今週日曜日中京競馬メインレースはチャンピオンズカップ2018


チャンピオンズカップはダート1800mで行われるG1レース
年末にもう1つビッグレース(東京大賞典)が控えてますが
その前の年末ダート王決定戦!
今年は外国から1頭参戦もあるようです


それではこのチャンピオンズカップの出走予定馬を見ながら
現時点で気になる馬にも軽~く触れてみようかと思います

708723


~menkから一言~

気付いたら「稀に的中~」というブログタイトルに変更後
アバウトですが10年目に突入してたようです(^^;
先にツイートしてしまいましたが
マイペースで取り敢えず50歳までは頑張ろうかと
そう思ってますので今後とも宜しくお願い致します



 

出走予定馬


チャンピオンズカップ
これがチャンピオンズカップ2018出走予定馬20頭の3代血統表


フルゲートは16頭なんで
ウェスタールンド
クインズサターン
チュウワウィザード
ダノングッド
この4頭が除外対象馬になっていて

1頭回避馬が出ればウェスタールンドとクインズサターンで抽選に


ここは昨年の覇者ゴールドドリームVS3歳総大将ルヴァンスレーヴ
南部杯でも戦った2頭が2強的オッズになりそう

今秋ルメールがG1で勝ちまくってるんですが
そろそろミルコ(デムーロ)も黙ってない!?
そんなジョッキー同士の戦いも見物ですね



現時点での注目馬


アンジュデジール


ゴールドドリーム

コパノリッキー

サウンドトゥルー

アスカノロマン

サンビスタ

ノンコノユメ

ホッコータルマエ

ナムラビクター

これら過去4年で人気より着順が上で馬券になった馬の血統表


ポイントはノーザンダンサーまたはミスプロ(ネイティヴダンサー)
この血を3代内に2本持ってる馬の好走が目に付きます

ダートG1という事でパワー(馬力)が血統構成上より強調されてる馬
そういった馬が面白い存在になり得るのかもしれません


特に近2年はノーザンダンサーが強調されてる馬
そのノーザンダンサーが米国型の血を含んでる
(ヴァイスリージェント、ストームキャット、ダンチヒ)
こんな馬はさらに注目したくはなる傾向

これに関しては昨年1番人気2着であったテイエムジンソクも
該当してましたからね
(米国ノーザンこそ持たないがアウォーディーも該当)


注目馬は
アンジュデジール

もちろんV2を目指すゴールドドリーム
父が同じで母系にミスプロとリアルシャダイを持つ
というのはコパノリッキーと同じであるサンライズノヴァ
この2頭も現時点では気になってます

ただ単純にこの傾向に当てはめるならこの馬かなと
ノーザンダンサーの血を3代内に2本
その内1つが米国型ノーザンダンサーの血

前走は全てうまく噛み合ってのものだと思うので
さあここで果たしてどやねん!?なんですが
おそらく人気はしないでしょうし
臨戦込みで異端性十分なんで今のとこ直感で注目してます