラッキーライラックとタガノディアマンテ
この2頭は共に母父がミスプロ系ですね



グランレイ

グランレイ
キセキ.サンリヴァル.エイシンクリック
そんな非ノーザンF×ルーラーの重賞好走馬
ノーザンファーム馬より体力寄り
そんなところで走る印象がある中で
この馬も非ノーザンF×ルーラー
昨年暮れの阪神重賞はスピード決着の中でも
そのスピードを支える為の欧州の血
この重要度が非常に高かった印象
そこで母父欧州ノーザンのファルブラヴ
そして非ノーザンのルーラーの体力
これらが十分活きての朝日杯3着だったか
従って現状パワー=馬力の要求が高そうなここ
ややズレるかなあという印象
近親にはダイワキャグニー.フサイチオーレ
ダウン戦で!という感じはしますが…



ストーンリッジ

ストーンリッジ
新馬から間隔開けてきたディープ×ノーザンF馬
これは2.3歳の若い内の重賞では
きっちりとまとめてくる臨戦
母方はカーリアンが入ってるので
ノーザンダンサー配合のバランス型か
母父フレンチからパワー=馬力の供給はあり
一見合いそうではあるんですが…
クールウォーター
フォックスクリーク
クリアザトラック
すぐ上の全姉兄が新馬で勝ちあがるものの
その後のアップ戦で悉く跳ね返されている
何故それが目に付くかというと
そのさらに上の全姉兄はアップ戦でやれていた
ちょっと繁殖=母の勢い的にはどうなんか?



トゥルーヴィル

トゥルーヴィル
この馬も新馬から間隔開けてきた
ディープ×ノーザンF馬
これは2.3歳の若い内の重賞では
きっちりとまとめてくる臨戦
母方は欧州配合なんだけど
ミスプロ内包のファスリエフにCaroなら
スピード色も垣間見える
全兄に同レース2着のレプランシュ
ジャイアントリープ.ファビラスラフィン
牝系には京都重賞であっと言わせた馬も
そのジャイアントリープもそうですが
レプランシュに半姉ポールヴァンドルと
牝系はアップ戦に強いという一族でもあり
強引に母父ファスリエフの奥のミスプロを拝借
ディープ×ミスプロとすれば……ねっ!(笑)




以上、お付き合いありがとうございました
1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;