今週日曜日東京競馬メインレースの
日本ダービー(東京優駿)2019


芝2400mで行われる3歳馬によるG1レース
昨年はワグネリアンが勝ちました


その日本ダービーについて
ここでは少し考えてみようと思います



また気分も新たに頑張っていきます!笑
昨日のコメントやTwitterへのDM等々
いつも励みになっております^^




先週もそれまでに引き続き速い時計での決着
これが非常に目に付きました


今週からCコースへ替わるので
それがどうなっていくのか?なんですが
基本的には高速馬場継続という考え方
そういう馬場作りになってると思うんで


そうなってくると
これまで書いてきたように


◆ダンチヒ
◆(欧州)ナスルーラ
◆ヘイローのクロス
◆ダイナサッシュ=ステゴの血


NHKマイルCあたりからの流れである
このあたりの血を持つ馬は気にしとくべきかと


ただダービーは東京2400m3歳馬NO.1決定戦
そんな最高峰での舞台
先週のオークスも同じ舞台での牝馬NO.1争い


そこで先週のオークスの結果をヒントに
近年のダービーと繋がりがないか?
ここではこれを見て行こうかなと




ラヴズオンリーユー
ラヴズオンリーユー
カレンブーケドール
カレンブーケドール
クロノジェネシス
クロノジェネシス
これがオークス1-3着馬の血統表


注目は母方でありまして
皆ミスプロの血を持ち米国色が強い配合
つまりスピードのパワーに特化されてる血統
こんな特徴がありました
(際どい4着だったウィクトーリア
この馬も母方はミスプロ配合であったので)



ワグネリアン
ワグネリアン
エポカドーロ
エポカドーロ
コズミックフォース
コズミックフォース
レイデオロ
レイデオロ
スワーヴリチャード
スワーヴリチャード
そしてこれが近2年の日本ダービー
そこで人気より着順が上だった1-3着馬の血統表


それぞれがミスプロの血を母方に携えており
母方がスピード&パワーに特化されてる馬も
(昨年4着エタリオウも米国配合の母方)
(一昨年4着マイスタイルも母父ミスプロ)
※キンカメは万能血統なんで
ここでは都合よくミスプロに分類してまえ^^



これで何となくうまく繋がった感
ありますよね~(笑)
現状この舞台設定であるならば
母方から推進力?機動力?
そんな血のサポートを受ける馬
これが最も力を発揮しやすくなるんじゃないかなと
(この辺り表現力に乏しくてすみません)


勿論あとは父から考える適性であったり
各馬の個体判断にもなってきますが
まずは母方にどんな血を持ってるか?
母方がどんな配合なのか?
このあたりをまずは注目していこうかと



応援の意味も込めて1クリックおねだりしちゃいます