2月3日(日)京都競馬場で行われるきさらぎ賞2019の予想です


京都11Rきさらぎ賞は芝1800m外回りで行われる重賞レース
発走時刻は15:35になっております



種牡馬メモについてという記事を先日更新
気になった方はここから→購入する!

これはPDFファイルダウンロードという形式でありまして

【ダウンロードすればPCやスマホやタブレットで見れる】

【それを印刷すれば競馬場や自宅WINSでもパッと見れる】

 
つまり手軽にという事をコンセプトに
新種牡馬を含む100頭弱の種牡馬に関してのポイントを明記したものです

※サンプルページも見られるようにしてますので宜しくお願いします




レースの見解はこう考えました


きさらぎ賞過去
これは過去5年におけるきさらぎ賞1~3着馬の父と母父が分かるもの


■サトノフェイバー
(父ゼンノロブロイ、母父Distorted Humor)

■ラセット
(父モンテロッソ、母父アグネスタキオン、母母父トニービン)

■アメリカズカップ
(父マンハッタンカフェ、母父Coronado's Quest)

■レプランシュ
(母母父Kaldoun)

これら過去3年で人気より着順が上で馬券になった馬


そんな過去3年は馬場状態も勝ち時計もバラバラ
それでも共通するのは少頭数のレースであったという点
今年も8頭立てと少頭数になったので
取り敢えず横並びにしてピックアップしてみました


◆サンデーとミスプロの血統構成馬
◆母方にグレイソヴリン
目立つのはこの2つ


グローリーヴェイズ
ダンビュライト
ロイカバード

サンデーとミスプロの血統構成馬に関しては
人気で走ったこの3頭も該当してるので要注意でしょう


母方にグレイソヴリンは昔からの傾向でもありますね


あとはL要素の強い血が走ってるというのも
少頭数から来てるのかもしれません



予想


◎はタガノディアマンテにしました
タガノディアマンテ
父オルフェーヴルに母父キングカメハメハ
キンカメはミスプロっぽい面もそうでない面もあるものの
れっきとしたサンデーとミスプロの血統構成
さらに母父トニービンがグレイソヴリン

オルフェーヴルはステイゴールドの血をひいてますが
エスティタート
ルックトゥワイス
シュペルミエール
ミエノサクシード
年明けの京都重賞でこれだけステゴの血をひく馬が馬券に
つまりこれは今の馬場がステゴに向いてるという事
特にエスティタートとルックトゥワイス
この2頭はレース血統傾向をはねのけての好走ですから尚更

しかもちょい湿り気のあった馬場であった土曜日に
キングマンボの血がよく走ってましたから
そして兄タガノトネールにタガノエスプレッソ
母方はパワーがかなりありそうなので一雨あれば期待はより高まります
(将来的にはダート替わりで狙ってみたい)



○はエングレーバー
これもオルフェーヴル産駒で母母父にトニービン
母父シンボリクリスエスからL要素も供給
現状オルフェのSっぽさが出てそうで
ならば新馬→500万で差を広げて勝った後の短縮臨戦
十分タイミングであろうかと



▲はダノンチェイサー
ディープインパクト産駒に母方は欧州配合のこの馬
間隔開けたディープ×ノーザンファーム
初重賞に異端臨戦(前走唯一の1600m)
傾向とはズレますがタイミング的に悪くなかろうという事で



△はランスオブプラーナ
父そして母父からL要素が非常にあると思われる馬
その父のコースグループ別の成績がこちら
きさらぎ賞データ
小回りよりはゆったりとした大箱のコースでこそという傾向
ですからこの京都1800mという舞台は期待したくなります
しかも異端臨戦でもありますしね



×ヴァンドギャルドはディープ産駒で母方は欧州血統
前走ホープフルSはスムーズならと思わせる内容
東スポ杯もひっくるめてそう考えれば
C要素もあって鮮度も使ってるなあという印象
そこで今回ダウン戦になるのはあまり評価し難いような
異端臨戦とミルコ乗り替わり短縮があるのでギリギリ押さえに



予想印と買い目


タガノディアマンテ
○エングレーバー
▲ダノンチェイサー
△ランスオブプラーナ
×ヴァンドギャルド

買い目は
◎の単
◎ー○の馬連&ワイド
◎ー▲△の馬連
◎○▲△の3連複BOX
◎○×の3連複