1月19日(日)中山競馬場で行われる
京成杯2020の予想です



【予想印と買い目】

ヴィアメント
○ディアスティマ
▲キムケンドリーム
×スカイグルーヴ
×ゼノヴァース
×キングオブドラゴン

買い目は
◎の単複
◎ー○▲×××の馬連
◎ー○▲のワイド


ここは◎1択!!
複も4倍以上付いてるのでまずは素直に単複
そこから印付けた馬に馬連
本線2頭へのワイドは
複買ってる分さらに跳ねればなという思いから



以下・・各馬の見解をつけておきますので
興味ある人はどうぞ~



《本日のサクッと予想》

小倉4
◎ミツカネショコラ
○11▲5△1.4

本日はこの1鞍!
馬場重くなってるのはキズナなら追い風でもいい
この牝系は半兄マイネルメリエンダが代表馬
とにかく内枠を好む一族
前走よりさらに内に入りましたし
実際同馬は新馬で1枠から好走もしてる
2走前が新馬好走後に馬体を減らし後ろから
そこからペースUPして短縮で前行った前走
しんどさしか感じなかった局面かなと
従って前走から楽ならば1200m連戦で


あとちょこちょこいるんですが
チャンピオンルパンとかね…
まあそこまででもないので控えておきます(笑)



さらに
1日1回応援1クリックしてもらえると
嬉しいので宜しくお願い致します(^^;







考察は週中に☝でやっております


土曜日の雪&雨で重くなった中山の馬場
日曜は天候回復が見込めますが
この時期だけに急速に回復するわけもなく
体力=スタミナが問われそう=タフ
そんな考え方で良さそうではあり
従ってここは考察に乗っかりながら…



◎ヴィアメント
ホープフルS.中山金杯と京成杯
年末年始にまたがって行われる中山2000m重賞
ここで強いのが万能型のキンカメ
祖母フォルナリーナ.近親ハートビートソング
牝系にはアップ戦での重賞実績馬が存在
キンカメ×ハーツという配合はレアですが
この母父ハーツクライはアップ戦特注
特にキンカメと同じキングマンボ系である
ロードカナロアとの相性がよくて
トロワゼトワル
ケイデンスコール
ヴァルディゼール
このカナロア×ハーツ3頭はアップ戦で重賞V
ならばキンカメ×ハーツでも期待出来るか!?
ファルブラヴ×ハーツだったシーズララバイ
この馬もアップのフラワーCで2着
このあたりトニービンの力の成せる業かも
キンカメ産駒の中山重賞連対馬の母方も見ても
レイデオロ.レイエンダの全兄弟
リバティハイツはミスプロ&リファール持ち
ヴィアメントの母方見たら両方入ってる!
未勝利脱出まで4戦要しちゃいましたが
この血統でアップ戦での挑みでこの人気
もうこれしか見えてません!!


○ディアスティマ
ディープだからどうなん?とは思いますし
ノーザンファーム馬との組み合わせなら
新馬から3走目扱いの臨戦ならギリギリ
ただそれを相殺してくれるのが母方
母父Street Senseの父がStreet Cry
チェーンオブラブ(フェアリーS2着)
テリトーリアル(中山金杯3着)
年明けから母父Street Cryが中山重賞で連続好走
Street Cryの父がHalo内包のMachiavellian
2頭共Haloを2本持ちという事になりますが
これが今のタフな中山で合うのでしょうか
そのMachiavellianと相性良いBlushing Groom
同じ父ディープの姉妹ヴィブロス.ヴィルシーナ
それに挟まれ血が繋がるシュヴァルグランは
年末タフな有馬で連続3着し
そしてテリトーリアル
皆母方にMachiavellianとBlushing Groom持ち
前走延長で緩くなって負けてるだけに弱い??
でも裏を返せばアップや厳しめの方が合う??
どっちに出るかは神のみぞ知るですが
血統的には後者に賭けてみたくなります


▲キムケンドリーム
ステゴの血をひき急坂コースでこその父オルフェ
母方がカーネギー×マルゼンスキー
これは欧州ノーザンダンサー系配合
いかにも体力がありそうに感じる配合
メイショウナルト.エピカリスの下で
近親にはリトルアマポーラ.アデイインザライフ
桜2着アズマサンダースも居たりと
割と早期の重賞で活躍下地がある牝系
父タキオンのリトルアマポーラは4着
父ディープのアデイインザライフは3着
このレースでそこそこ頑張ってる中
タキオン&ディープより体力ありそなオルフェ
新馬は重馬場で勝って
前走は緩いペースの良で負け
体力要する所で変わり身を見込んで評価


×スカイグルーヴ
エピファネイア産駒=ロベルト系
これだけ捉えればタフな馬場は悪くない印象
エピファネイアはここまで母父ミスプロとの配合
これが好成績でそれにサンデー内包してれば○
つまりバランス的に
サンデーが表に出ず(=母父)というのもミソ
エピファネイアがサンデー内包してるんで
ワンクッション置いて1つ遠い所がいい塩梅
同馬は母方がキンカメ×サンデーなんで
まさにそんな配合の1頭
ヴァルナ.ソーユーフォリア
年明け重賞で見せ場を作り共に5着だった同じ父
そんな2頭は母父サンデー系だっただけに
この配合のほうがチャンスあるのかも
ダイナカール一族で近親に昨年同レース2着馬
2.3歳重賞では堅実に走る馬も多いですが
ドゥラメンテ以降驚かされる馬は少なくなった感
再びの大物なのかどうなのか?
小回り急坂でゴール板を2回通るコース
父的にこれは悪くはないと思いますがね
スタート直後と中盤緩みまくった前走逃げ1着
そこから人気では押さえくらいで
外枠に入ったのはよさそうですが…


×ゼノヴァース
非ノーザンファームのディープ産駒
母方はこれでもかと欧州の名血がずらり
従って欧州色が濃い配合の母方
改修後の中山2000m重賞ディープ連対馬で
母方ががっつり欧州配合だったのは
ビッシュ(紫苑S1着)くらい
配合的にはどうかなと思われますが
今の馬場ベクトル的には逆に向きそうな気も
東京→中山替わりで延長でペース上がって
位置取りも上げて勝ってきたのが前走
しんどさを感じる所で勝ってきてるあたり
アップ戦で可能性を感じますし
舞台が合いそうな気もするので


×キングオブドラゴン
ハーツではこっちを取りました
リスグラシュー.ワーケア
チェーンオブラブ.ポレンティア
有馬からハーツ産駒は中山重賞で好結果続き
タフな馬場をこなしてる観点から好材料
母方はがっつりパワー色ですが
兄にアメリカズカップでこちらはマンカフェ
こっちは外→内枠替わりでペースUPした前走
そこを勝ってきたハーツならアップで期待