2月9日(日)京都競馬場で行われる
きさらぎ賞2020の予想です



【予想印と買い目】

ギベルティ
○サトノゴールド
▲アルジャンナ
△トゥルーヴィル

買い目は
◎△の単
◎ー○のワイド
◎ー○△の馬連
◎○▲△の3連複BOX


断然人気▲より面白そうな馬を2頭上に評価
買い方的には妙味を追う形に
△は単の可能性がありそうなのと
3連複BOXは昨年同レースでうまくいった買い方
これを踏襲してみます



以下・・各馬の見解をつけておきますので
興味ある人はどうぞ~



【お知らせ】

競馬予想ラジオのMラジさん
こちらのほうに今週ゲスト予想家として出演
良ければ聴いて下さいm(__)m



1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;








考察は週中に☝でやっております


土曜日は1600mで1分33秒台決着が2度
週中雨が降らなかったらこれかい!
って感じですが…
それでも血統的には考察で触れたとおり
そんな狙い方で
ちょっと回復基調なら
昨年と今年の考え方をミックスさせる位が
丁度いいのかなってことで
決して軽くはない馬場だと思うので



◎ギベルティ
母父Dubai Millenniumは欧州ミスプロ
その父やSummer Squall.Fappiano
そんな文字の見える母方は米国志向が強め
牝系にはアイスストーム.ミッドサマーフェア
遠いところにサンライズペガサス
1800-2000に重賞実績は集中しており
母方からここへの適性は感じさせる
そして母父欧州ミスプロが重賞で勝ち切る
その場面はゆったり大箱コースが多し
父がオルフェなんで重賞だと小回り急坂
そっちのほうが良いイメージも
ラッキーライラック.タガノディアマンテ
京都で走ったオルフェは共に
母父が欧州志向のあるミスプロ系でしたから
上のクラスで軽くはない京都なら
この配合はピッタリ感が非常に高いかと


○サトノゴールド
ゴールドシップで脚が遅そう!?
それでも実は産駒成績を見れば京都は悪くない
イメージ的には”中山”でしょうが
これがここまで奮わずで
小回り込みの平坦コースに寄った成績
Fusaichi Pegasus×Holy Bullの母方は米国配合
ステゴにパワー=馬力配合
ここへのピッタリ感が非常に高いので


つまりディープよりステゴに張った訳です


▲アルジャンナ
母方Tiz Wonderful×General Meetingは米国配合
特に母父はTiz Wonderfulはダートって感じ
ディープ×米国配合で捉えると
もちろん今の京都に合いそうだなという印象
しかも間隔開けたディープ×ノーザンF馬
これは2.3歳の若い内の重賞では
きっちりとまとめてくる臨戦
牝系は遠いところに
マコトブリジャール.マコトガラハッド
前者は1800m巧者で洋芝重賞勝ち
後者は2600mで3勝
タフさの供給と血統からパワー=馬力の母方
血統からは問題は少なそうに思えます
ただ昨日を見ての回復基調にある馬場とは言え
決して軽いとは言い難い馬場
これは前走のスピード馬場とは逆目になる
その前走でカード=初重賞は切った
それと1倍台を踏まえればこの評価に


△トゥルーヴィル
間隔開けてきたディープ×ノーザンF馬
これは2.3歳の若い内の重賞では
きっちりとまとめてくる臨戦
母方は欧州配合なんだけど
ミスプロ内包のファスリエフにCaroなら
スピード色も垣間見える
全兄に同レース2着のレプランシュ
ジャイアントリープ.ファビラスラフィン
牝系には京都重賞であっと言わせた馬も
そのジャイアントリープもそうですが
レプランシュに半姉ポールヴァンドルと
牝系はアップ戦に強いという一族でもあり
ディープの期待値ならこれが最上位評価